「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの時事問題:刺客とテロリスト

2014年12月17日 | 時事随想



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 学生時代、司馬遷の「史記」の中の「刺客列伝」を読んで、胸を熱くしたことがあった。その中でも秦の始皇帝を暗殺しようとした荊軻が、旅立つときに詠んだ、「風瀟々として易水寒し 壮士ひとたび去って、復た還らず」には、魂を揺さぶられるような感動を覚えた。

 力関係に圧倒的な差がある場合、そのトップをねらって行う暗殺は、極めて大きな効果があったことは確かだ。私利私欲を捨て、義に命を懸けた刺客の生き方に、感じるところがあった。「子連れ狼」の大五郎は、その父親を「ちゃんの仕事は 刺客ぞな」と歌っているが、それは金をもらってする殺し屋であって、私が語る刺客などではない。

 赤穂浪士の討ち入りは、その当時の法に照らしても犯罪行為ではあるが、民衆の感情に訴えかける義が存在する。 匕首や刀を持って行ったその当時の刺客行為は、倒すべき対象が一点に絞られていた。

 こうした刺客行為は、見る立場により、その評価は大きく異なる。安重根は、日本においては、初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺した凶悪な犯罪者であるが、韓国では、抗日義士として英雄視されている。互いに相手をどれほど非難しようとも、一方が妥協して、その隔たりを埋めることはできない話だ。

 太平洋戦争末期、特攻で散った多くの若者の行為にも、胸が熱くなる心情が存在する。けれども、史記に登場する刺客とは異なり、特攻による相手側のダメージは、敵兵というだけで、何十人・何百人、場合によっては何千人という、途方もない規模となる。戦争という非常時での行為ではあるが、明らかに自爆テロの領域に足を一歩踏み入れてしまっている。



 狂信的イスラム教信者によるテロ行為が、世界中で頻発している。ジハードの名の下に、無差別テロが横行している。爆弾・重火器・小銃・機関銃などを使う手口を考慮すれば、その行為は戦争と呼んでよいだろう。

 抑圧される側が、抑圧する側に行うこうしたテロ行為は、宗教対立を根底に、ますますその激しさを増しているようだ。9・11アメリカ同時多発テロが、匕首や刀を持って行った刺客列伝の時代とは大きくかけ離れた、自爆テロを含む無差別殺戮の時代に入った分水嶺だったことを、私たちは後世に知ることになるのだろうか。

 16日、イスラム過激派組織「パキスタン・タリバン運動」のテロリストが、学校を襲撃し、生徒を含む140人をこえる死者を出した報道に、胸が痛くなった。

 この過激派組織は、今年のノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララさんを銃撃したテロ集団だ。今回の事件も、マララさんの事件も、私はとてもやりきれない思いだけではなく、強い怒りさえ覚える。

 子供は、人類の未来だろう! 子供は、私たちの夢であり希望だろう! 

 
その子供に銃口を向けた者は、いかなる理由があろうと許されない。罪もない子供の命を断つような行為を行った者には、未来など存在しない。テロ集団の中で英雄視されようが、その者の魂は死して地獄に落ちることを免れない。そして、未来永劫地獄の苦しみから抜け出すことはできないはずだ。これは聖戦などではなく、卑劣な犯罪行為だ。

 こうした行為を、イスラム教の信者こそ声を大にして非難すべきだ。また、すべての人々は、この事件の背景にある、子供の教育・国家間および各国内の経済格差・民族や宗教対立など、世の中の不条理に立ち向かっていく不断の努力が求められている。





コメント (1)

マッキーの山登り:寄バス停・櫟山・栗ノ木洞・黒竜ノ滝・大倉バス停

2014年12月13日 | 日帰りの山登り



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 11月30日(日)。 明日から師走という晩秋の一日、師匠Y氏と山歩きに出かけました。出かけた日の前日も翌日も雨模様で、その合間の時々陽の射す曇天の一日でしたが、紅葉を愛でながら落ち葉を踏みしめて歩く山歩きでした。

 行き先は、丹沢山系の栗ノ木洞で、その先にある鍋割山への登山路にある山です。下りには栗ノ木洞から麓に広がる丹沢県民の森周辺の散策を楽しむために、一般登山路から外れ静かな山歩きを楽しみました。



 朝6時に家を出ると、外はまだ薄暗く、冬至に向かって日の出が遅くなっていることを実感します。小田急線新宿駅6時51分発の小田原行きの急行に乗り、待ち合わせたY氏と車内で合流。

 新松田駅前のバス停から寄(やどりぎ)行きのバスに乗り、終点で下車。寄バス停は、数年前産経新聞のOBを中心とする山登りの会・山酒会で、シダンゴ山へ登ったとき以来でした。

 すっかり晩秋の景色となった山里を歩いていると、上の画像のように、登山路脇のイチョウの木の黄葉が鮮やかに印象的に目に映ります。



 落葉広葉樹林の秋は、圧倒的に黄色もしくは茶褐色の黄葉が多いようです。黄色した木々の中を歩いていると、周囲全体がセピア色の空気に包まれます。私の先を行くY氏も、時間を超えた懐かしい時空を歩んでいるように感じます。






 寄バス停からおよそ70分ほど歩くと、櫟山(くぬぎやま)に到着します。頂上の周囲は開けていて、一面にモミジの絨毯が敷き詰められていました。落ちている赤や黄色のモミジの葉を何枚か拾いました。山から帰宅したその夜に、湯舟に浮かべて「紅葉風呂」を楽しみました。お風呂で楽しむだけでなく、食器に添えて彩りを楽しむのも趣があって楽しいものです。どうぞお試しください。






 櫟山からおよそ30分ほど歩くと、栗ノ木洞に着きました。栗ノ木洞は、針葉樹林に囲まれた登山路上にある場所で、見晴はありません。私たちは、そこでちょっと早めの昼食をとりました。






 栗ノ木洞を後に、10分ほど櫟山方向に戻り、左手に折れる登山路を選択して下降を開始。登山者は少なく、登山路は落ち葉で覆われています。笹地の森・アブラチャンの森を通過し、50分ほどで林道に出て、そこを横断し再び登山路を下ります。

 ちょっと、Y師匠!道が違うんじゃあありませんか。Y氏は、こうしたヤブ道が大好き。後でチェックすると、県民の森には、廃道となった散策路が幾つかありますが、私たちはその廃道に入り込んでしまいました。






 しばらく、廃道となった道無き道を歩き、再び散策路に戻りました。本来の散策路は、下の画像のような黄葉した木々に囲まれた、気持ちの良い道です。






駐車場や東屋そしてトイレもある目的地の芝生の広場へ到着し、しばし休憩。ここは車でやって来て、散策路を周遊し、お弁当を広げて家族と楽しむこともできる場所となっています。






芝生の広場から、舗装道路を横断し、案内板に従って再び登山路を下り始めました。木製の階段は、色とりどりの落ち葉で埋め尽くされていました。






 滑りやすい木の橋を渡り、しばらく歩くと、黒竜の滝があります。落差15mの小さな滝でした。名前の由来は、滝の近くに「黒竜さん」という祈祷師の庵があったからだそうです。



 滝を見た後、斜面の上に付けられた林道まで急坂を登りました。ここから、しばらくの間、林道歩きが続き、大倉のバス停まで歩きました。バス停には、地元で栽培されている野菜などが販売されていました。お土産に、二人は野菜や柚子などを購入し、ずしりと重くなったリュックを背負って、帰路につきました。


【標準歩程】

寄バス停〜70分〜櫟山〜35分〜栗ノ木洞〜10分〜芝生の広場方面分岐〜15分〜笹地の森〜35分〜林道〜35分〜芝生の森〜25分〜黒竜の滝〜10分〜西山林道〜80分〜大倉バス停



 

コメント

マッキーの一問必答(7):大人もミスする往復の平均の速さ

2014年12月09日 | 学習指導法



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!

 「一問必答」は、「一問一答」に掛けた造語として、今回のシリーズで用います。中学受験した学校に合格するために、ぜひ正解してほしい問題の中で、特に経験的に修得すべき基礎的知識を含む今春の問題を取り上げ、ポイントを解説します。

 速さの問題は、公式を使う基本的な文章題の他に、速さに関する特殊算として、旅人算・通過算・時計算・流水算などが、毎年頻繁に出題されます。速さの公式の理解を深め、速さと道のりと時間の関係式から、比例・反比例を使う問題も数多く出題されます。

 今日解説する問題は、速さの文章題の主流の問題ではありませんが、おとなも勘違いする問題として、毎年出題されます。ですから、注意する問題の一つとして、理解しておく必要があります。


【今春の入試問題】 (分数の表記は、実際の入試問題と異なります。)

 このシリーズで取り上げる今春の中学入試問題は、私が作成した解説および解答を見ずに、まずは自力で解いてみることをお勧めします。大人には頭の体操になりますし、また受験生は、算数に対する興味や面白さが、倍増するはずです!

1.東京家政学院中学校

家から学校まで、行きは分速50m、帰りは分速70mで往復しました。往復にかかる時間が合わせて18分のとき、家から学校までの距離は□mです。


2.東京女学館中学校

A地点とB地点の間を、行きは時速5kmで、帰りは時速12kmで往復します。このとき行き帰りの平均の速さを求めなさい。ただし、答えは小数第2位を四捨五入し、小数第1位まで求めなさい。


3.女子学院

ある姉妹が家から郵便ポストまで同じ道を往復しました。妹は、行きは分速80m、帰りは分速60mで歩き、姉は行きも帰りも分速□mで歩いたら、往復にかかった時間は2人とも同じでした。


【解答と理解しておくべきポイント】

大人であるなら、日頃の経験から、平均の出し方は常識として知っているはずです。その常識が考える目を曇らせ、正解に到達できない問題を今日は取り上げます。

まず初めの東京家政の問題は、今回のテーマである往復の平均の速さの問題ではありません。しかし、行きと帰りの速さを示して、道のりを求める典型的な問題ですので、ちょっと考えてみましょう。

速さと時間と道のり(距離)の3つの数値関係を、受験生はしっかりと理解しておく必要があります。こうした語彙も、3つの関係の公式も覚えずに、漠然と答えが出れば良いではないか、そうした考えの指導者がいますが、それは間違いです。

この問題は、「道のりが一定のとき、速さと時間は反比例する」という基本事項を知っているかどうか試す問題です。

速さの公式、道のり=速さ×時間ですので、道のり一定なら、速さと時間の積が一定ですので、反比例になります。・・・ここがこの問題のポイントです。

速さの比は、条件を整理して行き:帰り=50:70=5:7ですので、かかる時間は、その比の逆比7:5となります。

そこで往復の時間18分を、7:5で比例配分して行きの時間を求めることができます。

18×7/(7+5)=10.5(分)・・・行きにかかった時間

よって求める家から学校までの距離(みちのり)は、50×10.5=525(m)


次は、東京女学館の問題です。

 平均=合計(総和)÷個数で求めることは、学校で学習します。そこで、表面的な理解しかしていない受験生は、この公式を使い(5+12)÷2=8.5と解答し、四捨五入せずに答えが出ちゃった!なんてことになります。大人も、一般的な経験から、この式を使って答えを出す人が多いはずです。

この問題は、速さを求めるのに、基本に戻って道のりと時間を計算して出します。ただし、問題の中にAB間の道のりが出ていません。そこで、計算上簡単になるように、道のりを速さの5と12の最小公倍数60と仮に置きます。 「分からなかったら、1と置く」という基本的な考え方で、道のりを1と置く方法もあります。私は、この方法が好きなのですが、分数計算になるのが難点です。

往復の道のり60×2=120、行きにかかった時間は60÷5=12、帰りにかかった時間は60÷12=5

よって求める往復の平均の速さは、道のり÷時間の公式を使い、120÷(12+5)=7.05と求めることができます。

求める答えは、小数第2位を四捨五入し時速7.1kmとなります。


最後は、女子学院の問題です。

「妹は、行きは分速80m、帰りは分速60mで歩き、姉は行きも帰りも分速□mで歩いた」という条件から、姉の速さは妹の往復の平均の速さとなることが分からなければなりません。

そこで、妹の往復の平均の速さを求めます。

前の東京女学館の解き方を使います。速さの80と60の最小公倍数240を道のりと仮定します。基本に戻って、速さ=道のり÷時間で計算します。すなわち、往復の道のりを往復にかかった時間で割ることにより、往復の平均の速さを求めます。

240×2÷(240/80+240÷60)=480÷7=68と4/7

求める姉の速さは、分速68と4/7mとなります。

小中学校で学習する公式は、大変基本的な考えが含まれています。表面的な暗記だけではなく、しっかりとその内容を理解しておくことが大切です。

次回から、図形の問題を取り上げて、注意すべきポイントをお教えしましょう。

 

コメント (1)

マッキーのお出かけ:日帰り箱根周遊の旅

2014年12月05日 | お散歩・お出かけ・遊び



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 連休二日目の11月24日、箱根フリーパスを使って、晩秋の箱根路を周遊してきました。新宿駅からですと、2日間有効でおとな5140円でこのフリーパスは発売されています。ただし、箱根湯本まで直通のロマンスカーを使う場合、特急料金をプラスする必要があります。wifeと6歳児と私の3人の、久しぶりの日帰り旅行でした。

 新宿で予約していた特急券を購入し、7時30分発のロマンスカーに乗車。ロマンスカーを前に記念に写真を撮りましたが、5時半起きした6歳児は、まだ目が開いていません。



 ロマンスカーに乗車し、煎餅を食べて、好きな午後の紅茶・レモンティーを飲んで、やっと目覚めた6歳児。



 8時55分に箱根湯本駅に着くとすぐに、隣のホームから出る箱根登山鉄道に乗り換えます。強羅駅まで3回のスイッチバックがあり、その度毎に電車の前と後ろが逆になり、運転手と車掌が入れ替わります。線路は単線なので、駅やスイッチバックの地点で、上り下りの電車が行き違います。

 下の画像は、いずれもスイッチバックの地点で撮りました。2枚目は、電車が右手の線路から登ってきて、スイッチバック地点で一旦止まり、その後左手に伸びる線路を登ることになります。






 強羅駅登山ケーブルに乗り換えます。10分ほどで早雲山駅に着き、ロープウェイの長蛇の列に並びます。昨日は最大3時間待ちだったそうですが、当日は30分ほどで乗ることができました。



 今日の最大の見どころは、大涌谷です。大涌谷のロープウェイ駅で降り、そこから玉子茶屋まで歩き、火山ガスが噴出する絶景スポットまで行きました。玉子茶屋で、名物黒たまごを買い、食べると7年寿命が伸びるというその黒たまごを、大涌谷の風景を見ながら3人で食べました。

 最近の出来事である御嶽山の噴火(水蒸気爆発)を、大涌谷を訪れた観光客は、思い出したに違いありません。箱根山も、要注意活火山の一つとなっています。






 気孔の多い玉子の殻に、温泉池の成分である鉄分が付着し、これに硫化水素が反応して硫化鉄(黒色)となり、黒い殻のゆで玉子ができあがるのだそうです。温泉の硫黄の香りが玉子に若干付着し、独特な風味があります。



 再び大涌谷駅からロープウェイに乗って、芦ノ湖の湖畔にある桃源台駅へ向かいました。今度は列に並んですぐに乗ることができました。殺伐とした火山性の風景から、一転して前方に富士山、左下に芦ノ湖を望む雄大な景色となります。黄葉した木々を眺めながら、ロープウェイは湖畔に下っていきます。






海賊船乗り場を眺めながら、桃源台ビューレストランでランチをとりました。6歳児は、名物のオムライスを注文しましたが、あまり量は食べられませんでした。







 海賊船は、室内はすでに満杯でしたので、最上デッキの下にあって、ベンチが並んだ場所に席を確保して過ごしました。上の画像は、その階にある海賊船長が気に入って離れない6歳児です。下の画像は、元箱根について下船したときに、海賊船をバックに撮った一枚です。



 元箱根から箱根湯本駅へ向かうバスを途中下車し、天山湯治郷で入浴しました。その敷地には、天山一休という2つの温泉がありますが、休憩施設のある天山に入りました。温泉が好きな6歳児も満足していました。



 箱根湯本から、ロマンスカーを利用して新宿に帰ってくると、新宿南口から綺麗なイルミネーションが見えましたので、立ち寄ることに。イルミネーションで飾られた木々を見て回ると、クリスマス・年末年始の季節になったことを実感します。






 ちょっと行列に並び、二人でタッチするとその前の塔の形のモニュメントに様々な映像が映る、おみくじ風イルミネーションがありました。早速、6歳児とチャレンジしました。目の前の大きなタワーがブルーになり、星が輝きました。

 下の画像の通り、最近前歯の乳歯が1本抜けた6歳児ですが、ご飯をしっかりと食べないと、新しい歯が生えてこないよと、少食を注意しています。






 様々な乗り物に乗り、火山性の地形や富士山と芦ノ湖の景色を楽しみ、天然温泉で癒され、新宿の夜景に浮かぶイルミネーションを心に刻んだ、晩秋の日帰り旅行でした。

コメント (1)

マッキーの山登り:錦秋の景信山

2014年12月01日 | 日帰りの山登り



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 23日・24日は、私にとって久しぶりの連休でしたので、23日は6歳児を連れて、景信山に出かけました。晩秋の高尾山系を歩く楽しさを、6歳児に教えてあげたかったからです。

 高尾駅前から出ている陣馬高原下行きも、私たちが乗る小仏行きバスも、驚くほどの長蛇の列でした。高尾の紅葉を楽しもうという考えは、皆同じなのでしょう。ただし、臨時を含めバスをピストンで動かして、登山者をさばいていました。



 単独の場合、小仏から入ると陣馬山まで行き、陣馬高原下のバス停まで歩きます。このルートは、高尾山口から明王峠まで歩き、そこから相模湖駅まで下る、私にとって最も一般的な登山路と重なります。いわば、ホームグラウンドと言ってもよいルートです。



 6歳児は、高尾山口から蛇滝コースで高尾山に登り、帰りは吊り橋のある4号路を経由してケーブルカーで下る山登りを、今まで3回ほどしたことがあります。ですので、今回の山登りは、彼女にとって最も長い山歩きでした。



 上の画像は、景信山山頂間近を登る6歳児ですが、いつもの通り左手にはレジ袋を持って、気に入った落ち葉を拾い集めていました。






 グループ登山の楽しみの一つが、山頂での昼食タイムでしょう。アルコールも入れば、持ち寄った料理を肴に、宴は否応なく盛り上がります。

 紅葉した木々から、ハラハラと枯葉が舞ってくれば、年の暮れの気忙しさを忘れ、晩秋の侘びしさを静かに実感することができるでしょう。






 景信山から底沢峠まで、小さなピークを越えていきます。今まで、それらの小ピークおよび曲がりくねった登山路には、巻き道近道がついていました。けれども、緑の養生を考慮した対策なのでしょうが、最近それらの多くがロープで閉鎖されて通れなくなっています。

 そうした行為も大切ですが、極力植林した針葉樹を減らし、元の落葉広葉樹の森に戻す努力も必要です。巻き道は、低木の雑木の小道もあり、針葉樹に囲まれたメインの登山路よりも歩いていて楽しい道が多いのですから。私たちは、そうした幾つかのコブを越えて底沢峠まで歩き、陣馬高原下バス停へ向かう登山路を下りました。

 登山路周辺には、植林されたスギ林が目立ちます。公園の落葉広葉樹を見慣れた6歳児には、スギの真っ直ぐに伸びた樹形が珍しいようでした。 「真っ直ぐで高い木だね」と、さかんに褒めていました。






 バス停へ下るこの登山路の途中に、辻野養魚場があります。今回の山登りは、この養魚場で6歳児に魚釣りをさせることが、もう一つの目的でした。

 竿と餌は無料で、釣ったニジマスは、一匹400円で買い、塩焼きや唐揚げにする場合は別途一匹100円を払うというシステムです。

 5匹釣って、2匹を唐揚げ・1匹を塩焼きにしてもらい、残り2匹は処理をしてもらって持ち帰りました。

 初体験のニジマス釣りは、6歳児にとって予想以上に手応えがあることに、ビックリしていました。「釣った魚は、残さずにきれいに食べること!それが釣られた魚が成仏する道なのだ」と教えました。・・・これは、私の釣りの師匠がいつも言っていた言葉ですが。

 帰宅後、6歳児にとって毎度のことですが、拾ってきた落ち葉を湯舟に浮かべ、「紅葉風呂」を楽しみました。ある時は、やけに大きいホオノキの枯葉を入れましたが、あまり趣が悪いことが分かって、その葉だけ手に持ってお風呂から出てきたこともありました。最近は、葉の色により、入浴剤の色にこだわる6歳児です。では皆さん、どうぞお試しを!

標準的歩程時間:小仏〜60分〜景信山〜70分〜底沢峠〜60分〜陣馬高原下

次回は、連休の二日目24日の、箱根小旅行を綴ります。

コメント