恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

6/24(土)夏越寄席@星川杉山神社

2017年06月24日 | 噺とか
横浜市の保土ヶ谷にある神社での落語会です。
紙切りの林家二楽師匠が出るというので、予約していってみました。
落語のメインは柳家はん治師匠です。
会場は横浜市でももっとも標高の高い場所にある星川杉山神社。
会場にたどり着くまでの坂道の急なこと急なこと。
神社には6月末の風物詩、茅の輪くぐりが準備されています。
でもって露店が出ていたり、お囃子が演奏されていたり、
地域の人から信仰されている神社であることがわかります。
14時30分に開場、15時開演。

小はだ「転失気」
はん治「妻の旅行」
-仲入り-
二 楽「紙切り」(七夕・コナン・夏祭り・鮎釣り)
はん治「生簀の鯛」

・はん治師匠を寄席以外で見るのは初めてで、
 何か変わったことやるかなぁと思いつつ見ていたら、
 2席とも定番のネタでございました。まぁ、ね。

・二楽師匠、小さい女の子から「コナン!」と注文があり、
 すかさず、「コナンというのは桂小南でいいのかな?」と返す。
 実兄の小南治師匠はまもなく小南を襲名するわけで。
 あの女の子にはわからなかったろうなぁ。

帰りに池袋に寄って7/23の「椎名町馬遊会」の前売りを買って帰宅。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/18(日)落語ハンダ付け「小ゑん・百栄二人会」@お江戸日本橋亭

2017年06月18日 | 噺とか
落語ハンダ付けの第3回です。
第1回は白鳥師匠との会で、そちらに顔を出して本日が2回目。
開場15分ぐらい前について整理券は30番台。
あいにくの雨ながら多くの人がつめかけていました。

ひしもち「ブランド」
小ゑん「長い夜 改Ⅱ」
百 栄「リアクションの家元」
-仲入り-
百 栄「天使と悪魔」
小ゑん「恨みの碓氷峠」

・ひしもちさんの新作、普段の寄席なら聞けないでしょうね。
 偽ブランドの財布をつかまされてしまった男の話。 
 いや、これはコンパクトだけどいい感じ。
 ウケてました。

・「長い夜」、実際に聞いたのは初めて。
 なるほど、「ぐつぐつ」と似ていなくもないけど、
 いろんな人たちの描写が小ゑん師匠ならではで面白い。
 はまってしまいます。

・「リアクションの家元」は、あえて上方の言葉を使うことによって、
 その面白さが増幅しているのかなと。
 百栄師匠の芸の深さを知ることができたような。

・「天使と悪魔」は、噺家さんのプレッシャーを面白おかしく伝えています。
 ノンフィクション風ですが、実際にこういう感じなんだろうな。

・「恨みの碓氷峠」、いやー、タイトルは知っていましたが初めて聞きました。
 鉄道好きな私にしてみたらこれはすごいですよ。
 話の核になるところに寄席が出てくるのもすごい。

とにかく充実した3時間でした。笑いが止まらない。
これで明日が休みなら言うことないのに。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/17(土)「第28回 僕のらくご道 〜三遊亭天どん独演会〜」@なかの芸能小劇場

2017年06月18日 | 噺とか
天どん師匠の独演会です。
一之輔師匠がゲストで出るということもあり、前売りの段階で完売。
いやー、天どん師匠も言ってましたが、誰の会なんだよ、と。
さすがに一之輔師匠だけ見て帰る人はいなかったようですが。
予定にはなかったのですが、今秋から真打昇進する志ん八さんも飛び入りで。
仲入りにチケット売らされてましたが・・・。

天どん「有名人の家」
志ん八「水族館」
天どん「ハニートラップ(?)」
-仲入り-
一之輔「麻のれん」
天どん「首ったけ」

・「有名人の家」は、新作落語せめ達磨でのネタ下ろしなのだそうで。
 今回の3作はみんな馬鹿な男が出てくる話ですが。
 いやー、こういうナンセンスな天どんワールド、はまります。

