Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

『横浜事件に生きて』  共謀罪

2017-01-22 16:52:34 | 映画
【上映の機会】

第31回憲法を考える映画の会
日時:2017年1月29日(日)13:30~17:30
会場:千駄ヶ谷区民会館 集会室(渋谷区神宮前1-1-10 原宿駅2分)
映画『横浜事件に生きて』
日本映画 1990年制作 58分
参加費:一般1000円 学生600

http://kenpou-eiga.com/?p=1872



http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20161010.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ask me nicely    You can whisper softly

2016-01-18 14:00:00 | 映画
映画 ROBIN HOOD


劇中のケイト・ブランシェットは大人の色気




If you're trying to build for the future, you must set your foundation strong.

The laws of this land enslave people to its King, a King who demands loyalty but offers nothing in return.

I have marched from France to Palestine and back.
And I know in tyranny lies only failure.

You build a country like you build a cathedral, from the ground up.

Empower every man and you will gain strength.

If Your Majesty were to offer justice, justice in the from of a charter of libarties, allowing every man to forage for his hearth, to be safe from conviction without cause or prison without charge, to work,eatand live on the sweat of his own brow and be as merry as he can... then that King would be great.

What we would ask,is liberty.
Liberty by law!



暴君に対して家臣たちが言った言葉がこれだ。
暴君を政府でもアベ自公でもに直すと、台詞を若干修正しなければならないだろうが、それは読者に任すことにしよう。

彼女に言ってみたいと思う。
Ask me nicely・・・












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 『Net Work』

2016-01-03 15:00:00 | 映画
Edward George Ruddy died today!
Edward George Ruddy was the chairman of board of the Union Broadcasting Systems
and he died at 11:00 this morning of a heart condition.

Woe is us!
We're in a lot of trouble!

So,a rich little man with white hair died.
What does that got to do with the price of rice, right?
And why is that woe to us?

Because you people and 62 million other Americans are listening to me right now.
Because less than three percent of you people read books.
Because less than 15 percent of you people read newspapers.
Because the only truth you know is what you get over this tube.

Right now, there is a whole and entire generation that never know anything
that didn't come out of this tube!
This tube is the Gospel.
The ultimate revelation.
This tube can make or break presidents, popes, prime ministers.
This tube is the most awesome goddamn force in the whole godless world
and woe is us if it ever falls into the hands of the wrong poeple!
And that's why woe is us that Edward George Ruddy died.

Because this company is now in the hands of CCA the Communication Corporation of America.

There's a new chairman of the board, a man called Frank Hackett sitting in Mr.Ruddy's office on 20th floor.
And when the 12th largest company in the world controls the most awesome,
goddamnpropaganda force in the whole godless world who knows what shit will be peddled
for truth on this network!

So you listen to me.
Listen to me!

Television is not the truth.
Television's a goddamned amusement park!
Television is a circus, a carnival, a traveling troupe of acrobats storytellers,
singers, jugglers, sideshow freaks lion tamers and football players.

We're in the boredom -killing business.
So if you want the truth, go to god.
Go to your gurus.
Go to yourselves!
Because that's the only place you're ever gonna find any real truth.

But, man, you're never gonna get any truth from us.
We'll tell you anything you wanna hear.
We lie like hell.
We'll tell you that Kojak always gets the killer
and that nobody ever get cancer in Archie Bunker's house.
And no matter how much trouble the hero is in, don't worry.
(Just)Look at your watch.
At the end of the hour he'll (be got) win!
We'll tell you any shit you want to hear!
We deal in illusions.
None of it is true!

But you people sit there, day after day, night after night.
You're all ages, colors, creeds.
We're all you know.
You're begining to believe the illusions we're spinning here.
You're beginning to think the tube is reality and your own lives are unreal.
You do whatever the tube tells you!
You dress like the tube eat like the tube raise your children like the tube,
even think like the tube.

This is mass madness, you maniacs!
In God's name, you people are the real thing!
We are the illusion!

So turn off your television sets.
Turn them off right now.
Turn them off and leave them off.
Turn them off in the middle of this sentence.
Turn them off!

’76年に公開された
映画という虚構の中に描かれるTVの虚構。
虚構中の虚構ショーでの一場面での台詞を書き取ってみたが
単語がまだ数か所足りない。

英語の勉強がてらヒアリングしてみてはどうだろうか。
ほんの数分の場面だ。

2015年の現在は、TV以外の情報空間含め世界中を覆っている
something にはとても危機感を感ずる。

アメリカ人もこの際どうであろうか。
英語を勉強しなおしてみては?

2015-03-21 14:00:00
2015-02-11 14:00:00



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広告支配

2015-12-30 12:30:00 | 映画
この映画に出ている女優さん、品川に会いに来た。
ほかにも沢山いる。



どうもあの辺は臭い。

品川から田町、三田、虎の門。




電博空間なのではないのか?





外国人の生活保護問題とオリンピック資金不正問題は別。
こういういい加減(どんぶり勘定)な意見が頭の悪い人々を混乱させることになる。

どんぶり勘定が感情的に国や地方のどんぶり勘定をして、何の意味がある。食わせ物発見だな。


とある世界的に有名なSNSの持ち主は億万長者になったけれど、どうしてなのかなわかるかな?
インターネットの広告の方が有用で効果的で効率良く、そしておカネになるからですね。
但し、電博の自称クリエイターなる方々に才能がないから、日本ではそうならない。日本でクリエイターは”真似っ子乞食”という。





というわけで彼女、頬のニキビは治ったのかな。お仕事で無理していないかな?なんて女優さんを心配してみる僕。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Awards confirm NO.1!       World Americans timid beggar Hierarchy.   

2015-12-29 15:30:00 | 映画
ざっくりではなく、大局的に物事を見るように心がける。





2007年初公開とある。

彼女は言った。
「治安の良いNY・・・」




悲しいかなこれがハリウッド脚本家の限界なのだろう。

ジャケット日本語コピーは日本のコピーライターの限界なのだろう。



刀狩(かたながり、刀狩り)


近代以後の刀と銃規制




世界一の軍事力を誇り、世界一の監視社会であるアメリカが、銃規制をできないはずはないのだ。銃の製造メーカーからの圧力で銃規制ができない?嘘をつくな!ということだ。



大統領なり議会なりが、銃社会解消を本気で考えていたならとっくに無くなっているはずなのだ。これは”生活には銃ありき”のアメリカ人の限界だろう。


日本に駐屯した経験を持つ米軍兵に聴いてみればいい。
いま沖縄で基地反対運動に参加している退役軍人に聴いてみればいい。



NYの治安は良いのか?





上下議会議員も大統領もアメリカ市民が投票で決める。
アメリカ社会から銃が無くならない、コンビニでも買える、プッシャーからも買えるのは、それをアメリカ市民が求めているからなのだろう。

アメリカが200年以上戦争を止められないのも同じ理由だろう。






治安の良い(少なくとも警察官以外誰も銃を持っていない)ところで、タカリや強請り、強姦や強奪を行うには、それなりにもっと大きなリスクを自身が負う。だから治安が良いわけだ。



そういう意味で、アメリカは(仮に平和主義者であっても)世界一臆病で世界一”乞食根性”を持つ多民族国家ということだ。


世界一臆病な乞食のヒエラルキー国家アメリカ。




どうりで世界を強請りタカリ詐欺、脅して強奪しているはずだ。





そんな選択許せるはずがない。



*この映画の日本語吹き替えは、コルクを抜いてから3日くらいたったワインのようだ。







無意識に潜在的(理由なし反射的)にこのアメリカ乞食に恐れをなす日本人は・・・?



卑屈という。


さすが”卑弥呼の子孫”だ・・・



Dont say like that dont do that...

I hear you ...





悔しけりゃ自分の国を変えてみろ!


ということで「どうしても見たくなる映画解説」でした。





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬鹿俳優

2015-11-21 12:00:00 | 映画
愛する者の為に戦争に行き(当時戦争に行くのは男だけ)、もし死んだら、負けたら、愛する女がどこの馬の骨に凌辱されるか知れないのに・・・

戦争しないために命を・・・というならまだわかる。

しかしそういう勘違いはなにも日本人だけじゃないしな。ハリウッドでさえそういうのが現状だろうし。



火事で燃え盛る家に残された我が子を助けるために猛火に飛び込む母親には到底勝てん大馬鹿役者だろう。
つまり”臣民役者”ってことだな。












   ---  ---  ---

 帝国ホテルの大広間に600人も集めて行われ、半分は募集した一般の男女高校生、もう半分がマスコミでした。そこで記者から「もし戦争になったら、あなたは愛する人のために戦いに行って死ぬことが出来ますか」という質問が出ました。私は不安だったんですが、反町隆史さんや中村獅童さんといった俳優さんが、少し考えながらも「愛する人のために死ねます」と言うんですね。確信犯的に言い切ったのは渡哲也さんで、石原軍団の長ということもあるのでしょうが、「私はそういう事態になったら命がけで行きます」とズバリ言うのです。
 あ~あ、と思っていたら、最後に佐藤純爾監督が「違う」と、はっきり言いました。「戦争が起きてからでは遅い。戦争が起きないように我々は何をしなければいけないのか、それをこの映画を見て考えて欲しい」と発言されたのです。


 私はホッとしたのですが、しかし翌日のスポーツ紙やテレビで取り上げられたのは、俳優さんたちの「愛のために戦争に行きます」という姿ばかりで、監督の発言は一切出て来なかった。実は仲代達矢さんも良いことを言っていましたが、これも出てこなかった。その状況に私はとても心配になりました。


 この映画を見に行った人の中で色々な反響がありますが、私の周りでは「危惧しながら見に行ったが、思ったより良かった」という声がかなりあります。この映画は、そういう反応が出るような面も持っています。その点では佐藤純爾監督の、戦争は絶対に起きてはいけないという思いが滲み出ている部分も結構ありますが、逆に「若者の純粋さは尊い、美しい」という声が出てくると、ちょっと待ってくれよ、と言いたくなる。

 戦艦大和が沈んだあの1945年の6月、私はまさに、あの映画に出て来た17才の海軍特別年少兵でした。海軍特別年少兵は海軍で最も年若い兵士で、14才から15才で海軍に入り、過酷な訓練を受けて、17才くらいで軍艦に乗艦します。この年少兵については今井正さんが1972年に『海軍特別年少兵』という映画を作っておられますので、それをご覧になれば実態がよく分ります。


 私は同じ17才で、海軍航空隊におりました。16才で予科練の少年兵を志願して、しかし基礎訓練が終わった頃には乗る飛行機がなく、水上水中の特攻要員に志願しろということになり、そして最後の17才の年に、岡山の海軍倉敷航空隊で水上特攻要員の訓練を受けていました。


