小説部屋 <十字を背負う者達>

創設小説を並べたブログ。
*サブテーマは小説の内容です
リンクフリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TOP

3800年01月01日 | インフォメーション
現在連載中 小説「十字を背負う者達」

BIO EVOLUTION 目次  ・BIO EVOLUTION 2 目次 ・BIO EVOLUTION 3 目次 ・BIO EVOLUTION 4 目次 
BIO EVOLUTION 5 目次  ・Fall Rain Rain Rain 目次 ・全ての因果をあなたに 目次
帝国の灯 目次 ・十字を背負う者達(現在連載中) 目次
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです

2012年04月07日 | インフォメーション
ものすごい久しぶりな更新ですね・・・それも小説じゃないっという(笑)
高校忙しいっていうかいろいろ新しいこと挑戦しはじめちゃうと、物事手が回りませんね。
時間も矢継ぎ早に過ぎていきますし。

小説ももうそろそろかきためてきたのでボツボツと更新していこうかなと。
なんか、十字軍の小説、終わりそうに、ありませぬ。
あ~~~っ
読んでくれてる方がどれくらいいるのかわかりませんが!
がんばりましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<十字を背負う者達> 第8話  狂い舞う理性

2011年11月07日 | 小説


イェルサレムより東方の地、ズィリハ。十字を背負うテンプルの騎士団達はズィリハ
よりを通り越し、フランク人が決して近づくことのないさらに乾燥した東方の地へ。
そこにあったのは過去の十字を背負う者達による聖戦が繰り広げられ、錆つき血に
沈んだ地の果ての街であった。

街を目にした瞬間、皆の心がまるで火にくべられた木の様にぱちぱちと音を立てて、
脈打っていく。今にも弾けそうな勢いで、木は音を立てる。その音は彼らの鼓動
となり、木に縛られた獰猛なケモノのように暴れ吼え叫んだ。縛られた木は
ギシギシと悲鳴を上げながら動く。木はとても古い、もう最後の枯れ葉ともいえる
老大樹。いかに歴史をその幹に刻まれようとも、残す余力は非力なきこりにすら
抗えない。それなのに、暴れ狂う猛獣など鎖でつなげられるだろうか。
もう止めてくれ、もう止めてくれ、老大樹は呻いた。


奮い立つ体と全身を覆う鳥肌を抑えながら、シルヴェストルは馬上で興奮状態へ
なっていく自分の体に正直になって行った。左腕で抱えた兜が震えた。早く早く
これを被りたい。右手で思わず剣から鞘を抜きそうになった。早く早くこいつ
を抜きたい。今か今かと、馬具に置いた靴の底が浮いてしまうような感覚は
抑えつけようとする理性に対し、白目をひんむきながらよだれをだらしなく
垂らす。それは今まで感じたことのない、想像以上の不快感と快感の濁流が
織り込まれた海図。海図は目の前の灰色の風景をなぞって行くたびに、新しく
書き換えられ、激しい思いが沸きたってくる。

彼には周りを見回す余裕が無かった。しかし、いきり立つ体があっても頭の
中では朝で行われたギャストンが提示した戦術が、本能という恐ろしい魔獣の
周りをぐるぐるとまわっていた。そう自覚した途端、彼は急に目の前の
視界が広くなっていく事を覚えた。
鼻を突く香りは血の味を含ませるわけもない、何処にでもありふれた乾いた
荒野の匂い。または馬具の心地の良い皮の香ばしさと、何処か落ち着かない
雰囲気を感じ取って首を何回も上下にさすウォーチャントの嗅ぎ慣れた馬の
匂い。

彼は落ち着きを取り戻させてくれた馬の首筋をゆっくりと撫でてやった。
ウォーチャントはブルルと嘶き、主人と同じく落ちつかない空間に放り込まれた
自分をなだめてくれた礼と言わんばかりに、地面を数回蹄で踏みつけた。
そして、目線を馬からさらに遠くの丘を見るように移した。遠くには朽ちた
黒い街、その奥に佇む新しい異教徒の街。

馬から降りたギャストンは軍団の先頭で、なにやらさっきまでの旗手をしていた
古参の従士とぼそぼそと会話をしていた。その旗手は異教徒の街を伝えた男である。
なにかとギャストンの信用を置いているようだ。何を話しているか、気になるが
ギリギリのところで聞こえないこのモダモダ感がまたシルヴェストルを焦燥感
の地獄へ導こうとしている。そう考えたとたん、落ち付いたというのに思わず彼は
歯ぎしりをした。

その時。
「シル、ヴェストル卿」
声をする方に顔を向けると、そこにはあの朝の時に節制の規律を犯していた従士が
ウォーチャントの左横で槍を上に向けながら、こちらに間抜けな笑顔を見せて
いたのだ。詰め寄ったあの朝はまだ寝ぼけていたせいか知らないが、顔をようく
見たことなかった。年齢は2,3歳差程度に見受けられた。従士はねずみのような
釣り上がった笑みを浮かべる。そして、シルヴェストルはとても苦々しい思いが
こみ上げられてきたが、サーコートにはきちんとドレクール家のレリーフが織り
込まれていた。

「ああ、君は朝の……節制を怠ると、領主様に嗅ぎつけられますよ?」
「え、えへへ、その件はどうも……。
 あ、私め、ドレクール領従士ソウラジェメン・カペーと申します。
 シルヴェストル卿、困った時にはソレ、飲んだ方がいいですぜ?えへへ」
ソウラジェメンはそういうと、シルヴェストルの腰のベルトに括りつけられて
いる小さな荷物袋を指差す。何が入っていたか、と思って片手を突っ込んでみる
と小さな瓶の感覚がガントレット越しに伝わったことで、思い出した。彼は
えらく厳しい表情にもどりソウラジェメンを睨みつける。そう、それは
今朝彼から名ばかりのプレゼントの酒だった。

「あなたは……あなたは私に何をさせようと?ふざけるのもいい加減に」
「めっそうもございません!節制の戒律に縛られたあの節制美を唄う週日は
 昨日までですぜ!そんな禁欲的な考え、こんな戦場の前夜まで持ち込んでたら
 体も心も神もいたもんじゃないでっさあ」
ソウラジェメンは馬上から睨みつけるシルヴェストルの視線を遮るかのように、
腕をぶんぶんと目の前で振った。彼のにやにやした笑い方は危険と分かっている
所にでも、道化師の如く愉快痛快に踊り入って行って結局、人を無傷で連れて
帰って行きそうな所があった。睨みつけるシルヴェストルを素知らぬとおいて、
彼は続ける。

「そう、それに!それは東方由来の酒なんかじゃない、誤解をしてらっしゃる。
 遥か地中海沿岸の端麗な白い街、ノルマン・シチリア国の街でとられた
 貴重な林檎をすりおろし、深い甘みをもった果汁ジュースでございます。
 是非是非、お口に含んでみてください。とても気分がよくなりますよ。
 へへ、あなたへの贈り物ですよ」
小さな色水が、ぽたん、一つ落ちて波紋が広がる。波紋と同時に色合いが下へ
沈み、その淀みは水盆の底を渦を巻きながらはっていく。

シルヴェストルはほんの、ちょっとした魅惑に引きつけられる。心根の中では
それは酒な気がする、しかし従士の言葉はその疑惑を魅惑へ不本意に、さらに
無自覚に結び付けていった。頭の中で幼児のパズルより簡単な四角い積み木が、
古く厳しさにとらわれた積み木の下で回っていた。

そうだ、これは酒なんかじゃない。果汁の飲み物だ。そんな意識が春の音を告げる
小鳥のように歌われていく。好奇心は魅惑と出会い、魅惑はたった一つの不確かな
証言による言葉より、欲望へ変わって行った。

黙りこくるシルヴェストルをみて、従士はまたカラカラと笑い声をあげ。
「まぁ考えになってください。これは格段の味をもって、あなたの不安を取り除く
 事になると思いますよ?世界とはこんなに素晴らしいという事を再確認できる。
 おっと、ギャストン卿から何かあるみたいですよ……」
さぁ面白い事が起きるぞ、といいたげな表情を口元に浮かばせて指をさす。
従士が指した方では、ギャストンは大きな旗をもち先頭に立っていた。

いつのまにやらに愛馬の巨大な黒馬のエマニュエルにまたがり、大の大人
ほどある盾と武骨な槍を背中に背負っている。その登場により、皆の間に
また静寂が駆け抜けていった。

彼はただ馬に乗って先頭に立ち、遠くの、絶つべき存在の方を見つめていた。
沢山の従士や馬にのる騎士達に囲まれたシルヴェストルの方からは、彼の表情は
伺う事が出来なく、何処かもどかしい思いをつのらせていく。今辛うじて見える
のは、ただ掲げられたイェルサレム王国の国旗が鋼のような腕を軸にして空に
舞って、彼の深い眼窩に陰りをつくっていくことだけだ。


数分ほどその不変な時が続いたのだろうか。いや彼らにはは数分どころか千秋の
時が越えているようにも感じていたかもしれない。咳払いも足踏みもしないで、
頑なに武器を握り締める手に汗を感じ、その感じさえもあふれ出る躍動感にすら
変えていった。皆の様子は凛として変わりは無い。さらに迷いが無くなったよう
にも見える。

さらに時が経っていく。
内に走る鮮血が蛇のように波打ち、沸き立っていった。戦士達の律動は激しくなっ
ていく。言いようもない興奮が不気味な笑みをこぼしながら周りを包み込んでいき、
さらに彼らの雰囲気は人間でもない馬達の筋肉の上を走る小さな血管さえも、
ひくひくとさせる、鼻息を荒くさせる。

シルヴェストルにとって、その動機は凄まじいものであった。言葉にも表すことの
できぬ、いや違う、彼は考えを言葉に変換して発することさえが出来なかったのだ。
(だめだ……こんなんじゃ……)
暴れ馬の如く体の中を踏み付け回る血液に重なるように錯綜する考えの中、ある
一つの答えに辿りつく。こんなにも簡単なことだった。震える手で懐のポーチに
乱雑にしまい込んだ怪しい従士から受け取った、小さな橙色の液体が入っている
瓶を取り出し、なんとか蓋をこじ開ける。

(誰も見ていない……)
彼は周りを見回した。見回して初めて気づく、その軍団を取り囲む色。色はある
扉から漏れ出している。扉は細いカビくさい手、まるで白骨のような手に抑えつ
けられていた扉。
ゆっくりと顔に瓶口を持っていった。鼻を駆け抜ける香ばしい匂い、何人もの
人々を魅了していったか底しれぬ魅惑。これを飲んでもただ大切なモノを失うの
ではないかという疑惑。飲んだ事をバレたらどうなるか予想もつかぬ恐怖。全てが
交差していく中、たった一回なら、試すだけなら、その好奇心が異常に高まる。
好奇心、とは聞こえはいいが、全ての欲望に限りなく答えてくれる万能の秘術。
彼はその秘術の魔法円に、片足を入れたのであった。気付いた時には、喉元に
流れるトロリとした感触。瞬間、視界に走り込む閃光。ああ、眩しい。



不気味なほどの静寂が高まる感情だけで創り出された時、この場はどう見ても
狂気という言葉がぴったりであった。狂い咲く花は紅色に染まり、神への狂気、
戦争への狂気、地への狂気。しかし面白いほどに、皆はその狂気に気付く事はない。
それどころか自分たちがまるで聖なる戦へ臨む高貴な神の使徒という考えが傲慢な
頭に浮かび、傲慢は空を飛ぶハゲワシの様に、己の身を光輝く空の太陽に重ねた。

大地に大きな羽を広げた猛禽類独特の影が映し出され、映し出された陰にハゲワシ
自身もさぞ満足げに瞳孔を縮ませた。そして、乾いた土に水が染み込むのよりも
早い速度で獲物を見つけ出す。彼らの眼下に広がる荒野に小さな点が動いていた。
後ろ足を引きずるかのように動き回るその姿は、既にか弱い命が風前の灯にある
ということが身受けられる。
弱りかかった兎、すなわちこの興奮を抑え続けようとする理性。ハゲワシは理性を
狩ろうとカチリカチャリ、長いくちばしを下品に鳴らし続ける。絶好のタイミングを
待っていたのだ。

かくして時は必然かの如く、大口を開けて空腹に腹を鳴らせ、巡ってくる。
ハゲワシが大地に向かう。獲物を見つけた細い瞳孔はさらに鋭く、キュゥと絞られた。

「聖イェルサレム王の名の元に、我らテンプルの騎士団の剣が抜かれる時がやってきた。
 さぁ、死の扉をこじ開けろおおおおおおお」
戦場を一つの旗が振り下ろされ、怒号の号令が炸裂。刹那、その号令をかき消さん
ばかりにたった160余の軍団には思えぬほどの土煙りと、足音が鳴り響いていった。
金属の擦れる音、馬のいななき、大地の揺れる音、男たちの叫び声、全てが戦場の狂気を
引き立てていった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<十字を背負う者達> 第7話 異教徒の街

2011年09月08日 | 小説

第7話  異教徒の街

シルヴェストルはズィリハでの晩、夢をみた。遠くの夜の世界に揺らぐ白銀のマント
をはおる男の夢だった。暗い闇の中でもその揺らぎは異様とも思えるほどに輝き、
はっきりと目に焼き付いて離れなかった。何処かで見覚えのあるマントでもあった。
後ろから差し込む光が脳裏に焼きついた恒久の記憶を呼び覚ます。懐かしい匂い、
懐かしい背中。何処かで見た紋章。

彼はそのマントを翻す者に手を伸ばそうとする、理由は無かった。すると、男は
ゆっくりと振り向きはじめる。だが、振り向いた瞬間、カビ臭い土煙りが男への行く手
を阻んだ。みるみると男の首までを嵐のように包み込んでしまい、まるで頭部だけが
虚空の夜空に浮かんでいたのだ。その首はシルヴェストルの方へ、ゆっくりと振り向く。

彼は息をのんで、男の顔を見た。見たと思ったその時には夢から目覚め、目に映るのは
真っ白な白革と褐色の支え木で丈夫に組まれた天井。見回すとやはりここは
ズィリハに敷かれたただのテント。シルヴェストルが簡単な木の台に敷かれた柔らかい
布地の上で体を起こすと、一瞬頭にくらぁとした揺れがくる。周りを見渡せば馬が6頭
ほど入れば十分な小屋ほどのスペースに、従士の男達が地べたに直接敷かれた布地の
上に10人ほど雑魚寝していた。ちょうどそのテントの隅の方に一段高くなるような
場所が設けられ、そこに彼は寝ていたのだ。

朝日の香りを吸おうと、深呼吸をする。「うわっ」といいつつ彼は顔をしかめた。
初夏で緑がいくら青々しく茂ろうとも、ここは半日の行軍で疲れ切った男達が
無造作にねっ転がっていた。自分も含め、しかめらざるをえない朝日の香りだった
のだ。
しかたなしに彼はひいこらひいこらと、朝と夜との境界の色を帯びて薄暗いテントの
中で寝ている者を起こさないように、ゆっくりと外に出ていった。

外に出ると朝日が昇り始めていたようで、紫や薄い赤、藍や澄んだ空の色、全てが
混ざり混ざって世界の一日を告げる空の色をしていた。美しくとも儚いその色は、
爽やかな朝の風に誘われだんだんと、刻一刻とやってくる太陽を待ちながら、拭い
きれない夜の色を払っていっていく。その聖地からは見れない久しく触れる朝の
世界にシルヴェストルは、感慨深い気持ちと同時に葡萄酒が喉を潤していくような、
腹の底にたまる充実した思いを抱いた。

ふと、横っ腹にぐいぐいと割りこむかのように目覚める直前の夢の中で見た事が
浮かんだ。けれどもどうしてか、振り向いた男の顔が思い出せなかった。
もしかしたら、最初から顔なんて無かったのかもしれない。靄の掛ったような夢
は考え込むにしたがってどんどんと感覚を無くしていく。さながら流れ落ちる
清流の滝のように、流れては消え流れては消え、だが流れてもたしかに存在は
していた。水の網目だけが見えなくなっていったのだ。彼は夢で何を見たかすら
目が冴えれば冴えるほど、思い出せなくなっていった。

言いようもないもやもやとした感情のまま、彼は気分転換にテントの周りを
一周してみる。夜では気付く無かったがこのズィリハの地に、約13のテントが
連なっていたのだ。なかなかの数に驚きながら、その中で一番乗りの自分に彼
は内心満面の笑みであった。

裸足の裏で踏みこむたびに、さらさらと朝露が染み込んだ低い草がなでていく。
テントを出るとすぐに燻ったたき火の横で、こくりこくりと昨晩から交代で
継がれた一人の見張りの従士が目についた。彼はちょっと疲れたような表情の
まま、肩を上下にさせている。きっと今日の早朝から朝までの見張りが彼の
ルーチンなのだろう。

ふとシルヴェストルは不意に芳しい朝の香りの中に、香ばしい動物的な匂いが
漂っている事に気付く。よくよく見ると燻ったたき火の黒炭の中に、小さな
白い歪な棒、それがそこら中に散らばっていたのだ。大きさ的に言うと
荒野に住む野ネズミの骨程度だろうか。

それを見て一瞬で彼は悟る。
(……はぁん、さては節制の戒律を……)
修道士にとって日によって肉類アルコール類など採ってはいけない節制の戒律が
あり、それは今日が最後なのだ。けれどもどうやら彼は昨晩の穀物だけでは、
どうも腹のタシにはならなかったらしい。…だが、それもしかたあるまい、と
シルヴェストルは従士を起こさないようにゆっくりと火かきの棒で、白い骨を
黒々とした灰の中にそぉっと押しこんでやる。

だが従士は隣でごそごそとした物音にハッとして起き、シルヴェストルの方を
振り返って「お、おはようございますシルヴェストル卿」と驚いた様子で言う。
言いながら、彼はシルヴェストルが持つ火かき棒の先の白い骨片を見て、また
さらにさらにハッとした表情になって口があわあわと震えた。顔も若干青ざめている
ように見える。

そんな彼を見ながら愉快そうにくすくすと笑い、指の近くに人差し指で「しーっ」
と無言で言った。彼は青ざめた表情から一転し。
「え?え、えへ、えへへ、も、申し訳ありません」と苦々しい笑みを浮かべながら
謝った。今度は従士はシルヴェストルに感謝の笑みを浮かべながら、こっそりと背中の
方から小さい瓶を取り出したのだ。よおくシルヴェストルが見ると、それは薄汚れた
ガラスの小瓶で中には橙色に澄んだ液体がちゃぷちゃぷと入っている。
どうやら東方由来の酒のようである。

「……はぁ、君は……」飽きれてものが言えない。そんな様子の彼をしり目に、
従士は、無言でその瓶を彼の手に握らせた。ずっしりとした重さが感じられた。
シルヴェストルが目をまんまるにさせて若干困惑をしていると、従士は「これでご勘弁を」
と言いながら、間抜けな笑みを浮かべ人差し指を唇に近付けたのであった。



皆が起き出し、朝のミサとお祈りをすませ、皆は各々に戦いのための準備を
しはじめていた。従士達は馬達に馬草を与えながら各々の装備品を整える。
騎士達も自らの重い鎖帷子を着る作業を手伝わせながら着実に始めていた。

テントの傍でシルヴェストルは赤く厚手のショーズと上着を体を捩じらせ
ながら着て、順番通りに鎖帷子を身に纏い、上からパイアン家の家紋が
織り込まれ少し汚れた白のクルズィート(軍衣)を被る。被る瞬間、むあっと
嫌な匂いが鼻をついたが、不思議とそれが心地よかった。

ギャストンの領地の従士達が何人か、お手伝いなさいましょう、とやってきたが
やんわりと彼は断って一人でいつも通りに軽々と身につけていった。老齢の従士
はそれを見て何処か感動したような顔だけを見せて、いそいそと自分の事をしに
何処かへ行ってしまった。

ものの数十分後もたたぬうちには騎士、従士達は全員、家家ごとにギャストン領の
テント前に集合する。皆が各々の諸侯の紋章が織り込まれた軍衣やサーコートを
身に纏い、士気が高まる中、あんなにも入念に着こまれた鎖帷子にもかかわらず
ギャストン・ド・ドレクールは静かに静かに、水面の上を滑る落ち葉のように前に
進み出でてきた。

シルヴェストルは集りの中、馬の手綱を持ちながら神妙な面持ちで待っていた。
ここが聖戦の場所。思えばここまでの道のりは全ての人生だったかもしれない。
まずは神に遣え、騎士に仕え、騎士道のためには女性にまで仕えた。当時から
他の人間と接することは苦手だったのだ。

皆が注目する。静寂した時が訪れた。遠くの鐘の音のごとく耳を突くのは、心臓の
鼓動の様に規則的にはためく旗手が持つイェルサレムの国旗。馬が時々漏らす
荒い鼻息、地面を踏みならす蹄の音。古戦場ズィリハの地を撫でていく風のざわめき。
低い草原の夏草は揺れ、がさがさと戦士達の足元で煽っていく。戦士達の世界を
包んでいく息吹は着実に、狭まりつつあったのだ。

軋みながら回って行く風車小屋の歯車。激しく無情な世界の風をうけ、彼らは歯車
となって苦みを纏った濁り水を引いていく。ぎりぎり、ぎぎぎ、ぎりぎり、ぎぎぎ。
音が迫る。世界は縮む。戦いへの歯車は既にもう止められぬ所まで噛みこんでいった。
例え間違った方向へ噛みこんでいっても、戦士はそれを引き戻そうとはしない。
なぜなら引きもどそうとしてもそれ以上に大きな風でまた歯車は回り始めるからだ。

