古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

国名 日本になるまで

2017-01-03 14:01:53 | 歴史
お正月です。日本と云う国名について
やはりこの人、聖徳太子が影響しているようです。
607年に派遣された小野妹子を大使とする遣隋使は、隋の煬帝宛ての国書を持参していた
作成したのは、聖徳太子
「日出ずる処の天子、日没する処の天子に書をいたす。つつがなきや・・・・
自国の事を、日出ずる処 と表現しています。隋の煬帝を 日没する処の天子 と書いたことで反感を食らいます。
まだ、日本とは名乗っていません。
701年 大宝律令 が完成します。
702年に、第7次遣唐使に「この歳、日本国その大臣朝臣真人を遣わし、方物を貢ぐ。日本国は倭国の別名なり」
と記述されて、自国の事を 日本 と表明します。そして、日本国は倭国の別名なり とも加えています。
それまでは、倭国と云う名前を受け入れていました。
大陸からは、 ワ国 で 国内では ヤマト国 と呼んでいたと思われます。
この大宝律令が、近畿のヤマト朝廷から実質的な全国統一を完了し、日本が大きく変わった事を表しています。


紀元前57年 委奴国王印
西暦238年 親魏倭王の金印 海外から付けられた 倭国
古事記・日本書紀では天皇家の皇子、皇女の名前に 倭 がよく使われています。
倭建命(ヤマトタケル)、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)など
日本神話 国生みで出来た 八つの島(大八島)
1.淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま):淡路島
2.伊予之二名島(いよのふたなのしま):四国
 胴体が1つで、顔が4つある。顔のそれぞれの名は以下の通り。 愛比売(えひめ):伊予国
 飯依比古(いひよりひこ):讃岐国
 大宜都比売(おほげつひめ):阿波国(後に食物神としても登場する)
 建依別(たけよりわけ):土佐国
3.隠伎之三子島(おきのみつごのしま):隠岐島
4.筑紫島(つくしのしま):九州
 胴体が1つで、顔が4つある。顔のそれぞれの名は以下の通り。 白日別(しらひわけ):筑紫国
 豊日別(とよひわけ):豊国
 建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよじひねわけ):肥国
 建日別(たけひわけ):熊曽国
5.伊伎島(いきのしま):壱岐島
6.津島(つしま):対馬
7.佐度島(さどのしま):佐渡島
8.大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま):本州
本州が大倭 秋には豊かな実りとなる島 という事でしょうか。

仏教の伝来と共に漢字が伝わったとされていますが、氏姓制度で既に漢字を使っていたと思います。
氏姓制度の 姓 に
史(ふひと)    渡来人の子孫で、文筆の職能に優れた氏族に与えらた姓。 があります。
自国の名前に 倭 と云う漢字が使われた事を中国の史記(魏志倭人伝など)から、この時代に知ったでしょう。
紀元前に大陸が付けた、倭の意味を知らずに 約400年
その意味を知り、改名するまでに 更に 約400年 とかなり長い期間を必要としました。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天照大神(アマテラス)=卑... | トップ | 魏志倭人伝を無視した日本の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。