漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

re:仁・菜について -- 漢字家族

2006年02月05日 00時47分10秒 | 漢字質問箱ログ

 [ブログ内検索] [漢字に関する書籍] [漢字源] [中国古典選]
仁について (子供の名前について)  2006-02-04 00:33:18

こんばんわ。
子供の名前を図書館で借りた本に照らし合わせて一生懸命に考えたのですが、メモを取り忘れていた為、詳しい意味を忘れてしまいました。
子供が大きくなって悲しい思いをしないように
漢字の意味と由来をご教授下さい。
「菜」「仁」の名前の由来を教えて下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


 こんばんは。

「仁」の由来については・・・
「人と民 -- 漢字家族」

 をご覧くださいね。

【仁】

■解字
会意兼形声。「人+二」で、二人が対等に相親しむことを示す。
相手を人として扱うこと。また、柔らかいこと。
人(ジン)・(ニン)と二(ジ)・(ニ)と、どちらを音符と考えてもよい。
■音
【漢音】ジン 【呉音】ニ, ニン
■訓
ひと
■名付
きみ, きん, さと, さね, しのぶ, ただし, と, とよ, にん, のぶ, のり, ひさし, ひと, ひとし, ひろし, まさ, まさし, み, めぐみ, めぐむ, やすし, よし
■意味
(1)ひと。人間。《同義語》⇒人。
 「井有仁焉=井に仁有り」〔論語・雍也〕
(2)(ジンナリ)自分と同じ仲間として、すべての人に接する心。
 隣人愛や同情の気持ち。また、そのような気持ちをもつさま。
 「仁者愛人=仁なる者は人を愛す」〔孟子・離下〕
(3)「仁(2)」の心をそなえた人。仁徳をそなえた人。「仁者」
 「観過、斯知仁矣=過ちを観れば、斯に仁を知る」〔論語・里仁〕
(4)柔らかい果物のたね。「杏仁(キョウニン)(あんずのたね)」
(5)「不仁(フジン)」とは、手足の動かない病気のこと。

儒家--漢字家族 ←クリック!
【資料】儒家と墨家 ←クリック!
【資料】「人と民」(「仁」の解説) ←クリック!

ライン


【菜】

■解字
会意兼形声。「艸+音符采(サイ)(=採。つみとる)」。つみなのこと。
■単語家族
才・栽・災・采・宰・在・賊 ・・・・ せき止める、たち切る才:図解才:図解

「災」の字の上部は、川がせき止められた姿を示す。
この堰(せき)の形だけをとったのが「才」の字の原形。途中で中断すること。
の原字は、甲骨文字ではで代用されることも多い。金文では「土」を加えて、土でせきとめる意を表す。つまりの原義は、せきとめて停滞すること。「在某所」のような使い方は、行進を中絶して、某所に滞留する意味であった。
「せき止める」という意味は、他方では伸びたものを中断して、切り止める意ともなる。
とは切った木であり、とは衣を切ること。とはむやみに伸びた植物の枝を切って止めること。の右側の字形は「戈(ほこ)+才声」から成り、刃物で中絶する意を示したもの。
伸びた枝葉を切りとるには、刃物を用いるとは限らない。爪先で茶の葉や若芽をつみとるのも、やはり「中絶する」ことにほかならない。
の原字で、「爪(てさき)+木の会意」から成っている。のち採取の採に用いられるが、本来は(枝を切り取る)や(切った木)と同系であった。
【采】伸びた枝葉だけを手でつみ切って取ること。中途から絶ち切る
【菜】伸びた若芽だけを手で中途から絶ち切る
*** 以上、『漢字語源辞典』(藤堂明保・学燈社)p.107 参照 ***

■音
【呉音・漢音】サイ
■訓

■名付

■意味
(1)な。葉・くきを食用とする草本類の総称。つみな。なっぱ。「野菜」「蔬菜(ソサイ)」
(2)な。草の名。種から菜種油をとる。あぶらな。「菜子(なたね)」
(3)副食物。おかず。また、料理。「菜館」「惣菜(ソウザイ)」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« re:「縁」の由来 -- 漢字家族 | トップ | re^2:仁・菜について -- 漢字... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (子供の名前について)
2006-02-18 09:47:38
管理者様

名前を調べて頂き大変感謝しております。

誠にありがとうございました。

Unknown (墨鉄)
2007-05-11 00:11:17
<絶賛>
 ひどい解説になると刃物の刃の語源が葉から来たという。どう考えても歯のほうが
概念が近いと思うのに。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL