佐山音楽事務所

ミュージカル俳優の佐山陽規
ソプラノ歌手の佐山真知子
の活動をご案内します。

今後の予定

2017年01月01日 | その他
(この記事は、先頭に表示するために日付を設定してあります。)
****************************************************************************
佐山陽規・佐山j真知子の活動予定

「はるきとまちこのふたりコンサートvol.4」

2016年7月24日(日)19時より
かなっくホール(横浜市神奈川区民文化センター)

詳細はこちら



****************************************************************************


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はるきとまちこのふたりコンサートvol.4

2016年05月15日 | 佐山陽規の活動案内
「はるきとまちこのふたりコンサートvol.4」

佐山陽規と佐山真知子が出演予定です。

日程 2016年7月24日(日)19時より
会場 かなっくホール(横浜市神奈川区民文化センター)
出演 佐山真知子(ソプラノ) 佐山陽規(バリトン)
   服部真理子(ピアノ)  笹尾淳一(サクソフォン)
入場料 一般3,500円  学生2,000円(当日券は共に500円増)

チラシはこちらです。

詳細については、こちらの記事をご覧下さい。

今まで通りメールや電話でのお申し込みもお待ちしますが、ネットでのチケット申込フォームを作りました。こちらもご利用ください。アドレスとQRコードです。

https://www.quartet-online.net/ticket/4


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

故郷の空の下で

2016年05月14日 | ソング
故郷の空の下で


「故郷の空の下で」

作詞・作曲:丸山明宏(美輪明宏)
歌:佐山陽規
ピアノ:斎藤慶子

美輪(丸山)さんは長崎の原爆で被爆されました。
私がこの歌を初めて聞いたのは中学生の時(と思っていたのですが、調べてみたら1965年の歌なので高校生かも知れません)テレビで聴いて、それを録音して覚えずっと歌ってきました。
今回の映像は2013年、市ヶ谷のシャンソニエ「えとわーる」で催したコンサート。
ピアノは私の桐朋学園での授業で伴奏をしてくれていた斎藤慶子さんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メッセージ2016年5月

2016年05月13日 | 佐山陽規からのメッセージ
「グランド・ホテル」無事全公演を終了しました。

 稽古終盤の2週間ほどはRedとGreenは別稽古で、お互いの稽古は観ることができませんでしたから、Greenチームの結末がどうなっているのか知らないまま初日を迎えました。
 まあ何となく話には聞いていましたが、私もGreenチームの初日を観劇して初めて目の当たりにした次第です。
基本的に同じ台本、同じ音楽で(若干違う所もありますが)これほど幕切れの印象が違うというのはとても刺激的でした。
当然のことながらWキャストのそれぞれの役創りも違い、きっと両方ご覧になったお客様は、2本の違う芝居を観たような気がしたのではないでしょうか?
前にも書きましたが、大変だったのはシングルキャストのみなさん。基本的に役者が舞台上の道具を動かすのですが、動きも違えば位置も違う、同じ役であっても立ち位置も違う。よくまあ混乱せずに事故もなく、最後まで務めて下さいました。
勿論相手役が変われば芝居も変わるので、自分の役創りもRedとGreenで変えていました。
シングルキャストのみなさん、スタッフの皆さんに感謝、感謝です!

 公演自体は無事終わったのですが、実は私は無事ではありませんでした。
4月28日の名古屋公演、中盤で成河さん演ずるオットーと真野恵里菜さん演ずるフレムシェンの二人が躍っている真ん中で
『彼をご覧、踊っている!・・・』
というセリフを言って退場する際、どうトチ狂ったか、いつもの退場口よりひとつ前に入ってしまい、吊下げられているモニタースピーカーに頭をゴ~ン!とっさに額に手をやるとそこには真っ赤な血が!
幸い次の登場まで若干時間があったので、おでこにワセリンをてんこ盛りにしてもらい、なんとか最後まで舞台は務められました。
終わって即、病院へ!4針縫われました。念のためCTも撮ってもらいましたが異常なし。
最初にぶつけった時の衝撃と痛み以外はまったく痛みもなく腫れもせず、5月6日の大阪でのマチネ公演の後、抜糸。小さな傷痕が残っていますがまったく問題なしです。
舞台であんな怪我をしたのは初めてかもしれません。スタッフや共演者に心配と迷惑をかけてしまいました。申し訳ありません!

 4月14日、熊本を大地震が襲いました。
何だか次々と大災害が襲ってきているような気がします。人類の傲慢さに自然が怒っているのでしょうか?
14日当日、マチネ公演を終えて楽屋を出たところで一人の女性にサインを求められました。
今朝、熊本から飛行機で来たとのことでした。
彼女はその後、すぐに熊本へ帰ったのでしょうか?あるいは東京で地震の一報を聞いたのでしょうか?
ご自身もご家族もご無事である事を願っています。
それにしてもまだ余震も続き住民の皆さんが不安でいる中で、何故一時的にでも川内原発を止めないのでしょう?
なぜこんな時に安倍首相はさして必要とは思えない外遊に行ったのでしょう?
どうにも国民の方を見ているとは思えないのですが?
改めて被災された皆さんに心からのお見舞いを申し上げます。

 7月24日(日)19時より横浜・ 東神奈川かなっくホールで『はるきとまちこのふたりコンサートvol.4』を開催します。
 プログラムは「4人のミュージシャンによる~銀河鉄道の夜~」と「~モーツァルト、アリアは弾けてバトルする~」。
ピアノは服部真理子さん、サクソフォンで笹尾淳一さんが参加して下さいます。
 「銀河鉄道の夜」は宮澤賢治の作品を広渡常敏さんが脚色した東京演劇アンサンブルの芝居に林光さんが曲を書き下ろしたものを、山形の<合唱団じゃがいも>が再構成して上演した『合唱童話 銀河鉄道の夜』を二人で演奏するというという所から出発したのですが、構成を、長い付き合いであるこんにゃく座の大石哲史さんにお願いしようということになり、服部さんを交えて打ち合わせをした中で新たに原作を基に大石さんが本を作りたいと言って下さって、その言葉を信じることにしました。勿論曲は光さんの曲です。「モーツァルト」の方も、私たち二人をよ~く知っている大石さんが、単にアリアや二重唱を歌うだけではなく、二人の性格や生活を取り込んで構成してくださいます。
どんなものになるかは今の時点では全く分かりません!怖い気もします!構成する以上、演出家・大石哲史としても関わって頂くことになりました。
前代未聞のモーツァルトになるかも知れません!
 何卒皆さまにお越しいただきたくお願いします。
娘・花織(お陰様で女優としての最後の舞台を無事務めました)に教えてもらってネットでのチケット申込フォームを作りました。今まで通りメールや電話でのお申し込みもお待ちしますが、こちらもご利用ください。アドレスとQRコードです。
https://www.quartet-online.net/ticket/4 
  

 また、実行委員として集客に協力していただけるかたを募集しております。
 皆さまのお力添えよろしくお願い申し上げます。


 昨日、演出家であり、私が教えている桐朋学園芸術短大の学長も務めて下さった蜷川幸雄さんの訃報に接しました。
私は役者としてはご一緒したことはありませんでした。
まだ80歳。決して早死にとは言えないかもしれませんが、才能ある人々が次々に世を去ってしまうのは本当に残念です!
ご冥福をお祈りいたします。
                                 佐山陽規

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル「グランドホテル」

2016年05月08日 | 佐山陽規の活動案内
ミュージカル「グランドホテル」

かの伝説の女優グレタ・ガルボが主演した1932年の映画を基にしたミュージカルです。
「オッテルンシュラーク医師」を演じます。第1次大戦で身体が不自由になりいつもモルヒネを打っているという、なかなかに難しい役どころです。
主要な役はWキャストで、私は大先輩・光枝明彦さんとのW。なんともプレッシャーです。赤組・緑組とう組み分けで私は赤組。
「タイタニック」(2015年3月上演)で卓越した群像劇の演出を見せてくれたトムの演出も楽しみです。
是非、劇場へお運び下さい。

チケットはsayama-ongaku@mail.goo.ne.jpからお申込みいただけます。
公式HPもご覧下さい。


佐山陽規はRED team(赤組)です。赤い字の公演回に出演します。

東京公演
日程  2016年4月9日(土)~2016年4月24日(日)
会場  赤坂ACTシアター
チケット料金 S席12,000円 A席9,000円(全席指定・税込)


名古屋公演
日程  2016年4月27日(水)・28日(木)
会場  愛知県芸術劇場大ホール
チケット料金 S席12,000円 A席9,000円(全席指定・税込)


大阪公演
日程  2016年5月5日(木)~2016年5月8日(日)
会場  梅田芸術劇場メインホール
チケット料金 S席12,000円 A席9,000円 B席5,000円(全席指定・税込)


お問合せ・チケット申込
  佐山音楽事務所
  045-334-0525(TEL&FAX)
  sayama-ongaku@mail.goo.ne.jp


本公演は終了いたしました。
ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加