恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

2/22(木)末廣亭昼席仲入後~夜席仲入まで

2018年02月22日 | 噺とか
仕事が早めに片付いたので、末廣亭へ。
本来ならば昼席の前半から行きたいところでしたが、あいにく仲入り後から。
平日の昼席だからそこまで混んでいないだろうと高をくくっていたのですが、
これがかなりの入りでびっくり。
シルバー世代の人たちが多いのかなぁという感じもありますが。
弁当ぱくぱく、ビニール袋ガサガサは浅草っぽい雰囲気ですね。

【昼の部】
龍 玉「強情灸」
ロケット団「漫才」
扇 遊「子ほめ」
円 丈「漫談」(スラング・大人の小言・悪い人はいない)
小 雪「太神楽」
小燕枝「猫の災難」

【夜の部】
一 猿「転失気」
ほたる「動物園」
小 菊「粋曲」
志ん好「鰻屋」
圓十郎「饅頭こわい」
ニックス「漫才」
小せん「弥次郎」
禽太夫「替り目」
正 楽「紙切り(羽生結弦・猫と美人・パシュート・雛祭)」
小袁治「初天神」
種 平「ぼやき酒屋」

・円丈師匠は落語アンケートかと思いきや、小噺のネタ帳みたいなものを広げて披露するスタイル。
 こういうのもやってるんだなぁ。

・小燕枝師匠の「猫の災難」は、洒脱な語り口でゆったりと聞かせていただきました。
 噺の中盤で前方の席のご婦人が体調を崩したようですが、そのまま進行。
 なんか、前も池袋でこんなことがあったような。

・圓十郎師匠の「饅頭こわい」は何度か聞いていますが、これがまたけっこう好きなのです。
 サゲが通常のものと違うのは知っていたのですが、
 今日の場合、ノリの悪い客席を揶揄したサゲにかわっており、それがまた面白い。

・小せん師匠は左龍師匠の代演。「弥次郎」なのですが、初めて聞くバージョン。

・種平師匠は正蔵師匠の代演で「ぼやき酒屋」でした。
 おそらく制作年代が10年ぐらい前なのでしょう。
 今からするともはや懐かしいネタになっているものもちらほら。
 若い人が聞いたら「?」となるかもしれませんが、30代の自分にはあるあるネタ。
 いつもよりオヤジギャグ満載で種平師匠曰くの「特別サービス」。
 仲入りで帰ったわけですが、最後の最後で笑わせてもらいました。

たまにくる平日の夜席の雰囲気、やっぱりいいなぁと思います。

恐懼謹言。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/18(日)宮元・落語の会@本駒込地域センター

2018年02月18日 | 噺とか
昨年に続き、2度目の参加になります。
寒風吹きすさぶ晴天の一日、自転車で会場までサイクリングがてら向かいます。
開場には早い時間からお客さんの姿がありました。
また、地域の方々による手作りの会ということもあり、
家族連れもちらほらと見られる、温かみのある会場です。

かな文「やかん」
文 蔵「寄合酒」
-仲入り、抽選会-
ダーク広和「奇術」
文 蔵「芝浜」

・かな文さんは、先日の会の時と同じ演目。
 前回より近い位置から見ることができましたが、
 やはり言い立てもいい感じですね。

・抽選会では、近所のカフェのドリンク券やお花、コロッケなどなど、
 これまた地元の温かさを感じることのできる商品の数々。
 残念ながら今年は当たりませんでしたよ、と。
 コロッケ10個、欲しかったなぁ。

・ダーク先生はいつもの寄席のそれよりも長めに。
 ひものマジックはいつ見ても驚かされます。

・文蔵師匠はネタ出しで「芝浜」でした。
 2年前の年末だったか、鈴本で見て以来でしたが、
 魚勝のダメさ加減がいい意味で文蔵師匠と合っているような。
 それでいて文蔵師匠の女性の描き方も妙に味があっていいものです。
 2月も半分を過ぎて、いまさらという感じも全くなく、
 笑わせるところは笑わせて、ほろっと来るところはしっかりと。
 満足の一席でした。
※Twitterによると、高座直前に鼻血を出していて、
 鼻の中にティッシュを詰めて演じていたとか・・・?!

今回の会場までの行き来で、自転車のタイヤに寿命が生じました。
帰り道、タイヤがガタガタする中でヒヤヒヤしながら帰りました。
3年ももたないのだなぁ。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/13(火)如月の三枚看板 喬太郎・文蔵・扇辰@銀座ブロッサム

2018年02月13日 | 噺とか
ここのところ足繁く落語会に足を運んでいるような気もしますが、
こちらは前々からチケットを入手していたわけで、
仕事をさっさと終えて新富町まで参ります。
座席はほぼ真ん中あたりということで、少し高座までの距離を感じます。
それでもホールの構造上、見づらいということもないのが救い。
ホールは満席となっており、その人気ぶりがうかがえます。

かな文「やかん」
扇 辰「紫檀楼古木」
文 蔵「化け物使い」
-仲入り-
喬太郎「ぺたりこん」

・かな文さん、「やかん」の言い立ての部分もしっかりとこなします。
 もっと滑舌がよければいいのになぁ、というのは言い過ぎか。
 大きなホールだから真ん中の席だと聞きづらかっただけかも。

・扇辰師匠は「紫檀楼古木」でした。
 かつて池袋の寄席で聴いたことがある噺ですが、
 文蔵師匠も喬太郎師匠も到着しておらず、繋がねば、ということで、
 SuicaやらPASMOに関するマクラをたっぷりと。
 ご自宅から浅草演芸ホールまで往復で700円ちょいかかるということで、
 これで寄席の割りの1~2日分消えてしまうそうな。
 寄席の割りってどんなもんなのかわかりませんが、
 いろいろ頭を悩ませる事情がありそう。
 本題では、やはり女性の演じ方が絶妙で面白い。
 なかなか聞く噺でもないので、いい感じであります。

・文蔵師匠は「化け物使い」でした。
 1年前に本駒込の地域寄席で聞いて以来ですが、
 こちらも安定の面白さがあります。
 マクラで話した、平昌オリンピックは賭けがあればもっと盛り上がる、
 なんてのも納得してしまうなぁ。

・喬太郎師匠は円丈作「ぺたりこん」でした。
 これ、かつて聞いたことあるんだけど、円丈師匠でだっけなぁ。
 会場の都合によりマクラは短めとか言いながらあれこれと。
 昭島市に行った際、公衆電話の使い方がわからない女子中学生と出会った噺が印象的。
 そのことを楽屋で話すと、小ゑん師匠がドギツい下ネタで返したとか。
 「はんだ付けしてる場合じゃないだろ!」というのが先日の会と相まって個人的にはヒット。

ともかく、大きなホールでの落語会というのは良し悪しですなー。
目当ての噺家さんをたっぷり楽しめるんですがねぇ。
なるべく小さい規模の落語会のほうが温かみはあるなぁ。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/12(月祝)清瀬けやき亭落語会

2018年02月12日 | 噺とか
本来であれば参加する予定はなかったのですが、
ちょっと時間ができたので、足を延ばして清瀬まで行ってまいりました。
天どん師匠が目当てなわけですが、前回は文蔵師匠との二人会。
今回は二つ目さんが3人、太神楽で1名という豪華な布陣です。

あおもり「饅頭怖い」
天どん「手足」
ふう丈「ライザップじゅげむ」
昇 也「壷算」
-仲入り-
笑 二「天狗裁き」
和 助「太神楽」
天どん「不動坊」

・天どん師匠は予定ではトリのみでしたが、新作と古典の2席でした。
 「手足」は寄席でも何度か聞いたことのある噺でしたが、
 古典の「不動坊」は天どん師匠では初めて。
 トリも新作でいいなーなんて思っていましたが、これはこれでよかった。
 幽霊役の噺家が林家正蔵の弟子で「林家かわいそうな蔵」だそうで。
 やっぱりいろんなキャラの演じ方が天どん師匠独特で楽しい。
 そのまんまの古典じゃないところが魅力であり、癖になります。

・ふう丈さん「ライザップじゅげむ」は寄席で聞いて以来2回目。
 若干、ライザップが旬を過ぎたっていうのと、
 会場のお客さんたちへの知名度がいまいちなのか、
 寄席ほど受けていませんでした。そんなもんかなぁ。

・昇也さんは「壷算」で、前座さんを除けば最初の古典。
 細かいところにちょこちょことくすぐりを入れてあり、会場は沸いておりました。
 風格的には真打にしてもおかしくないなーと。

・立川笑二さんは初めてお目にかかります。 
 「天狗裁き」をきっちりと演じながらも、独自のくすぐりあり。
 実力ある方なんだなーと。

次回の清瀬けやき亭落語会は5月末に白酒師匠を招いての会だそうですが、
平日の19時はきついなぁ。
こういう今日みたいな休日の昼下がりにのんびり聞く清瀬けやき亭がいいのです。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/10(土)二楽劇場IN高円寺 VOL2@長善寺

2018年02月10日 | 噺とか
毎年この時期、高円寺では「高円寺演芸まつり」が開催されています。
町全体が演芸を盛り上げようと、全部で60の会場で寄席演芸を楽しめるというイベント。
二楽師匠もこのイベントの中で長善寺なるお寺で紙切りを披露されています。
夏に行われている「二楽劇場」のスピンオフ企画ということですが、
コンパクトな会場でのんびりと楽しめる長善寺でのイベントが気に入り、
私は今回で3度目の参加になります。
今回は紙に書いてのリクエスト紙切りがなくなり、
代わりに息子で弟子の林家八楽さんが紙切りを披露しました。

披露された作品は、
二 楽「花畑のアリス」「春一番」「般若湯」「平昌オリンピック」「宮本武蔵」
八 楽「ミッキーマウス」「花嫁」「シャンシャン」「戌年の初日の出」

OHPを利用しての作品は、昨夏と同様。それまでの笑いと打って変わり、しんみりとしますね。

八楽さんを見るのはこれで3度目なのですが、年齢が19歳とは。
これからの成長が期待されますね。

しかしまぁ、二楽さんが紙を切りながらよくしゃべるというのは比較によってよくわかる。
間断なくおしゃべりをするって、簡単なようで簡単じゃないんですよね。
普段の寄席では聞けないいろいろなエピソードを聞けたのもよかった。

※仕事帰りにくるまで寄った平和島PAで、
 酔っぱらいの車に当て逃げされたエピソードを紹介されていました。
 このエピソード、どこかで聴いたことあるかなと思ったら、
 文蔵師匠の襲名披露の際に二楽さんが喋っていた内容とつながるのかな、と。
 事故のあとの寄席で文蔵師匠(当時は文左衛門?)が紙切りのお題で、
 「交通事故!」と大声で客席から叫んだらしいんです。
 おそらく同じ日のことなんだろうなぁと。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/9(金)小ゑん落語ハンダ付け 小ゑん・喬太郎二人会@お江戸日本橋亭

2018年02月09日 | 噺とか
小ゑん師匠の「ハンダ付け」と銘打った二人会の7回目です。
過去にも何度か見に来たこともありまして、今回のお相手は喬太郎師匠。
すでに前売りは完売となっていて、整理券を会場一時間前から配布する、
というメールまで届く盛況ぶり。恐るべし喬太郎人気。
で、仕事終わりです忙しいいで駆け付け、会場30分前には着いたわけですが、
整理券の番号は80番台でしたよ。みんなどれだけ早くから来てるんだよ、と。
結局満員の客席の中、異様な熱気に包まれることに。
オープニングトークののち、前座のあおもりさんから始まります。

あおもり 「怪獣に愛の手を」
小ゑん「顔の男」
喬太郎「結石移動症」
-仲入り-
喬太郎「ウルトラのつる」
小ゑん「卒業写真」

・あおもりさんの新作は、喬太郎師匠を前にして特撮ヒーローもの。
 ハイパーマンなるヒーローと、宇宙怪獣を守ろうとする団体とのお話。 
 こういうゆるーい感じの新作、いいですねぇ。
 白鳥師匠とのエピソードでも笑いを誘っておりました。

・喬太郎師匠「結石移動症」ですが、マクラはたっぷり20分ほど。
 お江戸日本橋亭は久しぶりだとは言いますが、
 この手の落語会でよく見るお客さんが多く、いつものマクラが使えないと愚痴を延々と。
 また、お江戸日本橋亭が楽屋を含めて禁煙なことについても毒を吐きまくり。
 おそらくは寄席では聞けないようなきわどい話も多々。
 いやはや、もうやりたい放題でした。
 本編はナンセンスな感じがしながらも、ほっこりさせる場面あり。
 初聴でしたが、満足感のある一席。

・小ゑん師匠「卒業写真」はネタ出しされていて、どんな作品かなぁと思っていたら、
 以前聴いたことのある作品でした。
 ちょっと前の時代の高校生のほんのりとした情感があふれていながら、
 ちょいちょい笑わせてくるあたりが何とも言えず温かく面白い。

両人とも「柳家」を名乗りつつも個性あふれるキャラクターであり、それがまた魅力。
自分の好きなことを熱く語る姿っていいもんだなぁと思います。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/3(土)池袋演芸場 昼~夜 節分豆まき

2018年02月03日 | 噺とか
節分ということで、寄席では年に一度の豆まきが行われます。
昨年は鈴本、おととしは池袋ということで、これで3度目になります。
池袋は昼夜の入れ替えのないことや、キャパの狭いことで、
豆やら手ぬぐいやらゲットするには最適、と考えるのはみな同じですね。
まして今日は土曜日で、昼席に顔付けもいいと来ている。
余裕をもって会場一時間前には着いたものの、すでに長蛇の列。
100人弱は並んでおりましたよ。こりゃ座れるのかなーなどと思いつつ、
なんとかかんとか補助席を確保。
多くの人が立ち見になる中、本気で消防法の規定は大丈夫なのだろうかと心配に。
浅草の詰め込みもすごいけど、池袋の超満員は本当に立錐の余地がない状態でした。

【昼の部】
一 花「転失気」
一 左「子ほめ」
さん生「松山鏡」
夢 葉「奇術」
蔵之助「饅頭怖い」
文 雀「写真の仇討ち」
ロケット団「漫才」
燕 路「やかんなめ」
三語楼「ふぐ鍋」
小 猫「物まね」
さん喬「真田小僧」
-仲入り-
柳 朝「お菊の皿」
権太楼「町内の若い衆」
正 楽「紙切り(節分・パンダ・明烏・梅に鶯・招き猫)」
一 朝「明烏」

【夜の部】
寿 伴「雑排」
志ん吉「大隈家に生まれて」
志ん丸「古手買」
ホンキートンク「漫才」
小せん「野ざらし」
左 橋「親子酒」
アサダ二世「奇術」
志ん橋「出来心」
雲 助「身投げ屋」
-仲入り-
志ん五「トイレの死神」
小袁治「紀州」
小 菊「粋曲」
志ん陽 「粗忽の釘」+踊り「かっぽれ」

・文雀師匠「写真の仇討ち」は初聴き。
 なんとなく落ちが読める話でありながら面白いですね。

・昼のトリ、一朝師匠は「明烏」でした。
 直前の紙切りのお題で出たことが関係しているのでしょうかねぇ。
 中盤で立ち見客の女性が貧血の症状か、どさっと倒れるハプニング。
 噺はそのまま進行しましたが、場内一部ではざわついておりました。
 詰め込むだけ詰め込んで、熱気のある中で3時間以上立ち見ならこうなるのもやむなしか。
 女性の体調が心配なのとともに、いろいろと考えさせられてしまいます。

・志ん吉さんの新作、面白いですねぇ。
 ちょいちょい挟む鉄道ネタが駒次さんから教わったといいますが、いい感じ。
 来島恒樹の話題も出ましたが、これも日本史に詳しくないと知らないよねぇ。
 早稲田のチアのチーム名「ビッグベア」ってのも面白い。
 個人的にはいろいろヒット。

・志ん丸師匠、あまりお見掛けしないのですが、実力あると思います。
 「古手買」は初聴きですが、言い立てのあたりが見せ場ですね。
 「壷算」と「大工調べ」に似ているようにも思いますが、
 これはこれで面白い。

・志ん五師匠「トイレの死神」は、まさにトイレを我慢するあるあるネタ。
 そこにまさかの「死神」とかぶせてくるあたりがたまらない。

さすが池袋、なかなか聞く機会のない噺に巡り合えます。
とはいえ、今日は節分の豆まき目当てのお客さんが多い。私も含めて。
昼夜とも、豆まきの時の殺気は恐るべしです。
寄席は弱肉強食の世界だなぁと改めて。
ちなみに、私は豆の袋5袋を獲得で、うち1枚に手ぬぐいとの引換券。
神田京子さんの手ぬぐいをゲットしましたとさ。
いやはや、前方の席じゃ豆まきはうまくいかんですなー。
来年の節分は日曜日。
同様に混むのでしょうねぇ。
来年は鈴本かなぁ。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/28(日)第36回つくば駒次落語会

2018年01月28日 | 噺とか
鉄道落語で知られる古今亭駒次さんの独演会です。
今秋に真打の昇進が決まっている二つ目さんなのですが、
師匠である志ん駒師匠が先日お亡くなりになるということがありました。
披露目の席まで存命でなかったことが悔やまれますが、
駒次さんはその後も引き続き会を続けておられます。
そんな中、つくばで駒次さんの会があるとの情報を聞き足を運びました。

三席あって、演目はいずれも初めて聴くものばかりでした。

1席目はタイトル不明。ローカル線のボックス席に陣取ると、
空いているところめがけてけたたましいおばさん連中が乗り合わせるというもの。
短めの軽い噺ながら、きっちり笑いどころが用意されており、楽しめました。
タイトル知っている方、ご教示ください。

2席目は、「みんなの学芸会」でした。
小学校5年生のあるクラスが学芸会で「ロミオとジュリエット」を演じる設定。
学校モノの設定ですが、これも昨今の情勢を反映しているような。
思い通りの役になれなかったからって、親が文句言ってくるなんていう、
そんなご時世なんですよねぇ。

