「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの『四季を楽しむ』: 春めいてきた新宿御苑

2018年02月24日 | 四季の植物と風景



 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです。

 2月18日(日)、気温は低めでしたが、太陽の日差しの下では温かさを感じる日曜日。小学3年生の娘と、新宿御苑を散歩しました。

 ロウバイスイセンの花は見頃が終わり、梅の花が咲き始め、寒桜が開花していました。マンサクの花やサンシュユの花は、まだ蕾でした。白木蓮の蕾も膨らみ始めていました。フクジュソウの花は、見ごろを迎えていました。

 フクジュソウは、夏になると地上部が枯れます。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリングエフェメラルです。











 寒桜は、満開状態でした。下の画像のように、カメラを片手に多くの人が桜の木の周りを取り囲んでいました。寒桜は、2月ころ、葉の出る前に、淡紅色の5弁花が咲きます。カンヒザクラオオシマザクラの雑種といわれています。近くの公園の河津桜の蕾も、幾つか開き始めています。桜が咲き始めると、春の到来を感じます。寒緋桜の遺伝的な影響でしょうか、ソメイヨシノよりも桃色が濃いように感じます。





プラタナス並木は、下の画像のように冬枯れた状態です。プラタナスの幹の文様は、絵画的な美しさを持っています。ミツマタの花も咲き始めていました。気温的には、冬と春の両方をくり返していますが、太陽光線は確実に春めいてきました。それを人間よりも確実にもじているのが、植物でしょう。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッキーの随想:公立小学校制服にアルマーニ

2018年02月15日 | 時事随想



 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです。

 中央区公立小学校・泰明小学校の制服に、高級ブランド・アルマーニが指定されたという報道で、巷では様々な議論がありました。私の教室は、同じ中央区にありますので、泰明小学校に在籍する生徒も通塾することがあります。私の認識では、校長が言うように泰明小学校が特別な学校であるといったことはなく、他の中央区の公立小学校と差を感じません。

 今回のアルマーニの制服騒動は、保護者や児童の要望があった訳ではなく、学校長の独り相撲だったようです。自分は特別な公立小学校の校長なのだという思い込みが強い人物のようです。この学校に通う児童の保護者であれば、8万円を超える制服代さえも、違和感なく払えるだろうという思い込み。学区以外からも通ってくる子どもたちが多い学校であるにもかかわらず、バブリーな感覚で制服を選定しています。

 私立や国立の小学校と異なり、地元の学区内から決められた小学校に通ってくる公立小学校は、保護者や子どもが選択した学校ではありません。教育費に負担がかかる行為は、出来るだけ避けなければなりません。そうした観点というものが、すっぽりと抜け落ちている決定だったと思われます。

 学校のOBや地元の期待を耳にする機会が、校長は多いと思われますが、そうした環境の中で、特別な学校という認識が形成されたのでしょう。私立では、制服が好評で、志望者が増えるといったことは多々あります。通学する児童が希望するのではなく、学区として指定された公立小学校に、機能を越えて制服に過大の期待を込める必要はありません。ましてや、高価な制服を選定する必要はありません。

 選定した高価な制服は、保護者や児童の要望や満足を得るのではなく、この校長やその取り巻きの自尊心を満たしてくれるアイテムとなるだけでしょう。習字で墨を制服に付けて通ってくる生徒が私の教室にもいます。アルマーニの制服を着た児童は、服を汚さないように、かなり気を遣うことになるでしょう。子どもは、決して今回の決定の恩恵にあずかることはありません。貧富の差が拡大する問題ある世相の中で、アルマーニの制服を着こんだ児童に対して、この校長や教職員は、どんな教育をしようとしているのでしょう。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マッキーのお出かけ:新春の鎌倉散策

2018年01月16日 | お散歩・お出かけ・遊び



 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです。

 映画「鎌倉物語」の影響かもしれませんが、新春の鎌倉散策をしたくなりました。初詣の時期は終わり、特段花が咲いているわけでもなく寒い季節ですが、1月14日(日)に小学3年生の娘と二人で出かけました。

 道順は、JR鎌倉駅から江ノ島電鉄に乗り換え、長谷駅まで行き下車。そこから、鎌倉大仏まで歩き、戻って長谷寺を参拝。海に出て由比ヶ浜の波打ち際を歩き、若宮通りを北上してJR鎌倉駅に戻るコースです。3年前に以下のように、同じようなコースで歩きました。まだ、娘は保育園の年長の頃でした。

マッキーのお出かけ:1月の鎌倉散策





 鎌倉大仏が姿を現すと、「大きいねえ。」という娘の反応。3年前に来たことを思い出しているようでした。大仏の胎内巡り(下の画像)をすると、鋳造された跡が分かり、大仏を作った頃の情熱を感じます。





 鎌倉大仏入り口前に、鳩サブレの豊島屋の店がありますので、4枚バラで買い、歩きながら食べさせました。長谷寺に着くと、まだ鳩サブレを食べていましたので、バッグに入れさせて、入りました。

 ロウバイ早咲きの梅がすでに咲いていました。当日は寒い日でしたが、晴天でしたので日向では温かく感じました。長谷寺の弁天屈は、とても面白い場所だと思います。













 3年前も、水かけ地蔵に水をかけたことを、この子は忘れていました。長谷観音も、大仏ほどではありませんが、その大きさに子どもはびっくりしていました。周囲が一望できる場所に、テラス状に休憩スペースがあります。そこで、大吉団子を買って食べました。さほどの高さがあるわけではありませんが、気分が晴れ晴れとする眺望を楽しみました。





 長谷寺から海に出る手前に、力餅屋がありますが、残念ながらお休みでした。途中、様々な石や化石を売っている店で、娘に300円で水晶を買ってあげました。海岸では、貝殻や綺麗な石を拾いながら歩きました。海では、ウインドサーフィンを楽しんでいる人たちがいました。白い海鳥が多数、海面に羽を休めていました。

 以前来た時もやりましたが、砂浜にラブレターを書きました。以前来た時は、娘はひらがなで名前を書きましたが、今回は大きさがちぐはぐですが漢字で書きました。

 鎌倉駅近くの店で、昼食にシラス海鮮丼を食べました。シラスが不漁ということですが、娘は美味しいと言いながら食べていました。だいぶ歩いたので、今回はここまでとして、鎌倉駅から列車に乗り、帰路につきました。

 鎌倉まで、交通機関の所要時間はかかりますが、͡古都の特別な雰囲気を味わうことができました。それに娘は、鎌倉物語に影響されて、妖怪に出会えるのではという淡い期待もはあったようです。楽しい時間が過ごせました。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マッキーの山登り:寄居駅~鐘撞堂山~羅漢山~少林寺~金山温泉

2017年12月24日 | 日帰りの山登り



 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです。


 12月23日(祝)、奥武蔵の里山(鐘撞堂山・羅漢山・)を歩きました。新宿三丁目で新宿線から副都心線に乗り換え、森林公園で乗り換え、小川町で乗り換え、2時間を超える乗車でやっと寄居に到着。小3の娘とここからあるき始めました。





 しばらく民家の中の道を歩きます。民家の花壇には、ニホンズイセンが咲き始めていました。みかんや柚子の無人販売店がありました。みかん4個入って100円、柚子が3個入って50円という安さ。



 舗装道路から砂利道にそして登山路となります。登山路の途中に、竹を使った炭焼き小屋があります。ちょっと見学しようと入っていくと、休んで行きなさいということに。娘は、手伝ってもらいながら、竹を切って器を作る経験をしました。薪で沸かした湯と、出来たての竹の湯呑を洗って、娘はお茶を、私はコーヒーを頂きました。帰りには、作った湯呑を頂きました。娘にとって、とても良い経験でした。

 木炭作りは、材料を酸素を遮断して高熱で蒸し焼きにします。そうすると、材料から木ガス木酢液木タールなどが分離して、木炭となります。中学校の理科で、木の蒸し焼きの実験をします。木酢液は瓶に入って売っていましたが、肝心の竹の木炭は店頭にはありませんでした。質問すれば、奥から出して来たのかもしれません。







 竹の炭焼き小屋周囲は、ご覧の通り竹林で、登山路はその中を通っています。やがて登山路の右手が針葉樹林帯で、右手が広葉樹林帯となります。針葉樹林帯は、年間を通じて日光が入り込むことがなく薄暗い林です。広葉樹林帯は、この時期葉を落とした木々ですので、木々の根本にも太陽が差し込んでいます。その違いを娘に教えました。







 最後の急な階段を登りきると、鐘撞堂山(かねつきどうやま)の山頂です。山頂には実際に鐘がありました。山名は中世戦国時代、北条氏支配のころ、鐘を置き危急の役に立てたことに由来します。標高は330mですが、大変眺望の良い山頂です。持参したお湯を使って、インスタントラーメンを作って食べました。





