気持ちのいいペース

ゆる~いウルトラマラソン

寝ても覚めても

2017年04月22日 22時19分16秒 | 土佐乃国横断遠足
選ばれていれば本日、さくら道を駆けていたと思うが、
今年は1,2,3月と風邪引いて全然練習出来ていなかったので
完走は無理だったと思う。
そう思うと、選ばれなくて良かったな~と思う。
さくら道を駆けている皆さん!楽しんで下さい。


で、私はと言うと
最近、寝ても覚めても「土佐乃國横断遠足」で頭が一杯
暇さえあればGoogle Mapやストリートビューでコースをトレースし
「ここにコンビニあるわ」とか、「この店寄ってみようかな?」とか
既に頭の中では何回ゴールしたことか。

んなことやってたら、海が観たくなって



海の公園までジョグ

海なら鎌倉湾の方が近いんだが、
土曜日だったんで鎌倉は人が多くて近づきたくなかった。



桜は散ったが八重桜は今が満開



銀杏の新芽に赤い花がお似合い。



そういえば、このコースは良く使うけど、ここには行った事なかった



富岡八幡宮。意外とこじんまりしていた。

のんびり33km4時間のジョグ。


帰ってみると



キター!!

土佐乃國横断遠足の事務局である大正・十和スポーツクラブから
大会案内一式が届いていた。

大会案内や必携品リスト、コース図なんかが入っている。

参加者名簿もあり、見ると

最初50人募集で締め切り後60人になった中、
初参加が24人
なんと神奈川からの参加者は私一人。
神奈川代表になってしまったわ・・・。

この大会のゼッケンの面白いのは、永久欠番制。
第1回から延べ人数で割り振られており
次回出場しても同じゼッケンナンバーが使えるらしい。
ちなみに私は92番
来年も出たとして、やはり92番になるようです。

まさか、エントリー時に書いたひとことが全文記載されるとは思わなかった・・・。

他の人のブログで9時5分にFAXで送っても、
キャンセル待ち1番になってしまった記事を読んだが
ホント私、よく間に合ったもんだ。

これから、地図とストリートビューをにらめっこしながら
高知の見所を書き込んでいこうかと思ってます。

うぉ~~~!!  ワクワクが止まらないぜ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜散策

2017年04月13日 10時35分09秒 | ジョグ日記
彩湖ウルトラで限界突破してコースベストを出した結果
脹脛、腿、腰、肩、腕がすごい筋肉痛。

軽く身体を動かしたほうが治りも早いだろうと散歩。

彩湖でも我々の目を楽しませてくれた桜も今が見ごろ。

近所の桜巡りをしてきました。







以前、ジョグ中に見つけた公園。
周りの木、全部桜じゃんと気が付いたので今回観に行って来た。



鎌倉中央公園。意外と桜の木は少ない。
しかも、葉桜になりかけ。
近場でも、九分咲きから葉桜と咲き方は色々









下に眼を転じれば・・・



ついでに前から気になっていた場所へ







苔が渋い



我が街のシンボル





また来年、我々の目を楽しませてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第12回戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン

2017年04月09日 08時38分24秒 | 戸田・彩湖フル&ウルトラマラソン


今回で4回目の彩湖ぐるぐる70km
1回目は7時間01分
2回目は6時間53分
3回目は7時間02分

SUB7を巡る攻防は1勝2敗、今年こそはと気合を入れる。

5時半家を出て7時ちょいに現地到着。
年々駐車台数が増えている気がする。
私が止めてしばらくしてから満車になった様子。
次回はもうちょい早く着かないとヤバイかも?





去年に続き、今年も丁度満開の桜が迎えてくれる。

天候は小雨がぱらついている。
気温はそれほど低くもなく、手袋、シェルジャケットはいらない様子。

大会本部に行き参加賞引き換え
この大会は参加賞の有無を選択でき、無しの場合は参加料が少し安くなる。
本部にはみちのく津軽で一緒に走ったF原さんがボランティアをしていて、
朝のご挨拶。

彩湖も4回目だしみちのく津軽以来、ボランティアを手伝ったりして
スポーツエイドジャパン関係の知り合いも増えてきました。



小雨はぱらついているが、風もなく穏やかな彩湖

オリンピックボート会場候補で一躍有名になってしまったが、
もし、会場になっていたら突貫工事が開始していただろう。
そしたらこの大会は中止だったのかな?
ここは、ランニングはもちろん、自転車、トライアスロンなど
沢山の大会が開かれている。
大会以外でもサッカー、野球、ウインドサーフィン愛好家やジジババの散歩、
子供の遊び場など、戸田市民、埼玉県民に愛されている。
たとえオリンピックの為だとはいえ、
1競技の(仮設の)為の工事でその楽しみが奪われてしまったかもしれないのは
納得いかなかったな~。



今年の参加賞Tシャツは淡いイエローなシンプルなもの。



開会式の後、スタート地点に集合
スタート10分前というのんびりモード。

スタート地点は去年より100mくらい手前に来ている。

「pink_man(本名)さん!」
突然、呼びかけられて驚く。
何度か同じレースに出て、同宿にもなったことがある、川の道ランナーOさんだ。
「帽子みてすぐに分かりました」とのこと。
本日もチョッパー帽装備。
近況やレースの予定の話をしてたら、あっと言う間にスタート時刻。
「がんばりましょう」とエールを交わし、スタート。

トラックからの出口が少し狭かったが、彩湖周遊コースへ。

スタート渋滞で少し時間かかったかな?と思っていたが
最初の1km 5:22 
あら?こんなもん?
次の2km 4:48

・・・速すぎる・・・
そんなに飛ばしている気はしないのだが、周りのペース、いいコンディションで
楽に走れている感じだ。
それでも、調子に乗っていると後半もたないのは分かっているので
一生懸命、ペースを落とす。
3km5:03
4km5:03
5km5:03
・・・もうええわ・・・行けるところまで行って貯金作ったろ・・・

バックストレートに入ると「ケーン!ケーン!」と独特な鳴き声が聞こえる。
首を巡らせると、草叢に雉の姿が見える。
話には聞いたことがあるが、ここで観るのは初めて。

2周、3周と順調に刻んで行く。
フルマラソンの部もスタートし、コースが一気に賑やかになってくる。

コース中、3箇所ある坂道の1つめの手前で応援してくれているのは
制限時間の魔術師の異名を持つ、最年少サロマンブルーのSさんだ。
その後、5~6周の間、応援してくれていた。



この大会の名物の一つ。豪華なエイド
4周目でフルーツをパクついていると
「居た~~~!!」
と後ろからどつかれる
このパターン、前にも有ったな・・・
ウルトラおばさんことRUNtotoさん登場。
「スタートで探したけど分かんなかった、目立つのに」とか言ってる。
エールを交わし再スタート

その4周目、バックストレートにて おっTランナー発見。
近づいていき「ナイス、おっさん!」
誰だろうと思ったら、先日、大江戸小江戸を完走した40sおやじさんでした。
私より全然速い人ですが、本日はお友達のペースランナーらしく、
のんびり楽しんでます。

5週目ではOさん、そしてみちのく津軽で知り合ったRUNARTのM崎嬢を
エールを交わしながらパス。

10km 52分

ハーフ 1時間50分

25kmを過ぎるとバテてきて1km5:10~20に落ちてくる。

私の行ってるスポクラのオリジナルTシャツを着ているフルのランナーを発見する。
誰かと思って声を掛けてみると
先日の鎌倉の水泳大会でも一緒になったスイムスクールの会員さんでした。
まさか出ているとは知らず、お互いびっくり!。

30km 2時間37分

まだまだ貯金はたっぷり。
寒くないのでトイレ行くのも少なく、裏の給水所は寄らなくて良かったりする。
そういう細かいところで少しづつ貯金が増えていく。

フル 3時間45分
無事サブ4達成。先日の静岡マラソンと5分しか違わない。
飛ばしすぎだろ・・・
前回SUB7した時のフルのタイムが3時間50分
コースベスト、狙えるか?

が、そんなに甘くはなかった・・・
練習不足は期待を裏切らず、フル以降5分30~6分と、がくんとペースが落ちる。
でも、まだ6分以内だからなんとかなりそう。

55km過ぎくらいから腕と腰が痛くなってくる。
このところ筋トレをさぼっているせいかな?
それに伴い、ペースは更に落ちていく。6分/kmをキープ出来なくなっており
少し油断すると6分30秒も切れなくなっている。
前SUB7時は意図的にペースを落として体力温存を図ったが
今回は駄目。一生懸命走ってもこのペース。
こうなったら貯金を切り崩して耐えるしかない。

60km 5時間38分

残り10km 1時間22分
・・・なんとか逃げ切れそうな気がしてきた。
少し欲が出てくる。
6時間50分切りを目指したい。

モニターがラスト1周を教えてくれる。

頭の中ではもう間に合うから歩きて~!という感情と
どうせならコースベストを狙えという感情がせめぎ合っている。

バックストレートで40sおやじさんと3度目の邂逅
エールを貰う。

最後の上りの橋をなんとか駆け上がり
その下りで加速し・・・出来ない・・・(苦笑
それでも気分的にはラストスパート!



両手を掲げてゴーーール!!

そのタイムは!

70km 6時間46分20秒



彩湖ウルトラ、コースベストが出ました!

ゴール後即完走証発行。
OS1のペットボトル大小1本づつ貰う。
昨年はノンアルがあったけど、残念ながら今年は無し。

車に帰り着替える。
身体の節々が痛く、着替えるだけでも一苦労。

ゴール前に戻り皆の帰りを待つ。

RUNtotoさんはおそらく私の30分遅れくらいかな?と思っていたが
なかなか帰ってこない。

エイドとかで時間を潰していたら、帰って来た!



(あ、背景トイレだった・・・)
7時間40分くらい。本人曰く予定どうりだそうだ。
来週も100km走るらしい。

コースをしばらく逆に歩いてみる。
前からRUNART M崎嬢が走ってくる。
エールを掛け



ブレた・・・

制限時間も迫り、ゴールする人も減っていく。
そんな中、まだラスト周回に入っていく人達もいる。

手の開いたボランティアの人達と一緒にゴールする人達を迎える。

あら~、帰ってこないな~と思っていると
残り10分で40sおやじさん御帰還
「ナイスおっさ~ん!!」と声を掛ける。



被っちゃった・・・



最後は2人で最高のポーズ



「計画通りですね」と言うと
「計画通りです」とのこと。

時間目一杯楽しんだようです。

気が付けば辺りは肌寒くなっている。


レースメイク的には行き当たりばったりでボロボロだったけど
彩湖のコースベストが出たのは嬉しかった。
今回はコンディションに助けられた部分が大きいと思う。
ちゃんと練習すれば、まだタイムは縮められそうだ。

15周回はキツイけど
この箱庭的レース、大好きです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

有朋自遠方来、不亦楽乎

2017年03月28日 16時12分58秒 | ジョグ日記
村岡ダブルフルで知り合って
その後、ブログを発見し、コメントした事から仲良くなった
村岡仲間のまんたさんが伊豆大島ウルトラ100kmに出場する為、
奈良からやってくるという。

大会翌日の日はたまたま仕事休みだし
これはぜひ迎撃し驚かせてやろう。

と、言っても分かっているのは
14時25分 熱海港到着と言うことだけ。
顔は・・・村岡のすれ違いで見つけられたのでなんとかなるだろう。
会えなきゃ会えないで熱海観光でもすればいいか~。

と、かなり行き当たりばったり。


伊豆大島ウルトラ大会当日
異常気象により真冬並みの寒さ及び風
横浜に居ても寒いし、離島となればさぞかし・・・
と思っていたら、まんたさんのブログで速報
残念ながら半分でリタイアとのこと。

翌日も寒く、都心では雪もパラついたという。



熱海駅11時半頃到着



駅前には足湯も賑わっている。
平日だというのに意外と人が多い。



可愛いマメ機関車



商店街を冷やかす。



坂道を下り海沿いに出る。



初島が見える。



熱海といえば金色夜叉。お宮の松



ダイヤモンドに目が眩んだ女を足蹴にするの像



熱海サンビーチ 意外と狭い





「恋人の聖地」におっさんひとり・・・



熱海城

時間も余っているので市街地に戻る。



案内図に従い起雲閣へ



大正時代、別荘だったものを昭和22年から旅館になり
多くの文豪たちが愛した建物らしい。
現在は一般公開されている。















ここは、楽しかった。熱海に来たら一見の価値はある。

お腹が空いたのでお店を物色する。
熱海に来たからにはお魚かな?



民家の一室を改装したお店。ここ良さそうだ。



金目鯛のお茶漬け ゆず胡椒の香りであっさりしている



〆にミニぜんざいとお抹茶
店を出たら丁度いい時間だ。

ぶらぶら歩いて港の反対側へ


初島からの船が入ってくる。
こうしてみると、熱海って坂の街なんだなって分かる。



このロープウェイを上ると熱海城と「あの」秘宝館



熱海港到着。



初島行きの船が出るところ。
平日でも多くの人が乗り込んでいく



いよいよ大島からの高速艇到着
さて、まんたさんは見つかるかな?

下船開始・・・・



発見~~~~!!

「まんたさん!」 声を掛けてみる。
「えっ!?・・・・・・え、まさか・・!?」
「どーも、お疲れ様でした」

サプライズ大成功!!

