こだわりの農業

土作りから栽培・収穫まで無農薬・無化学肥料(自然農法)で露地草生栽培を実践するわが家を紹介します。

強いものは生き残る。

2017-03-14 19:19:20 | きょうのひと言


2シーズン目の茎ブロッコリー。
8割方枯れてしまいましたが、残った2割はここに来てスクスク育っています。
同じ場所で同じように育てていても、無農薬・無肥料という極限の環境では個体差から必ずしも同じように育たないものです。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ定植。

2017-03-11 21:49:24 | 農作業のこと






1週間前に畑を耕耘機で耕し、ジャガイモを植える準備。

畑の準備が整ったところで、種芋を2つ切りにして切り口を乾かす。

切り口を上にして、定植。
こうすると発芽はやや遅れますが、
成長力のある強い芽が出てきます。

定植後は鍬で土を鎮圧。
あとは発芽を待つばかりです。

この後の作業は、芽が出そろった頃を見計らって土寄せを収穫までに3回程度行います。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

派手さの割に使わない農機

2017-03-07 21:00:16 | きょうのひと言


トラクターと耕耘機。
わが家にもあります。

稼働時間(使う時間)は年間で2台併せて約10時間くらいです。
2台ともディーゼルだから燃料は軽油。
軽油の年間使用量は約10リットル前後だと思います。

なんでそんなに稼働時間が少ないのか?
理由は2つあります。
1つは畑の面積が狭いことで、
もう1つはざっと1回しか耕さないことです。
だから必然的に燃料もあまり使わないわけです。

そしてこの2台はかれこれ30年以上使っている古い機械です。
古い機械は構造が単純なわりに造りはしっかりしています。
だから作業中のトラブルもまったく起こっていません。

今はキャビンの付いたトラクターが主流ですが、わが家のトラクターにはキャビンなどありません。
耕耘機に至っては同じ性能を有する耕耘機自体が見当たりません。
心のどこかにキャビンの付いていて空調の備わったトラクターに乗ってみたいという思いはありますが、
年間で10時間程度しか使わない機械が3ナンバーの外車と同じかそれ以上の高価な代物です。
そこまで見栄を張るほど余裕もありません。

見た目が派手に見えるトラクターは実際のところ、
コストパフォーマンスがすこぶる悪い代物と言っても過言ではないと思います。
少なくともわが家のような小さな畑が点在しているような所では、
その性能の半分も発揮することはないでしょう。

そんなことを考えると、どんなに古くても壊れている訳じゃないから買い換える必要がないと思えてきます。
排ガスのことを言い出す人もいますが、そもそも稼働時間が少ないから排出ガスの量もたいしてありません。

以上のことからわが家はこれからもいまの「クラシックカー」をこれからも使い続けます。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

準備完了。

2017-03-06 20:21:36 | 農作業のこと



男爵、キタアカリ、メークイン。
それぞれを2つ割にして、定植の準備。

断面が乾いたら畑にいよいよ定植です。
今年は3シーズンめの自家種が大半を占めます。

今年は種芋の保存がうまくいきました。
5月下旬頃には美味しいジャガイモが収獲できるはずです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

準備開始。

2017-03-05 19:01:13 | 農作業のこと
ここは大根を育てていた畑。
毎年のことですが、畑の隣にある神社に生えている欅から落葉がたくさん降り注ぎ畝間に溜まっています。


耕耘機を使ってこの落ち葉と生えはじめの雑草を畑に鋤込みました。


この状態で1~2週間おいて、今度はここでジャガイモを育てます。


明日は雨の予報が出ています。
落ち葉の下にひっそり隠れていた微生物が雨を受けて活発に動き出してくれれば、
落ち葉は腐葉土になってくれます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3年目のカシス

2017-03-01 20:11:04 | きょうのひと言


3年目を迎えたカシスです。
まだ幼木の域ですが赤と黒の両方が今年も新芽を発現しました。
無農薬・無肥料で今年も環境に適応させることと木を育てることに専念します。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

