夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

里見香奈女流五冠が、藤井四段の記録係を務める

2017年06月16日 01時51分32秒 | 時事放談: 国内編

里見香奈女流五冠には、一日も早く、藤井四段の席に座ってもらいたいものです。

**********

里見女流5冠が記録係、肘掛け置く場所間違え…藤井は苦笑い

里見女流5冠が記録係、肘掛け置く場所間違え…藤井は苦笑い

記録係を務める里見香奈女流5冠(左)

(スポニチアネックス)

 ◇藤井四段26連勝

 藤井四段の対局の記録係は女性初のプロ棋士を目指す里見香奈女流5冠(25)が務めた。

 現在は棋士への“最終関門”となる三段リーグでも奮闘中の身。この日の起用について日本将棋連盟は「偶然。奨励会メンバーの務めですが、他を含めて誰がどの対局を担当するかは当日に決まります」と説明。対局前、対局者用の肘掛けを置く場所を間違えてしまって「すいません」と慌てながら直して、藤井を苦笑いさせる場面もあった。

 一方でインターネットの生中継観戦者らが「里見の記録係って豪華」などとネット上に書き込んで喜ぶなど、盛り上げに一役買った。
 
**********
 
26連勝の藤井四段のおかげで、羽生善治三冠が七冠制覇した時と同じくらい、将棋はブームだとか。しかし、里見三段が四段になってプロ入りしてくれれば、もっと人気が出るはずです。里見三段の踏ん張りに期待します。
 
がんばれ、里見香奈三段!
 
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウーバー、CEOも休めば、COO... | トップ | 首相は何をやっている、受動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL