缶詰blog

世界中の缶詰を食べまくるぞ!

レバノン「フムス」の缶詰

2017-02-15 11:04:52 | 総菜

本日はレバノンの缶詰を紹介申し上げたい。

中身は「フムス」という豆料理であります。

フムスは中東諸国で広く食べられている伝統的な料理で、茹でてすり潰したひよこ豆にゴマのペースト、すり下ろしたにんにく、レモン汁と香辛料などを混ぜ合わせたものだ。

肉や魚を含んでいないのでベジタリアンにも非常に人気があるらしい。

 

レバノンであるからして、アラビア語表記も書いてある。というよりも、こちらがラベルの正面でありましょう。

実にエキゾチックな佇まいで、開ける前からわくわくしてしまう。

 

イージーオープン式のフタを開けるとこの通り。

乳白色のべとべとしたペーストがたっぷり詰まっている。

 

中東風の食べ方としては、だいたいこんな缶じらしい。

平らな皿にあけ、中央部をくぼませて、周囲を高く盛り付ける。

中央部にオリーブオイルをたっぷり注ぎ、好みの具と一緒に食べるのだそうな。

この盛りつけをやっているあいだ、僕の頭の中には映画「未知との遭遇」のシーンが浮かんできた。

リチャード・ドレイファスが演じる主人公は、UFOを目撃してから、ふとした瞬間に我を忘れてしまう。

忘我のまま、このフムスのようなクレーター状のものを作り上げてしまうのだ。

シェービングクリームとか、ケーキの生クリームを見ると、とたんに意識はどこかへ吹っ飛び、こてこてとクレーター状にしてしまう。

やってみると難しいもので、だんだん姿勢が前のめりになり、なぜか興奮状態になり、僕自身もリチャード・ドレイファスのようになっていた。

 

かくのごとし。

食べてみたら、予想以上に酸味が利いていた。酸っぱいといってもいいくらいだ。

本来のフムスがレモン汁を使って作られるから、その通りの味なのだとも思うが、おそらく各家庭、お店によって味付けは様々でありましょう。

ゴマのペーストが入っているので、かなりねっとりした食感で、例えばマッシュドポテトなどよりもずっとねっとり感が強い。

だからとても食べ応がある。一度にそんなにたくさん食べられないほどだ。

 

実にユニークな体験が出来た。今度は自分で豆缶を使い、フムスを自作してみようと思う。

 

 

原産国:レバノン

原材料名:ひよこ豆、ゴマペースト、水、塩、酸味料、クエン酸

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『缶詰の現場から』ミヤカン

2017-01-27 08:57:57 | 取材もの 缶詰の現場から

真新しいミヤカン本社工場。真新しいのには訳がある

 

読者諸賢よ!

今回は宮城県気仙沼市にある株式会社ミヤカンの工場見学レポートをお届けしたい。

ミヤカンはSSKセールスのグループ企業で、同ブランドの缶詰製造を担っている。

またモンマルシェというブランドの缶詰製造も担っている。モンマルシェは昨年、まぐろ1尾から1缶しか製造できないという「プレミアムオーシャンプリンセス鮪とろ」を出して話題になったSSKグループの高級ブランドだ。

さて、前置きはこのあたりにして...。

ミヤカンは1942年創業だが、その本社工場は真新しい。2011年3月に起こった東日本大震災の津波で全壊したからだ。

それを再建し、缶詰製造が出来るようになったのが2015年春のこと。震災から丸4年かかったことになる。

その間のご心痛、ご苦労には胸が塞がる思いであります。

 

 

気仙沼漁港の様子。さばの水揚げが始まったのは朝7時であった(2016年12月8日)

 

ミヤカンの強味は2つ。

1つは、気仙沼漁港から2キロという近距離にあること。

もう1つは、元漁業関係者だった目利きの社員・M氏がいること。M氏は魚介の買い付け担当者だが、買い付ける予定がなくても、毎朝必ず漁港に出向いてから出勤してくるという。

震災で漁港が使えなかったときは、水族館に行ってでも魚の姿を眺めていたというくらい、魚を愛してる人だ。

そんな人が魚介を選び抜き、缶詰原料に使っているわけであります。

 

 

この日はさんま缶を造っていた。

漁獲量自体が減ってきた近年、脂の載った大きなさんまを揃えるのは大変なことだ。

 

 

魚体を目と手で確かめ、規格に合うかどうか更に選別する。

この前には金属探知機を通る工程があり、そこで釣り針などが含まれていないかをチェックしている。

 

 

サイズ分け。大きさによってどの商品に使うか決まっているのだ。

この後、カッターで頭と尾をカットし、同時に内臓も抜く。

カットした身は、また金属探知機を通して検査する。万一カッターが欠けたりすると、その金属片が混入する可能性がある。それをチェックするんであります。

 

 

可食部分だけになった身を缶に手詰め。

この動作ひとつを見ても、いかに心を込めて作業しているか判ると思う。

 

 

