二鶴工芸のきままなブログ

京都の呉服金箔加工職人です。
仕事のうんちくや商品説明等きままな事を更新していきます。
よろしくどうぞ!


スポーツクラブ

2016年06月28日 | 日記

二鶴工芸です。
かれこれ30年以上通っているスポーツクラブが現在リニューアル工事中🚧
来年春頃、オープン予定らしいが・・・
予定通りすすんでいるのだろうか⁉



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京七宝

2016年06月27日 | 日記

二鶴工芸です。
昨日、「紅椿それいゆ」さんの展示を見に行ってきました。
http://www.benitsubaki-soleil.jp/exhibition_info/2016/0618_26_early_summer.html
画像の京七宝の野村ひろみ先生の作品「風神雷神」
圧巻の風神雷神!!
その圧巻の作品を作る先生がかわいいアクセサリーも作っておられました。
振り幅が大きいですが、説得力があります。
この技術あってのアクセサリー。
勉強になります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京ものセレクション「暮らしに森の潤い」

2016年06月25日 | 日記

二鶴工芸です。
昨日の午前、下記の出展のため搬入でした。
画像の商品を展示販売します。
尚、7月16日の午後から京都茶寮内にて実演を行います。

JR京都駅ビル2階 インフォメーション横 「京都茶寮」にて、京もの認定工芸士の工芸品を展示販売する『京ものセレクション(京都茶寮)』

期 間:平成28年6月25日(土)~ 8月4日(木)【41日間】

場 所:京都茶寮(京都駅ビル2階 インフォメーション横)
http://www.kyoto-saryo.jp/
https://www.facebook.com/kyoto.saryo/

ギャラリー 10:00〜19:00
カフェ 12:00〜19:00( LO 18:30 )
定休日:なし

テーマ:「暮らしに森の潤い」

生命を育む源である「森」をテーマにし、森林や山の恵みや魅力、イメージを取り入れたうえで、伝統工芸の技術・技法により制作された、実用に供する工芸品やインテリア等を展示販売します。
京都駅にお越しの際は是非、お立ち寄りくださいませ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数寄屋袋

2016年06月23日 | 日記

二鶴工芸です。
数寄屋袋2点です。
25日からの催事に出展予定です。
この生地はもう仕入れられない(廃盤)ので1点ものになります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箔のメンテナンス

2016年06月22日 | 日記

二鶴工芸です。
以前に納品した帯の箔のメンテナンスをしました。
箔の貼り直しです。
箔の部分は全て純金箔です。
深いキズは正直、直しきれません。

お気づきになる方はわかると思いますが、着用した時にはほとんど金箔地の帯になります。
これは私の商品ではありません。
業者の仕事です。
要するに富裕層のお客様の別注品です。
また、これに合わせる着物はどんなものか!?
想像するだけで我々庶民には・・・そういう世界があるのです。
まず金箔地の帯ならば引箔で金箔地にして織物にすれば堅牢性もあり良いのでは!?という話なのですが、
それではダメだったようです。
染帯でなおかつ、金箔地。
堅牢性など必要ない。
そういうオーダーなのです。
またこのような加工は仕立て屋さんも困ります。
必ず箔の部分がキズだらけになります。
うちでも仕立て上がってから直した事も何度もありました。
なおかつ、着付けでキズだらけになります。
ですから、こうやって着用後にメンテナンスの仕事があるわけです。
着用される度にメンテナンスする。
メンテナンス代金もバカにならない金額ですが、そういう方は気にならないです。
この柄は桜なので、そのシーズンに着用されてたのでしょう。
この手の帯は純金箔含め銀箔・プラチナ箔でもやりました。
それぞれお客様が違うようなので、そういう層のお客さまたちです。
中には1回着用されて、もう着ない方もおられるようです。
それでもメンテナンスして綺麗にしてお返しするようです。
これは出入りしている呉服店もお付き合い、対応が大変だ!!
まぁよく工芸品を富裕層に売り込む!!といってますが、お付き合い大変ですよ!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクエア

2016年06月21日 | 日記

二鶴工芸です。
とうとうデビューしました。
Square(スクエア)です。
クレジットカード決済の小型読み取り機です。
いつかは持たないと!と思っていたのですが。
まぁ、これで出店販売にカード払いが可能になったので少し安心です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古野幸治作陶展 Kind of Blue

2016年06月20日 | 日記

二鶴工芸です。
昨日、京空間 mayukoで開催中の古野幸治作陶展 Kind of Blueへ行ってきました。
職人仲間のfacebookで投稿された画像を見て是非実物を見てみたいと思い行きました。
画像のブルーの作品です。
実はブルーが好きで。
で、画像を見て綺麗な色だな~と。
それで実際拝見してみると、凄いブルーでした。
またブルーの中に効果的にガラス成分がキラキラと光っています。
凄すぎるブルー!!
またそれとは対照的に純金色ではない金彩の作品が寂びの佇まい。
それも好きな色目です。
オーナーの黒田・氣谷様が親切丁寧に説明くださり、またお茶までいただきありがとうございました。
元々、西陣織物卸されていた京都らしい町屋で今回の展示は奥の蔵まで展示されています。
会期は以下です。
京友禅作家の黒田様は一時期私の師匠にも習っておられたようで、思わぬご縁で京都は狭いな!と感じた次第です。

古野幸治作陶展 Kind of Blue
会期 6月16日(木)~27日(月)
10時から18時
会期中の休み 21日(火)・22日(水)

京空間 mayuko:https://www.facebook.com/mayuko.kimono/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甥っ子

2016年06月18日 | 日記

二鶴工芸です。
昨日の夜は訳あって小1の甥っ子がうちに来ました。
お父さん(弟)の用事の間、うちにいることに。
甥っ子がハマっているのが、懐かしいゲームウォッチのドンキーコング!!
我々世代は懐かしいものでしょう(^o^)
弟のものでしたが、電池を入れると動いたので現在も活躍中。
お風呂もいっしょに入り、大きくなったものだと!!
いつまでオッチャンの相手してくれるかな~^_^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金粉を作る

2016年06月17日 | 日記

二鶴工芸です。
金粉を作っているところです。
竹の筒に金箔を入れて、筆でかきまわして金粉にします。
筒に200とあるのはメッシュの目の細かさです。
紙に書いてある通り純金箔の200番の金粉を作っているところです。
紙は硫酸紙といって、粉薬を入れている紙といえばイメージできるでしょう。
それを袋状に作って口に竹筒を入れ、かきまわして落とされた金粉が袋に入っていきます。
袋はそのまま使います。
通常、金粉はビンの中に入れて保管したりしますが、うちは多色のものを作っており、ビンを置く場所が大変なので紙袋のまま保管しています。
装飾加工の大きい場面は筒でそのまま使いますが、小さい場所や繊細なぼかしをする場合は直接筆に金粉をふくませて使います。
そういう時に使う金粉を作っていたわけです。
昔は金粉を作る時に金箔を一旦、ミキサーに入れて細かく潰してから使っていたこともありました。
最近はミキサーを使う程の仕事は無いですね↘(+o+)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンクのスマホケース

2016年06月16日 | 日記

二鶴工芸です。
ピンク色のスマホケースです。
こういう色目もたまにはいいかなと!!
今月末の催事に出展予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加