★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「TAJOMARU」

2009-09-16 02:38:16 | 映画(た行)
<T1077/2009/A162/S070> 
1ヶ月フリーパス{MFP03}

一日3本目なので、だいぶ疲れてきたーー。
本作は芥川龍之介原作の「藪の中」に出てくる多襄丸という盗賊が主人公。
主演は小栗旬。
気になったのは、タイトルロールで一番最初に出てくるのが
「プロデューサー 山本又一朗」。
有名プロデューサーですが、そこまで目立たせなくてもいいんじゃないの。
2009年製作の時代劇系アクション・ロマンス、131分もの。

あらすじ・・・今回はシネママガジンさんから引用させてもらいましたが、
超詳しいので反転モードで・・・
戦乱の世が近づく室町末期。
次期管領職を約束された名門・畠山家の長男・信綱(池内博之)と、次男・直光(小栗旬)の仲を引き裂いたのは、八代将軍・足利義政(萩原健一)の一言だった。先ごろの流行り病で亡くなった大納言の娘・阿古姫(柴本幸)を妻に娶り、その財産を受け継いだほうを管領職に就ける、という突然のお達し。義政の狙いは、大納言が遺した金塊を手に入れることだったが、兄弟の幼馴染である阿古姫は、今は直光の許嫁になっていた。
このままでは、本来自分のものになるはずの畠山家の家督も管領職も、弟に持っていかれてしまうと焦った信綱は、「阿古と一緒になれさえすれば、金塊も家督もいらない」という直光の言葉を信じられず、阿古姫を襲い、力ずくで自分のものにしてしまう。
それを知った直光は、すぐさま阿古姫を取り戻すが、兄を敵に回し、追っ手を放たれる身に。阿古姫は、自分と一緒では死ぬまで追われることになると、信綱のもとに戻ろうとするが、直光は「死ぬときは二人一緒」と、阿古姫を連れて逃げる。付き従ったのはわずかな家来のみ。幼少時代からの忠臣・景時(近藤正臣)と、幼い頃、屋敷に盗みに入って捕らえられ、直光に助けられて以来、畠山家の家臣として兄弟同然に育ってきた桜丸(田中圭)……。
しかし翌日には、景時は何者かによって無残に切り殺され、桜丸も行方知れずになっていた。
二人だけで山道を行く直光と阿古姫。そこに現れたのは、巷にその名を轟かす大盗賊・多襄丸(松方弘樹)だった。直光は必死に阿古姫をかばおうとするが、多襄丸の一撃に気を失ってしまう。
気づいたときには藪の中、木の根方に縛りつけられ身動きのできない状態で、直光は衝撃的な光景を目の当たりにする。すでに多襄丸に手をかけられた様子の阿古姫。その阿古姫をなおもかき口説く多襄丸。すると阿古は多襄丸に身を寄せて、耳を疑うような言葉を口にする——
「あの人を殺して」と。私と一緒になりたければ今すぐ直光を殺せとせきたてる阿古姫に、一瞬生じた多襄丸の迷い。その隙を突いて逃げ出した阿古姫を呆然と見送る直光。さすがに哀れと思った多襄丸が直光の縄を解き、阿古姫を追おうとしたその瞬間、直光は手にした小刀で多襄丸をひと突きにする。
虫の息の多襄丸は、「多襄丸を殺した者が、次にその名を受け継ぐ定め」と言い残し、多襄丸の証である浪切の剣を直光に託して息絶える。剣を背に放心状態で山中をさまよう直光は、道兼(やべきょうすけ)率いる野盗の一団に取り囲まれ、問われるままに名を名乗る——「俺は……多襄丸だ」。
大盗賊の名を聞いた野盗たちは多襄丸を頭と仰ぎ、祭り上げられた直光は「多襄丸」としての人生を生き始める。それは、心の赴くままに生きる、自由で気ままな暮らしだった。やがて聞こえてきたのは、兄・信綱の急死。そして、 “弟・直光”がまもなく管領職に就くという噂。一路、屋敷に急いだ多襄丸は、そこで、思いもかけない光景を目にする。直光を名乗っていたのは、桜丸。その偽・直光の妻に納まっていたのは、阿古姫だった。偽・直光に捕らえられ、処刑を待つ身となった多襄丸。そこへ盗賊・多襄丸を追って所司代が屋敷に現れ、多襄丸たちはお白州にかけられることになる。
そこで次々に明かされていく驚くべき事実。桜丸の策略、その裏で糸を引く将軍・義政の目論見、道兼が見たという藪の中の出来事、そして阿古姫の告白……。
多襄丸がその目で見、その耳で聞いたはずの真実がひとつ、またひとつと覆されていく——!




ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●桜丸は身分の無い子だったけど、直光に召抱えられ家来に・・・
しかし、いつの間にか将軍に気に入られ、欲が出てきちゃったのね。
●直光の家臣らをバッサバッサと斬っちゃうし、
信綱もあっさり惨殺・・・で、
偽・直光に成りすまし。
●哀れなのが、阿古姫・・・
許婚の兄・信綱にやられちゃうし、
松方・多襄丸にもやられそうになっちゃうし・・・
逃げ帰った都では、偽・直光の妻の座に付いたので、桜丸にもやられた?った事?
●それにしてもオチャメな松方・多襄丸・・・阿古姫には逃げられるし、
直光には殺されちゃうし・・・。
最近、時代劇でカブいてる役が多いのか・・・
大河ドラマ「天地人」の徳川家康役も、ちょっとやり過ぎ演出では????
まっ、派手さが魅力の人だけど。

●主人公の直光・・・
長男以外は家督を継がないから自由奔放に生きてきたからって、
ちょっとセリフ・口調が現代風・・・
とってもセットがシンプルで古臭いのに違和感があった。
●二代目多襄丸を襲名しちゃった直光の部下になった野盗の一団・・・
何故か歌や踊りがラップ調。
●お話のほうは、お白洲で・・・
桜丸の成りすましがバレるけど、将軍はもちろん黙認・・・
実は大納言家の財宝を狙ってたらしいが、そんなもんは存在しなかったのね。
直光は桜丸を討ち取り、家督は家来に譲り、
阿古姫と共に旅に出たんだっけ!!!

★松方・多襄丸の出てきたあたりは黒澤監督の「羅生門」みたいな雰囲気・・・
おおげさな演技をする松方さんが光ってたね。
★途中、流行り病の人を処分する「地獄谷」?のシーンがあったけど・・・
阿古姫と直光も谷底へ・・・
ここの部分だけ、イマイチ現実離れしてて、意味不明だった。
★シンプルそうな話だけど、
実は裏切り・嘘・陰謀・愛情の裏返し・・・なんかが入り混じる展開。
手のひらを返して裏切る人の演技がポイントだったけど・・・
わざとらしいと言えばわざとらしかった。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
そういえば小栗旬の作品はあまり観てないなー。
テレビドラマも不良(学生)役より、普通の青年役が似合うと思うけど・・・
お気に入りは・・・「キサラギ


ということで今回は・・・
古典的度・・・
なんかアンバランスな時代劇だったような・・・。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様「小栗旬には期待してる!!」
というあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「ウルヴァリン:X-MEN Z... | トップ | ★「キラー・ヴァージンロード」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (くう)
2009-09-24 21:36:01
何だかね〜^^;
地獄谷はやけに低かったですね〜。
多襄丸も阿古姫も落ちたのにケガもしてないし〜。

私も小栗くんの映画で一番のお気に入りは「キサラギ」です♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
TAJOMARU (LOVE Cinemas 調布)
芥川龍之介の『藪の中』に登場する多襄丸を主人公にしたオリジナルストーリー。主演は『クローズZERO』の小栗旬。共演に『真夏の夜の夢』の柴本幸、小栗旬と同じく『クローズZERO』のやべきょうすけ、『包帯クラブ』の田中圭、さらに松方弘樹、萩原健一といったベ...
TAJOMARU (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『絶対、女を捨てない。 己を曲げない。 そして、どこまでも自由。』  コチラの「TAJOMARU」は、世界のクロサワこと黒澤明監督の「羅生門」の原作でもある芥川龍之介の「藪の中」、何度となく映像化されてきたこの名作小説を、その「羅生門」では世界のミフネこと...
TAJOMARU (★YUKAの気ままな有閑日記★)
注目度の高い日本の若手俳優さんの主演映画が続々と公開されますね〜『キサラギ』の小栗旬さんは『TAJOMARU』、『DEAH NOTE』の松山ケンイチさんは『カムイ外伝』、同じくデスノートの藤原竜也さんは『カイジ』、、、、、ふむふむ、、、全部観て、誰の映画が一番好みか、...
『TAJOMARU』 (だらだら無気力ブログ)
&nbsp; 芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊の多襄丸を主人公にしたオリジナル ストーリーの時代劇。 武家の名門の次男坊として生まれた主人公が兄や家臣に裏切られながらも 愛した女性のために生きる様を描く。室町後期。三管領家の一つ畠山家には信綱・直光の兄...
【TAJOMARU】 (日々のつぶやき)
監督:中野裕之 出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、萩原健一 「乱世の時代、代々官領職を継いできた畠山家の次男直光は兄の信綱が家を継ぐと小さい頃から理解していた。しかし将軍に大納言家の阿古姫と結婚する者が継
★★「TAJOMARU」観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
ブログネタ:ご趣味は? 参加中 本文はここから 趣味はと聞かれるとやっぱり「映画館で映画を観ること」ですかね。 「映画館」がポイント 自宅でDVDなどで観てると邪魔が入るしどっぷりその世界につかることが出来ないのでやっぱり邪魔の入らない専用の場所で...
劇場鑑賞「TAJOMARU」 (日々“是”精進!)
「TAJOMARU」を鑑賞してきました芥川龍之介の「藪の中」に登場する盗賊“多襄丸”を主人公に、オリジナル・ストーリーで描く異色時代劇。主演は「クローズZERO」の小栗旬、共演に「真夏の夜の夢」の柴本幸。監督は「SF サムライ・フィクション」「REDSHADOW 赤影....
TAJOMARU (悠雅的生活)
謀略。地獄からの生還。自由。
TAJOMARU (to Heart)
上映時間 131分 脚本 市川森一/水島力也 監督 中野裕之 出演 小栗旬/柴本幸/田中圭/やべきょうすけ/池内博之/本田博太郎/松方弘樹/近藤正臣/萩原健一 芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊“多襄丸”を主人公に、オリジナル・ストーリーで描く異色時代劇。 阿古姫(...
映画「TAJOMARU」 (ice-coffee)
9/12初日 観にいって参りました。雨降るなか (晴天続きだったのにこの日だけ雨でございました〜^^;)
映画「TAJOMARU」@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは一階席は未確認、二階席は5〜6割ほど。   映画の話 阿古姫(柴本幸)という許婚もいて将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗旬)は、陰謀により家を追われてしまう。山中に逃げ込んだ二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われ、その際に阿古が言い放っ...
TAJOMARU/小栗旬、柴本幸 (カノンな日々)
黒澤明の『羅生門』の原作でもある芥川龍之介の短編「藪の中」に登場する盗賊・多襄丸を主人公に描いたアクション時代劇。「藪の中」って知らないしオリジナルストーリーという事でどんなお話なんだかも全くわからないんだけど、小栗旬くんの二枚目過ぎる顔立ちは時代劇に...
TAJOMARU/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたは、芥川龍之介の小説『藪の中』に登場する盗賊・多襄丸を主人公に、オリジナル・ストーリーで描いた異色時代劇「TAJOMARU」の試写状。 とりあえず応募はしてみたものの、未だに心の琴線に触れるものが無いんだよね〜。 この手の作品は、ちょっと前に「GOEMO...
TAJOMARU (まぁず、なにやってんだか)
今日はニッショーホールの「TAJOMARU」の試写会に行ってきました。 期待以上に楽しめる映画でした。 誰が一番腹黒いんだか(超腹黒いのはアノ人なんですが、他にもちょこちょこ腹黒っぽい人が出てきます)、目が離せません。こうなるんじゃないかと思わせて、おっと、...
『TAJOMARU【タジョウマル】』 (ラムの大通り)
----これって『羅生門』と同じく 『藪の中』がモチーフになっているんだって? 「うん。『羅生門』では三船敏郎が演じた多襄丸を主人公にした完全オリジナルストーリー。 『傷だらけの天使』『異人たちとの夏』の市川森一が 脚本に参加して作られたというのも話題になっ...
藪の中〜『TAJOMARU』 (真紅のthinkingdays)
 室町時代、京の都。代々管領職にある畠山家の次男・直光(小栗旬)は、盗賊 の子を家臣とし、桜丸(田中圭)と名付ける。兄・信綱(池内...
【TAJOMARU】「愛」と「義」の中世童話 (映画@見取り八段)
TAJOMARU 監督: 中野裕之    出演: 小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、萩原健一、松方弘樹 公開: 2009年9月 原...
「TAJOMARU」 苦悶の先に見たものは (はらやんの映画徒然草)
この秋は時代劇作品が多いですね! 先週から「BALLAD 名もなき恋のうた」、今
TAJOMARU見た【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
TOHOシネマズ市川で芥川龍之介原作のTAJOMARUを見てきました。
◇『TAJOMARU』◇ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、中野裕之監督、小栗旬主演。
TAJOMARU (あーうぃ だにぇっと)
監督: 中野裕之 キャスト 畠山直光☆小栗旬 阿古姫☆柴本幸 桜丸☆田中圭 道兼☆やべきょうすけ 畠山信綱☆池内博之 多襄丸☆松方弘樹 景時☆近藤正臣 足利義政☆萩原健一 栗山秀隆☆本田博太郎 他 【ストーリー】 阿古姫(柴本幸)という許婚も...
「TAJOMARU」 (みんなシネマいいのに!)
 芥川龍之介の「藪の中」の映画化。 名家の次男に生まれたが、兄や親友、愛した女か
「TAJOMARU」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・ワーナー/監督:中野 裕之) 芥川龍之介の小説「藪の中」を原案として、乱世の中、運命に翻弄される男女の姿を描いた時代劇。 観る前は不安だらけだった。まず題名がまたして
映画 「TAJOMARU」 (ようこそMr.G)
映画 「TAJOMARU」
TAJOMARU (5125年映画の旅)
管領の家柄である畠山家の次男・直光は、家臣である桜丸の策略によって許婚の亜子を長男・信綱に犯されてしまう。亜子と共に家を出た直光だったが、山中で出会った盗賊・多襄丸に破れ、またも亜子を奪われてしまう。傷心の亜子は、これで直光と結ばれることは敵わぬと...
TAJOMARU (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。芥川龍之介「藪の中」に登場する盗賊多襄丸からの改作。中野裕之監督、小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、松方弘樹、萩原健一。原作「藪の中」は文字通り「藪の中」なのだけれど、ここでは「藪の中」があちこち散りばめられ、しかも藪の中か...
『TAJOMARU』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中野裕之原作:芥川龍之介出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、近藤正臣、萩原健一試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>文武に長け、兄を敬い、将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗...
TAJOMARU (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
TAJOMARU’09:日本 ◆監督:中野裕之「RED SHADOW 赤影」「SF サムライ・フィクション」◆出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、 近藤正臣、萩原健一 ◆STORY◆乱世の時代、室町末期。代々管領職を排出する名門・畠山家...
TAJOMARU (Diarydiary!)
《TAJOMARU》 2009年 日本映画 芥川 龍之介「藪の中」をオリジナルに
TAJOMARU (映画通の部屋)
「TAJOMARU」 製作:2008年、日本 131分 監督:中野裕之 脚本:市
TAJOMARU (タジョウマル) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛、裏切り、挫折・・・直光から強い男、多襄丸へ!__お坊ちゃま、直光が、どのように強い男になっていくのか、その変貌ぶりを追う! 物語:乱世の時代、室町末期。代々管領職を排出する名門・畠山家の次男・直光は、兄の信綱と共に、将軍より「阿古姫と結婚し大納...
「TAJOMARU」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜その男、多襄丸。   絶対、女を捨てない。己を曲げない。そして、どこまでも自由〜前情報をあまり見ず、ただ単に、小栗くん見たさとB’zの主題歌を目当てに見に行った次第。(相変わらず、ミーハーですなぁ。。。)2009年 日本  ワーナーブラザーズ配給 ...
『TAJOMARU』 (・*・ etoile ・*・)
'09.09.04 『TAJOMARU』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。わりと重めな作品が続いていたので、たまにはいいかもと応募、当選した。そして、たまには目の保養もしたかったので、イケメン枠ということで(笑) *ややネタバレ。ちょ...
TAJOMARU (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[TAJOMARU] ブログ村キーワード 評価:6.5/10点満点 2009年84本目(79作品)です。 【あらすじ】 阿古姫(柴本幸)という幼なじみの婚約者がいて、将来も約束されている畠山家の次男・直光(小栗旬)。 家臣の桜丸(田中圭)の陰謀により、山中に逃げ込んだ二人は盗...
映画評「TAJOMARU」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中野裕之 ネタバレあり
TAJOMARU (いやいやえん)
ネオ時代劇ですね〜。舞台劇風でもある。「藪の中」の多襄丸の一部の設定だけを借りた全くの別物です。当然映画「羅生門」とも全く違うよ(多襄丸は三船さんが演じていました)。 兄に家臣に姫にも裏切られ、それでも男が行き着いた先は。不条理な運命とその運命に必死...