anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

スマイルジャパン

2017-02-25 00:40:24 | スポーツ
         2/12の日曜日、化石の新年会から午前10時半頃に家に戻り

         その2時間後、苫小牧の白鳥王子アイスアリーナに行き

         スマイルジャパンの五輪最終予選を撮りに行ってきた

         日本、ドイツ、フランス、オーストリアの4ヵ国の総当りで

         1位だけがピョンチャン五輪に出場できる

         この日は、2勝同士の日本とドイツが対戦で勝った方が五輪切符を手にする

         会場も満員で、写真を撮るにも応援しながらで力がはいる

         この日、フランスとオーストリアの試合もあり撮った写真は500枚をこえた

         まだ完全に写真整理ができていないが、とりあえず流れにそって写真を掲載します
         

   始球式? 初代スポーツ庁長官の鈴木大地さんがパックを投じていました
  

   パックの取り合いから試合が始まりました
  

   27番小野選手の雪煙が迫力あります
  

   激しいパックの奪い合いに、思わず審判も上に逃げています
  

   あちこちで転倒しながらも、パックを追います
    

 DFの小池選手(2)の前にパックが飛んできました
  

   1点先取した合間にキーパー藤本選手が一息入れてます
  

   ゴール前で、ドイツの猛攻撃を防ぐ日本選手、(8)はDFの細山選手   
  

   日本選手が良い攻撃態勢に入っています
    

   倒れこみながら、パックをドイツゴールに・・ ゴール!! 2点目のゴールです
  

   キャプテン大澤とエースの久保がステッキを挙げて喜んでいます
  

   応援団や観衆も大歓声です
  

   優秀選手は、両チームともゴールキーパーがなりました、日本は藤本選手
  

   記念撮影、前列真ん中の優勝杯を持っているのが、地元苫小牧のキャプテン大澤ちほ選手です
  


           3:1 でスマイルジャパンが勝って、日本選手でオリンピック出場1番乗りです

           現在、同じメンバーで冬季アジア大会を戦っています

           まだ1試合残していますが

           韓国には苦戦しましたが 3:0 で勝ち

           カザフスタンには6:O、香港には46:0、タイには37:0と

           アイスホッケーではなかなか見られないスコアで全勝しています





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンモナイト新年会(36回目)

2017-02-18 22:08:51 | 化石
             
          今年も、4人元気で先週の土、日の一泊(11日)でアンモナイト新年会を迎えることができました

          毎年、同じことを書いていますが自慢の仲間です

          平均年齢73歳(ちなみに私が1番年下)でこの年になると入院その他で1人くらい欠席があってもよさそうだが

          36年間連続1人の欠席もなく続いているのが凄くないですか?(健康に感謝)

          新年会は、単なる前年に採取した化石の自慢会です

          場所もここ10年は同じ場所で、町が運営の宿付きの銭湯です

          家族の者は、“たまに大きな温泉地に行けばいいでしょ!”

          と、言われるが皆、何故か?こじんまりした宿で満足している

          また、自慢会に持ってくる化石も年齢とともに少なくなり1人平均7Kg位かな?
                   
          
   代り映えしない顔ですが、何を言っても許される仲間です   
  

   今年の持参化石です、年々少なくなってきています   
  

   昨年の5/25のブログに掲載した時の写真で、O氏が採取したばかりのノジュールです
  

   上の写真をクリーニングして持参してくれました、Φ15cm程の立派なフィロセラスです
  


          最後の写真は、新年会に行く日の朝に撮った写真です

          2/8のブログで、“千歳の美瑛”と紹介しましたが

          ここは、朝日に輝く“北広島の美瑛”と言われるとこの白樺の1本木です


  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犬ぞり大会

2017-02-15 22:31:43 | イベント
          今年も、恵庭の“えこりん村”に

          先週の日曜日(5日)、6回目の犬ぞり大会に行ってきました

          コース整備費やイベントに関する経費等の問題で開催が減っていますが

          場所を提供してくれる“えこりん村”の協賛には感謝です

          毎年のように見ていますが

          訓練されている犬の走るときの真剣さには、いつも何か教えられる気持ちになります

          大会は、2Dog,3Dog、6Dog ですが、オープンレースとして11頭、12頭引きもありました

          写真は、走る犬の表情を中心に・・・


  


  


  


  


  

   
  


  


         最後の写真は、出場者の駐在エリア内で、女性がハスキー犬の子犬を抱っこしているとこに

         成犬が背伸びして子犬に顔を近ずけたとこです

         やさしい成犬の姿が、とても可愛かった
         

  
          
