皮膚病(尋常性乾癬、アトピー)不妊症専門神戸寶元堂薬局ブログ

不妊症、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー治療専門の寶元堂薬局です。お悩みの方は独りで悩まず、お気軽にお問合せ下さい。

初心者のための東洋医学講座…五行説の説明その5(貧血の捉え方)

2017-07-11 10:30:06 | 東洋医学講座

ステロイド」をお使いの方もご相談ください。

皆様、おはようございます。私が、薬剤師の鴻野です。日夜、「尋常性乾癬、アトピー」については研究を怠りません。

お気軽に、ご相談ください。

 

初心者のための東洋医学講座…五行説の説明その5(貧血の捉え方)

今回のテーマである「貧血」は、ストレスなどで臓腑がうまく働かず、血を生成できていないこと

が原因です。直接的には肝臓の働きをサポートするため、レバーやマグロ、ほうれん草などで血を

増やす方向で考えてよいと思われますが、そのためには、そのためには脾臓、胃を消化吸収を強化

しなくてはなりません。さらに、気や血が全身をめぐるように、腎臓、膀胱にも目を向けます。

ところが五行説の図を見ると、肝臓(血を作る)➡脾臓・胃(消化吸収)➡腎臓・膀胱(巡らせる

)はそれぞれ相剋の関係にあります。どれかを強めすぎると、対応する臓器を痛めかねません。

バランスをとり、様子を見ながら徐々に臓腑の働きを正常にしていくことが、解決への近道といえ

るでしょう。

 

  わからないことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

 メール」でのお問い合わせ、申し込みはここをクイックしてくださ  い。

 お電話でのお問い合わせ、申し込みは。

 

 ☎078-262-7708

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 70代女性の方、1か月で腰の... | トップ | ◆漢方で夏を元気に乗り切ろう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL