英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

目次記事-原発関連記事一覧

2016年05月02日 20時37分22秒 | 目次記事

 

もう一つ、目次記事を上げておきます。

本当は、「危険性」ということについて、わりと真面目に--科学方法論の地平で!--書いた記事がもう1本あるはずなのですが、日本語版が見当たらない(謎)。残っている英語版は下書き段階のもの(涙)。どないなってんねん! 責任者出てこい!

>はい、・・・わたしです(茫然)

 

でも、目次がないと不便。ということで、ブログ完全復帰まで待てないので、

今の段階のリストをアップさせていただきます。

日本のために、共に闘わん

KABU 

 

イメージ 1

 

 ◆脱原発論は日本の地政学的特殊性を無視する暴論である

・事故を乗り越え福島とともに進む☆原発推進は日本の<天命>である
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/77bb139a31d8909f3387c203afc4f45d

・放射能の恐怖から解脱して可及的速やかに<原発立国>に回帰せよ!
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/8662b74f5b1f15da4739d0a9642916dd

・ドイツの大腸菌騒動
  -脱原発の<夢物語>は足元の安心安全を確保してからにしたらどうだ
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/6207784b62ce34386bfc691a78658034

・【ブログ友の記事】「情報」は他人から。でも、「判断」も他人のものでよいのでしょうか?
  自分の頭で判断しよう。少なくとももっと迷おう。
  http://blogs.yahoo.co.jp/fukufukimama/64296143.html

 

◆放射線の危険性論は科学的-、法学的-、哲学的に成立し得ない
 それは反捕鯨論とパラレルな文化帝国主義的の教条にすぎない

  ・放射線被曝の危険性論は霊感商法?
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7c286f3b86f2d6f2b8bd054af6bc3212

・魔女裁判としての放射線被曝危険論
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/54614e99fb98e2b28bd96c1022c1e029

・民主主義の意味と限界-脱原発論と原発論の脱構築
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65233888.html

・放射能と国家-脱原発論は<権力の万能感>と戯れる、民主主義の敵である
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fd01017dc60f3ef702569bbf8d2134d2

 

<根拠>
・チェルノブイリ原発事故で最大の被害をもたらしたものは何か
 -放射能狂騒終了の鐘は鳴り響く(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/690b8a180fc5e64810727f3cc571480d


・高田純教授「福島県民は誰も甲状腺がんにならない」
  -放射能狂騒状態の宴の終了を告げる鐘音
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/0310d2573c00291a4b0e194161f3e84b

・【ブログ仲間の記事転載】ーーお墨付きを得た「脱原発猿」 高田純教授講演会
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/17958dfe0f4b5a4708b70c30729ac613

・脱原発の狂宴からの卒業-「放射能より避難が危険」「原発事故より風評被害が有害」-(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/690b8a180fc5e64810727f3cc571480d

・社会現象として現れるであろうすべての将来の原発問題への序説
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/95bf9c9a01aca3435196a8a613787ce2

・美味しんぼの因果関係-脱原発の背理
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65218494.html

 

 

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界の鯨」ポスター  | トップ | <アーカイブ>OECD諸国中最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。