★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「キングダム・オプ・ヘブン」

2005-05-15 03:38:16 | 映画(か行)
公開初日のオールナイト(0:10〜)で観てきました。
最近の歴史大作はことごとくコケてるけど、これはどうかなっ???って事で。
原題も「KINGDOM OF HEAVEN」。
2005年製作の歴史・スペクタクル・ヒューマン・ドラマ、145分もの。

あらすじ
11世紀のヨーロッパ。
主人公は鍛冶屋のバリアン。
いきなり顔も知らない父親が現れ、エルサレムへ向かうことに。
この父親がエルサレム王の側近の騎士(ナイト)だった。
途中で父が死亡・・・遺志を継いでナイトになり、王と聖地を守る事にするが・・・

以下ネタバレ注意↓(反転モード)
ここんとこの歴史ものはイマイチだったけど・・・
ブラピの「トロイ」やキーラ・ナイトレイが出てる「キング・アーサー」
そして「アレキサンダー」は最悪だったしーーー。
この作品は「グラディエーター」の監督・リドリー・スコット。
なかなかうまく撮れてます。
しかし気になるのは主人公。
鍛冶屋の息子が騎士になって王を守るストーリー。
しかも結果は負け戦。
前述の3作品と比べると知名度なしの十字軍ものだからね。
主演のオーランド・ブルーム(ちまたでは”オーリー”と呼ばれ始めてるとか・・・)。
なかなかいいよ。
話は、
妹の王女の行く末と将来を案ずるエルサレム王。
ライ病(今はハンセン病と呼ばれてる病気)で全身仮面状態・・・
死の直前、バリアンに妹と聖地の将来を託すが・・・
一介の鍛冶屋の息子で父の遺志でナイトになったバリアン。
生きる道はパーフェクト・ナイト(完全な騎士)。
ちょっといい仲になってた王女との愛より、騎士の道を選ぶ。
エルサレム王の妹の旦那がやな奴。
王の死後、その旦那が王となりイスラム側に戦を挑む。
しかし敢え無く敗退。
残された聖地を守るべく、立ち向かうバリアン。
勇敢に立ち向かうが力尽き、聖地エルサレムをイスラムに引き渡す事で和平合意。
バリアンは王女を連れて故郷に戻る。
そこに訪れる軍列。
きけばイギリス王が十字軍を結成し、エルサレム奪回に向かうという・・・。
ここで話は終わり・・・となる。
印象に残るのは、
キリストVSイスラムの宗教的争いの中で・・・
宗教なんて時の権力者の都合で動いてる・・・・みたいセリフや、
国や宗教のためじゃなく自分の為に戦おう・・・みたいな演説シーン。
まっ、いまだにあの地域では対立が続いてて、未だにいろんな人が混在してる現実があるけど。
メッセージ性を感じる作品ですね。
あれから約1000年、未だに「キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)」は出来ていない・・・
という事かなっ。
ここまでネタバレ注意↑

という事で今回は
オーラン度ブルーム度・・・★★★☆
一皮むけたオーリーではないでしょうか。
平和へのメッセージも汲み取れたらいいんですが・・・。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (39)   トラックバック (130)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「オールド・ボーイ」 | トップ | 「華氏911」 »
最近の画像もっと見る

39 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (TURU-W)
2005-05-17 20:37:46
最近ブログを始めたんですが、とりあえず酒と波乗りに関する話題を掲載してきましたが、映画もほぼ毎夜見ているので、これも掲載してみようと思い紹介を始めました。

映画の魅力は、現実逃避できるから自分は好きなんですけど・・・ナゼそんなに映画が好きですか?

変な質問すいません・・・。
よさげですね (紫苑)
2005-05-17 23:39:13
昨日、やっとロード・オブ・ザ・リング王の帰還を見ました。オーランドはやっぱり美しいですね♪最近ファンになりました(笑) パイレーツ・オブ・カリビアンの時は思ってたよりもイマイチの印象だったのですが、今回は良さそうですね。見るの止めようかと思ってたんですけど、見てみようかな〜(^^)
TBありがとうございました。 (http://suzukiri.exblog.jp/)
2005-05-18 09:54:02
他の歴史大作より監督のメッセージがストレートに伝わり

「あー、面白かった」という映画では無いかもしれませんが

あとあとジワリとくる作品でした。

(某巨大掲示板等の会話を見ると、また見たくなります)



オールナイトだと、冒頭で寝ちゃうお客さんもいたかも…。
オーランド・ブルーム (えい)
2005-05-18 09:58:33
トラックバックありがとうございました。



ヒゲを生やしたオーランド・ブルームもなかなかですよね。

けっこうワイルドな魅力も出せるんだと感心しました、
TBありがとうございました (しまりす)
2005-05-18 10:57:01
いやー

今回は相方が横で爆睡しておりましたが

私はかなり面白くみてしまいました。

久々にちゃんと「映画をみた!」って思いましたよ^^
私も (優みゃ☆)
2005-05-18 12:18:50
かなり面白く観れました!!

十字軍の歴史についていい勉強になりました^^。

オーリー、一皮むけてましたねっ♪

トラバありがとうございます。 (MIKI)
2005-05-18 18:16:10
おべんきょ不足な私にはオーリー一色な映画でした!

髭を生やしていてもやっぱりオーリーは美しかったな・・・と。



話の重点はそこにはないと思いますが、バリアンと父ゴッドフリーの経緯も観てみたかったなぁなんて思いました^^;

TB有難う御座います (takashi)
2005-05-19 02:02:56
TB有難う御座いました〜。

私もよく映画を見に行きますが、管理人さまもかなり映画好きと拝見しました(笑)

これからも、時々見にいらして下さいネ★
オーランド・ブルーム (kamacci)
2005-05-19 05:54:57
TBありがとうございました。



私にとっては、「リドリー・スコットの映画」なんですけど、世間では「オーランド・ブルームの映画」といった印象が強いですね。



オーランド・ブルームの端正で憂いのある顔立ちは、「ちょっと危険な」信念の持ち主というのにぴったりかもしれません。

今後、これまでに無かった、ちょっと病んだ主人公とか増えるかもしれませんね。
TBありがとうございました。 (SuuSuu)
2005-05-19 16:08:21
ひらりんさん、映画がお好きなんですね♪

これから、映画を見る際の参考にさせてもらいます



リドリー・スコット監督は、「Black hawk down」とか今回の「Kingdom of Heaven」とか、結構「どう考えますか?」的な反戦ものを作ってますよね。好きな監督さんの1人です

初めまして。 (YUKO)
2005-05-20 09:16:52
初めまして、YUKOです。TB有難うございました〜。

こちらからもお返しさせていただきました。

歴史モノは難しいです;勉強不足を後悔しました。(笑

TBありがとうございます☆ (ルーシー)
2005-05-20 21:03:10
バリアンというのは実在の人物だったそうですね。

私は全くの作り物のお話かと思ってました。

思っていたより断然楽しめたので、よかったです。

争いって、なんでこうもなくならないのでしょうかね?

むなしさも感じる映画でした・・・。

ありがとうございました (あんぶろ)
2005-05-20 23:19:13
こんにちは!トラックバックありがとうございます。



ブログ、いまいちわからないまま使っていますが、

結構そういう人多いのかしら?



私のブログはスタバネタがメインですが、映画も

大好きなので、その辺のことも自然な流れで書

いています。でも映画は観てない人もいるので

ネタバレ注意ですよね(^^;;



TB有難うございます♪ (ふるや)
2005-05-21 00:55:06
こちらからもTB返しをしてしまいました(笑

観に行く前に十字軍の予習をしてなくてちょっと失敗した感もありでしたが総合的に良かったと思いました^^ これからのオーリくんに期待デス。
はじめまして (PETE)
2005-05-21 07:52:18
ブログへのTBありがとうございます。お互いがんばりましょう。
こんにちは (黒猫のみわ)
2005-05-21 23:17:34
トラックバックありがとうございました。

もうちょっと歴史を勉強しなくちゃと思いつつも楽しんできました。



こちらからもトラックバックさせていただきました。

よろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2005-05-23 00:20:24
TBありがとうございます、が、映画の題名は正しくお願いします。
TB有難う御座います (ゆっちゃん)
2005-05-23 07:54:40
冒頭の箇所で、ちょっと睡魔に襲われたりしたのですが、美しい映画で戦闘箇所も見ごたえがあり、迫力一杯でした。

オーリーファンにはたまらない作品ですね。

これからも、情報交換を宜しくお願い致します。
TBありがとうございます。 (はな☆みずき)
2005-05-24 01:22:03
「キング・アーサー」も面白かったけれど「キングダム・オブ・ヘブン」の方がテーマがしっかりしていましたね。

ただどちらも歴史の知識不足でよくわからない点もあったのでレンタルがでたら再チェックしたいです♪



こんにちは〜 (小路迷子)
2005-05-24 10:45:31
TBありがとうございます〜。中世ヨーロッパの歴史にはうといので、映画鑑賞後、手近にある資料で少し勉強しました。りドリー・スコット監督は、スペクタクルものが多いけど、ラブシーンを描かないですねー。男っぽい人なんでしょーねー。
TBありがとうございます (hiro)
2005-05-24 16:37:29
「キングダム・オブ・ヘブン」とてもおもしろかったです。

でも、やはり歴史の知識を持った上で見た方がもっともっと楽しめたのではないかと思います。そういう意味では自分的に少し残念でした。

今度は、少しそのあたりの予備知識を頭に入れた上で再度見てみたいなぁ・・・と。

オーリー素敵でした。
TBありがとうございました。 (はるこ)
2005-05-24 21:59:37
オーリー、「トロイ」のときよりいいですよね!男らしくてとっても素敵です♪

「キングダム〜」はちょっと難しい感じもあったけど、ちゃんと理解できて楽しめました。

じ〜んとしちゃう台詞が多くあって良かったです。



こちらからもTBさせて頂きます。
TBありがとーです (サド那智)
2005-05-25 20:58:37
TBありがとうございました。

個人的には大満足なスペクタクルでした。

近作の歴史大作では出色の作品では内科と思います。

ようやく見れました (TAK)
2005-05-26 17:12:15
以前に書いた「期待してる」って記事にトラックバックしていただいたんですが、先日ようやく見れました(^^)。改めてレビュー記事を書いたので、こちらからもトラックバックさせていただきます♪
TBありがとうございました。 (メミル)
2005-05-27 01:01:33
TBありがとうございました!!



レビュー読ませて頂いて、やはり監督のメッセージ性を

強く感じる映画だったな〜と改めて共感致しました。

オーリーの演技、素晴らしかったですよね!

TBありがとうございました。 (のぶすけ)
2005-05-28 15:02:54
 こんにちわ

私は、映画の中でバリアンが敵の大将に「エルサレムの価値は?」と聞くシーンがとても印象に残っています。答えは「Nothing」しかし「Everything」。戦争の目的や大儀ってきっとこんな感じなんだろうなぁ。しみじみ・・・。
キングダムオブヘブン (nappy-happy)
2005-06-02 00:05:03
今日観てきました☆彡

難しかったです(-_-;)でもオーリーはかっこよいです(*^_^*)



こちらのブログは解りやすくて読みやすい☆彡ですね!

また来ます・・・。
はじめまして (Rei)
2005-06-03 00:06:09
TBどうもありがとうございます。

個人的にとてもお気に入りの映画になりました。先日2回目も観にいってしまった…
TBありがとうございました。 (エキゾ)
2005-06-06 11:09:15
私は結構、酷評してしまいましたが、

さすがリドリーというリアリティーには、

感服しました。
TBありがとうございます^^ (亜美)
2005-06-07 02:57:55
この映画、なんか微妙です。。。

私はいまいちピンと来ないんですが、皆さんの評判は良いようですね。

それにしてもオーランド・ブルームはコスプレ役しかないのでしょうか・・・?

現代劇とかやれないんじゃないかと、そっちの方が不安ですけども。。。



変な事書いてすいません。

トラックバックありがとうございましたm(__)m
すいません (亜美)
2005-06-07 03:02:37
TBさせていただこうとTB送信したらなぜか2回送られてしまいました。

すいませんっ!
KOH、私も見ました☆ (omuhashi)
2005-06-12 16:21:34
野性味あふれるオーランド、最高でしたね♪ わたし的に今までのオーランドの中で一番かっこいいと思うし、役柄的にも大好きです(≧З≦)ノ 
TBありがとうございました。 (swarrowtail)
2005-06-16 21:08:55
こんばんは〜。

見終えた時に、自分の無知を思い知った映画ですね。

私もTBさせてもらいますね。
TBありがとうございました (日本一大量の抗うつ薬を飲んで働いてるサラリーマン)
2005-07-01 16:14:03
カミさんいわく、馬じゃなく車に乗ってるオーリーを想像したくない・・・だそうです。ほんと、時代劇の似合う役者さんですね・・・
TBさせていただきました (cherry)
2005-10-09 08:47:49
十字軍に馴染みがなかったのですが、少しお勉強になりました

奥が深い問題ですよね
エリザベスタウン・・・。 (Ageha)
2005-10-11 10:42:28
もともとが大作のコスプレモノから

メジャーになった人で、でも演技自体はどうなのか

イマイチよくわからず。

・・ただ、そこにいてとても絵になる人で

キャーキャー言われるのもよくわかる。

(・・・といいつつ自分もそうなんだけど)

好きは好きなんだけどアイドルという感じがいなめない。



・・・で、この映画のあと現代劇(!)にでるわけで

そこでどう評価されるのか、正直なとこちょっと心配。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2005-10-17 19:04:02
いつもありがとうございます!

この映画は宗教色が強かっただけに、楽しめました。



最近livedoorからgooに、TBできないので、コメ入れさせて頂きました。

これからも、よろしくお願いしますね!
TBありがとうございました。 (barbie4623)
2005-10-21 02:31:21
すごい量の映画見てるんですねー!

私も負けないようにがんばります。

これからもよろしくお願いします♪
TBありがとうございました (can)
2006-05-05 11:37:52
私は宗教モノ、歴史モノが苦手で・・・・(^^;)

この作品も2回観てやっときちんと理解できました



確かにオーリーはひと皮むけた感じですね

でも、あの演説はちょっと薄っぺらに感じちゃいました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

130 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
キングダム・オブ・ヘブン (Akira\'s VOICE)
物足りなさはあるものの,迫力と平和への思いに満ちた壮大な映像絵巻は見応えあり!
キングダム・オブ・ヘブン (映画を観たよ)
試写会です。 エンドロールが途中まででした。まだ完成してないようです。 \"娯楽\"ではありません。もっと深いです。 「グラディエーター」がちょっぴり苦手でしたので少し心配していました。 でもその心配どっかいき十分楽しませていただきました。が何か物足りない〜 も
劇場シネマ鑑賞:キングダム・オブ・ヘブン (Digital-Shell Weblog)
リドリー・スコット監督の最新作は無視できないゾ!という訳で観てきました。ボクにとって、著名映画監督の中で1,2を争う好きな人なのです(^^)いつもの通りストーリーは割愛します。簡単にいうと十字軍の遠征...
キングダム・オブ・ヘブン (CINEMA正直れびゅ)
リドリー・スコットの新作とくれば、普通なら期待していいはず。でも、なんか興味わかないのよね。オーランド・ブルームのファンだったら、胸わくわくなんだろうけど。とまどいつつも、レイトで観てきました。
Kingdom of Heaven★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:キングダム・オブ・ヘブン 『父親が勇敢な騎士ゴッドフリーと知った鍛冶屋のバリアンは、十字軍に入隊、戦いに身を投じる。父親が死に、彼の意志を継いで、たくましい騎士に成長したバリアンは、やがてエルサレム王を助け、美しい王女シビラと禁じられた恋に落ちる...
「キングダム・オブ・ヘブン」 (試写会帰りに。)
東商ホール。オーランド・ブルームのロード・オブ・ザ・リング後、初主演映画。キングダム・オブ・ヘブン試写会。 この人、現代劇には出られないのね、くらいの興味しかなかったのだけれど、リドリー・スコット監督と知って、じゃあ観なければという事に。 ストーリー:鍛冶
キングダム・オブ・ヘブン (たにぐちまさひろWEBLOG)
12世紀末、エルサレムは聡明なるボードワン?世のもと、イスラムの覇者サラディンと休戦協定を結び、平和を保っていた。しかしそれを快しとしないテンプル騎士団の謀略により、戦いが始まる。 ボードワン?世の死後、エルサレムはサラディンの総攻撃を受けることになるが、十
キングダム・オブ・ヘブン (そーれりぽーと)
歴史スペクタクルものは苦手です。 「グラディエーター」ではグッスリ眠ってしまったので、同じリドリー・スコット監督の「キングダム・オブ・ヘブン」にリベンジしてきました。 ★★★ 今回も中盤の記憶が10分程飛んでいます(笑) もしかして「バタフライ・エフェクト」
キングダム・オブ・ヘブン見たよ。 (あややんの酒と肴とダイエット)
今日(おっと、もう昨日だ!)はリドリー・スコット監督のキングダム・オブ・ヘブンを見てきました。 うーん、オーランド・ブルームに惚れ惚れ。 やっぱロード・オブ・ザ・リングみたい金髪の王子様ヘア(エルフか。。。)よりも 絶対黒髪のほうがステキ。 ともあれ、本題
キングダム・オブ・ヘブン (It\'s a Wonderful Life)
リドリー・スコット監督による、歴史スペクタクル映画。 スケールの大きな映画で見応えは充分だと思いました。 ただし、今回は物語がやや複雑で単調なのと、善悪の1対1の対決 という判り易いラストがあった「グラディエーター」に比べると 娯楽映画としての面白...
ムスリムのイメージが変わるかも/キングダム・オブ・ヘブン (映画日記@チラシの裏)
オーリー!オーリー!   _  ∩ ( ゚∀゚)彡  ⊂彡  「チョ→サイコー! アイ・ラブ・オーリー!」で締め括られる、頭の悪いテレビ・コマーシャルに閉口した人も多いかもしれないが、『キングダム・オブ・ヘブン』はオーリー萌えな映画にあらず。むしろそういう
キングダム・オブ・ヘブンを鑑賞(3) (Suzuki-Riの道楽)
[観賞後に思った事] 映画観賞後、自宅でリドリー関連作品を ザッピングして見てみた。 そしてKOHと似た部分を探しながら思った事は 比較される作品は、宣伝や予告で言われる 「グラディエーター」ではなく 「デュエリスト」と「ブラックホーク・ダウン」の2本だと言
『キングダム・オブ・ヘブン』 (ラムの大通り)
------おっ、オーランド・ブルームだ。 『トロイ』でもうダメかと思ったけど、 しかもこんどは主演なんだって? 「なんて失礼な。 あれは役が役だったんだから仕方がないじゃない。 愛に殉じて戦争まで引き起こし、 でも、いざ決闘となったら命が惜しくて逃げ惑う。 こんな、
キングダム・オブ・ヘブン (花ごよみ)
  12世紀のフランスとエルサレムを舞台に、 ≪キングダム・オブ・ヘブン≫を追い求めた 1人の騎士の愛と感動のドラマ …… 鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は父に従い、、 十字軍の騎士として、平和と愛のため  エルサレムへと旅立ち  エルサレム王を助ける
「 キングダム・オブ・ヘブン 」マジお勧め!! (MoonDreamWorks)
監督 : リドリー・スコット主演 : オーランド・ブルーム / エヴァ・グリーン /      / リーアム・ニーソン/ エドワード・ノートン/公式HP:http://www.foxjapan.com/movies/kingdomofheaven/「キンダム・オブ・ヘブン」をより楽しむために詳細はこちらを...
キングダム・オブ・ヘブン (月下独想)
映像が良い。 エルサレムの映像がとても美しかった。 私は非常に楽しめた映画です。
キングダム・オブ・ヘブン KINGDOM OF HEAVEN (Movie Book Oracle)
ストーリー: 若き鍛冶屋のバリアンは家族を失い生きる望みも失いつつあった。遥か彼方の聖地で続いていた宗教戦争は彼にとって縁遠い事柄に過ぎなかったが、意に反して壮大なドラマに引き込まれていく。 中世のエ
キングダム・オブ・ヘブン (tsublog@theatre)
Kingdom of Heven かっこいぃ〜なんて男達がかっこいぃ〜んだぁ〜! バリアン(オーリー)がかっこいぃ〜のは言うまでもなく、彼よりも惚れたのはエルサレム国王ボードワン4世(エドワード・ノートン)とサラセン王サラディン(ハッサン・マスード)の御二方。 ゴッドフ
キングダム・オブ・ヘブン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:KINGDOM OF HEAVEN) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 12世紀のフランスとエルサレムを舞台に、天国の王国を追い求めた一人の騎士の生き様を描いたヒューマン・ドラマ。 物語の主人公は、若く美しい鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)。自
キングダム・オブ・ヘブン (優みゃの辛口映画感想)
監督:リドリー・スコット 出演:オーランド・ブルーム     エヴァ・グリーン     リーアム・ニーソン、他 あらすじ{/book/} 12世紀。妻子を失い悲しみに暮れる若き鍛冶屋の青年バリアン。父親が勇敢な騎士ゴッドフリーと知ったバリアンは、キリスト教徒とイスラム
オーリー頑張ったね。「キングダム・オブ・ヘブン」 (映画好き集れ!!)
オーリー頑張った「キングダム・オブ・ヘブン」日曜日に「キングダム・オブ・ヘブン」を観てきました。まずは歴史のお勉強から十字軍てエルサレムをイスラム教徒からキリスト教の聖地として奪回する為に派遣されたような軍隊なのです。そして、そのエルサレムをと...
【安室奈美恵 長男親権獲得!】 (芸能裏モノNEWS)
安室奈美恵(27)が、長男温大(はると)君(6)の<大<太>>親権を 元夫のSAM(43)から移す手続きを進めていることが11日分かった。 親権変更は家庭裁判所に申し立てを行わなければならず、 現在家裁で調停中だが、SAMも同意している。
【未練がましい黒田アーサーに安達祐実がキレル!!】 (芸能裏モノNEWS)
    【未練がましい黒田アーサーに安達祐実がキレル!!】 ・結婚もしていないのにわざわざ破局会見を開いた安達祐実。   破局会見直後、取材陣が黒田のコメントを求めて黒田の自宅を直撃。   すると、そこには、女性物の小さい靴があった。   そのことをレポーターに
(・∀)little nonが 夜のアキバをお掃除! (萌えの市場規模は888億円だー!!)
little nonといえば、アキバをお掃除!! どうやら、一般の人にもだいぶ、知名度が上がったようで、通りがかりの人に 『あ、これが噂のlittle nonのお掃除?』 と、言われることも増えてきたもより 写真は、おニューの赤い箒をもって、アキバをお掃除前に記念撮...
キングダム・オブ・ヘブン (漢方薬剤師の日々&映画)
オーランド・ブルームが、ドキッとするほど男っぽかったですね。『いい男』に成長しています。そして、リドリー・スコットの映像づくりは、グラディエーターを凌ぐすばらしさ。 エルサレムでの大勢の騎士たちが入り乱れての戦闘シーンは、まるで蟻の群集。そして蟻でもこん
ゆうこりぃぃぃぃぃぃぃぃん!!(病気) (それでも男ですか、軟弱者(笑))
コンビニにて、おぐゆう本発見♪即買いw 小倉優子フォトブックDVD ワタシが癒してアゲル。 表紙、1ページ目からしていきなり白ロリですよ。もうね、激萌。 アンジェリックプリティかぁ。ここは敢えてベイビーでいって欲しかったw 他には看護婦とかブレザーとか
コンプなるか?? (それでも男ですか、軟弱者(笑))
そんなこんなで今日もSHUFFLE!の トレーディングフィギュアをコンビニで2個買ったんですが... 拘束しる!!!
キングダム・オブ・ヘブン (メルブロ(更新不定期))
キングダム・オブ・ヘブン 上映時間 2時間23分 監督 リドリー・スコット 出演 オーランド・ブルーム エヴァ・グリーン リーアム・ニーソン  Yahooにて特集  先日九段会館で見てきた。だが、なんとまだ字幕も完璧でなく、エンドロールが途中で切れるという未
キングダム・オブ・ヘブン(Kingdom of Heaven) (夢の中のわすれもの)
キングダム・オブ・ヘブン ★★★★★(5.0) 公式ページ 映画生活 goo映画  リドリー・スコットは大好きな監督だ。なんといっても永遠のSF名作「ブレードランナー」を撮った監督である。彼が作った最新作が十字軍を題材にした「キングダム・オブ・ヘブン」である。
キングダム・オブ・ヘブン0515 (M’s Jumble-grumble)
今週のレビューは、昨日から公開になっている2作品をかいつまんでご紹介。 最初は、リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演「キングダム・オブ・ヘブン」。
【キングダム・オブ・ヘブン】 (ただの映画好き日記)
『キリスト教徒、イスラム教徒の双方の聖地エルサレムを十字軍が奪って100年。ヨーロッパは慢性的な圧制と貧困に苦しめられていた。そこで、農民も貴族も救いを求め遠い聖地をめざした。』 ある日突然、若き鍛冶屋のバリアンのもとへ、父と名乗る十字軍騎士ゴッドフリーが現
「キングダム・オブ・ヘブン」を観る (デスマッチだよ、人生は!)
まぁ、それなりには見ごたえはあるが、食い足りなさが残る映画だ。 シーンのアタマと尻が短くて、相当にカットされている印象を受ける。 全体的になんだか壮大なダイジェスト版を見せられてるような気がするのだ。 それだけではない。 この主人公の描き方は圧倒的に間違って
キングダム・オブ・ヘブン 評価☆☆☆  2005・4・28 (ムービープレス)
十字軍に加わった若者の冒険を描く、愛と感動の超大作ヒューマン・ドラマ 物語の主人公は若く美しい鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)。実は勇敢な騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)の息子であることを知ったバリアンは、<キングダム・オブ・ヘブン(天国の
Nothing, everything. 『キングダム・オブ・ヘブン』 (パフィオ - People of About Forty Years Old -)
エルサレムとは何か。 エルサレムには何の価値もなく、 エルサレムがすべてである。
「キングダム・オブ・ヘブン」 (akiのときどきつけるblog)
                                  ストーリー   物語の主人公は若く美しい鍛冶
キングダム・オブ・ヘブン (CLII -映画のような恋をして-)
公開日 2005年 5月 14日 ジャンル 歴史ドラマ 2005年 アメリカ オーリーに逢いたい!キャンペーン 期待度 ★★★★★ 監督 リドリー・スコット 製作 リドリー・スコット 脚本 ウィリアム・モナハン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ キャス
キングダム・オブ・ヘブン。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
『キングダム・オブ・ヘブン』を観てきました。 オーランド・ブルーム初主演作だそーで、あれ、そーだったかな、と首をひねったのですが、よく見ると初主演大作でした。微妙ですね。笑。 ところでSF映画を極めるのは実は簡単だということをご存知ですか? なぜならたった
■ キングダム・オブ・ヘブン (Moovle)
■ キングダム・オブ・ヘブン
「キングダム・オブ・ヘブン」 (てんびんthe LIFE)
「キングダム・オブ・ヘブン」 ヤマハホールにて鑑賞 オーランド・ブルーム初主演作。超大作。何から書いていいか分かりません。オーリーは確かに精悍なお顔。美しいです。若い頃のブラピさん思い出させます。今まで、「ロード・オブ・ザ・リング」はまあ金髪のロン毛の
■キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven 監督リドリー・スコット (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Kingdom of Heaven キングダム・オブ・ヘブン ●さて、まもなく公開の大作物を参ります。これ、どーなんでしょう(苦笑)。この辺りの西洋歴史大作で昨年からアップしたのは「トロイ」のみ。「キング・アーサー」も「アレキサンダー」もそれてしまったまま。では、な
キングダム・オブ・ヘブン*KINGDOM OF HEAVEN (CinemaCoconut)
誰もが目指す理想の世界、彼らの夢と希望と良心と・・・エルサレム・・
キングダム・オブ・ヘブンを観てきました (風の香り-小さな小さな祈り-)
つい三日前に上映が始まった 「キングダム・オブ・ヘブン」を観てきました。 なので、今日はそのご報告です。 十字軍遠征中のエルサレムを舞台としたこの映画は 映像も音楽も美しく、とくに音楽は私好みだったので 観ていて飽きることはありませんでした。 主役を
「キングダム・オブ・ヘブン」 (たわいもない日々)
 「キングダム・オブ・ヘブン」 ここ数年ヨーロッパの中世以前の歴史を描いた大作が多いですが、これもそのひとつ、日本だと平安時代の頃にあたる十字軍の築いたエルサレムを舞台にした物語。主演は人気者オーランド・ブルーム、監督は「グラディエータイー」のリドリー...
★★★★「キングダム・オブ・ヘブン」オーランド・ブルーム、ジ... (こぶたのベイブウ映画日記)
見終ってから、いろいろ考えさせられる。キリスト教とイスラム。聖地をめぐる戦い。サラディン、ボールドウィン4世、ティベリアと登場人物が魅力的だし、心に残るセリフも多い。「異教徒を殺すのは殺人ではない。天国への道だ!」「最初は神のための戦いだと信じていた。...
キングダム・オブ・ヘブン (ひとりごと)
最初に言わせてください。 ジェレミー演じるティベリアスはとってもおいしい役どころ! 王の軍事顧問で国家の大物。周囲からも一目置かれる存在で、歴戦の勇者らしく、足を引きずり、顔半分に深い傷跡が残り、タレ目になってます。 ジェレミーの美しい声が大画面から聞こえて
キングダム・オブ・ヘブンを見て (豚犬殿下blog)
「キングダム・オブ・ヘブン」を見ました。 オーランド・ブルーム大作初主演の映画で
『キングダム・オブ・ヘブン』 Kingdom of Heaven (ぱ★とらっしゅ)
やっと、オーリーに会ってきましたが、 オーリィ好き という気持ちで見に行くと、辛いかも・・・。 相次ぐ戦闘シーン・・・血が、砂が、汗が・・・そして、私の涙が飛びました(血が飛ぶの、イヤなのよ)。 ひえー、ぎょえー、うきー(まだ終わらない戦い・・・次
『キングダム・オブ・ヘブン』鑑賞 (★ミルクココアの映画大好き★)
あれ?顔なし(千と千尋の神隠し)じゃん! 所用を済ませてから映画館にたどり着いたので、ボ―ドワン四世がバリアンに遺言めいた事を伝えるところから観ました。 あれ? 新種のオペラ座の怪人?!! なんて驚かせてくれるマスクでした。 ハンセン病って怖いですね。 この
キングダム・オブ・ヘブン (kikumasamune)
(原題:KINGDOM OF HEAVEN)  久々に大泣きしました(話の中盤から涙が止まらなかったです)。脳髄がしびれました。宗教とか土地とかという縛りではなく、人(民)や命を最優先に重んじ、それに寸分の揺らぎもなくまっすぐにそれらを守り、大流血を回避したサラディンと
キングダム・オブ・ヘブン (ふわふわり)
「キングダム・オブ・ヘブン」を観ました。 ★★★★☆ 大作続きのオーランド・ブルームですが、主役にしてはちょっと線が細いかな…と思ってたんだけど、とんでもなかった!意外にも逞しくてドキドキですよー!>< Lyri内評価急上昇です。 感想は[moonberry]へUP。
映画「キングダム・オブ・ヘブン」 (ミチの雑記帳)
映画「キングダム・オブ・ヘブン」 ★★★☆☆ 特にオーリー(オーランド・ブルーム)の大ファンというわけではないけど、「オスカー・ワイルド」のチョイ役の時から見ているので、彼の大作初主演はどんなもんかと足を運びました。 辛口で申し訳ないけど、オーリーはあま
キングダム・オブ・ヘブン (気の向くままスタイル。)
歴史モノは難しい。宗教的なものは特に。感想だけではお伝えできないことが山ほどあります。 公式サイトのほうに予告編がありますのでお勧めいたします。 キングダム・オブ・ヘブン ≫公式サイト管理人点数評価>75点/100点オーランド・ブルームエヴァ・グリーンもう少し勉
キングダム・オブ・ヘブン (ぺぺ日記・たまに映画日記)
待ちに待った『キングダム・オブ・ヘブン』を観てきました。今日はちょっと熱く語らせていただきます(笑)。 この作品は「巨匠監督による歴史超大作」、ということでオリバー・ストーン監督の「アレキサンダー」と比べられることが多いようなのですが、リドリー・スコッ
キングダム・オブ・ヘブン (〜〜映画見ちゃいました〜〜)
監督: リドリー・スコット  出演: オーランド・ブルーム,エヴァ・グリーン,リーアム・ニーソン,ジェレミー・アイアンズ,エドワード・ノートン 製作国: アメリカ 公開日: 2005/5/14〜 『グラディエーター』のリドリー・スコット監督なんですよね。 さすがにスケー
キングダム・オブ・ヘブン (うさぎといっしょ)
今日はレディースデイ。 なのに、品川ではプレミアム館の上映だったため割引なしの2500円。 あちゃ〜。まっ、仕方ないか・・・ オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」の頃から大好き。 でも、この役は重すぎるというかまだ早すぎると言うか・・・ 残念ながら
Kingdom of Heaven (毎週水曜日にMOVIE!)
正規の水曜日。2日連続して観にいくのは初めてです。 前からずっと楽しみにしていた「キングダム・オブ・ヘブン」オーリー(オルランド・ブルーム)を取り立てて好きではなかったのですが、結構よいです。 大学時代の専攻が史学それも世界史だったように、歴史物はかな
キングダム・オブ・ヘブン ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
どうしても このイメージが 忘れられない オーリーの最新作 「キングダム   オブヘブン」 今回は一段と 気合入ってるな〜。 初の超大作主演 ということで、 ひげを蓄えて 一段と精悍な 顔つきになった オーリー。 これは本人、 満足のいく出来だったと思います。 <時
試写会「キングダム・オブ・ヘブン」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「キングダム・オブ・ヘブン」開映19:00@よみうりホール 「キングダム・オブ・ヘブン」KINGDOM OF HEAVEN 2005年 アメリカ・モロッコ 配給:FOXジャパン 監督:リドリー・スコット 製作:リドリー・スコット、マーク・アルベラ、ブルース・デヴァン、
キングダム・オブ・ヘブン (ルナのシネマ缶)
最近、歴史物の大作はなんか いまひとつって感じの作品が 多い気がします。 そして今回もこれまた日本人には 縁の薄い十字軍ものだし・・・、 どうかな〜と思いながら 観てきました。 思ったより悪くはなかったです。 ストーリーは、第一回十字軍遠征によってエル
キングダム・オブ・ヘブン (ふるやんの秘密日記♪)
間が悪いといいますか カンヌの方に意識が行きすぎてしまいうっかり忘れかけてしまってた(汗)うー。ホンマは十字軍のお勉強もしときたかったんですがそんな余裕も無く; ま、ナンとかなるかぁ と思ってたら…
キングダム・オブ・ヘブン (ピートは電脳世界の夢を見るか?)
キングダム・オブ・ヘブンただいま公開中アカデミー監督リドリースコットの最新作。 現代まで続く、十字軍<キリスト教vsイスラム教>の戦いを描いた超大作。  若き鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は家族を失い絶望を感じていた。その時、父親でエルサレムの領
キングダム・オブ・ヘブン (利用価値のない日々の雑学)
実はここのところ「スペクタル歴史劇」は当たり・はずれでいうとはずれっぱなしではないだろうか? そもそも、昨年公開された久々の大作「トロイ」を皮切りに、「キング・アーサー」、「アレキサンダー」と、このジャンルは次々に作品のクオリティが下がってきている。今改め
ブログの宣伝ならアクセスアップ!トラックバックセンター (アクセスアップ!トラックバックセンター)
良い内容、目を引くブログ様にトラックバックを送らせて頂きました。 ご迷惑でしたら...
感想:キングダム・オブ・ヘブン (NAM1978.cocolog)
『エイリアン』や『ブレード・ランナー』で有名な、リドリー・スコット監督による中世
Kingdom of Heaven(2005, US) (The Final Frontier)
今回のオーリィはヘタレではなかった Kingdom of Heaven。 しかし、なんというか キリスト教に馴染みの薄い日本人には難解な内容であろう。キリスト教とイスラム教の聖地・エルサレムをめぐる戦いで、しかもグラディエーターの監督だったリドリー・スコット監督の作品だとく
キングダム・オブ・ヘブン (まつさんの映画伝道師)
第94回 ★★★☆(劇場) 「神の為に戦ってきたつもりだったが、結局は富と土地の為だった」  ティベリアス(ジェレミー・アイアンズ)はそう言ってエルサレムを後にした。  これは現代にも通じる台詞である。  今、こうしている時でも、世界のどこかで
キングダム・オブ・ヘブン (impression)
12世紀のフランス。妻子を亡くし絶望に暮れる鍛冶屋のバリアンは、実の父がエルサレムの王に仕える勇敢な騎士ゴッドフリーであることを知り、十字軍の騎士としてエルサレムへ戦いの旅に出る。 父親が目指したのは「キングダムオブへブン」と言う天国の王国。 その頃、エル
キングダム・オブ・ヘブン (ももママの心のblog)
我らがオーランド・ブルームの大作初主演。西洋史の大きな曲がり角になる、十字軍派兵の時代を描く。砂漠の国で戦う騎士の平和と愛の物語。 2005年 アメリカ 歴史ドラマ ヒューマンドラマ 2005年5月18日 川崎チネチッタ 監督 リドリー・スコット 脚本 ウィリアム・モ
●キングダム・オブ・ヘブン (Movie lover 映画大好き♪)
監督:リドリー・スコット 出演:オーランド・ブルーム/エヴァ・グリーン/リーアム・ニーソン/ジェレミー・アイアンズ === ストーリー === 1184年のフランス。。。 若き鍛冶職人バリアン(オーダンド・ブルーム)は、 実の父である十字軍の勇敢な騎士ゴッ
キングダム・オブ・ヘブン★★★★迫力の映像と圧倒的な存在感の... (kaoritalyたる所以)
見終わってしばらくの間、色んなシーンを振り返って考え込んで言葉がなかった。世界史は苦手で・・十字軍の知識もろくにないので少しは知っておいたほうがよかったなぁ〜と思いました。解っていた事だけど映画を見ちゃいました。キリスト教の王国を統治していたボートワン...
キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven ★★★☆ (おのぺりの映画鑑賞会★)
22日なのでとにかく映画館へ。そして他に選択肢のないまま観ることになったもの。ロードオブザリング&トロイのダメ王子のオーランドブルーム主演の歴史大河ドラマ、エルサレム争奪戦。 ここ数年やけにこういった時代物が多い。最初(3年前くらい?)はへー、と思っていたけ
キングダム オブ ヘブン (王様の耳はロバの耳)
戦争モノは好きじゃないのに、何で観に行っちゃったんでしょうねぇ、私。 不特定多数の人間がゴミのように死んでいくのが嫌なのかも。 ソレは歴史モノでも同じでした。 武器が銃か弓かの違いなだけだし。 英会話の先生に観に行くことを伝えたら、あまりいい顔されなかった
「キングダム・オブ・ヘブン」〜トマログ的映画レビュー〜 (トマログ)
「バタフライ・エフェクト」を観に行った“ついでに”観てきた作品。 監督は「ブレードランナー」「エイリアン」、そしてこの作品と同じ歴史大作「グラディエイター」を手掛けたリドリー・スコット。そして主演は「ロード・オブ・ザ・リング」を通して今や不動の人気を獲得し
「キングダム・オブ・ヘブン」みてきました♪ (Season-Season)
天の王国=エルサレム王国の運命を描いたリドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」。歴史スペクタクルが大好きな私向きな作品でした♪舞台は12世紀のエルサレム。フランスで鍛冶屋をしていたバリアン(オーランド・ブルーム)の元に十字軍の騎士ゴッドフリー...
キングダム・オブ・ヘブン (MOVIE NOTE)
十字軍の光と影 ストーリー フランスの小さな村で鍛冶屋をしているバリアン(オーランド・ブルーム)の元にゴッドフリーら十字軍兵士が訪れる。そこでバリアンは彼の息子であることを知らされる。妻と赤ん坊を失い、信仰心も失っていたバリアンは意地の悪い村の司教の言
キングダム・オブ・ヘブン (ぶらうず★するー)
12世紀。エルサレムをめぐるキリスト教(十字軍)とイスラム教(回教)の和平と争い。 出ているキャストは、オーランド・ブルーム、リーアム・ニーソンやジェレミー・アイアンズと、なかなか豪華である。 エルサレム王は仮面をかぶっているためほとんど彼と分かるシーンはな
キングダムオブヘブン (orangesource)
公開3日目に観てきました。KingdamofHeven。非常に気に入りました☆オーランドブルームの演技も、私には新鮮で良かった。名前が先に売れちゃった感があってアイコンなイメージを持っていたのですが彼の繊細でおとなしいんだけど、でもなんか気になってしまう佇まいが、一...
キングダム・オブ・ヘブン (スイカノツボ*気ままな鑑賞日記)
Kingdom of Heaven いまだ続いている中東の争いを思うとなんとも気が重くなる。 この映画ではつかの間の平和が描かれているけれど。 神という名の下に領土、権力争いをしているだけだ・・ というようなことが映画の中のセリフにあったけど、まさにその通り。 この
キングダム・オブ・ヘブン (はるこ☆うらら)
『キングダム・オブ・ヘブン』も観てきました♪ストーリーは… 聖地エルサレムを十字
 キングダム・オブ・ヘブン/女性の論理 (マダム・クニコの映画解体新書)
(ネタバレ注意!!)  映画化は難しいといわれている十字軍を舞台にした一大スペクタクルだが、愛や平和について問題提起する人間ドラマとしても見応えがある。  十字軍は1095年、キリスト教ヨーロッパに於いて、法王ウルバン2世の要請により結成された。キリ
キングダム・オブ・ヘブン 【リドリー、君はやはり凡才で、でも愛している】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
つまらないけど好きな映画って時々ある。この映画が失敗作、駄作であることは100%承知だが、それでも、それだけで片付けられない魅力がある。3章構成で、/震面椶頬めて、普通に貶して、0α半々でコケにしてみる。(ついでに第四章でリドリーの熱き作家論を語ってみた
キングダム・オブ・ヘブンを観てきました。 (しまりすのひとりごと)
バドミントン後遺症でくたくたで体も痛いというのに。 相方さんのご所望で「キングダム・オブ・ヘブン」を観てまいりました。 六本木ヒルズ20:45分より。 なぜか同じ列が全員外人、そしてよくわからないところで笑う彼らに 「な、何故にそこで笑う???」と「?」がい
見に行ってきましたよキングダム・オブ・ヘブン。 (漫画家 森田崇BLOG★フラットランド)
先日書いたように、見に行ってきましたキングダム・オブ・ヘブン。 さて。 結論から
「 キングダム・オブ・ヘブン 」二度目の鑑賞 (MoonDreamWorks)
監督 : リドリー・スコット主演 : オーランド・ブルーム / エヴァ・グリーン /      / リーアム・ニーソン/ エドワード・ノートン/ 公式HP:http://www.foxjapan.com/movies/kingdomofheaven/ ほとんどネタバレにはなりますが、単にあらすじというので...
キングダム・オブ・ヘブン (見る?ミル☆ブログ)
{/kaeru_en2/}《ストーリー》 12世紀のフランス。妻子を亡くし失意のどん底にある鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)の元に、十字軍の騎士・ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)が訪れて、自分が父親だと告げる。 バリアンは父に従い、聖地エルサレムへと旅立つ。
「キングダム・オブ・ヘブン」を観る (Cinema Satellite Neo)
ハリウッドの出世魚、オーランド・ブルームが 遂に主演を張った「キングダム・オブ・ヘブン」をシネコンにて。 うーん、そんなに期待はしてなかったんですけれど、 やっぱり期待値並みの凡庸な作品だな、こりゃ。 リドリー・スコットもどうしちゃったんだってくらい演出に精.
「キングダム・オブ・ヘブン」 (the borderland)
元々史劇というのは好きではない分野なんだけど、「グラディエイター」は面白かったので同じリドリー・スコット監督の作品ということで見てきました。当時の衣装やエルサレムの街並み、戦闘シーンなどそつなくできていて、映像の魅力はありますが、十字軍を扱った話題に疎い
キングダム・オブ・ヘブン (じぶちゅう)
キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド 三沢 洋, リドリー・スコット 夜勤明けだから絶対寝るな、と 思いつつ、それでも行ってしまいました。 『キングダム・オブ・ヘブン』2時間30分。
キングダム・オブ・ヘブン (しまねこ★くろにくる)
観たのは一昨日だけれど、自分の備忘録も兼ねて感想など。オーランド・ブルームが出演している映画はかなり観ているけど、オーランド・ブルームが主演している映画は、実は初めて。それもオーリーお得意のコスチュームモノとあっては期待しちゃいますね。(↓以下、ちょっ...
■キングダム・オブ・ヘブン (ルーピーQの活動日記)
 12世紀のフランス。妻子を亡くし失意のどん底にある鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)の元に、十字軍の騎士・ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)が訪れて、自分が父親だと告げる。バリアンは父に従い、聖地エルサレムへと旅立つ。当時、聡明なキリスト教徒の.
キングダム・オブ・ヘブン−KINGDOM OF HEAVEN− (shimoの音楽&映画鑑賞日記)
監督:リドリー・スコット 出演:オーランド・ブルーム    エバ・グリーン    リーアム・ニーソン    ジェレミー・アイアンズ    エドワード・ノートン
キングダム・オブ・ヘブン  CG控え目の戦闘部分が見所? (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:キングダム・オブ・ヘブン/アメリカ,FOX ジャンル:超大作スペクタクル歴史戦闘物/2005年/145分 映画館:京都スカラ座(507席) 鑑賞日時:2005年5月28日(土),18:30〜 30人 私の満足度:55%  オススメ度:55% 同監督のグラディエーターは最高におもしろかった
キングダム・オブ・ヘブン (EVERYDAYISSPECIALヾ(>▽<)o)
オーリー主演の『キングダム・オブ・ヘブン』をやっと観に行った☆感想は、、、興味がないと難しい・・・(-_-;)そう思いました。地名・人名・関係・上下関係・敵対関係あぁ、覚えられない(ノ´▽`)展開が早くて必死でした。終わってみると疑問がたくさん。また見なくちゃ...
キングダム・オブ・ヘブン (Let bygones be bygones.)
友人のしらたまさん達と見てきました!(@六本木ヒルズ)いや、良かったですよ〜。かなり。正直、最初は全然期待してなかったんですね。オーランドブルームファンの為のアイドル映画かと…(^^;実際はかなり硬派な歴史物でしたね。あからさまなお涙頂戴シーンも無く割と淡々
『キングダム・オブ・ヘブン』〜男前は死なない〜 (+ひよこのアシアト+)
ネタバレ独自感想しか書きませんので!!観てない方は要注意!! ・一人でびくつき度★★★★☆(ずるい。痛そうな音がでかいねん。怖い) ・戦闘シーン目を細め度・・・★★★★☆(最初の追っ手のシーンで、ああ、これはたぶんあかんな、と。直視デキマセヌ) ・え??まっ...
キングダム・オブ・ヘブン ★ (TRUE−TIME WEB−LOG)
>キングダム・オブ・ヘブン あちゃー。どうやら違う作品をやってるスクリーンに入ってしまったらしい。シネコンはたまにこういう失敗があるからやっかいなんだよなあ・・・あれ?でも確かにここでいいはずだ。上映時間も指定通りだし席番号もちゃんと合ってるぞ・・・だけ
キングダム・オブ・ヘブン (きまぐれ Daily☆Daily)
まず背景をしらないとなんの話?となるので 多少なりとも十字軍あたりの歴史をおさらいしたほうが観やすいとはおもう ひたすら暗い中世ヨーロッパから、砂の舞う神秘の国エルサレムへ アクションにはかなり力とお金をかけてる 序盤のスピーディな奇襲シーン、後半のサラ
『キングダム・オブ・ヘブン』・・・ま、こんなもんでしょ (お初にお目にかかります)
『トロイ』、『キング・アーサー』、『アレキサンダー』・・・そして本作。長ったらしいコスチューム時代劇は、もう沢山。(結局、全部観ているのがまた・・・)ま、いっか1000円だし。結果・・・やっぱりなーといった感じ。引き込まれないんだよな。前述の3作の世界には、
●キングダム・オブ・ヘブン (きまぐれ更新局)
製作国:アメリカ配  給:FOX公開日:2005/05/14監  督:リドリー・スコット脚  本:ウィリアム・モナハン出  演:オーランド・ブルーム      エヴァ・グリーン      リーアム・ニーソン      ジェレミー・アイアンズ      エドワード・ノートン
「キングダム・オブ・ヘブン」・・・4 (☆Hello,Hello,Hello☆)
観て来ました!(吹き替えを入れて、3回目^^;)毎回見るたびに、いろいろ違うところが印象に残ります。今回は、バリアンについて。(ネタばればれです!)吹き替えで、かなり彼の心の変化を感じ取ることができ、物語の構図も理解できたと思うのですが、今日はラストの...
「炎のメモリアル」 (prisoner\'s BLOG)
ホアキン・フェニックスが救助中の事故で燃えるビルに孤立する状況から始まり、消防士としての人生がフラッシュバックされていく構成で、これラストから逆算すると人生走馬灯状態になっているのはわかるが、流れで見ていくとラストでなんかスカされたような感じもする。 消防
「キングダム・オブ・ヘブン」を見ました(軽くネタバレしてます) (浮夏文置き場)
友達と観に行きました。感想となると微妙です。オーランド・ブルームさんしか分かんないですよ。私だけですよね〜。そしてストーリーは更に謎。私はがんばって理解しようとしましたがなんでオーランドさんのパパ役だった人はあそこまで母親と自分の関係を微妙に語るのか?...
キングダム・オブ・ヘブン (Imagination From The Other Side)
12世紀のエルサレムを舞台に、十字軍とサラセンの戦いに飲み込まれていく騎士バリアンの姿を描いた歴史スペクタクル。 主演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「トロイ」のオーランド・ブルーム。 共演に「シンドラーのリスト」「K-19」のリーアム・ニーソン、「...
キングダム・オブ・ヘブン (シカゴ発 映画の精神医学)
日本語オフィシャルサイト   先日読者より、「炎のメモリアル」のタイトルの解読の感想とともに、次のようなご意見をいただきました。  「樺沢先生は、聖書に結び付けすぎだと思います」  私が映画と聖書を強引に結び付けているわけではなく、ハリウッド映画のほと
『キングダム・オブ・ヘブン』映画批評20 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  良質な史劇だと思います。 『グラディエーター』あたりから始まって『トロイ』『キングアーサー』『アレキサンダー』と続くスペクタルな作品群。それから『ロード・オブ・ザ・リング』に代表されるド迫力の戦闘シーン。そんな同ジャンルの中でもこの『キ
オーランド・ブルーム Orlando Bloom 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),13 January 1977,Canterbury, Kent, England, UKPirates of the Caribbean 3 (2007) Pirates of the Caribbean: Dead Man\'s Chest (2006) エリザベスタウン Elizabethtown(2005) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven(2005) Haven(2
リーアム・ニーソン Liam Neeson 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),7 June 1952,Ballymena, Co. Antrim, Northern Ireland, UK 本名 William John NeesonUntitled Steven Spielberg/Abraham Lincoln Project (2007) The White Rose (2005) Breakfast on Pluto (2005) The Proposition (2005) バットマン ビ
ジェレミー・アイアンズ Jeremy Irons 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),19 September 1948,Cowes, Isle of Wight, England, UK 本名 Jeremy John IronsThe Magic 7 (2005) (TV) (voice) The Night of the Iguana (2005) Mare, Il (2006) Untitled Casanova Project (2005) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom
エヴァ・グリーン Eva Green 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),5 July 1980,Paris, FranceZhivaya riba (2005) Paris, je t\'aime (2006) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven (2005) ルパン Arsene Lupin (2004) ドリーマーズ The Dreamers (2003) エヴァ・グリーン Eva Green 画像・イメ
キングダム・オブ・ヘブン (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) まぁ、リドリー・スコットの監督作なのでハズしてはないと思います。 特にクライマックスの戦闘シーンはかなり迫力がありました。 がしかし・・・ ぶっちゃけ十字軍の事ってよく知らないんですよね。 世界史の
キングダム・オブ・へブン (ペパーミントの魔術師)
キングダム・オブ・ヘブン 特別編(初回限定生産)オーランド・ブルーム リドリー・スコット エヴァ・グリーン 関連商品 アレキサンダー プレミアム・エディション チャンピオン 明日へのタイトルマッチ キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド グラディエーター エクステン.
キングダム・オブ・ヘブン (レンタルだけど映画好き morey’s room(別館))
2005年 アメリカ 監督 リドリー・スコット 出演 オーランド・ブルーム /エヴァ・グリーン /リーアム・ニーソン/ジェレミー・アイアンズ/エドワード・ノートン /デヴィッド・シューリス/ブレンダン・グリーソン /マートン・ソーカス /ハッサン・マスード あらすじ
キングダム・オブ・ヘブン (Cinemermaid)
舞台は12世紀フランス 聖地エルサレムを巡る十字軍とサラディンの指揮するイスラム帝国との一触即発状態からついに戦争へ・・・っていう時代のことらしい 正直言ってこういう歴史超大作にはちょっと飽きがきてる私・・・ 【キング・アーサー】のようであり【アレキサンダ
キングダム・オブ・ヘブン (Rohi-ta_site.com)
DVDで、オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、ジェレミー・アイアンズ、リーアム・ニーソン 出演、リドリー・スコット 監督作品「キングダム・オブ・ヘブン」を観ました。 ●ストーリー 1184年フランス、鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は、息子を失
★キングダム・オブ・ヘブン (あたしンち)
木星人が珍しく新しく出たDVDを購入せずにレンタルで借りるという。これを使えばレンタル物でもダビングできると言って、買ったものの、まだまともに使っていなかったので初活躍でした。うん、ちゃんとできたよ。とてもキレイでした。この映画は数ある十字軍を扱ったもの...
キングダム・オブ・ヘブン (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
キングダム・オブ・ヘブン (cinema note+)
200
映画『キングダム・オブ・ヘブン』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは歴史超大作『キングダム・オブ・ヘブン』です。 あのロード・オブ・ザ・リングで大出世した美青年オーランド・ブルーム初の大作主演作品でもありましたなぁ。 (そ
キングダム・オブ・ヘブン (Blossom Blog)
キングダム・オブ・ヘ
映画「キングダム・オブ・ヘブン」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
DVDで観ました。十字軍の話です。流石にリドリー・スコット監督は、映像は綺麗です。アクションシーンなどがあまりなく、娯楽性は少ない内容となっています。ある程度は歴史の知識を勉強してから観た方がいいかと思います。ラストのエルサレム城壁での攻防戦は臨場感とダイナ
キングダム・オブ・ヘブン (金魚☆のマイペース日記)
------------------------------------------------------------------*** キングダム・オブ・ヘブン ***おすすめ度 ★★★★☆キングダム・オブ・ヘブン(初回限定生産)監督:リドリー・スコットキャスト:オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、リーアム・ニーソ...
『キングダム・オブ・ヘブン』KINGDOM OF HEAVEN (ザ・シネマ)
巨匠、リドリー・スコット監督の歴史作 製作年:2005年 製作国 : アメリカ 出演:オーランド・ブルーム (『ロード・オブ・ザ・リング』で人気に!) ジェレミー・アイアンズ (『運命の逆転』でアカデミー主演男優賞) リーアム・ニーソン(『シンドラー
KiNGDOMOFHEAVEN. (短足おやぢの館。)
ORLANDOBLOOM主演のKiNGDOMOFHEAVENを観てみました。GLADiATORの監督であるRiDLEYSCOTTの作品です。これぞヒーロー! という感じの主人公です。それにしても、こんな男らしい役を演じるORLANDOBLOOMって観た事がありません。なんだか、もうちょっとなさけない役の方が多...
キングダム・オブ・ヘブン (WILD ROAD)
『キングダム・オブ・ヘブン』 2005年アメリカ(145分) 監督:リドリー・スコット 出演:オーランド・ブルーム    エヴァ・グリーン    リーアム・ニーソン    ジェレミー・アイアンズ    エドワード・ノートン ★ストーリー★ 父親
十字軍 (地中海欧羅巴くらぶ)
昨日、「キングダム・オブ・ヘブン」という十字軍の騎士を 描いた映画のDVDを購入して、見た。 以前記事にした聖杯伝説の際にもこの映画について触れたが、 十字軍がパレスチナに打ち立てたエルサレム王国末期の十字軍と アラブの英雄サラディ
『キングダム・オブ・ヘブン』 (臙脂と紫とはせ)
監督:リドリー・スコット出演:オーランド・ブルーム   エヴァ・グリーン   リーアム・ニーソン   ジェレミー・アイアンズ   エドワード・ノートン ほか12世紀のフランス。妻子を亡くし失意のどん底にある鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)の元に、...
キングダム・オブ・ヘブン (いつか深夜特急に乗って)
「キングダム・オブ・ヘブン」★★★★ (DVD)2005年ア
キングダム・オブ・ヘブン (奥様的部屋)
十字軍モノDVD またまた言い訳めいてしまうが、私は世界史が苦手なので、十字軍とかエルサレム王国とかって言われても全体の表面0.01mmくらいの知識しか持ち合わせていないこの作品については、多分そのあたりの知識があるとないとでは随分楽しみ方が違っただろ ...
映画『キングダム・オブ・ヘブン』 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:Kingdom of Heaven 十字軍の史実を元に製作されたこの映画、仏教徒はともかく、キリスト教徒とイスラム教徒が共存する"天国の王国"を築く・・父の遺言に導かれて・・ 時代は12世紀、フランスの鍛冶職人バリアン(オーランド・ブルーム) ...
映画評「キングダム・オブ・ヘブン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督リドリー・スコット ネタバレあり