 鐘撞堂山から円良田湖まで下り、その後長い上りを頑張ると、羅漢山の山頂に到着します。頂上には釈迦三尊像が祀られています。羅漢山から少林寺までの道は二つありますが、右手の道を選びます。そこは、五百羅漢が列ぶ道です。

 羅漢とは阿羅漢の略称。応供と訳される。供養と尊敬を受けるに値する人の意。剃髪し,袈裟を着た僧形に表わされる。中国,日本では十六羅漢,十八羅漢,五百羅漢のように仏道修行者の群れをさし,禅宗の流通に伴って多数制作されました。

 風雨に晒されて、侵食され苔むしていく羅漢様が、登山者を見つめているようです。



 少林寺からは、舗装された道をひたすら秩父鉄道の線路を目指します。国道140号をしばらく歩きましたが、歩道が無くちょっと危険を感じる道歩きです。目指すは、金山温泉・かんぽの宿鳥居です。最後に温泉に入って帰る予定です。国道からしばらく急な坂を登りきるとちょっとした丘の山頂に建つ建物が温泉です。

 アルカリ性の温泉でしたので、つるつるした感触の温泉です。内風呂もよいのですが、屋上に作られた露天風呂はとても気分が良かったです。浴場が6階に作られ、展望を楽しめるように設置されていました。

 寄居まで送迎のバスがありましたので、帰りはそれを利用しました。でょっと遠出の山歩きでしたが、楽しかったという娘の感想でした。自宅に帰ってから、娘が竹で作った湯呑で紅茶を飲みました。美味しかったのは言うまでもありません。

 【標準的な保程】
寄居駅~0.30~大正池~0.30~鐘撞堂山~0.30~円良田湖~0.10~羅漢山~0.20~少林寺~0.40~金山温泉

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッキーのお出かけ:「鎌倉ものがたり」と忘年会

2017年12月21日 | お散歩・お出かけ・遊び



 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです。

 12月17日(日)、話題の映画「鎌倉ものがたり」を、小学3年生の娘と見に行きました。「鎌倉ものがたり」は、『まんがタウン』に連載されている西岸良平の漫画作品。第38回日本漫画家協会賞大賞受賞作品で、今回の映画はこのマンガの実写版です。

 人間と魔物や妖怪が共存している鎌倉を舞台に、ミステリー作家の一色正和とその妻である一色亜紀子を中心に物語は展開します。正和役を堺雅人が、亜紀子役を高畑充希という今が旬の俳優が演じています。監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」を手がけた山崎貴宇多田ヒカルの書き下ろし楽曲「あなた」が主題歌となっています。

「DESTINY」という言葉がタイトルに付き、ミステリアスでファンタジックな展開と、運命・宿命と夫婦愛が描かれた映画でした。亜紀子は、純朴な性格で、自宅に住み込んだ貧乏神にも親切に接します。この時に貧乏神からもらった薄汚れた茶碗が、この夫婦の危機を救うことになります。「情けは人のためならず」を地でいくストーリーです。

 この映画をやっている期間に、妖怪ウオッチの映画もやっていました。私はこの映画を見たかったので、様々な妖怪が出てくる映画だからと、娘に納得させて鎌倉ものがたりを見ることができました。娘も、見終わって感想を聞くと、面白かったという反応で安心しました。





 映画を観た後、新潟から用事で出て来た友人と、新橋で待ち合わせて忘年会をしました。娘も参加しました。ちょっと時間がありましたので、銀ブラ。銀座ハ丁目にある、日本一大きなおもちゃ屋さんとしてギネスブックにも掲載されたことのある博品館見ました。確かにとても大きく楽しめる場所だと思います。

 その後、新橋のガード下に多数ある飲食店の一つに入り、忘年会。この友人とは、ゴールデンウイークで帰省すると決まって山登りをしました。新潟の山は、この時期には残雪があり、とても楽しい山登りができました。ただ、実家の母が亡くなり、新潟に帰る機会がとても少なくなりましたので、彼との山歩きもしばらくはやっていません。

 今年も残すは十日余り。光陰矢の如しとはよく言ったもので、この言葉を実感するこの頃です。教室の冬期講習も26日からスタートして、私は年末年始に怒涛の日々が続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加