 17才の年少兵だった私も、同じく戦艦大和とともに沈んでいった沢山の17才の年少兵も、実のところ日本のやっている戦争がどういう戦争であったのか、何も分っていなかったんですね。

 まず学校の教育は、日本は神の国で、天皇陛下の御稜威(みいつ)、つまり御威光で全世界を一つの家にする、ということで、日本の行っている戦争は聖なる戦争、聖戦だと。当時は国民という言葉はなく、臣民、つまり王様の家来ということですが、臣民は天皇のために命がけで戦って死ぬことが最大の名誉であると教えられていました。しかもアジア太平洋戦争が始まってからの──中国を侵略し、アメリカ、イギリスと戦争を始めた時に、その理由も経緯も何も教えられなかった。なぜ始まったのかも分らない。ただ日本軍は正しい、相手国が間違っている、ということしか知らなかったわけです。そういう教育で頭が作りかえられていたことが基礎にあります。

 それに加えて、当時の大衆的な人気のある娯楽メディアというのは映画しかないのです。ラジオもNHKしかありません。その映画が、状況の推移の中で、一つの方向のことしか語らない、知らせないというものに統制されて行く。

http://kenpo-9.net/document/140912_yamada.html

映画人9条の会HPより抜粋(読み易く改行した)






マスゴミと言われて久しい。
既得権益マスゴミに係わる人間を少なくとも俺は信じていない。

もう一つ、労働者という言葉を信じて疑わない人々も信じていない。
それは、臣民根性に似ているから。

テクニックはあるが現場を知らない監督と、叩き上げの監督の違いを簡単に言えば
*監督というのはね、その個々映画世界で王様ですよ。

貸借対照表と損益計算書しか見れない社長と、営業から皿洗いから何から何まで現場を見て経験して知って、それから人望を得て社長となるのとの違い。




両方知らなけりゃ駄目なの。







少し観察期間を置いてみよう。

マスコミ9条の会ブログ
http://masrescue9.seesaa.net/

やってみな!ミテミテ君たち・・・










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

繊細美音     世中国音乐

2015-11-20 09:00:00 | 映画
リズムを刻むばかりのダンスミュージックの中で、本当にセクシーだ。
これ聴いて勃起しない濡れないアンタは不感症だぜ・・・

https://www.youtube.com/watch?v=ujzMHLac404




ドキュメンタリー映画 遺伝子組み換えルーレット
私たちの生命のギャンブル


米国で起こっている遺伝子組み換え食品による健康被害――。この作品では医学・医療関係者、政府の食品安全審査に関わる研究者、自閉症やアレルギーに苦しむ子どもの親たち、家畜の健康障害を扱った獣医など、多数の証言と科学的根拠(エビデンス)からその実態を浮かび上がらせます。

http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/gmo.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○  ○  ●●●ン!

2015-07-14 16:00:00 | 映画
久々に映画のお話

soud of noiz


スウェーデンとフランスで公開されたようだ。

スウェーデン語を聴いていると、あの辺の言語が共通していると
耳で感じることが出来る。

ダンケはサンク(カナで書くより耳で聞くことだ)
ほかにも結構あ?と思う言葉を聞くことが出来る映画だ。

さて表題の丸に棒を付け、”ン!”の部分には4分休符を当てはめる。

それがこの映画のエンディングである。
Electric Love
https://www.youtube.com/watch?v=BQ99MFXztck

とても意味深な映画であり、感じるしかない映画である。
あなたは”ン!”の部分をどう感じるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それはそうと

2015-06-17 06:48:01 | 映画
昨日見た映画
「さらば友よ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%B0%E5%8F%8B%E3%82%88_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

アランドロンとチャールズブロンソン~マンダムは
なんだかよく分からない映画だったけど、懐かしい
気がした。

グラスに水を注いでコインを入れるのは、子供の頃
兄弟で遊んだ記憶がある。
なので見ているのだろう。

インドシナって言葉が出てくる。気になっていた。


http://wedder.net/kotoba/japan.html

そのころの世界地図には載っていないほどの最果ての地に
日本があり、当時から中国はお馴染みだったらしいことが
国の呼び名から分かる。

戦争するためにいくら中国脅威を煽っても、あの10倍の
人数と、広大な国土を持つ隣国が、そもそも相手にする
はずもない。

ヨーロッパ・アメリカを学んだ後は隣国から学ぶってもの、
日本の地の利を活かすことだと思わないか。
政治に著作権なんてないだろうに。

*画像の取り込みはsnipping toolってのがお勧めだよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮遊霊

2015-03-31 02:03:03 | 映画
 俺はいつごろ死んだのだろうか。思い出せないほど昔のような気がするが
つい数時間前なのかもしれない。何故か埃と排ガス臭いビルの谷間を浮遊し
ている。
 あらゆるものを通り越すことができる。まるで中性子のように。だから死
んでいると思うのだ。人の頭がい骨を通り抜けて夢に侵入することだってで
きる。だけど生き返ることはできないようだ。とある病院の死体安置室にあ
った体には侵入することができなかったのだ。
 人間が復活するなんてのは戯言だと初めて知った。生きていたときには信
仰深かった俺は腹を立てた。宗教なんていい加減なものだ。
 ある日侵入した夢は面白かったので紹介しよう。
 彼はうなされていたので、その理由が知りたくて侵入したのだがそのとき
彼は見たことがある人とゴルフを楽しんでいた。IN9番ホールで短いパタ
ーを外したところだった。そのとき彼のパーティーの見たことがある人がO
Kと言った。
 次のホールで前の組のショットを待っている間にこんな会話をしていた。
 「あの件どうでしょうかね。」
 「いいですよ、でもタイミングをみましょう」
 どうも会社の税金をまけてもらう相談らしい。
 その会社はどうもあらゆるメディアから情報を発信する云わば情報コング
ロマリットという会社らしかった。



 見た顔の人の夢に侵入もしてみた。彼は夢で独り言を言っていた。
「馬鹿め!まけてやった税金はどうせ取り返す。既にやつの企業成績はここ
数年で歴史的低迷をしているし、餌をまけば言いなりだ。餌はまた回収して
やればいい。この期に及んで表だって批判もできまい。」
 しばらくの空白があった。どうやって回収するか思案しているようだった。

 彼や彼の同業の企業名は日本を代表するような地名や普段の会話にかかせ
ないような名詞であることが多い。
「そうだなうん、その企業名に新たな税を課して減税分を実質返納させてや
ろう。なにせいまの私は押しも押されもしない独裁権力者なのだ」
 そこでその夢は途切れてしまった。潜在意識の中で確定したようだった。

こんな映画があったら紹介して欲しい。
前もってレビューも用意してあるし。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SCENT OF A WOMAN

2015-03-11 17:00:00 | 映画

映画SCENT OF A WOMAN

アメリカ退役軍人の彼が何故
I always knew what the right path was.
Without exception,I knew,
but I never took it.
と言ったのか。
It was too damn hard.
この言葉に隠された意味はなんなのか。

Charlieを平和に生きる世界の人々に置き換えるのもいいだろう。
そしてこの学校はもしかして、地球だったらと考えるとどうだろ
うか。

必見だ。

---
But (Charlie is)not a snitch!

This is such a crock of shit!

He doesn't need to be labeled "still worthy of being a Baird man."

What the hell is that?

What is your motto here!

"Boys,inform on your classmates,save your hide;
anything short of that,we're gonna burn you at the stake"?

Well,gentlmen,
when the shit hits the fa,some guys run and some guys stay.

Here's Charlie facin'the fire and there's George hidin'in
big daddy's pocket.

And what are you doin'?

You're gonna reward George and destroy Charlie.

I don't know who went to this place.

William Howard Taft,William Jennings Bryant,William Tell,whoever.

their spirit is dead,if they ever had one.

It's gone.

you're buildin'a rat ship here,a vessl for seagoin'snitches.

And if you think you're preparin'these minnows for manhood,
you better think again,because I say you are killin'the very spirit
this institution proclaims it instills.

What a sham.

What kind of a show are you guys puttin'on here today?

I mean'the only class in this act is sittin'next to me.

I'm here to tell you this boy's soul is intact.

It's non-negotiable.
you know how I know?

Someone here,and I'm not gonna say who,offered to buy it.

Only Charlie here wasn't sellin'.

I show you out of order.

You don't know what out of order is,Mr.Trask.

I'd show you,but I'm too old,I'm too tired,too fuckin'blind.

If I were the man I was five years ago,I'd take a flamethrower to this place!

Out of order? Who the hell you think you're talkin' to?

I've been around you know?

There was a time I could see.

And I have seen.

Boys like these,
younger than these,
their legs ripped off.

But there is nothin' like the sight of an amputated spirit.

There is no prosthetic for that.

You think you're merely sendin'this splendid foot soldier back home to
Oregon with his tail between his legs,but I say you are executin'his soul!

And why!

Because he's not a Baird man.

Baird man.
You hurt this boy,you're gonna be Baird bums,the lot of you.

And,Harry,Jimmy,Trent wherever you are out there,fuck you too!

As I came in here,
I heard those words:
"cradle of leadership."

Well, when the bough breaks,
the cradle will fall,
and it has fallen here.

It has fallen.

Makers of men,
creators of leaders.

Be careful what kind of leaders you're producin'here.

I don't know if Carlie's silence today is right or wrong;
I'm not a judge or jury.

But I can tell you this:
he won't sell anybody out to buy his future!

And that, my friends,
is called integrity.

That's called courrage.

Now that's the stuff leaders should be made of.

Now I have come to the crossroads in my life.

I always knew what the right path was.

Without exception,I knew,
but I never took it.

You know why?

It was too damn hard.

Now here's Carlie.
He's come to the crossroads.

He has chosen a path.

It's the right path.

It's a path made of principle that leads to character.

Let him continue on his journey.

You hold this boy's future in your hands,Committee.

It's a valuable futuer,
believe me.

Don't destroy it.
Protect it.

Embrace it.

It's gonna make you proud one day,I promise you.