・「ハニートラップ」なのか「美人局」なのか、正式な題は不明。
 誰か教えてください。
 最近話題の某若手俳優から着想を得たのかどうなのか。
 騙されてみたい、という馬鹿な男のお話。
 先ほどの「有名人の家」の登場人物の後日談なんだなぁ。

・一之輔師匠「麻のれん」、こういう噺って近年は難しいんだろうなぁ。
 おそらくは寄席では聞けないですよね。

・「首ったけ」も最近では聞かなくなった噺の一つのようで。
 これもこれで楽しませてもらいました。

天どん師匠・一之輔師匠の会が7月にもあるので、そちらにも足を運びます。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/10(土)本門寺落語 春風亭一之輔独演会2017 夏の陣

2017年06月10日 | 噺とか
池上にある日蓮宗大本山・本門寺での落語会です。
朗峰会館なる立派なホールにパイプ椅子が敷き詰められ、
16時開演という中途半端な時間ながらも場内満員の中での落語会でした。
一之輔師匠は6月上席で末廣亭の夜のトリをとっており、
明日からは鈴本の昼席のトリを務めるという超多忙な生活。
んー、すごいなぁ。

朝 七「真田小僧」
一之輔「かぼちゃ屋」
-仲入り-
一之輔「夏泥」
一之輔「鰻の幇間」

マクラの部分の小出恵介ネタはかなり痛快でした。
映画パッチギとの関連がそんなことになっていようとは・・・。
いずれも夏らしいネタで楽しませてもらいました。
贔屓の芸人さんをたっぷり見られる独演会、やはりいいんですが、
椅子の感じとか場内の感じとか、やっぱり寄席のほうがいいなぁと感じてしまったり。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/3(土)国立演芸場昼席

2017年06月04日 | 噺とか
久しぶりの国立演芸場は一朝師匠がトリ。
どこの寄席にも特徴がありますが、やはりここは少しお堅い感じが。

寿 伴「まんじゅう怖い」
一 左「子ほめ」
馬 石「元犬」
マギー隆司「奇術」
柳 朝「悋気の独楽」
小里ん「禁酒番屋」
-仲入り-
琴 調「赤垣源蔵徳利の別れ」
金 八「湯屋番」・踊り(せつほん)
正 楽「紙切り」(あじさい・大相撲・花火・ミッキーマウス)
一 朝「抜け雀」

・馬石師匠の「元犬」は何度か聞いていますが、
 枕の部分にあった人間と犬との関係を説明する話は初めて聞きました。
 人間になついたのが犬、なつかなかったのはオオカミになった、とか。

・小里ん師匠、酒の枕から「親子酒」とか「替り目」かと思ったら、
 「禁酒番屋」でした。嬉しい誤算。

・一朝師匠の「抜け雀」もいいですねぇ。
 目が不自由なお客さんがいた中で、
 これは大丈夫かな?と感じた部分がありましたが・・・気にしすぎか。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/21(日)若手応援町屋寄席「古今亭始 独演会」

2017年05月22日 | 噺とか
入間市で開催されている地域寄席です。
こちらに足を運ぶのは昨年10月に行われた天どん師匠の会以来。
地元色が強い中で、なんとなくふらっと足を運んだ私はやはりアウェー。
と、いいつつもしっかり3席楽しませていただきました

演目は、「近日息子」「片棒」「お見立て」の3本でした。
仲入り前に2席を演じて、文字通りの熱演でした。
おりしも外気温は30度を超える真夏日だったのとは関係なく、の熱演で。
仲入りで着物をかえて、もう1席。
お寺での落語会なので、いずれもテーマは「お弔い」。
あー、言われてはじめて気づいたなーと。
こういう趣向、いいですよね。

師匠である志ん輔師匠の語りとか所作が似てるなーと。当たり前といえば当たり前ですが。
枕で話していた、かつて介護関係の仕事から転身して噺家になった話など、
ほぼ同年代の私からするといろいろ考えさせられるところもあります。
二つ目さんなんですが、とても安心して聞けました。

