恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

10/16(日) 若手応援町屋寄席「三遊亭天どん独演会」

2016年10月17日 | 噺とか
埼玉県の入間市で開かれている落語界に行ってきました。
個人的に贔屓にしている天どん師匠が出演するというので、
ふらりとお出かけがてら行ってきました。
せっかくのいい天気なので、一日寄席に籠っているよりは、というわけで。

演目は「ろくろ首」「老後が心配」「山崎屋」の3席。

古典2作に新作1本の構成でした。
今回でこの落語会で90回の記念講演ということで、
今までに出てないネタを演じられたそうで。
比較的、地元のご年配のお客さんが多い中で、
寄席で見る独特の「天どんワールド」は控えめかなと感じました。

最後に演じた「山崎屋」は、珍しいネタながらも過去に一度聞いたことがあったり。
まぁ演じられる機会の少ない落語にはそれなりの理由があるとのことでしたが、
楽しませていただきましたよ。

最後のじゃんけん大会で色紙もいただいたので満足満足。

恐懼謹言。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/10(月祝) 池袋演芸場 | トップ | 10/23(日) 末廣亭 三遊亭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL