「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの随想:日照不足で野菜価格高騰

2014年09月16日 | 時事随想



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 今年の夏、西日本では100年に1度と言われるの日照不足に悩まされました。その原因は、8月に太平洋高気圧の勢力が弱く、台風の通り道になることが多かったことと、湿った空気の流入が続き前線が停滞したことが挙げられています。

 関東の日照時間は、統計上平年並みかやや少なめでした。しかし、それは8月中旬まで晴天が続いたことが影響し、実は下旬になると1日2時間未満の日が約1周間も続きました。

 その結果、日照不足により野菜の価格が高騰しています。消費税アップと円安に加え、異常気象の追い打ちで、家計は大変だと思います。きゅうりやトマトなどの果菜類は、日照不足で葉で光合成が行えず、樹が衰えて花を落としたり、実に十分な栄養を蓄えることができない状態だそうです。

 具体的な野菜の価格変動は、この時期1本約30円のキュウリが100円、1玉約150円のレタスは300円前後で販売されているそうです。栃木県や群馬県が産地のナスも、1キログラム381円と7割高なのだそうです。家計を管理する主婦は、様々な工夫と労力で、この状況を乗り切っているのでしょう。

 近年の集中豪雨・ゲリラ豪雨・巨大台風・竜巻発生率の増加、それに著しい寒暖の変化などの気象変動が、極端になってきました。気象庁がこうした天候に対し頻繁に使用するようになった「今まで経験のない」という形容は、「今までの経験則」では判断を誤ることを危惧しての使用だと思われます。昨今のこうした経験のない異常気象は、全国至る所で大きな災害をもたらしただけではなく、農作物にも被害を与えて、家庭の食卓にも大きな影響を与えています。

 世界気象機関(WMO)の 最新の解析によると、2013 年の二酸化炭素、メタン 、一酸化二窒素の世界平均濃度は、それぞれ、 396.0±0.1 ppm、1824±2 ppb、325.9±0.1 ppbとなり、これまでの最高値を更新したということです。そして2012 年から 2013 年にかけての二酸化炭素の濃度増加量が2.9 ppmとなり、1984年以降最も多いというデータが示されました。

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスは、その増加を抑えるどころか、増加の一途をたどっていることが、これらのデータで分かります。自然のままの気候変化は、比較的穏やかで長期間をかけて行われます。しかし、人為的な影響を受けた気候変動は、短期間で激しく動くように感じます。そして、一旦変化した気象は、もとに戻すためには気の遠くなるほど長期間を要すと考えられます。これは、学校の成績が落ちるのは、簡単で短期間に起きますが、一旦落ちた成績を上げるには、長期間のたゆまぬ努力を要求するのと似ています。

 太陽活動と地球の関連からすると、気象はこれから寒冷化するという説もあります。それを以って、二酸化炭素の増加に目を向けない人たちがいますが、それは間違った考え方です。自然のままの気象変化は緩やかに推移し、人類は今まで太古の昔から、幾度もそうした変化に対応してきました。けれども、人類の生産活動の影響を受けた近年の地球温暖化は、これから私たちに厳しい試練を、長期間にわたり与え続けることは確かです。

 私たちは、無反省な生産活動によって傷めつけられた地球から、今まで経験したことがないと言われる異常気象という形で、報復される運命にあるようです。

コメント (4)

「大事にしている」のではなく「問題にしている」のだ

2014年09月12日 | 教育



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 今日は、あるブログの記事を取り上げたいと思う。

 そのブログでは、「なぜ低所得=低学力という図式を大事にしたがるのか?」という話題を提示し、「教師がそれを口にするとき、頭の中で考えていることは容易に想像がつく」とまず
述べている。そして、子どものテスト成績が悪い場合、その理由として「低所得=低学力」を持ち出し、「おれの指導力不足のせいではない、家庭のせいだ」という言い訳に使っていると、自分の考えを披瀝している。

 すなわち、このブロガーは、この等式「低所得=低学力」を認めた上で、これを述べる者が、自分の指導力の無さをごまかす
詭弁に、この等式を使っていると主張している。はたして現実はそうだろうか?


 今日の社会状況、とりわけ教育問題を考えるとき、子どもの貧困問題と家庭の所得階層による教育機会の不平等問題は、喫緊の課題である。私自身も、この問題についてブログで考えを述べようと資料を集め分析したが、いまだに下書き状態のまま完成できずに、何年か過ぎてしまった。それほど重要なテーマとして捉えている側からすると、このブロガーの今回の論旨は賛成しかねる。

 多くの教師は、「低所得=低学力」という問題を、個人的な指導力・教務力の言い訳に使ったりはしない。もっと真剣に考えるべき重要な社会問題だと認識していると私は確信している。「低所得=低学力」は、個人的言い訳に使うために、後生大事にすべきお題目などではない。それは、問題視し改革すべき社会問題である。「低所得=低学力」の幟旗を掲げれば、自分の非力が救済されると思っている者は、いたとしても極めて少数だろう。

 今回の話題を提供したブロガーとは、私がブログを始めた頃に1回コメントを頂き、その縁でよく閲覧するブログとなっている。(人間とは、何と義理堅い生き物だろう。)このブロガーの切り口は、教師に対しては辛辣で、自虐的とも言える思考をするが、鋭く問題を提起する意義は大きいと思っていた。しかし、時として迷走する癖があるようで、昨年の成りすましブログなどは、決して容認できない行為だ。

 「低所得=低学力」の一つの側面を語ったであろう今回の話題に、私は苛立ちを覚えた。しかし、文末の「公務員がそれでいいのか? 教師がそれでいいのか? そういう問いを突きつけてくれる人が,この国には本当に少ない。」という述懐は、確かに事実である。

コメント (7)

マッキーの随想:熱帯感染症・風土病のグローバル化

2014年09月11日 | 時事随想



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 デング熱に感染した人数が103人(9月11日現在)に増えて、社会問題となっています。現在は、極めて限定された地域で、デング熱のウイルスに感染した複数の蚊が、デング熱を流行させているようです。この件に関して、ネットでは様々な反応がありますが、今一度、問題点をまじめに整理しておく必要があります。

 蚊に刺されて感染した人たちが出たと考えられる同じ時期、私も代々木公園・明治神宮・新宿御苑などを散歩し、おまけに蚊に刺されています。休日や催し物がある日には、こうしたエリアに何十万人という人が訪れます。デング熱のウイルスを持った蚊に刺される確率は、一等の宝くじに当たる確率よりも小さいと思われますが、それでも感染の可能性はあったわけです。

 熱帯風土病とも熱帯病とも呼ばれる様々な感染症が、熱帯地域だけではなく近年全世界的に流行し、限定した地域や国家の問題から、全世界的な問題として捉えられるようになりました。歴史を振り返れば、
ハンセン病・コレラ・梅毒・マラリア、そしてエイズや・SARS ・デング熱のように、一定地域に閉じ込めれれいた風土病が、感染地域を拡大し、世界的な脅威となってきました。野口英世がアフリカのガーナで研究中に自らが感染して命を落としたのは、風土病の黄熱病でした。

 最近、極めて致死率が高いアフリカ地域のエボラ出血熱の流行が大きな問題となっています。過去には、感染者の90%近くが死亡した例もありましたが、今回の致死率は60%程度と言われています。現在までに、2100人が死亡し、流行の終息には6〜9ヶ月を要し、感染者は2万人に達すると報道されています。WHOは「対応能力をはるかに上回るペースで感染が拡大している」とし、世界的な協力の必要性を訴えています。

 人間の活動がグローバル化し、人間の移動と物の流れが、驚くべきスピードと頻度で高まっていることが、限定された地域の風土病が世界的に拡散する原因となっていると考えられます。また、熱帯地方を含めた森林伐採などにより、新たに人間が活動するエリアが拡大すると、全く未知の病原菌やウイルスや寄生虫に遭遇する頻度も高まります。熱帯樹林の奥深くひっそりと生息していたエボラ出血熱やエイズのウイルスも、そうした理由で人類の前に突如登場し、社会問題化した未知のウイルスでした。



 デング熱の問題に話を戻すと、デング熱のウイルスの感染経路となるヒトスジシマカなど、熱帯地方に住んでいて様々な病気の媒体となる昆虫などが、地球温暖化により日本でも元気に活動できる環境が整ったということも、熱帯の風土病を拡大させる原因と考えられます。

 この事は、今までにこのブログで取り上げてきたように、首都圏の公園は、不快になるほど蚊が繁殖していることからも容易に理解できます。ただ、そうした状況を行政が黙認してきたのは、蚊を駆除するために薬剤を噴霧すれば、他の昆虫に影響があり、生態系を乱すからだと私は解釈し、我慢してきました。今年は、デング熱対策の薬剤の大量散布により、代々木公園や新宿御苑を中心に、秋の虫の音量が小さくなることは確かです。

 コンクリートの護岸で囲まれた河川を、葦を含む植物が繁茂する自然の川岸に戻す動きがあります。その活動は、様々な生物が生息するための環境を整備することになりますが、反面で人間の生活上不快な虫も増やす結果となります。すべての行為には、プラス面とマイナス面があることを理解する必要があります。他の生態系にできるだけ影響を与えずに、ピンポイントで蚊だけ駆除できる方法などが開発されればよいのですが。

 人的にも物的にもその移動は、地球規模で加速度的に今後も増加していくでしょう。海外でさまざまな疾病に感染する頻度も、また水際で防止できずに国内に持ち込まれる感染症を媒介する生物も、今以上に増加することでしょう。感染症を引き起こす病原菌やウイルスを国内に入れない努力と、万が一国内でこうした疾病が拡散した場合の、緊急かつ的確な対策を準備することが求められます。



上の画像はホウノキの花(前回のブログで実を紹介)、下はカサブランカの花。(6月~7月頃撮影)

コメント (6)

マッキーの『四季を楽しむ』:8月31日の新宿御苑

2014年09月07日 | 四季の植物と風景



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 8月の下旬は、全国的に日照不足・低温の天候が続きました。農作物の収穫にも影響が出て、生野菜が高騰しているようです。8月の最終日31日、ちょっと天気が気になりましたが、6歳児と新宿御苑を散歩しました。ツクツクボウシが鳴く御苑で、夏と秋が混在した景色を楽しむことができました。



 苑内のサルスベリ(上)やアメリカデイゴ(下)などは、まだまだ元気に咲いています。ただサルスベリは、百日紅とも書く通り、比較的長く花が咲いている樹木です。また紅色だけではなく、白いサルスベリも咲いていました。

 デイゴはマメ科の落葉高木で、インドやマレー半島が原産で、日本では沖縄県が北限とされています。塾では小4社会で、沖縄のデイゴを学習します。寒さに弱いため関東以南で栽培され、首都圏で見かけるアメリカデイゴは、花期が6〜9月頃で、下の画像のように独特な形状の赤い花を咲かせます。



 下の画像のプラタナスの並木、池の畔に植えられているヤナギの木は、夏の間に葉が生い茂って、ちょっとみっともないくらいです。このプラタナスの並木は、しばらくすると「第三の男」のシーンのように、ハラハラと落葉する時期がやってきて、最後は完全に葉を落とした冬枯れた姿に変わります。

 日本に生えているヤナギの木は、どちらかと言えば水辺を好む種が多いようで、潟の多い私の故郷・新潟の街路樹に、かつては多く植えられていました。伸び放題の枝垂れた葉の下で、「お化けだぞ~をしてみて!」のリクエストに応える6歳時です。






 雨模様の天候の合間、昆虫たちは、ここぞとばかり餌を求めて忙しく飛び回っていました。下の画像は、アオスジアゲハですが、都心で最もよく見かけるアゲハチョウです。

 アオスジアゲハがとまっている植物は、ヤブガラシです。森林のマント群落の代表的な植物(塾では小5で学習)で、ヘクソカズラとならび都心の植栽に絡みついている蔓植物の代表でもあります。甘い蜜を出しているようで、多くの昆虫が集まっていました。



 多くの木々には、実が付いています。そうした木々の様子を見れば、秋の近いことを実感します。下の画像は、ウメモドキの赤い実と、ホウノキの大きな実です。タイサンボクハクモクレンの実は、ホウノキの実と似ていて、しばらくすると実が割れて、オレンジ色のどぎつい色の種子が中から覗くようになります。









 御苑の花壇には、ポーチュラカの花が満開でした。赤・ピンク・オレンジ・黄色・白と、色とりどりの小さな花がいっぱい咲いています。その下にある画像のピンク色をした星形の花は、ペンタスです。









 知らないうちに至るところに繁茂して、ちょっと嫌がられているワルナスビ。ワルナスビやヘクソカズラなど、人間様の視点で植物を見て名付けた名称も多々あります。下は、同様に植栽にからまるように生えているカラスウリの、独特な形をした花です。蔓に熟した実がなるころの風情ある姿は、日本画の題材としてよく扱われます。

 カラスウリは、花の形状も変わっていますが、その生態も負けず劣らず変わっています。ウリ科の植物ですので、雌雄異株です。花は、7月から9月にかけて、日没後に開花し、翌朝の日の出前には画像のように縮んでしまう一日花です。花弁の縁が糸状に長く伸び、開花すると糸状の部分がみるみる伸びて短時間で完全に開き切るのだそうですが、いつかこの開花の様子を見てみたいものです。(画像の花弁に付いた糸状のものが、開花時は周囲にネット状に開きます。)

 カラスウリは虫媒花であるにも関わらず、夜に咲く理由があります。花が咲く時間帯と、独特の目立つ花の形状は、夜行性のガを引き寄せ、受粉するためだと言われています。ポリネーター(植物の花粉を運んで受粉させる動物のこと)は、大型のスズメガだそうです。






 上のような花を見ると、まずシモツケソウを思い出します。上の植物は、シモツケソウかその近縁種であることは確かです。バラ科の植物で、山に登るとシモツケソウ属の植物と出会うことがよくあります。



 ちょっと時期が過ぎたウバユリ(上)とアガパンサス(下)の花です。いずれもユリ科の植物で、都心の公園などでよく見かける花です。アガパンサスは、その生態からヒガンバナを私は連想します。ウバユリ(姥百合)とは、ちょっとかわいそうな名ですが、茎が伸びて花が咲く時期には、葉(歯)が枯れてしまうことから、ウバユリの名がついたそうです。






 上の画像はノシランです。ランと名が付きますが、細長くてツヤがある葉をランの葉に見立てて付けられたようで、ラン科の植物ではありません。また下の画像はツルボです。ノシランもツルボもユリ科の植物で、ヤブランの近種でもあります。ツルボは、秋の初め頃に、突然茎を伸ばし、うす紫色の花を咲かせます。






 ジャスミンは、モクセイ科ソケイ属の植物の総称で、ソケイとも呼ばれています。花は強い芳香を持ち、香水やジャスミン茶の原料として使用されます。栽培の歴史は古く、古代エジプトですでに行なわれていたといわれています。
 近年の出来事ですが、2010年から2011年にかけてチュニジアで起こった民主化運動(革命)が、ジャスミン革命と呼ばれました。それは、この国を代表する花・ジャスミンの名が由来です。



「ねえ、こんな面白い落ち葉があったよ!」
「ほんとうだ、私も見つけよう!」
こんなに顔に似た落ち葉は、なかなか見つからないのも当然。
私がくり抜いたことに気づき、6歳児は鼻と眉毛もくり抜いた落ち葉を作りました。けれども、虫が食ったように作為が感じられない目と口のある落ち葉の方が、眉毛まである落ち葉よりも風情がありました。



 これから、春とは異なる、変化に富んだ秋の自然を楽しむ季節となります。どうぞ、心休まるお散歩を楽しんで下さい。


コメント

マッキーのお出かけ:心に刻む夏・・・原宿スーパーよさこい

2014年09月03日 | お散歩・お出かけ・遊び



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです!


 この夏、局所的・ゲリラ的な天候急変で、「今まで経験したことのない」豪雨となり、被災された方もいらっしゃいます。心よりお見舞い申し上げます。例年にない降雨量を記録した地点が多いのは、地球温暖化による気温や海水温度の上昇が理由であることは確かです。早急に地球温暖化対策を実施しなければ、今後も頻繁に、こうした異常気象による災害が起きることが予想されます。

 今年の夏は、初めは猛暑、8月下旬には日照時間の少ない冷夏のような日々が続きました。夏の出来事も9月に入れば、心に刻むように、思い出に変わっていくのを実感します。

 汗と涙と感動と労苦が、この夏を生きた証として、心に刻印されていくように感じる方も多いことでしょう。受験生たちの夏を伴走した私は、そう感じます。この人たちは、思い出に残る充実した夏を過ごしたのだろうと思わずにはいられない、そんな原宿「スーパーよさこい」の踊り子たちの姿を、今日はお届けしましょう。その人たちの笑顔は、少しこわばった頬の筋肉を和らげ、きっと皆さんを元気にするはずです。















 よさこい祭りは、1954年、高知商工会議所の有志が、経済復興の足掛かりになる祭りを企画し、県や市の賛同によって誕生したので、比較的新しい祭りです。「よさこい鳴子踊り」が進化して現在のよさこい踊りになったようです。

 その後、日本のファッション発信地・原宿表参道において、明治神宮の夏の奉納祭としてよさこい祭りを開催。“日本人のアイデンティティーを求めで”というテーマで、よさこいのパワーを通じ日本の元気を世界に発信しようと全国から有名チームが集結し、その技を競いました。

 新しい祭りであるが故に、よさこい踊りの解釈は自由で、踊りのグループごとに、その所作に大きな差があります。また老若男女に拘らず参加して踊っているのも良い点です。下の画像は、小さな子どもの踊り子です。また、その下は大きな旗を振っている子どもです。

 ただし、よさこい祭りは、踊り手と観客がはっきりと分かれ、飛び入り参加などは許されません。各グループごとの踊り方があり、決められた作法など無いことも、飛び入りを難しくしています。

「土佐の高知の はりまや橋で 坊さんかんざし 買うを見た よさこい よさこい」







 夏の炎天下の表参道を、笑顔いっぱいで踊っている人たちを観るだけで、こちらも嬉しくなってきます。一人ひとりが楽しみながら、けれども全体の調和を大切に全体がシンクロすることが大切です。そこを注意して観察すると、どれだけそのグループが練習してきたのかが分かります。

 「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら 踊らな損々…」と唄われる言葉通りには、阿波踊りもよさこい踊りも、勝手に踊り手になることができない祭りです。けれども、祭りの観客として踊りを観るだけでも元気をもらえる祭りでした。

 祭りの後の静けさは、熱気あふれる祭りの楽しみを、心に染み入るように思い出に変えていきます。



コメント (2)