★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「トランスアメリカ」

2007-06-09 03:38:30 | 映画(た行)
<2007/A105/S54>←今年通算105本目の鑑賞。
ひらりん、ゲイものも、レズものも苦手なんだけど・・・
これは、性同一性障害の話。
主演は、この演技で、2005年のオスカーの主演女優賞ノミネートの、フェリシティ・ハフマン
ゴールデングローブ賞主演女優賞は獲得してるのねっ。
原題も「TRANSAMERICA」。
「映倫 R-15」指定もの。
2005年製作のロードムービー系家族ドラマ・コメデイ、103分もの。

あらすじ以下ネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
性同一性障害で男から女になろうとしているブリー。
最後の手術を前に一本の電話がっ。
NYの拘置所で拘留されてるトビーという少年が、実父スタンリーを探してるとの事。
そう、スタンリーとは、ブリーの男時代の名前。
たった1回、男時代にしちゃって、出来ちゃったのがトビーという事。
仕方なく、引き取りに行くが、素性は明かせず・・・
父の住むロスに向かう事に・・・
手っ取り早く、飛行機で・・ではなく、アメリカ横断父子和解の旅のドライブ。
ぐれてる息子に、女のカッコしたオバサンが私が父ちゃんだよ・・・とは言えなーーい。
最初は教会からの使い・・なんて言ってたけど・・・
次第に話が出来るようになり・・・心を開く少年トビー。
デモでも一番ショックは・・・
ミラー越しに見た、ブリーおばさんの立ちション・・・
おいおい、おめぇーは男だったのか???と、激怒したくなるのもわかります。
でも、世間は厳しく、クルマを持って行かれちゃったり・・・
お金が無くなっちゃったり・・・
身体を売ってお金を工面するトビーには、ちょっとビックリするけど・・・
セルジオ越後みたいな優しいおじさんに出会ったりもして・・・
ブリーの実家に到着・・・意外に豪邸。
事情を知らないのはトビーだけ・・・
初孫??に大喜びのおかあちゃん・・・トビーに超優しい・・・
このまま住み込んじゃってもいい・・・なーんて。
トビーもその気で、ついつい色気を出して、ブリーに迫っちゃった。
がっ・・・ココで真実告白・・・自分がトビーの父親だと。
ギョエーーっっ・・・気が動転してブリーをぶん殴って出て行っちゃった。
失意のままロスに戻り手術を受け、完全な女になったブリー。
トビーも念願の役者に・・・といっても、ポルノ男優だけど・・・
その後、二人は、再会・・・
微妙な関係ながら、お互いを少し解りあえたかな・・・みたいな結末。

ひらりん、主演のフェリシティ・ハフマンて人・・・知りませんでした。
てぃんこ付いてたし・・・男優が女装するのも大変だな・・・と途中まで思ってましたが、
女優が女になろうとする男役をやってたんですね・・・こっちのほうが大変!!
だから主演女優賞だったのもナットクっ。

ココまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ひらりん苦手なカマもの作品は・・・
コリン・ファレルの「イノセント・ラブ」や、キリアン・マーフィーの「プルートで朝食を」。
  

トビー役のケヴィン・ゼガーズ・・・
「ドーン・オブ・ザ・デッド」にも出演・・・映倫R指定作が多いのね・・この人。


という事で今回は
性同一性障害(トランスセクシュアル)度・・・
先天的な病気で、大変だなーーー・・・とは思いつつ、
皮は残して、性器の一部に使う・・・なーーんて、ビックリ仰天発言もっ。
ほんと、この手の作品は、ヒヤヒヤドキドキ・・・もので見てしまいますっ。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ハード キャンディ」 | トップ | ★「プレステージ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主演男優賞?~ (cyaz)
2007-06-27 22:24:48
ひらりんさん、TBありがとうございましたm(__)m