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Minority Report(仮)

2015-01-28 10:28:14 | 映画
映画「Minority Report」


3人の未来予知超能力者によって予言される殺人事件。
殺人が起きる寸前の未来に飛んで行って犯人を予防的にタイーホして
しまう。
このシステムだと冤罪は有り得ない。冤罪だと訴えることが完全にで
きない。(人権無視は甚だしい)

超能力者たちは初めから終わりまで「全く救いがない」映画であった。
(人権無視も甚だしい)

未来の犯人を予防的に逮捕してしまう権力の横暴は、ここのところの
世界に酷似しているようだ。
---
積極的平和外交って言葉を読んだが、
ヘソで茶が沸きそうになってしまった。
米大統領首席補佐官は身代金支払い、人質交換に反対。ヨルダン国王が押しきるのは困難
孫崎のオトーサンのところは流石にコメントも勉強になる。

「99%」が最後の望み託す一郎・太郎新党

絶望するのは、まだ早い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

wag the dog

2015-01-19 09:00:00 | 映画


映画「wag the dog」
メディアと権力との関係やメディアそのものの力(使い方によっては
怖いものだ)、メディアを積極的に権力の宣伝に使う手法など。
逆にメディアによって権力の新陳代謝を促すことも可能だろう。

古い靴が作中「創作されたヒーローのシンボル」であるが、古い靴を
吊るす(実質捨てる)ことによって・・・。そうして人々は誘導され
ていく。

ところで、現代における古い靴とはどうやらアメリカドルのようなのだ。
---

日本のリベラル層の怠慢。何故ソーシャル・メディアを活用できないのか。

今日、日本の政治をおかしくしている最大の要因はマスメディアの権力に対する隷属である。

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF)が2014年、「報道の自由」の国際比較で前年の五十三位から五十九位になったと報じた。2014年下落した最大の理由は原発関連で必要な報道がほとんどなされていない事、そして秘密保護法である。
 

 「報道の自由」度が五十九位になったという事は、そこまで日本の民主主義が侵されていることを意味する。

 日本のリベラル層もこの点に対し、異論は挟まない。「そうだろう」と納得する。

 問題はここからである。

 日本の大手マスコミが酷ければ、当然、代替のニュース源を認めなければならない。それが今日、ソーシャル・メディアである。

 中東、ロシア、中国等その国の新聞、テレビが信用できない国に於いては、ソーシャル・メディアが発達している、これが抗議運動の起爆剤
---

記者クラブメディアを全く読んだり見たりしないので分からないが、
肝心なことは書かない、映さないってことだけは知っている。

そういえば都知事選のときに彼が集計して発見した「奇妙で天文学的な
偶然コンマ48」について、異論は挟まない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懲りない三流詐欺師

2015-01-01 23:20:51 | 映画
ウイスキーをちびちび舐めている。
水割りやロックもいいのだけれど、基本生のままが美味しい。

Jack Daniel's ってウイスキーだ。
スコッチとアメリカウイスキーとどちらにしようかと迷ったが
甘口を選んだわけだ。

元日なので、我儘にダラダラと行きたい。
(今日はこれしか書きませんが、ダラダラと更新しますってコト)

アメリカの禁酒法
1920年まではマフィアの主な活動はギャンブルと窃盗に限られていたが、禁酒法時代には無許可で酒を製造販売することで繁栄した[14]。マフィアの資金源となったアルコールのブラック・マーケットは栄えたが、暴力沙汰も頻繁に起こった。強大なギャングは法執行機関を腐敗させ、最終的には恐喝するまでになる。ギャングは酒の密輸で利益を上げ、より強い酒の人気が急騰した。

当時を背景にした「The Untouchables」「Once Upon a Time in America」などが代表的な映画であろう。

日本ではベイブルースと同じくらい有名なアルカポネなんかの
生きた時代でもある。

ギャングがカネと全ての実権を握った表も裏もない、それが公
然の秘密だった時代だ。

ケネディー家は当時密造酒で名を挙げたと何かで読んだことが
ある。本当かどうかは知らないが、有り得る話ではある。

>マフィアの主な活動はギャンブルと窃盗に限られていた

そういえばラスベガスを描いた映画「バグジー」ってのもあった。
東京に何故今更カジノを作らなければならないのだろうか。
やるべきことはほかに沢山あるだろうに。

現代マフィアの主な活動はなんだろうか。
簡単だ「政治・経済・宗教・(麻薬)」
つまりハリウッド映画とは何か?と考えると・・・そういうこ
となのだ。
正にアメリカそのものだ。

違う言い方をすると、これらが「世界を構成する主たる要素」だ。

思い返せばここ数年、こういった芋虫毛虫的な表現ばかりして
きた。その方が伝わると感じたからだが、蝶や蛾的表現を忘れて
しまったようだ。

それもまたよしではあるが・・・。

独裁者は独裁者であるが故、影武者という幻想を作り出す。
影武者って日本映画あったね。

映画ではなくTV新聞その他がその幻想を作り出している。

ところで、二次大戦のときに日本と同盟を結んだのはどこだろう。
日本では三国同盟と言われている。
日独伊ともいう。

世界的歴史的に邪悪の権化とされているナチスドイツ・ヒトラー
と日本は同盟を結んで世界を相手にしたのである。
が、そこにはカラクリがある。

そのカラクリを繰り返し説明してくれるといいのだが・・・と彼に
は期待したい。(ボトムアップが数年後に効いてくるのだから、ず
っとボトムアップ、ボディーブローが必要なのだ。ボトムを置き去
りにするのは、問題だ!と言いつつ実質置き去りにしているのが日
本の教育なのだから、それでは変わらないってことだ)

現在のドイツは東西の壁が取り払われたが、EUすなわち俗にいう
西側諸国に組み込まれている。日本も同様だ。

無条件全面降伏させられた日本は、アメリカと不平等な安全保障条
や地位協定、その他がある。

イスラエルってのはヒトラーが迫害した人々が「迫害されたんだか
ら土地よこせ!」といって住んでいる土地。
こういう価値観は日本人には分かり辛いだろうが、とてつもなく地
続きな土地に生きる人間の価値観において、また情報操作下におい
ては、成り立つのである。