このごろ思うこと。

2017-02-27 20:10:27 | きょうのひと言
化学肥料、農薬、硝酸態窒素などを題材にその危険性を説いているサイトが多くあります。

その内容は 
①科学的根拠をもとに客観的に書かれているもの 
②どこかで聞きかじったことをただコピーしているもの 
③聞きかじった話しに自分の感情を反映させたもの 
④危険性を煽ってどこかに誘導しようとしているもの などイロイロです。

①のようなサイトはある程度(せめて高校生程度)の生物、化学、物理の基礎知識がないと理解が難しいと思いますが
客観的で信頼度は一番高いと思います。

少々無責任なのは②と③です。
本質をわかっていない方が要点をまとめきれずに中途半端(正誤が混ざっている)ことが多いように思います。

そして一番タチが悪いのが④のようなサイトです。
まずもっともなことが書かれています。
そして読み進めて行くと偏った知見に徐々にブレて行って、最終的には「通販サイト」にたどり着くという仕掛け。
好意的に解釈すれば、本当に安全で安心できる野菜をどこで手に入れたらよいかを教えてあげていると言うことになるんでしょうけど、
なんだか霊感商法もどきのように感じてしまうのは、私くらいでしょうか?

危険性を謳ってそうでないもの(安全なもの)を売ろうという仕掛け。
もはや悪徳商法と言っても良いかもしれないと思います。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

春の便り。

2017-02-27 18:59:49 | きょうのひと言


畑の隅にふきのとうが顔を出していました。
三寒四温がもうしばらく続きますが、
春が間違いなく近づいている証です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

冬を越した!

2017-02-27 18:56:09 | 野菜の実力
 

厳しい冬を凌いだパクチー(コリアンダー)です。
ついこの間まで厳しい冷え込みと霜のためにほとんど枯れてしまったような姿をしていましたが、
昨日見てみると新しい葉がチマチマと小さいながらたくさん付いていました。
冬を乗り切ったパクチーはこれからどんどん大きく育つと思います。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

乾燥野菜シリーズ!

2017-02-13 19:13:52 | 直売情報


この冬6種類を商品化しました。
どれも特徴のある個性派です。

 1)人参のちから : 人参の成長点(首、先端、皮)を刻んで乾燥させたもので、
              第7の栄養素と言われる「ケミカルファイト」が豊富です。
              出汁をとったりよく煮込んでそのまま食べてもOKです。   
 
 2)人参の葉っぱ : 抗酸化力に優れるビタミンEが多く含んでいます。
              香りや彩りにも活用できますから、バジルのように使ってくれたら良いと思います。
 
 3)大根のちから : 大根の成長点(首、先端、皮)を刻んで乾燥させたもので、
              第7の栄養素と言われる「ケミカルファイト」が豊富です。
              出汁をとったりよく煮込んでそのまま食べてもOKです。

 4)こだわりの切り干し大根 : 3種類の大根(青首、聖護院、おふくろ)をブレンドした切り干し大根です。
                     性格の異なる3種類の大根が入っているので、大根サラダや切り干し大根煮などのほか
                     生酢にしても美味しいです。
  
 5)たかのつめ : エネルギー代謝をよくする効果がある「カプサイシン」を多く含んおり、免疫力を高める効果が期待できます。

 6)いもがら : カリウムやカルシウム、食物繊維が多く含まれており、骨・歯の強化、便秘改善、乳酸菌の増殖活性化、
            生活習慣病予防、がん予防効果などが期待できます。


乾燥野菜には様々なメリットがあることがわかってきました。
うちの乾燥野菜はすべて自然乾燥させて作っています。
乾燥機などを使って強制的に乾燥させるのではなく、天日干し(陰干しもしています)で乾燥野菜にするかというと、
野菜に含まれるビタミンD・ビタミンB群・カルシウム・鉄分・ナイアシンがアップすると言われているからです。

人工的に乾燥させたのではなく、自然の力を借りて乾燥させた「乾燥野菜シリーズ」を皆さんに使っていただきたいと思います。

店頭販売はすべて手作業で作っているため生産数量に限界があるので「げんきの市場」(埼玉県越谷市)のみで行っています。興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、げんきの市場へ問い合わせてみてください。
また直接販売もしますので、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら問い合わせフォームからご連絡ください
Comment
この記事をはてなブックマークに追加