ギャストンの声が風にのって響いていく。彼の白銀のマントが風に泳いだ。
「テンプル騎士団の諸君、おはよう。
 ぐっすり英気を養った者も、残念ながら奮いで眠れなかった者もいるだろう。
 どんなことがあっても既に時は満ち切り、小さな震えすら敏感に感じ取る。その震えは
 君達の震えだ。この戦いの器におさめられた聖戦という名の清水は、今や輝きを放ち陽が
 昇ろうとも、蝋燭とは違う、恒久の光を生みつづけているのだ。

 だが、分かっているだろうが、君達の震えで、その光を揺らすことは決して許すことは
 できない。揺らす者がいるならば、私は容赦なく切り捨てる事をここに宣言しておこう。

 我々は我々の神から風をもらい、我々は我々の風車の歯車を常に回し続ける。その歯車は
 決して空回る事は無い、そのことも忘れないでほしい。歯車の伝える先は聖イェルサレム
 に住み、聖イェルサレムに巡礼し、聖イェルサレムをあがめ、そして聖イェルサレムに
 住まう神々にあるということを。全ては我々の世界へ通じる者へ還って行くのだ。

 異教徒を狩れ、彼らは我々の神に背く敵だ!
 異教徒を狩れ、彼らは我々の神とは違う邪神を侵攻する者だ!
 異教徒を狩れ、彼らは我々の神の聖なる土地をゴミムシの如く這いずりまわる!
 異教徒を狩れ、彼らは我々の神と神を信ずる者達全ての敵、聖なる理を侵犯し暴れる首を挿げ替えろ!

 主よ、この時を我らに与えくださって感謝をしております、アーメン。
 今こそ出陣の時はきた、神に仕えしテンプル達よ、我に続け、戦いへ赴こうぞ!」 
ギャストンの言葉ののち、地が震えるほどの雄たけびが上がった。昨日のソロモンの神殿で
は比べ物にならないほどの大きな咆哮、地が開けてるにも関わらず、千里の先まで届いて
いきそうな咆哮。雄たけびは10にわたって長くに及んだ。そして彼らは行進をし始めた。


バサリバサリ、力に押され踊る旗手が構える十字軍国家イェルサレムの旗。真ん中に大きな
黄色い十字と4隅に小さな十字。十字は風が強く吹く度に大きく歪み、刃を見せて皮肉に
笑った。旗手の持つ旗は皆より頭一つ上に出た所にはためく。その笑みに彼らは気付いている
かどうかは分からない。動きが気になって馬がたまに見上げ、足を止める程度の事であった。

ズィリハに設けられた自陣を護る1つの諸侯だけを残し、テンプル騎士団達は行進をし始めた。
皆言葉も少なく、ただ一心不乱に古戦場を踏みしめ行軍を続ける。弓矢を持った従士が真ん中
を歩き、それを囲むかのように騎士をも含む馬に乗った騎兵達が行き、さらにその外側を
大きな槍を構えた従士、その槍を持つ従士を護るかのように盾を持つ従士が逞しい肉体と
強靭な精神を誇る。
隊は綺麗なほどひし形に並んで、進んでいた。これはテンプル騎士団が少数で勝つために
生みだされたれっきとした陣形である。騎士と修道士という二つの顔をもちながら、さらに
闘い続けるというテンプル騎士団の騎士達は他の諸侯たちとは違うプライドを持っていた。
それは正真正銘の神に仕える戦士のプライドであった。

その先頭にいるのはギャストンの右腕を努める旗を持った老齢の従士。旗は誇りをもった
戦士達を聖戦へ扇動する。さらには後方から突然鳴り響くのは小太鼓の的確なリズム、
このリズムを合図にしたかのように行軍する彼らの間に流れるのはグレゴリオの聖歌。
神の啓示を受け、彼らは神を讃える歌を戦場で歌う。その応唱聖歌を幾度か復唱した
ところだろうか。日はまだ昼の刻と朝の刻のちょうど間に輝いていた。

突然、先頭の旗手が叫ぶ。
「みよ!異教徒達だ!」
さらに燃え盛る戦士達の戦いへの飽きぬ希望。その希望を神のための戦いと信じて、その
戦いが世界を自分達を幸せにすると信じて。彼らの目の前には一つの朽ち果てた街が存在
した。木片と枯れた草木の街、ここには昔に異教徒の街があったが十字軍遠征と同時に
滅ぼされた。今では羊飼いがちょっとした休憩の時に使うか、あとは渡り鳥の宿屋になる
程度である。

その朽ち果てた街の奥に、大きな影があった。そう、異教徒達の新しくできた街が異教徒
を狩ろうとするテンプル騎士団の目に映ってしまったのだ。ああ、荒んだ風は嘆いていた。
既に荒れた大地も嘆く。無情なる戦いが今行われようとしていたのだ。旗手の持つ旗が
またもや日の輝きを受け、風を受け、地を感じ、血を吸おうと、血の付いた刃を笑わせた。