2015年はガザ虐殺の加害者となる年

アメリカの経済・軍事支配下という前提で、今度はヒトラーに迫害
された人々が乗っ取った土地の国と日本は「武器共同開発」をする。

世界が「核不拡散!」と叫ぶ中、イスラエルにだけはアメリカも旧
ソ連も中国もイギリス、フランスも沈黙しているのだ。

。。。
元日の午後、雪がちらついた。
湿り気の少ない、軽い雪がひらひらと大気の音楽に合わせて舞っていた。
軽やかなダンス。

何故?から全てが始まり、やはり何故?で終わるのだろうか。

元々、宗教、哲学、科学、医学、精神その他は同じものだったように
思える。
殆ど同じものだったはずの当時、それらの総合情報を誰が持っていた
のか?って問題で、それは現代にも当てはまる。
そうさせないのが現代教育であって、過去のスグレモノ、特にカネか
からないスピリチュアルの部分は資本から見ると「コマルンダヨナー」
ってことだと・・・思わない?(一般市民に情報を持たせない情報)
17:45

なんの説得力もないのだが、日本の官僚機構で一番怪しいのが外務だ
と直感している。

尖閣。「棚上げを先に破ったのは中国ですよね」とツイッターあったが違う、領有権の主張と「棚上げ」は別。「棚上げ」は双方が自国領と主張する中で放置すると衝突になるので避ける解決策。政府筋は領有権の主張と「棚上げ」を意識的に混同して解説。棚上げでいいと近年も王毅外相が国連で発言。

分かり易く、分かり辛く言うとすれば、これが東洋思想と西欧思想の
決定的な違いだろう。

「棚上げ」という言葉(中国語でどう表現されているのかは知らない)
で、まあことを荒立てず(争わずいがみあわず)に取り敢えず収めて
おきましょう。少しずつ時間に解決させましょう。しかもこの情報化
社会なんですから・・・。

中国はこう言っているのだと思うのだが。
日本も頭の良い人間が上にいるころは、これで通っていたはずなのだ
が、日本の領土だと言うなら、そもそも「たかが自治体が買い取る必
要」はないのであって、それをことさらに報道が危機感を煽り、反中
国を煽ったのであることが明白なのだが、某宗教信者さんたちや一定
の年齢を超えた方々はメディアの誘導に気付かない。

目的は和平であって、争うことではない。いまはっきりさせるために
戦い争うことよりも、じっくり納得しあいながら答えをだしましょう。
ってことだろう。
白黒(善悪)いますぐはっきりさせることだけが平和ではないし、焦
ると誰かの餌になるってことだ。

戦争して美味しいのは誰か?
軍事兵器沢山作っているところ。
軍事的な施設を沢山持っているところ。
軍事に公的資金を沢山拠出している国。
世界に借金沢山かかえていて、戦争で有耶無耶にしたい国。
以下、おもいつくことを書き足して拡散してね。

イスラエルに限らず、中東・ユダヤ・パレスチナ(言われているほど
問題なの?)・南米・アフリカ・自然や環境(温暖化の二酸化炭素は
単に一要素でしかないという認識と工業の発達における排熱を主に観
察するというような考え方を元に取られた政治や政策や研究や環境市
民の声を反映するメディア)問題ってある?

情報の要素を考え分析したときに、また当該情報の「目的」は何かを
当該情報から考察したときに、そういった情報を読み解くための教育
や情報が、この国に如何に不足しているかが理解できるものだけに理
解できるであろうが、それでは駄目だからボトムアップに励むべきで
はないのかと、知識人とやら、表現者とやら、芸術家とやら、学者と
やらに、お前らの利害なんぞは一時なのだよ・・・とオセーテいる。

それでは面白くない者が多いんだろう。
弁護士も医師も、カネかけて難しい?とされる国家試験を合格して、
団体として利権を持って、知識人として社会的に認められた者とし
てモノ言うと、それなりに同意をえられた時代とは違って、己の組
織利害だけでは通らない当たり前の時代に順応できない、結局古い
既得権益にしがみ付いた組織?団体?学会?まぁそういう塊なのだ
と世間にバレてしまったのだから。
18:15

不渡り手形
本来ならば今100円支払わなければならないが、1か月待ってく
れれば120円払うから。ってのが手形や小切手の考え方だ。

いつの間にか、支払いを猶予するためのツールを必要とするのは、
支払いを猶予しなければならないような商人なのに、支配するツ
ールとして使われるようになっている。

つまり、今日100円もらえるところを、3か月6か月先に100円
払うよといって手形で支払われるわけだ。

小切手も手形もそうやって、ババ抜きのババのように回し回されして
最後(期限)に持っていたものが大損をする仕組みなのだ。
バブルの時の土地(不動産)も同じ理屈だったね。

小切手でも手形でも、振出した本人というのがあるが、それがドルで
あるわけで、殆どがドルであると「不渡りにするぞ!」と逆に脅して
債権者に譲歩させる。
「不渡りにするぞ!」の言葉の裏には、俺と戦争するのか?という、
まぁギャングですよ、考え方は、っていう・・・。

それが破たんすることはなんら不思議でもなく、怖いことでもないの
だが、ドル破たんは怖いことというフンイキに脅されているのが日本
人だろうし、そういう情報を垂れ流しているのが現政権自民党であろ
う。
18:53

労働のための労働
「働けど働けど・・・じっと手を見る」

盆暮れ正月、特に都会では分かり易いだろう。
道路トラフィックの話。

それは騒音や二酸化炭素その他の排ガスや気温やその他のホコリアレル
ゲンや街の経済だったり、そもそもこの街はこんなにすいていて歩きや
すく、自動車も少なく騒音もなくよって交通事故も少なくイイコトじゃ
ん。

でも、経済がね~って言うわけよ。
顔の見えない情報が言うわけ。
それじゃケイザイがね~・・・って。

一見儲かるようで、一生死ぬまで忙しいビジネス社会と
カンジとしては儲からないけど、ゆっくりじっくり生きて、
回りが良く見えて感じることができる社会とどっちを選ぶ?