重量を揃えるために切り身を入れ替えたりする。

カメラだから一瞬を捉えているが、この作業、実はかなり速い。

 

調味液を充填。これは味噌だれを入れているところ。

この後、缶内の空気を抜きながらフタを巻締めて密封する。

 

 

密封された缶詰の外側には調味液などが付いていることがある。

だから熱湯できれいに洗浄するのだ。

 

 

見た目にはもう缶成品だが、実は中のさんまがまだ生である。

(生の切り身を詰めてるから)

それをこの籠にまとめて入れて...。

 

 

出ました! レトルト殺菌釜!(と喜んでいるのは筆者だけですが)

この釜で圧力を掛けて加熱していく。

加熱によってさんまに火が通り、調味液も染みこんで調理される。それと同時に、高温によって菌類も殺菌される。

つまり調理と殺菌が1工程で行われる、とても効率のいい方法なんであります。

 

 

規定時間内に冷ましたら、このバキュームチェッカーで全品検査。

これは、缶の中の空気がちゃんと抜けているかを瞬時に調べる機械なのだ。

 

 

全自動紙巻きラベル貼り付け機。というのかどうか判らぬが、そういう機械です。

 

 

こうしていくつもの検査と手作業を経て出来上がったと思うと、どれも愛しくてたまらぬ。

 

 

初めて見ました「黄金さんま」。ミヤカンオリジナルの缶詰であります。

本当に脂の載ったさんまだけで造られるから数量限定になっている。

脂が載っているといっても皮下脂肪が多いだけではいけない。脂が身にサシのように入ったものが最上等だ。

 

 

明け方の気仙沼漁港

 

ミヤカンのある気仙沼は、住人の約8割が水産業に従事しているそうな。

気仙沼漁港も津波の被害をやっと克服し、水揚げ量はほぼ震災前の水準まで戻った。

同港はフカヒレ、さんま、かつおで有名だが、他にもびんながまぐろ、めかじき、まだら、もうかざめなど多種多様な魚が揚がる。

まだ見ぬ新しい缶詰がこれから誕生するかもしれない。そんな予缶を缶じたミヤカン取材でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明太子の油漬け缶なり

2017-01-10 09:38:07 | 魚介

110日は明太子の日である。

なぜかというと、日本で初めて明太子が発売された日だからである。それは昭和24年のことだったそうな。

その明太子は、博多のふくやが開発・発売したのであった。

何となれば、明太子の本家本元はふくやと言えるわけであります。

そうして、今回紹介するのは、そのふくやが開発した明太子の油漬け缶詰なのであります。

 

開缶! 

色が生の明太子のように赤くない。でも、こっちが自然な色合いのように見える。

袋から取り出した魚卵の粒がぎっしり、油に浸っている。その油は綿実油という、綿の種から絞った高級な油を使用している。

スプーンで口に運ぶと、さらっとした綿実油のあとで、明太子の一粒一粒がぷちぷちと弾ける。

初めて体験する食感である。

弾けた粒から魚卵のうまみが出てきて、それが瞬時に綿実油のうまみと合わさる。

熱々ご飯にかけると、油をまとった明太子が米を包み込む。これも生の明太子ではありえない現象である。

加熱した明太子には独特の香ばしさもあり、ご飯がぐいぐい進んでしまう。

でも...。

明太子といえばスパゲッティも美味しいのだ。そっちも試してみよう。

 

かくのごとし。

具は茹でたほうれん草と大豆缶である。

作り方はとても缶たんで、ボウルに明太子缶(全量)とバター20g、大豆、茹でて水気を絞ったほうれん草を混ぜておき、そこに茹であげた熱々スパゲッティを入れてかき回しただけである。

1缶でスパゲッティ160g(乾燥状態)、つまり2人分が作れた。

ただ、油は缶詰に入っている分では足りない。オリーブオイルを足してもいいのだが、明太子にはバターのほうが相性がいいようである。

乳製品特有のコクが、魚卵の風味と合っているようである。

 

生の明太子は足が早いが、この缶明太子なら常温で2年は保つ。

そう思えば明太子好きには大安心である。

 

内容量:85g

原材料名:辛子明太子(すけとうだらの卵、食塩、唐辛子、その他)、綿実油、調味料(アミノ酸等)酸化防止剤(V.C)、ナイアシン、発色剤(亜硝酸Na)

参考価格:税込756円

原産国:日本(製造:静岡・由比缶詰所)

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

缶ごと焼く肉のパイ、ですと?!

2016-12-30 15:23:10 | 

2016年最後の缶詰として、イギリスの珍缶をご紹介したい。肉のパイの缶詰である。

缶蓋に「ステーキ&キドニー」と書いてるから、肉とキドニー(腎臓)が具に入っているようだ。

ほかの箇所にも「ビーフとポーク・キドニーがグレイビーソースに入ってます」的な表記がある。

僕はこれをロンドンのスーパーで買った。今年の夏、取材とイベントで渡英したときのことである。

パイの缶詰が珍しいのと、缶が大きかったことに一目惚れして、迷わずカートに入れてしまった。

一体どれくらいの大きさかというと...。

 

このくらいである。

手前のいわし蒲焼缶と比較すると、その大きさがよく判ると思う。

上蓋の直径が15.5cm。厚みは3.5cmもあるのだ。

大きい缶詰というのは、訳もなく人を缶動させる。

缶動させるだけでなく、買わせてしまうパワーも持っている。

お値段は1ポンド50セント。日本円にして215円。

缶動の大きさのわりには安価なのがやや、気になった。

 

ともあれ、買い物の後に行なったイベントで、これをお客さんに見せて

「こんなの買ったんだけど、中身はどんなの?」

と訊いてみたら、一人のおじさんがこう言ったのだ。

「それはオーブンに入れて焼いてから食べるんだよ」

な、何ですと?!

 

そのおじさんは酔っぱらっていたので(イベントで酒も提供した)、その時はきっとジョークを言っているのだと思った。

日本では、缶ごとオーブン焼きさせるような缶詰はない。

なぜなら、缶は調理器具ではなく保存容器であるからして、直火に掛けたら

「どうなるか保証しませんよ」

と、日本の製缶会社は言っているのだ。

ところが、この缶詰の裏側には(上の画像)

「フタを取ったら230℃に余熱したオーブンで25分〜30分くらい焼いてくれろ」

的なことが書いてある。

あの酔っぱらいおじさんの言っていたことは本当だったのであります。

 

じゃあ中はどうなっているのか。

こうなってました。半生っぽいパイ生地がたっぷり入ってます。

フタを開けた瞬缶、ちょっと甘いパイの匂いとグレイビーソースの匂いが広がった。

とてもいい匂いである。

 

我が家のオーブンはあまり信用できない奴なので、魚焼きグリルで焼くことにした。

イギリスのオーブン文化も素晴らしいが、日本の魚焼きグリルだって優秀なのである。

温度を設定することは出来ないが、うまく使えばサラマンダー(上火オーブン)と同じような料理が可能なのだ。

どうだマイッタカ!

 

ということで調理開始。

一番弱火にして、まずは9分間加熱してみる。

 

途中で好奇心に負けて引き出してみた。

半生っぽく見えたパイの表面が少しずつ焼け、焦げ目が出来はじめている。

いい缶じであります。

ただ、匂いが気になった。加熱前はしなかったモツ臭が漂い始めたのだ。

 

合計12分ほど焼いたところで出来上がりとした。

フチ部分が熱く焼けてふつふつとはぜている。見た目はものすごく美味しそうである。

しかしモツ臭は激しい。

 

かくのごとし。

周囲が缶内面に貼りつくことなく、すっと取れるのがいい。

缶底にはグレイビーソースがたっぷり入っていたが、それはゼラチン的なもので固まっているようで、ぷるぷるしている。

とにもかくにも、ひと口...。

むっ。

パイがさくさくで、その食感はちょっとした缶動である。

確かに焼いた効果があるわけだ。

しかし、中の肉&腎臓がけっこう臭い。

モツ好きの人でもやや眉をひそめるくらいの匂いである。

だが、開高健も言っていた。

「腎臓料理というのは、少しおしっこ臭いくらいじゃないといけない」

このパイの肉は、おしっこ臭くはない。

ないが、腎臓の鮮度、もしくは洗浄などの下拵えがイマイチだったのではないか。

しかしまあ、決して不味くはないのだ。

 

ということで、2016年の締めくくりはやや臭い肉のパイ&スコッチとした。

みなさま、どうぞ良い年をお迎え下さい。

 

 

内容量:425g

原材料名:水(欧米の缶詰は水も原材料に含めて表記する)、パイ生地27%、マーガリン、牛肉12%、豚の腎臓9%、安定剤(キサンタンガム)、加工したとうもろこしでん粉、小麦粉、塩、コショウ、スパイス、酵母エキス、香料、トマトペースト、大麦麦芽エキス、牛肉エキス、チコリエキス、砂糖、カラメル色素、トマト、にんにく、ひまわり油

 

原産国:イギリス

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

缶詰ラベルの原画

2016-11-05 10:11:30 | 日記

静岡にある「フェルケール博物館」で見せてもらったツナ缶のラベルの“原画”。

魚種はカツオのようで、その生前のお姿がいきいきと描かれている。

とはいえ、描写がリアル過ぎないところがいい。とくに目玉の光点が斜め上に入っているせいで、カツオ君がお茶目に見えてくる。

じっと見ていると微笑んでいるようにも思える。

その横に描かれたのはツナ缶の中身だ。魚肉が切り株状に詰められているから、缶界でソリッドとかファンシーと呼ばれる形状である。

 

原画を見たのは初めてのことであります。

おそらく昭和20年代頃のものだと思うが(同時期のラベルに似たような絵が多い)、製作年は書かれていないから正確には判らない。

こんなにきれいな状態のものは、日本中探してもほとんど残っていないと思う。

貴重な経験が出来ました。缶謝です!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加