2日続けて二つ目さんの会を聞きに来ましたが、これはこれでいいですね。

蛇足ながら、所感。
観客で、サゲの前でフライング気味に拍手を送るのはどうかと思う。
自分は落語通だぞーというアピールなんですかね。
必要以上の笑い声とともに、こういうのって場の空気を壊すなぁ。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉緑だよりvol.8@本所地域プラザBIG SHIP

2017年05月20日 | 噺とか
ちょうど1年前のこの日は天どん師匠と龍玉師匠がやる「大師匠噺」の日で、
終わった後にこの会をやっていることを知ってハシゴした記憶があります。
その際に、次回の前売り券を買っておきながら、その後日程が合わず、
結果的に1年たってやっと義理を果たすことができたわけです。
そう考えると1年って本当に早い。

寿伴「初天神」
吉緑「寝床」
-仲入り-
寶船(阿波踊りパフォーマンス)
吉緑「厩火事」

・寿伴さんは、先週と同じく「初天神」。
 時間の余裕があるので、飴と団子の二つ。
 やはり力があるなぁ。
 聞くと吉緑さんとほとんど年齢は変わらず、
 30歳で弟子入りしたんだそうな。なるほどねぇ。

・吉緑さんの「寝床」は、まだちょっと不慣れな感じかな?と思いつつも、
 コミカルに演じられていて楽しませてもらいました。

・阿波踊りを披露してくれた寶船は、ひょんなことから吉緑さんと意気投合し、
 今回のゲスト出演にこぎつけたとか。
 普段の寄席では、こういうパフォーマンスを見ることはないし、
 いろんな世界があるんだなぁと改めて実感。
 力強い踊りでした。

・トリネタは「厩火事」。
 枕で話した、ドラマの「最高の離婚」との関連性はなるほどな、と。
 男女の仲って難しいもんですねぇ。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/13(土)池袋演芸場昼席

2017年05月14日 | 噺とか
雨の一日になりました。
夜の部のトリはたい平師匠の代バネで天どん師匠なのですが、
所用があるため昼の部だけ。
んー、タイミングが悪い。

寿 伴「初天神」
志ん松「近日息子」
志ん陽「熊の皮」
ホームラン
菊 生「お菊の皿」
白 鳥「最後のフライト」
美智・美登
左 橋「紙屑屋」
はん治「妻の旅行」
小 菊
権太楼「短命」
─仲入り─
文 菊「あくび指南」
圓 丈「落語アンケート」
正 楽「紙切り」(あくび指南・鯉のぼり・花菖蒲・ドラム)
志ん輔「唐茄子屋政談」

・寿伴さん、だいぶうまいなーと思います。
 初天神の細かい演出は歌奴師匠のそれと似ているような。

・白鳥師匠の「最後のフライト」は初めて聞きました。
 安倍晋三と森友学園あたりをうまく交えているのはさすが。
 
・小菊師匠、三味線の三の糸が切れて糸の交換を実演。
 これは2回目だなー。

・権太楼師匠は枕短めで「短命」でした。
 先日の「代書屋」もそうなんですが、職人風の男の演じ方と、
 それに微笑ましく対応するあたりのやり取りが好き。

・志ん輔師匠は「唐茄子屋政談」でした。
 大きな声で「待ってました!」の声がかかり、
 嬉し恥ずかしといった感じで噺へ。
 枕のあたりでいろいろと探りを入れつつ、みたいな感じだったのかな。
 紙切りの正楽師匠とのエピソードとか、なかなかレアかな。
 大きな声での「待ってました!」をくすぐりに入れつつ、
 40分ほどの熱演でした。
 ぜひともこの流れで「下」も聞きたいもんだなぁ。

昼席は立ち見がかなり出るほどの盛況でした。連休も終わってるのに。
後ろ髪をひかれつつ昼の部でおさらばしました。

恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/10(水)浅草演芸ホール 昼~夜席

2017年05月10日 | 噺とか
ゴールデンウィークも終わっていますが、浅草は特別興行の最終日。
昼の代バネに彦いち師匠、夜のトリは国宝の小三治師匠。
昼の部の中入り前から夜の最後まで。

【昼の部】
三 三「たらちね」
正 蔵「松山鏡」
-仲入り-
木久蔵「看板の一」
ロケット団
きく麿「歯ンデレラ」
馬 風「漫談」
小円歌
彦いち「天狗裁き」

・彦いち師匠の古典って案外初めてだったような気がします。
 木久扇師匠の代バネをしっかり果たして笑いを誘っていました。
 個人的にも得した気分。

【夜の部】
朝太郎「子ほめ」
小かじ「狸の札」
馬るこ「東北の宿」
世津子(曲ごま)
〆 治「家見舞い」
志ん輔「稽古屋」
ぺぺ桜井
龍 玉「ざる屋」
はん治「妻の旅行」
正 楽(筍・藤娘・弁慶・正楽師匠・小三治師匠・三社祭)
権太楼「代書屋」
-仲入り-
鬼 丸「中沢家の人」
ひびきわたる
たけ平「らすとそんぐ」
市 馬「南瓜屋」
ホ-ムラン
さん喬「そば清」
鏡味仙三郎社中
小三治「宗論」

・志ん輔師匠の「稽古屋」、この噺は何度目かなんですが、
 はめものの三味線との息が合わず、おかしな感じに。
 いや、こういうのも寄席らしくて面白いんですがね。

・世津子先生は奇術ではなく曲ごまで。

・鬼丸師匠はこの間の独演会で演じた圓歌師匠との思い出を短縮版で。

・たけ平師匠の「らすとそんぐ」は初めて聞きました。
 辞世の句を作るという面白い発想の噺。
 調べてみると結構前から演じているんですね。新鮮で面白かった。

・小三治師匠、やはりこういう季節の変わり目というのは体調に堪えるのでしょうか。
 例によって枕をたっぷり。
 PM2.5の話から加藤清正、欅坂やら乃木坂の話などなどとめどなく。
 「この話はやめましょう」と言っては話題を変えつつ、笑いを誘っていました。
 最終的に「宗論」をかけましたが、最近の噺家さんがやるインチキ外国人風の語りがほとんどなく、
 シンプルな形で笑いをとるのはさすがだな、と。

連休も終わったものの、ほぼ満席の盛況。
千秋楽の一日を楽しませていただきました。

恐懼謹言。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/7(日)黒門亭1部 新作台本特選会

2017年05月07日 | 噺とか
今年のゴールデンウィークも本日でおしまい。
振り返ると一日おきに落語を聞いていたことになりますが・・・
本日は黒門亭の1部が新作落語の特選会ということで行ってきました。
最終的には札止めになったそうで、大した盛況ぶりでした。

市 若「寿限無」
ちよりん「予告ホームラン」
時 蔵「幽霊そば」
小ゑん「吉田課長」
才 賀「コロッケそば」

・市若さん、元気はあるんだが寿限無でうっかりネタを飛ばしてしまったり・・・
 頑張っていただきたいですね。

・ちよりんさん、野球にはそこまで詳しくないようですが・・・
 打つ人=バッターという単語が出てこないのはわざとか?
 それでも面白かったですね。

・時蔵師匠の「幽霊そば」はだれかで一度聞いたような記憶が。
 なんとなく古典風にまとまっているところもいいですね。

・小ゑん師匠「吉田課長」が今日の一番のヒットですねぇ。
 結構古い作品なんでしょうが、小ゑん師匠の雰囲気がとてもよくあっている。
 頭髪の薄い人が会場にいたら笑うに笑えないんだろうけど。
 いやー、笑った笑った。

・才賀師匠「コロッケそば」、毎度のことながら、
 「こんなので30万円ですよ!」
 で始まり、同じセリフで終わる。
 ですよねぇ。
 もっと笑いが取れそうな気もするのですが・・・

さ、連休も終わった。明日から気持ちを入れ替えよう。
恐懼謹言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加