その後、駅までバス移動。
その間も、大島ウルトラの過酷なコンディション、
村岡ダブルフル勇者の道、えびすだいこく100kmなどの話をする。

駅についてから、おっさん二人で商店街をぶらりと歩き
駅ビルの甘味どころでまったり



4時に駅前で村岡ダブルフル勇者の道での再会を誓い、
がっちり握手してお別れする。

さて、まだ時間は早い。もうしばらく熱海をぶらぶらすることに。



駅前にある温泉の湧く銭湯に行く。
浴槽は4人くらいで一杯になりそうな狭い湯船だが
源泉賭け流しで45℃くらいあるので熱い熱い
熱さのせいか、おんせん成分のせいか、入れば入るほど肌がぴりぴりしてくる。

さっぱりした後、街をぶらぶらする。



来宮神社(きのみや)に行って見る





樹齢2000年の大楠





近くで見ると、2000年生き抜いてきたものの迫力がある。



五色の杜



舞台奥には湧き水が



裏手には川の流れる音が心地よい。

駅までたらたら歩いて散策終了。

熱海って今まで何度となく通過してきたけど
歩いてみたら結構楽しかった。
歴史もあり、うさんくさいところもあり、
道もうねうねしてて、路地とかも分かりにくく
歩いているだけでワクワクしてくる。
また遊びに来よう。

そして、まんたさん お疲れ様でした。
また村岡ダブルフル勇者の道で再会しましょう!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉こもれびオープン水泳大会2017

2017年03月21日 09時07分37秒 | スイム
先週末に鎌倉の山崎にある、こもれび山崎温水プールで
開催された競泳の大会に出場してきました。
去年も出場してて、今回で2回目です。

今回挑戦したのは、50m自由形、100m個人メドレー、100mフリーリレー
フリーリレーは申し込み後、スポクラのスタッフが組み合わせを考えてくれる。
スイムスクールの生徒でない私は、知り合いが少なくてちょっとドキドキ。

朝8:30開場と共に入場する。
午前中は子供が多くワイワイギャーギャーと賑やか。
スポクラから引率のコーチ2名に挨拶するが、
ちょろちょろ走り回る子供達の世話でてんやわんや状態。
「ほら~、ちゃんとアップして~」「ピーと笛が鳴ったら台に乗って」
と、アドバイスに余念がない。

一方、大人達は自分の出番直前に合わせてやってくる人が多数。
中には朝からスクール1本こなしてから来る人もいたりして、
ほとんどは午後からやってくるようだ。
開場から来た大人は私の他1人のみ。

アップで軽く泳ぎ、こんな時にしか出来ない飛び込み練習も2本ほど。
飛び込み台は仮設の物で、高さ30cm程度。ちょっと低め。
こもれびのプールはスポクラのプールより水温が高く、お風呂のようだ。

開会式に続き競技開始。

200mのフリーリレーから始まり
25m、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ、自由形と続く。
25mは一瞬だ。

50mに入ると人数が増えてくる。
小さい大会でありがちだが、
泳法、年代別で各クラスの出場者が1~2人と言う事態もおこる。
そんな時は、泳法ごとにまとめられて、
小1の子と還暦すぎたオバちゃんが一緒に泳ぐという事態もあったりするわけで。
それはそれで微笑ましい光景だ。

さて、自分の出番が近づいてきた。
狭いウォームアッププールで少し泳ぎ、召集。

50m自由形、おっさんの部は4人

ヨーイ・ピッ!

オリャオリャッ!と泳いで38:24
ありゃ、去年とほとんど変わらない・・・。
秋の横浜市民水泳から比べると1秒遅い・・・がっくし・・・。
う~ん、キックが弱かったかな~。

200個人メドレーが終わると昼休み。


午後に入ると子供達が消え去り、大人達が増えてくる。
横浜市民大会で知り合った人たちも増えてきて、賑やかになってくる。

200mフリーの後100mへ入る。
100mだとプログラムの進みもゆっくりとなる。

100m個人メドレーの召集。
おっさんの部は4人。
全員、同じスポクラの同門対決。
1人、めちゃ速いらしいが残りは似たようなもの。

ヨーイ・ピッ!

隣のレーンの速い人があっと言う間に離れていく。
おかげで、変に意識することなくマイペースで泳げる。
バタフライは突っ込みすぎず、
背泳ぎは脚が沈まないように、ターンで失格にならないように
平泳ぎは伸びを意識して
クロールは残った力を全力で出して。

失格にもならず、無事ゴール!。

1:39:61

をを~、横浜市民マスターズから5秒縮めた。
背泳ぎと平泳ぎを特訓した甲斐があった。

100mメドレーリレーに続き、100mフリーリレー。
リレーに選手が集まってしまうので、応援席が寂しくなってしまうのは
地方の大会にはよくあること。

フリーリレーはスターター
ヨーイ・ピッ!で飛び込むと
ほぼ、無呼吸で泳ぎ、オリャッとタッチ。
皆でがんばって、最下位は免れる。


その後は、近くのお店で打ち上げ。
3時からガンガン呑む。
そこを出てから、流れで参加者一人のご自宅へノーアポイントで11人がなだれ込む。
わいわいやって9時ごろ解散。

スイムの大会は距離は少ししか泳いで無いのに疲れます・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加