へそ曲がりおじさんの花便り

辛口のブログ「へそ曲がりおじさんのひとり言」の姉妹版で
私の趣味である「花作り」の記録を兼ねています

ネキリムシ 追記(補足説明)をしておきます

2017-07-16 04:24:20 | 昆虫・小動物
地域によって呼び名が違うのだが、私は「ネキリムシ」と言っている。

正確には「コガネムシ(甲虫)類の幼虫」である。

地域によっては、「ヨトウガの幼虫」をネキリムシと言うが、私は「ヨトウムシ」と言っていて、「ネキリムシ」とは言わない。

現実問題として、ヨトウムシは苗の地際を食いちぎり、地中の根は余り食べないし、地上部の葉や茎を食い荒らすことも多い。

逆に、このコガネムシ類の幼虫は、地上部を食害することは殆どなく、もっぱら根を食害し、ブルーベリーを枯らしてしまうような悪さをする。





掘り出してすぐは丸まっているが、少しすると動き出し、土を掘って地中に逃げ込んでしまう。


かわいそうでは有るが、この後こいつは池の鯉のお腹に・・・・。

2015.07.21.





追記(補足説明)です。

このネキリムシ。

土の中の有機質を主なえさとするので、堆肥を使うと発生しやすくなります。

特に「ピートモス」は好物のようで、ピートモスを使って植えることの多い「ブルーベリー」の鉢には良く発生します。

始めはピートモスを餌としているが、大きく成長するにしたがってピートモスも食べられて少なくなる。

すると・・・・。

ネキリムシは「エサ不足」に陥り、今度は植物の根を餌として食い荒らすのです。

そう、まさに「ネキリムシ」なのです。

これを知らずにブルーベリーを枯らしてしまう人も結構いるので。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大量のカトレア    追記... | トップ | エケベリア・レインドロップ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私が見たのと (さくらの季節)
2015-07-22 05:27:53
私が見た虫と同じだわ。
私は、この虫がいたプランターに朝顔を植えました。
朝顔が1本途中まで伸びて枯れました。もっとネキリムシが居たのかと植木屋さんに聞いたら 朝顔の根は毒だから ネキリムシは食べないはずよ、と言われました。

ネキリムシは そろそろコガネムシになるでしょうね。
虫、苦手です。。 (ジャムバタコ)
2015-07-22 19:25:40
うちも昔、ベンジャミンを外置きにしていたら、葉がパラパラと全部落ちてしまい、買った店に相談したら、鉢の中を確認しにきてくれて、こういう虫がうじゃうじゃ出てきて、卒倒しそうになりました。鯉の餌か~、悪さをした罰ですね。
さくら子ちゃん (へそ曲がりおじさん)
2015-07-22 21:30:57
毒があっても食べることがあると思うが、こればかりは何とも言えないね。
成虫になる時期は種類によって違い、これは遅いほうかも。
ジャムバタコさん (へそ曲がりおじさん)
2015-07-22 21:35:44
たまにビックリするくらい発生するときが有るが・・・・。
成虫を放置していると、その危険性が高くなる。
なので、かわいそうだが、成虫も鯉の餌に。

コメントを投稿

昆虫・小動物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。