最近またまたgooの調子が悪く、何度かTBさせて戴いたのですが反映しませんでした><
ロードムービーで親子の関係修復ってよくあるパターンなんですが、この映画はまた違った視点とサプライズ(笑)が用意されていてなかなか秀逸でした!
こんばんは (なな)
2007-10-22 00:05:46
何か毎日おじゃましてすいませんね~
私が書く記事,すべてひらりんさんもアップしておられるので
ついつい遊びにきちゃいます。
私,「プルート」は好きですよー(笑)キリアンが好きだからですけど。
「イノセントラブ」は,あまり・・・?でした。
これは,親子の絆もテーマでしたので,温かい作品になっていたと思います。
それにしても・・・ブリーの立ちションは凄かったですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
The Sound of Music / サウンド・オブ・ミュージックの忘れ得ぬ言葉 (英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ])
I think that there are few people who don’t watch the masterpiece “Sound of Music”. In fact, I am a man that it was slow to watch. I thought that this is a pleasant movie of a tutor and a child until I was a student of the first grade at a junior hi...
トランスアメリカ (小部屋日記)
Transamerica(2005/アメリカ)【DVD】 監督:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン/ケヴィン・ゼガーズ/フィオヌラ・フラナガン/エリザベス・ペーニャ/グレアム・グリーン/バート・ヤング スカートの下に何があるかより、もっと大事なこと。 それは...
トランスアメリカ  (★Shaberiba ★)
正真正銘女性なのにだんだん「男性が女装しているように」みえてしまう。この女優フェリシティ・ハフマンさんはすごい。息子トビー役のケヴィン・セガーズの美しさにも 私すっかりやられました~最後の金髪は似合わなかったケドね 性転換手術を前に自分に息子が居るこ...
『トランスアメリカ』 (きぶんしだい)
9月公開の映画の中で一番(どーしても)見たかった映画 フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ主演『トランスアメリカ』 ●あらすじ● 女性の心をもつ男性がさまざまな葛藤をするヒューマンドラマ。 1週間後に女性の体を持つための手術を控えているブリー...
トランスアメリカ (銅版画制作の日々)
 京都シネマにて「トランスアメリカ」を鑑賞しました。水曜日のファン感謝ディーのためか多いです。ここはミニシアターのため、収容人数は62席、1・2・3とシアターがあるのですが・・・・。シアター1で100席ちょっと、シアター2で90席、そしてシアター3は、...
トランスアメリカ (skywave blog シネマな独り言)
おかしくて、切なくて、温かい映画です。 NYからLAへ、父親と名乗れない’彼女’ブリーと、息子トビーの新しい家族愛を見つける旅が、始まる。 男から女へトランスしようとする
トランスアメリカ (5125年映画の旅)
同一性障害のスタンリーは自分の体と心に疑問を感じ、ブリーと名を変えて女として生きる道を選ぶ。そして彼が完全な女になるための最後の手術を行う1週間前に、彼の前に自分の知らない内に出来た息子トビーが現れる。ブリーはひょんな事からトビーと旅をする事になる...
秀作ロードムービー。『トランスアメリカ』 (水曜日のシネマ日記)
男性である事に違和感を持ち、女性として生きようとするひとりの男と、 ある日、突然、存在を知らされた彼の息子の物語です。
トランスアメリカ ☆ スカートの下に何があるかより もっとだいじなこと。 (☆お気楽♪電影生活☆)
本日、長野グランドシネマズで鑑賞♪
トランスアメリカ/TRANSAMERICA (我想一個人映画美的女人blog)
フェリシティ・ハフマンの圧倒的な演技力{/ee_1/} 今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされて、リースウィザースプーンに持ってかれたけど、 ゴールデングローブ賞は受賞☆ 賞に値する素晴らしい名演 {/hakushu/} 海外ドラマ、「デスパレートな妻たち」は未見だけ...
(今日の映画)トランスアメリカ (Kozmic Blues by TM)
トランスアメリカ (2005/米) Transamerica
トランスアメリカ (シャーロットの涙)
LAで男性である事に違和感を持ち、今は女性として生きるブリー。肉体的にも女性になる為最後の手術を前にその費用を捻出する為につつましく生活している。 そんな彼女にNYの拘置所から電話が入る。 トビーという父親を探している少年。彼こそ、ブリーがただ一度男性とし...
トランスアメリカ (ミケランジェロの小部屋)
LAで女性として暮らすTG(=トランスジェンダー)のブリー。 ある日、彼女の前に、学生時代のガールフレンドが生んだ息子トビーが現れる。 自分が父親であることは隠したまま、二人は旅に出ることに・・・。 これ
*トランスアメリカ* (Cartouche)
{{{       ***STORY*** トランスセクシャルのブリーは、男性としての身体を完全に捨てる手術を目前に控えている。そんなある日、ブリーは驚くような電話を受ける。ブリーがかつて、男性として一度だけ関係した女性との間に、息子がいたのだ。窃盗の罪...
トランスアメリカ (黒猫のうたた寝)
去年の公開作品ですが、結構評判のよかった『トランスアメリカ』やっと鑑賞しました。ロードムービーってことだったので、結構寝そうな予感があって元気なときに観よう!っと時期を待っていたんだなぁ~(爆)そう思ってたけど、寝るなんてとんでもない(笑)最後まで結構...
映画~トランスアメリカ (きららのきらきら生活)
  「トランスアメリカ」公式サイトロードムービーってなんだかちょっと苦手イメージ あるので、この映画もどうしようかなぁ。。。って思っていたのです。ところがところが、もう笑いあり、涙ありでとても良い映画でしたLAでつつましく暮らすブリー(フェリシテ...
トランスアメリカ (あ~るの日記@ココログ)
映画『トランスアメリカ』を観た。 「スカートの下に何があるかよりもっとだいじなこと。」 ダンカン・タッカー監督の長編デビュー作。性不一致に悩む男性という難しい役を演じる女優フェリシティ・ハフマンの好演が光る。また、その息子役のケヴィン・ゼガーズも体当たり...
トランスアメリカ (tomozoのうれし★たのし★大好き)
トランスジェンダーといっても、「プルートで朝食を」のキトゥンのように前向きなタイプもいれば、この映画の主人公ブリーのように、どこか吹っ切れず長い時間をかけて自分
劇場『トランスアメリカ』 (映画ダイエット)
監督&脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェシリティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バート・ヤング、キャリー・プレストン他 “女性になるための性別適合手術を受ける直前の男性”が、若気の至りで...
トランスアメリカ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Transamerica”脚本・監督=ダンカン・タッカー。音楽=デイヴィド・マンスフィールド。心も外見も既に女性だが、トランスセクシュアル(性転換)のための仕上げの手術を待っている性同一障害の主人公がトランスアメリカ(アメリカ横断)するロード・ムーヴィー。同行者...
意外と自分を見つめる旅 「トランスアメリカ」 (平気の平左)
評価:70点 トランスアメリカ 久しぶりに映画の感想。 感想書こうと思ったら、文体が安定しなかったりして自分でビックリ。 コンスタントに書かないとダメですね。 ちょいネタバレあり 性転換手術を目前に控えた中年のおっさんおばちゃんに、息子がいることが判...
トランスアメリカ (映画を観たよ)
ロードムービーは好き♪ だからこの映画も楽しみにしていました。 でも何よりも楽しみだったのは予告で見たリネットの変貌振り! 性同一性問題という非常に難しい問題が入っているはずなのに何だかとても楽しくって不思議と居心地がいい映画でした。 とっても複雑な親子...
トランスアメリカ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2005年のアカデミー賞は賞を独占するほど強い作品がなかったことも大きな特徴だったが、『ブロークバック・マウンテン』、『カポーティ』など一部で“ゲイ映画祭”などと言われるほど、その手の作品がいくつもノミネートされたことも話題となった。今回紹介する『トラ...
トランスアメリカ (knockin' on heaven's door)
Transamerica 奇抜な設定なのに、こんなにも優しく暖かい。ささやかな幸せを届けてくれる素敵なロードムービー。 Transamerica・・・アメリカという国と、境界線に立つ人生を渡る旅。このタイトルも絶妙です。
トランスアメリカ(DVD) (ひるめし。)
スカートの下に何があるかよりもっとだいじなこと。
トランスアメリカ (案山子の足跡)
トランスアメリカ Transamerica ダンカン・タッカー監督 フェリシティ・ハフマン ケヴィン・ゼガーズ フィオヌラ・フラナガン エリザベス・ペーニャ キャリー・プレストン グレアム・グリーン バート・ヤング ジャンル:ロードムービー/ドラマ あらす...
トランスアメリカ (Blossom Blog)
トランスアメリカ TRANSAMERICA 監督 ダンカン・タッカー 出演 フェリシティー・ハフマン ケヴィン・セガーズ アメリカ 2005
トランスアメリカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『スカートの下に何があるかより もっとだいじなこと。』  コチラの「トランスアメリカ」は、7/22公開のちょっぴり複雑な父子のハートフルなロードムービーで、製作総指揮のウィリアム・H・メイシーの妻のフェリシティ・ハフマンが性同一性障害(トランスセクシャル...
mini review 07077「トランスアメリカ」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: 女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフルな人間ドラマ。愛を忘れてしまった親と愛を知らない息子の複雑な関係を、新鋭監督のダンカ・タッカーが、彼らのアメリカ大陸横断の旅を通してたおやかに描き出す。人気TVド...
トランスアメリカ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
トランスアメリカとは,アメリカ大陸横断のこと。これは、トランスジェンダーのブリーと、彼の息子トビーの二人の魂の旅路の物語だ。 念願の性転換手術を目前にしたブリーの前に突然,警察からの問い合わせという形で 出現したトビー。彼は、ブリーがスタンリーという名...
トランスアメリカ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になるための最後の手術を控えていた。そんな彼女の前に、トビー(ケヴィン・セガーズ)という17才の少年が出現する。彼はブリーが男性だった頃に出来た息子で...
トランスアメリカ (とにかく、映画好きなもので。)
   トランスセクシュアルのブリー(フェリシティ・ハフマン)は、男性としての体を消すために手術を目前に控えた人物。  そんな、ある日。ブリーは突然の電話を受ける。  かつて、ブリーが一度だけ関係した女性との間に生まれた息子がいたという驚...
映画評「トランスアメリカ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ダンカン・タッカー ネタバレあり