                    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千歳の美瑛

2017-02-08 00:04:22 | 景色
         千歳市の郊外で、車で20~30分行ったある畑での風景ですが

         私が独断で「千歳の美瑛」と呼んでいるとこがあります

         美瑛の雰囲気を感じるため、久々に望遠レンズを置いて

         フジフイルムのX-20と一眼レフに広角レンズをつけて

         昼からのこのこ行ってきました


   雪面に写る木々の影がいい雰囲気を出しています
  

  

  

  

   クリスマスツリー雰囲気な樹木です
  

  


          上の写真の反対側に移動し、夕日とのコラボを狙ってみたのですが

          上空には青空があるのですが、西側の地平近くは雲が厚くて

          イメージしていた光景にはなりませんでした、近々リベンジです


  

          一瞬ですが、雲の薄い箇所に太陽が・・・
  

  

          5枚目の写真と同じ方向で、南側天空にあった月を多重露光で入れてみました
  


尚、後半に載せている写真の場所は

          千歳市からちょっと入った由仁町三川になります



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゾシカ

2017-02-04 23:34:54 | 動物
         一昨日、この時期のいつものルートで勇払原野から苫東港、鵡川と行ってきた

         でも、この日は港の水鳥もあまりパッとせず

         鵡川でも、小鳥は皆無、見る猛禽はトビがほとんどで

         少し前までよく見れた、ノスリやオジロワシも遠くにちらりと見るくらいでほとんどがトビばかり

         そこで、早めに野鳥は切り上げて、勇払でエゾシカを撮ることに

         半径1Km程の範囲を車で、エゾシカを探しながらうろうろと・・・

         そうこうして撮ったのが以下の写真です
         

   いました、いました  
  

   こっちは、枯れ草の中に・・
  

   この雄鹿と3分程にらめっこしていました
  

   親子です、ときどき子供が親の乳もとに口をもっていく仕草をしていました
  

   今は不通になっている線路上に、シカが多くいます
  

   背景が海です、絵になりますね
  

   雄鹿が恰好いいです
  

   子供とメス鹿がのんびりとしていました
  

   上と同じ場所で少し後の写真に、エゾシカ以外に上にはノスリ、左にダイサギが写っています
  

   コンテナ用ガントリークレーンを背景に   
  

   バックは厚真火力発電所です
  


        写真には掲載しませんでしたが

        線路内に、カラスが20羽程とオジロワシ1羽が群れているのを見て

        100m程線路内に入り行ってみると

        子鹿の屍があり、1/3程が食べられていました

        冬の厳しさで十分な餌が採れなかったのか・・

        原因は分かりませんが、自然の厳しさを改めて感じました


       ≪ 何故か?今回写真の大きさを今まで通り850に設定しているのですが、640に小さくなっています? ≫        


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トラツグミ

2017-01-31 00:40:44 | 野鳥&景色
         雪の降る中のトラツグミを撮る、ここ数年妄想していましが現実となりました

         実は、今回のブログに掲載した写真の前日に

         ナナカマドの実にやってくるトラツグミを撮ったのですが・・・

         ナナカマドの実に雪がのっていれば、もっと冬らしくなると思いました

         次の日、夜中に雪が降る天気予報であったので

         この好機を逃しては・・・と思い、連チャンで出かけてきました
         
         狙いはピタリ、ナナカマドの実に早朝に降った雪がのっています

         そして、午後3時頃雪が降りだしてくれました

         写真は、昼頃から午後3時頃まで経過を10枚の写真にしています
         
         どことなく日本画風で説明はなしで         
         


  


  


  


  


  


  


  


  


  


  


         雪が降る想定はしていませんでしたので、ラッキーな場面に遭遇できました

         雪が降る場面ですが、写真ではちらつく程度の降りの方が絵になりますね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミヤマホオジロ

2017-01-28 00:30:49 | 自然
          今季初のミヤマホオジロです

          ミヤマホオジロは何度か撮っていますが、今回は、寒さ知らずの楽ちんな撮影でした

          そこは、鳥仲間の自宅の庭でガラス戸を少し開けて家の中から来るのを待つということ

          お昼時、持参のおにぎりを食べていると

          そっと、暖かいフキの煮物とさつま芋の肉じゃが出てきました

          なんて贅沢な鳥見のことか・・・

          下の写真は、少し西日がかった時間帯にガラス越しに撮った写真です



   白樺の横に、雄のミヤマホオジロです   
  

   左に移動、さらに左に見えるのはアトリです
  

   あらあら、アトリから逃げるように・・
  

   今度は、フェンスの前で・・何か、食べてる?
  

   鹿よけネットの前の木の枝に
  

   雌もいました、可愛いですね  
  


          庭の向こうは、家もなく雑木林

          ミヤマホオジロをメインに待っていましたが

          この間、その他の野鳥で庭に訪れていたのは

          アトリ、シメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、スズメ

          私は気が付きませんでしたが、エゾシカも近くに来ていたようです

          野鳥好きには、とても良い立地でとても羨ましい環境でした

          最後に、お声を掛けていただいた他、ご馳走にもあやかり

          本当にお世話になりました、このブログを通じてもお礼を申し上げます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲良く ノスリ “鮭” を食らう

2017-01-22 21:43:14 | 野鳥
          川に近い用水路の斜面で

          ノスリ1羽とケアシノスリ2羽が1匹の鮭を交互に食べていました

          食べているところを観察していると

          食べている1羽の所に他の1羽がよると、必ず2~3度お互い羽を広げます

          最初、喧嘩しているのかなと思って見ていると、どうも違うようです

          互い羽を広げあった後、食べていた方が必ず近くに離れて次の番を待っている様子です

          1羽が食べている時間はだいたい5~6分で

          食べ終わるまでの観察している40分程の間に

          仲良く3羽とも、上手にローテーションして2度食事にありついていました

          私がこの食事場面に気が付いた時は、1/3程食べていたので

          早くから交代で食べていたのでしょうね


   食べているのが“ノスリ”で、近くにいる2羽は“ケアシノスリ”
  

   右にいたケアシノスリが近づいてきました
  

   お互い、羽を広げあっています
  

   寄ってきたケアシは鮭の上に、ノスリの方は反り返ってから近くに離れました
  


          2~3度、互いに羽を広げますがすぐ食べていた方が離れますので

          喧嘩しているようには見えません


   もう1羽のケアシノスリが、交代にやってきました
  

   これで、3羽とも鮭にありつけました
  


          驚きです、弱肉強食で強いものが餌を独占するかと思ったら

          交代で1つの餌を食べていました

          餌が大きく、皆に十分与たる餌だったからでしょうか?

          新たな発見でした
          

   しばらくして、この時の1羽が少し離れた木の枝に移動しました
  




          
          
          
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツメナガホオジロ そして ユキホオジロ

2017-01-16 23:11:47 | 野鳥
         今年は、冬鳥に分類される小鳥は非常に不作です

         探しても探しても、なかなか見ることができないでいましたが

         先日、畑の上を200羽程が群れで飛ぶ小鳥を発見

         なかなか近くに降りてくれないが、やっと、30~40m程近さに1度降りてくれたが

         上手に撮れなかった、フォトショップでかなり調整とトリミングで・・・



   小鳥が飛んでいます
  

   少し近づいてくれました
  

   降りた鳥を見るとツメナガホオジロでした
  

   また、何かに驚き、一斉に飛びます
  

   飛び立ったツメナガの下をよく見ると、なんと憧れのユキホオジロが1羽( ⇒矢印のところ)
  

   撮った写真を、改めて見ると間違いなくユキホオジロがいました
  


         ≪ お ま け ≫
         
         そして、3日前今季初のハギマシコを思わぬ場所で・・・4~5羽が餌をついばんでいました

  



         私のここ数年の野鳥撮りの目標に

         「ユキホオジロ、ムギマキ、オオマシコ」を撮ることを密かな目標にしていましたが

         昨年秋に、鳥仲間の情報からムギマキを撮ることができました

         ユキホオジロですが、必死とまでではないが、道東に遠征するときは必ず重点視野にいれていました

         今回、写真としては証拠写真程度ですが、思わぬ形で初ユキホオジロでした

         後は今年中に、何とかオオマシコをゲットしたいものです


         


  
  
         
         
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハイイロチュウヒ

2017-01-13 21:41:11 | 野鳥
         今年もハイイロチュウヒの雄に会えましたが

         場所とタイミングが悪く、相当遠くを飛ぶ姿を見るだけだが

         10日前、いつも待機している場所から1km程 離れた場所でヒラヒラと飛んでいた

         それも、近い時は一瞬であるが50m位場所を・・・

         しかし、突然の出没にハイチュウを追って右往左往してしまい、結果、満足できる写真は撮れずじまい・・


   枯れた草原の上をヒラヒラと・・ハイチュウの雄です
  

   ネズミでも探しているのかな
  

   だんだん離れていきました
  

   シャベルカーの前を横切っていました
  

   今度は、少し高台の方に飛んで行ったと思ったら・・・
  

   一瞬ですが、雌と絡んでくれました
  


        それから、「もっと綺麗に撮りたい」と思って2度程通ったのですが

        見ることさえ出来ないでいます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加