働けば働くほど、なお忙しくなるばかり
じっとしている間もなく・・・

騙されていないか?
19:23


ソニー・ハリウッド・ハッキングを巡りループ状態になったアメリカの思想統制

カネ(宣伝費)かけずに元を取るなら他の方法を考えるべきだが
案の定俳優さん方も声を出しはじめたのね。

オバマが政権を奪取したときには、ニコルソン君が反対候補の応援を
していたね。

いつまでも中心のふりをするアメリカらしい。
忘れ去られるのが怖いのかもしれないが、時間は後戻りできない。
そういう世界をアメリカは支持してきたはずなのだが。

正直、ハッキングの問題なのか映画の内容に問題があるのかごっちゃで
分からない。
けど、別にどうでもいいことに思える。

アメリカにとって重要なのは、ドルの問題と油の問題と覇権主義が終わ
る問題とアメリカアズナンバーワンではなかった問題なのだ。
日本の特に横浜に近いほど、アメリカ人でも知っていることだ。
20:13

批判精神は広告の在り方を変え、カネの流れだけでなく
世界を変える。
批判を忘れた広告は自然淘汰され、自浄作用を取り戻すことになる。
21:02

無性にピーマン
昨年11下旬にお陰様でタバコを止めることができた。
と言っても、別に誰に強制されるでもなく自身の気まぐれで止めてみ
ただけで、年を越して続いているので自慢げなだけなのだ。

こんなことを書く事態、実は吸いたくて仕方がない証拠。
それより、

そんなことよりも、前後してわけもなく愛おしいのだ。
ピーマンの味と香りが愛おしいく狂おしいくたまらない。

聞かれたところで説明なんてできるはずもない。
ただただ「好きなんだ!」と言うほかない。
どうしようもなく「好きなんだ!」としか言えない。
どうしてなの?なんて聞かないでほしい。

ということで
「無性にピーマンLOVE」
「I want you」
「I need you」
23:07

猿の惑星・創世記ってのを見た。
リメイクではなくりイメージでもなくリブートらしい。
良く分からない。
apesには変わりはない。

ティムバートンのが一番好きかもしれない。

知らないだけかもしれないが、大統領選挙が近くなると
何かを言いだすハリウッド俳優はどうも好きになれない。

さて、the time of second dreem
23:20

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

価値って?

2014-10-27 08:30:47 | 映画
数年前に農家から頂いた唐辛子の種を去年蒔いた。
初めての収穫にその農家の方は以外とのことだった。
できる範囲内で条件を変えて今年も去年の収穫から取った種を蒔いた。
肥料や一苗に要する土など、二回目の作付けから学んだことは多い。
今年の実が色づき始めたが、去年の実よりも一回り大きい。

去年の収穫量で一年もったので、来年までももつだろう。

さて、最近は乾物屋さんが無くなってしまったので、スーパーその他の
食料品店で鷹の爪を購入した場合、土や肥料に係った金額と比べてどうか
と考えてみたい。
(唐辛子は簡単で、それほど手間がかからない)

物の価値とカネの価値

その相対的な関係は物価というらしい。

物の価値というのは、上記の唐辛子収穫までの経費で、昨年とあまり変わらないが
今年の実は一回り大きい。

そうすると、実質経費は去年よりも低くなる。
売るほどの収穫はないが、仮に売ったとしたらどうだろうか。

消費税は別として、本体価格は昨年同様なのだ。
(人件費含まずだけどね)

グラム売りすると、去年よりも多く売ることができる。
実一ついくらで売ると、昨年と変わらない。

もう一つ大切な要素は、辛みだろう。
辛子なのだからこれが命なのだ。

デフレといわれて久しいが、言い方を変えれば物価安。
ところが、デフレ脱却していないと言われながら、物価は上昇している。

もうインフレに移行していないかい?
騙されてはいませんか?

誰から見てのインフレ、デフレなのか。
日銀や政府は、誰の為に金融や財政政策をとっているのか。

その上、消費増税するとどうなるのかは今年4月以降を思い起こせば理解できる。
国家デフォルト(国内においてもカネが価値を失うこと)はとてもハイパーな
インフレなのだ。

そこへ向けてせっせと舵をきる現政権は、何を考えてんの?って思わない。

農家も漁師さんも八百屋さんお肉屋さんお米屋さんも、騙されてはいませんか?

ISD条項付きTPPへの参加は自民党公約違反

小泉政権時代に、米国は巨大な収奪を加速させたが、日本国内で「売国政策」に対する反発が強まったのも事実である。


日本政府をひざまずかせて、米国が上から命令する図式で日本市場を収奪するのには限界があると判断したのだと考えられる。

このなかで、米国が構築した謀略の構想がTPPなのだと判断できる。

日本を何としてもTPPの枠組みに組み入れてしまう。

これさえ実現すれば、日本市場の完全収奪が可能になる。

そのカギを握っているのがISD条項である。

ISD条項こそ、日本収奪の決め手=核心なのだ。

沖縄の辺野古米軍基地建設で言えば、「埋立申請承認」に該当する。

ISD条項は、国家主権を奪う恐るべき威力を有する規定なのである。

だからこそ、日本のTPP交渉参加についての論議で、専門家が一致して最重要視したのが、このISD条項なのである。

そして、重要なことは、2012年の総選挙において、自民党が、ISD条項について、主権者の前に公約を明記したことだ。

自民党が提示した6項目の公約がある。

その5番目がISD条項に関する公約である。

「5.国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。」

この公約がある以上、ISD条項を含むTPPに日本は参加できない。
ーーー

ISD条項をTPPというのだから、交渉参加にすら意味はない。


ーーー

【ウクライナ発】 総選挙 「ポロシェンコになっても何も変わらなかった」


ーーー

映画エクスペリメント(2010年)


劇中に出てくる ”監視カメラ” はまるで、俗に言われる一神教宗教の世界観での
神のように描かれていると感じた。写真上中央の赤いランプが神の意思表示。

疑似的な監獄を監視する物言わぬカメラはあたかも神の目のようだ。
そして各役柄が、情報を閉鎖された空間で理性を失っていくのだ。
看守と囚人役それぞれに ”諜報員”を仕込む、あるいはこの星を周回する人工衛星
という肉眼が届かない監視カメラ。

まるで現代社会と変わらない。

フォレスト・ウィテカーの狂気迫る演技は必見だ。

権力発の情報は「疑ってかかる」という基本を教えられた。

報道の限界というか宿命についても考えさせられる。
情報を得て売ることで糧をしのぐ業であり、客観的な伝え方は理想ではあるが
人(記者)が記事を書く限り、主観を排除することはできない。

情報の受け手の感性が何より重要なのだ。
楽しく暮らすこと悪くはない。
真剣に生きてこそだと思うのだが。

ーーー

安倍不祥事内閣。日本の恥。

2014/10/26 23:56

【要拡散】 [不祥事で辞任要求リスト10名]

・安倍首相 相続税脱税3億円&使途不明金2億5千万円&税金でキャバクラ(59回、126万)

・宮沢大臣 税金でSMバー&東電株問題

・江渡大臣 1850万円の使途不明金

・山谷大臣 公安監視の在特会と懇ろ関係

・西川大臣 詐欺容疑のあぐら牧場から125万献金

・塩崎大臣 あっせん収賄罪(老人ホーム事業に口利き)

・竹下大臣 親族への利益供与 弟の酒屋で105万円越

・佐藤副大臣 2万×600人のパーティー接待(利益供与)

・御法川副大臣 公選法違反(カレンダー3000部(71万円分)配布

・片山さつき 政府の答弁資料入手で三権分立違反

ーーー

国政でこのレベル・・・。
政党政治(塊が塊を支持する)の限界なのではと思う。

無能な政治家が、シロアリ官僚を凌駕できるわけがない。

ーーー
おまけ(考えることこそが人間行為なのだと思う)

蔓延する「シニシズム」という病 ~「理想」を見失った結果、世界は劣化した~
「きれいごと」で構わない、「理想を構想し、訴えること」の復権を(1)井上 純より抜粋

 新自由主義の底に流れている世界観は、「バラバラな個(アトミズム)」ということに加えて「シニカルでニヒル(虚無的)なリアリズム(現実主義)」ということができる。砕けた言い方をすれば世の中に対し「みんな自分がかわいい」「物事にはウラがある」という見方をしているということである。ポストモダンの思想から、「倫理」「規範」「他者」に対するシニカルな懐疑の精神が引き継がれている。

 よく企業経営者の記者会見などで「透明性」「ガバナンス(統治)」「コンプアライアランス(法令順守)」などの言葉を耳にするが、言葉にしている当人は「そんなことはお笑い草だ」と思っているのではないか。法令を順守するといってもそれは形式的・表面的なものにとどまり、法に明記されていない事柄は倫理的に問題があることでも、自らの利益につながるのであれば「それは法で禁止されていない」との理由付けをして実行に移される。その法令も自らに都合のよう方向に解釈する。能動的に法の裏をかくことも行われ、さらには様々な影響力を行使して自らに都合のよい法律を作ることすら公然と行われている。タックスヘイブンへの所得移転や二国間の税制の違いを利用した税逃れなどの租税回避を行う多国籍企業の行動や、労使協定や裁量労働制を悪用して労働者(特に若年労働者)を使い捨てにするブラック企業の所業、産業競争力会議で「ホワイトカラー・エクゼンプション」の導入を働きかけたり経済財政諮問会議で法人税減税を主張するなど政府の諮問会議の場を利用して自らに都合のよい仕組みを作ろうとしたりする経団連の動向を見れば新自由主義者が法令順守ということを形式的にしかとらえていないことがわかる。

ーーー

そもそも電話が発明され普及してからの社会は、相手の顔の見えない社会であり
そうしたなかで行われる経済行為は便利だが、疑ってかからなければならない世界。
そういう世界は、日本人にはなじまない。直感で言えば、狩猟文化と農耕文化の違い
なのかもしれない。

疑うことから始めると子供に教えられるだろうか。
相手の顔を見目を見て、というのが基本だと思うがどうだろうか。
TV脳なあなた。

猿から進化したとされる人間はどこへ行くのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加