行進する軍団の中でウォーチャントの背中に乗るシルヴェストルはその荒涼な世界を
肌を持って、初めて感じた。心臓が高鳴る。
「ここが、父上がいた……戦場」干し肉のような乾いた風が鼻孔をついていく。
だが、その匂いは鼻の中に入った瞬間、乾いたものではなく味気を帯びていった。
干し肉から焼きたての石の上で踊る生肉へ、生肉からへ濃厚な山羊のミルク、山羊の
ミルクから芳しい葡萄酒、葡萄酒から東方のキツイ匂いの酒。香りは幾度となく感覚
を旅芸人のように渡り歩き、一つの終着点へ辿りつく。
口の中を閉めたのは薄い酸味、まるで刃物を舐めたかのような塩気、舌が引っ込む
ような感覚。厨房にいけば嫌というほど嗅げる香りというのに、何故この場で
こんなにも息が上がるほど興奮する香りとなったのだろうか。

体中の血肉が全て鍋の中で沸き立つような、恐ろしいほどにめちゃくちゃに自分の
感情が地平を走り去って行くのを感じた。手足を振り上げ、咆哮をあげ、髪を振り乱し、
盾を捨て、鎧を捨て、剣を捨て、ただ裸の騎士となってしまいたい。雄たけびを上げ
ながら砂漠の大地を怒り狂った巨人の様な感情が、今にも走り出しそうに体を震わせた。

駆ける駿馬、さらにそれすらも追い越す火車と化した彼の思い。締め付ける鎖帷子が
肉に食い込んでいくようなほどに、目が飛び出してしまうかのように、世界は急に
一点しか写さなくなったのだ。目の前に見えるのはただ一つ、異教徒。その文字だけが
眼前の戦場をリズムを取りながら華麗な足取りでステップを踏みつづけた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<十字を背負う者達> 第6話 ズィリハの呼吸

2011年08月20日 | 小説

辺りは雨雲が立ち込めているというのに、不自然なほど乾いた風がからかいながら走っ
ていった。薄く大地を覆っている雲はゆったりとした動きで、風に踊らされながらも
聖地イェルサレム北東部のスコープスの山々へ流れていく。スコープスの山々は
少しばかりの草原が、ほずれたカーペットの毛玉程度にあるばかり。他は絹のように
さらさらとなびく乾いた砂でおおわれた広大な大地だ。その稜線の起伏もあまり
激しくなく、まるで無限の地平まで続いていきそうな平らで神秘的な山地。雲が
その上を走っていく姿はなんとも形容しがたい神々しさを生み出していた。

イェルサレム東方には小高い丘のようなオリーブ山がゆったりと足を延ばしていた。
その名の如く小高い丘のような山は香りのいい翠色のオリーブの木々で覆われて
おり、それはここに地を築いた賢明なるギリシアの先人たちにより受け継がれてきた。
今もなお搾取のしすぎは街の掟で厳しく定められている。

されど度重なる聖戦でそのオリーブの木々からは数度、香ばしく上品な匂いは途絶え
る危機を被ったこともあった。何人をも魅了する上質なオイルを持つ木々は見事に
焼き打ちの対象となり、無慈悲な炎が放たれる。十字軍の時には逃げ惑う異教徒達を
追撃しようと多くの馬馬がその山を、轟音と共に、そして無作法に駆け抜けていった。
だが、そんな事があっても幾度となくオリーブ山はスコープスの山々の息吹を受け、
昔のように清々しい青葉をその葉に宿してきたのである。


小雨がぱらぱらと片顔を弾いていく。テンプル騎士団の戦士達が聖戦へ赴く
その道のりは今や、このけったいな空気と雨で一様に表情に曇りがかかっている
ように見えた。小雨はただ戦士達の顔をハーブの弦を弾く演奏者のように繊細
かつか細い動作を生みつづけるが、そこから生まれるのは耳に心地よい
宮廷音楽師ではなく踊りながら民衆を、国を、そして人を煽る皮肉屋で風刺家の
道化師だ。

彼らはオリーブ山とスコープスの山々の丁度真ん中にある、ときたま白塗りの土壁で
できた家が散々と立つ道を行進していた。道は馬車の車輪などで適度に踏み固められ
、きちんとしたイェルサレムへの交通網が整備されている事が伺われる。そして同時に
ここらに異教徒達が侵攻をしていない、すなわちこのテンプル騎士団ら十字軍の
置き土産達がまだまだイェルサレムにおける砦の戦力という事を示唆していたのだ。

ここらはドレクール家、すなわちギャストン卿の領有地となっていた。同時に没落
したパイアン家、シルヴェストルの僅かな領有地にもなっているがこれは若き騎士の
諸侯には任せておけぬ、とギャストンが同時に領主を務め管轄しているのだ。それは
イェルサレム周辺の諸侯の領地のおよそ4割を占めており、ドレクール家の支配が
凄まじい壁だという事が垣間見ることが出来た。ここに従軍している十数名のギャストン
の従士達も、普段はこの領地かイェルサレムの市街地に住み農業や職人などに気を
傾けている。

軍団の先頭をいくギャストンは自分の領地を抜ける際、懐かしき視線をやり従士達も
また先ゆく不安な世界の光を避ける事が出来ずに、暗い目線と僅かな涙を頬にため
ながら戦いへ赴いていった。その光景を見て、テンプル騎士団達全ての戦士達は
帰るべき自らの故郷を想い、尊い自分の命を聖戦という名の天秤に架けて、測りを
よみとる。たったその読み取りのだけに彼らは俯き、同時に値をいうだけなのに
歯を食いしばったりして、目からでる遥かな故郷の想いを小雨のせいにしたのだった。


小雨に打たれる軍団の真ん中あたり、シルヴェストルは無口にただひたすらに馬を
ひいて歩いていた。重い騎士の格好は昔からの修行でこのまま後ろに一回転できる
くらいには慣れており、歩く事には全く持って違和感すら覚えなかった。むしろ背中に
十字の紋章が入った盾を背負い、腰のベルトに剣を差す事には一種の心地よささえ感じた
のである。

右手には四角い鉄兜を持ち、左手にはアハルテケであるウォーチャントの手綱を握って
いた。彼はときたま美しくたくましい栗色の毛並みをもつウォーチャントの方を振り
返り、その賢そうな鼻梁に軽く息を吹きかけてやったりして、楽しみながら行軍を
続けていた。周りの他の諸侯たちの従士達は何処か不思議そうな目で彼の事を
みている、いや、不思議というよりこの若々しい青い騎士がいる事に少々の新鮮さを
感じていたのだろう。

だが、ドレクール家の領地を超える辺りになると皆一様に故郷の事を想い初めてか、
感慨深そうな表情をしはじめていた。シルヴェストルもイェルサレムの母の言葉を、
心の内に反芻させた。自らの信じる道をお生きなさい。そうすれば必ずや、自分の
答えを見つけられるでしょう

母上はまるで、父上の行く末を知っているかのような素振りで話していたっけ……。
そして父上も選択をした、自分の道を往った、という上から全てを眺めていたかの
ような事も話していた。そう、シルヴェストルはふと、母の言葉につっかかりを
覚え始めていたのだ。その深慮深くて、深すぎてもはや空洞の瞳は何色の光を
みているのだろうか、何を見てきたのだろうか、父の事を知っているのだろうか。
いやそんな深い疑問と母の言葉を胸に雨と共に刻みながら、足を踏みこんでいったが
彼はその踏みこみ方にすら疑問を抱きはじめていたのだった。

手綱をとるウォーチャントが、首に鎌を下ろされたかのようにうなだれ考え込み
始めた彼を深慮してか、ブルルルウと低く鼻を鳴らす。その声ではっと一瞬我に
帰った彼はよしよしと手綱を持った手で眉間を撫でてやり、目の前にある聖戦への
光だけを見つめようと大きく息を吸い込んだ。
こんなのではだめだ、これから待ち受けるのは戦い。半端な心じゃすぐに馬から
槍で突き落とされ、身ぐるみを剥がされ、異教徒の残虐な仕打ちをうけることと
なってしまう。いつも言い聞かされてきた事だ。だが大きく意気込んで目にぐっと
力を入れたものの、彼には入ってきた小雨が酷く痛いように感じた。



その日は何事もなく、地中海地方からふきぬける乾いた風に助けられ雨雲は乾いた
温暖な空気に変わり、雨もあがった。夕日が地平に沈むときには美しい斜陽の輝きが
ちょうど聖地と重なる、その時には一同、思わず感嘆の声を漏らすほどであった。
夕方のミサを小うるさい雨の中でやる事を免れた彼らはほっと息をつきながら、
夕日の聖地へ神父を兼ねるギャストン卿が背を向け、皆が顔を聖地へ向けてミサを
執り行った。ちょうど彼らがズィリハの地まで来たところである。

ミサの後、ギャストンの号令によってこのイェルサレム東方の地にあるズィリハで
野営を取ることが取り決められた。ズィリハはよく羊飼いが訪れた土地として知られ、
至る所には馬達が食むことのできる草原がごろごろと大きく転がる岩岩の間に広がり、
見晴らしもよく野営には丁度いい場所だったのである。

幾人かの諸侯たちの命令によっててきぱきと、ペルシュオン種の馬が引く大きな荷台
から革で張られた丈夫なテントが従士達によって、下ろされただちに組み立てが始まった。
テントはゲルマン地方由来の丈夫なものであり、野営では信用が高いという。
シルヴェストルがぼぉと馬飼いのようにウォーチャントの馬草を食んでいる姿を見ていると、
いつのまにやらテントは立ち、辺りでは数は制限されながらも、たき火も始まっていた。


夕闇に取り残されたようにここだけ光が灯っていた。辺りを見渡せば光も何も無い、夜。
暗闇。辺りは人家もなく、ここらはかつて今より荒んでいた、辺りを治めるアラビアの
諸侯たちの古戦場だったという。今にもこの草原の土を掘り返してみれば多くの帰り
どころを失った骸が、何も見つめない深い眼窩を光らせる事であろう。


シルヴェストルはギャストンがいるたき火に招かれた。
ここらはギャストンがもつ領土が出身の16名の従士達が薄暗い闇の中、領主ギャストンを
中心にしてたき火を囲んでいた。各々この時だけは武具を野営のテントに中に置き、
まず神への感謝への祈りから始まった。その後には談笑したり、こくりこくりとカップを
もったまま眠る者もいる。皆、騎士や従士であるが前に修道士なので全て穀物などの粗食で
済ましていた。勿論、アルコール類の摂取はこの節制のために控えられている。

シルヴェストルもギャストンの近くに居座り、周りの従士達と談笑していた。
久々のこのような機会に彼自身も笑みを絶やす事は無かったのであった。少し頬こけた
大人びた顔にときたま少年のような明るく快活な表情すらやどしたのである。

「ああ、あのいつもギャストン様に、まるでウシアブの様ついて回っていた騎士見習いの
 少年が……今やシルヴェストル様も立派になりおった、ハハハ。
 愛馬のアハルテケの相応しいパートナー、あんな飛び回っていた頃も懐かしい」
顔にいくつもの古傷をおった年配の従士は乾いた声で笑いながら、懐かしそうな表情をする。
その言葉にシルヴェストルは若干、口に含んだバターミルクを吹きだしそうになって、
なんとか堪えた。口に少し苦みの入ったミルクの味が隅々まで行きわたっていることを
感じる。

「そんな時もありましたっけなぁ……」とぼけたような表情をして、また口にバターミルク
の入ったカップをもってって誤魔化す。しかし従士はいたずらっぽく笑った。
「ありましたよ、ハハハ。いつの日かなんて家畜小屋の柵を壊してしまい、豚や鶏達が
 街中を走り抜けていった時なんて、泣き泣き真っ暗なお仕置き部屋で一晩を過ごしてた
 じゃないですか」
「あ!俺もそれは知ってるぞ、あの時のギャストン様の顔といったら!
 俺達もそぉぉおら怖かった」
向こうで炒ったエンバクの実を口に運んでいた従士も陽気な笑い声を出しながら、会話に
混ざってきた。周りの従士達も、ああ、そうだな、と懐かしげな吐息を漏らしながらまた
話を続けていた。

「や、やめてください、そんな昔のことなんて……」
顔を赤面させながら彼は俯く。そんな彼の方にギャストンは振り向き、勢いよく
いつもの通り突然、シルヴェストルの肩をバンッと叩いて少々周りをどよめかせた。
だが相変わらず彼にとってはいつもの事なので、その程度ではびくりともしない。

するとギャストン少し笑みを浮かべながらからかうように。
「シルヴェストル卿、君が昔騎士見習いだったころは、へまばっかりだったものな」と言う。
「ええ、まぁ……まぁ。
 でも、あの時はへまするよりも、騎士道修練のためと街中の女性に騎士として接する。
 今思えば。いいや、今もですがあの時が一番私にとっては苦痛でしたよ」その言葉で
周りの従士達が一同に笑いながら、俺は羨ましかったがな、いいよなぁ俺達は全然だぜ、
だの愚痴をこぼす。気付けばシルヴェストルはこのたき火のグループの中で、真ん中に
いたのだ。その事実に心の内で驚きながらも、彼はなかば本当に体がここにあるのか、
不必要な疑問を覚える。よく言えば意識があるか分からないこの浮遊感が気持ち
良かったし、悪くいうと安定しない心がどうしようもない不安を生みだした。

小さな会話がぽんぽんと周りで生まれすぐに消え、少しずつ、皆は口数を少なくして
いく。気付けば火の中にくべられた枝木が火に手を取られ、パチパキッと爆ぜる音だけ
夜の楽譜の中に刻まれていった。周りの諸侯たちのたき火も薄明かりになりかけ、
白い煙が小さく立ち昇り始めている。

「ギャストン卿、もうそろそろですね」
「……ああ、そうだな。他の領主にも全ての確認事項を伝えといてくれないか?」
「……と、申しますと?」
「このズィリハの地に陣地を置くとする」
「はっ、わかりました」ギャストンと、彼の右腕らしき従士が眉間にしわを寄せながら
会話をし、その後従士はいつも通りといった様子で立ちあがり他の諸侯たちが囲む
たき火の方へ歩いていった。従士を見届けると彼は間を少し開けて、空の金属カップを
もち立ちあがる。
「さぁ、皆明日への戦いへ備えもう休もう。
 すまないが、ブーグローとあー…ダンドリグ。2人は少しの間見張りをしてくれ。
 その次はファビウス、エストレ。クロックル、ブイヨンと順に頼む。
 火をあまり弱めないでくれたまえ」
「わかりました」「はい」

次々と事務的な指示をくだしていき、一通り終わると夜のお祈りを済ませ、体を休める
者と見張りをする者に分かれ始めた。皆体を伸ばしたりしてリラックスした後、眠そうな
顔をしながら張られた白革のテントの中に入って行き、くたびれたような顔をした見張りの
従士はまた座りなおす。

シルヴェストルも自分の使う共同のテントに入ろうとしたとき、ギャストンがふっと
こちらに歩み寄ってきた。鎧も外しているので音もなく歩み寄って行く彼は、その身の
巨大さと夜の静けさから感覚を緩めていた者にとってはどきりときたのだ。

「あ、ギャストン卿。おやすみなさいませ」シルヴェストルは目をぱちくりとさせながらも
挨拶をする。しかし、彼は蓄えた黒い髭を少し口角をあげて奇妙に震わせる。憂いた瞳を
たき火のほうに向けながら、口を開いた。

「過去とは史実の賢人たちも利用してきた万能な、いわば定規だ。それにすがって一生を
 生きていくこともできれば、それを捨ててまた違う過去を生む事もできる。
 私は、私の定規は歪んでいたかもしれない。いつから誤っていたんだろうか。

 ただし今、この戦いに身を置く事ができてとても幸福だと思っている。神は未来を創造
 し、過去を裁いていく。だから過去にしか携われない人間のような私が関わる事が出来て、
 とても幸せなのだよ。

 ああ、シルヴェストル。神はこんな私も許してくれるだろうか。いいや、必ずとも
 許してくれるであろう。ユーク、ああ、すまない。」

彼は笑みを浮かべているが、薄明かりではよく分からなかった。一瞬、暗闇の荒れ地の
向こうでカーテンが翻していくような、揺らぎが見えた。シルヴェストルはそっちに
気を取られ光もない所へ目を凝らす。だが、そこにあるのは広がる広大なズィリハの大地
であった。月も、星も出ない古代ギリシアの神々の時代かららも見はなされた古戦場の呼吸は、
時に人にカビ臭い考えと言動を与えるのだろうか。

気付くと、ギャストンがまたしっかりと足取りでテントへ入って行った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加