仲入りをはさんで3席目は「キス・アンド・クライ」というフィギュアスケートのネタ。
ネタおろしをして間もないということで、確かにちょっとたどたどしいような。
キャラの演じ分けが一瞬「?」となりましたが、
噺が進行するにつれてしっかりとわかりやすくなりました。
フィギュアをよく見る人にしてみたら「あるある」で楽しめそう。
もちろん、そうでない私も楽しめました。

地元のアットホームな雰囲気のバーの中での落語も一興。
こうしていろんな人に支えられて成り立っているんですね。
打ち上げも参加すればよかったなぁと思いつつ会場を後にしました。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/22(月)鈴本演芸場夜席

2018年01月22日 | 噺とか
4年ぶりの大雪警報に見舞われた関東地方では、積雪20cmを記録したとか。
当然ながら交通機関なども大混乱をきたし、夜のニュースの大部分を割くことに。
しかしながら、近年では危機管理などということが取りざたされており、
わが職場でも定時退勤を推奨され、それに従うことといたします。
いや、まっすぐ帰ればよさそうなものですが、こんな機会はめったにない、
などと思うのも一種の貧乏性なのかもしれませんが、
こりゃ、平日の寄席の夜席に滑り込むしかない、と。
都心の交通機関がすべて止まるわけもあるまいし、
仮に完全ストップしても歩けば家まで10kmの距離だと割り切って鈴本へ。
開演と同時に行くはずが、電車が遅れて18時前に到着。

翁家社中「太神楽」
志ん五「魚男」
燕 路「短命」
ホンキートンク「漫才」
歌武蔵「猫の皿」
扇 遊「厩火事」
-仲入り-
アサダ二世「奇術」
菊太楼「粗忽の釘」
二 楽「紙切り(雪景色・馬玉師匠)」
馬 玉「味噌蔵」

・ホンキートンクの漫才も、今日はたっぷり。
 普段聞かないようなネタもあったように思います。
 人が少ないと活気が少ないかなと思いつつも、こんないいことも。

・歌武蔵師匠も夜席になるとマクラ少なめですぐに本題へ。
 こういう感じが素敵だなぁ。

・扇遊師匠は「厩火事」をたっぷりと。
 これ、トリネタでもいいような感じでした。
 聞き入ってしまいますね。

・菊太楼師匠は急な代演。
 本来なら文菊師匠ですが、「雪の日の急な代演って・・・」という、
 そんな菊太楼師匠のボヤキが本当に面白い。
 実際のところ、具合悪かったんでしょうねぇ。
 白酒師匠もインフルエンザのようですし。

・馬玉師匠、本当に語り口が当代の馬生師匠に似てるなぁと。
 でもって、ひと癖ある若旦那を演じさせると抜群なイメージ。
 ネタはまさかの「味噌蔵」でした。
 いやー、一週間前に一之輔師匠で聞いたばかりでしたが、
 こちらはさすがの正統派で、いい意味で聴き比べができました。
 人数の少ない中、贅沢な時間でした。

大雪の中、ここに来てていいんですか?と、多くの出演者が述べていましたが、
帰り道は意外にすんなりと変えることができました。
とはいえ、鈴本の夜席があんなに少人数だったのは初めてのこと。
改めてですが、贅沢な空間だったと思います。
大雪やら台風の時は寄席へ、ですね。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/21(日)若手応援町屋寄席 春風亭ぴっかり☆独演会

2018年01月21日 | 噺とか
土曜日ににわかの体調不良で、一日寝込んでしまいました。
感染性胃腸炎とのことですが、改めて健康の大切さを感じさせられます。
そんな中、午前中はゆっくりして、入間市の長泉寺へ。
春風亭ぴっかり☆さんの独演会です。

演目は、「動物園」「転宅」「蝦蟇の油」の3席。
仲入りの前には余興で南京玉すだれを披露されました。

・「動物園」はここのところよく当たるネタだなぁと思います。
 その中でも比較的二つ目さんがやるところにあたるような。
 余談ですが、大阪繁昌亭では二つ目さんのほとんどが「動物園」をやるため、
 動物園禁止令が出たことがあったとかないとか・・・。

・色っぽい女性を演じてみたい、というのが今年のぴっかり☆さんの目標らしく、
 その通り色っぽい、というかやり手の女性のが出てくる「転宅」でした。
 なるほど、女性が演じるとこういう風に雰囲気が変わるもんだなぁと。

・時間の関係か、3席目は「蝦蟇の油」で短めに。
 噺に入る前に、手ぬぐい争奪じゃんけん大会が行われました。
 んー、残念ながら手に入れられず。

恐懼謹言。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加