病院広報(はとはあと)評価支援情報

「はとはあと」は、市民の暮らしに必要な、誠実で適切な医療情報を評価し、支援することで参加施設の透明性と“信頼を高めます。

広報文章の基本テクニック:初級編(6)

2017-04-19 10:08:53 | はとはあと最新情報
はとはあとブログ2017/04/19
多用すれば効果的!箇条書きのルールを知っていますか?

文章表現に関わらず、仕事のノウハウを説く書物やセミナーの多くは、活字を使って、「(うまく行ったら)効果が挙がる」とか、「条件が揃えば(成果が上がる)」と書いてあるように思います。つまり仮定された世界を前提にした場合の話になっています。話がうまい人でも、いつの間にか、主旨が異なったまま進んでいくこともあります。その点、文章の場合は、いま記述した内容は、そのままそこに残っているので、なんとか元の流れに戻ることは可能ですが、言葉が消えていく会話では、そのような訳には行かないのです。

会議で交わされた議論や発言を議事録にして残すことは、昨今では、ほぼ常識になっています。テープに記録して残すことも常識化していますが、聞くだけで同等の時間がかかってしまいますから大変です。市民活動センターに相談にいって聞いた話ですが、最近、公的な会議でも議事録は、A4判1枚に入るよう、なるべく簡潔に記述するよう指導されているのだそうで、感動に近いものがありました。と同時に人の話を記号化し、折りたたんで合議の証とする場合、人間らしい叫びや願いはどうなるのだろうと、要らない心配をしてしまいました。

こんな書類には「箇条書き」が多用されるものです。採り上げたい項目の列挙は、ダラダラと続きがちな本文の塊に比べて、概念の確保には、この上なく効果的で有益な方法です。事実その成果は文中の記述には叶わないものがあります。大した話ではないのですが、箇条書きに少しですが、ルールがあるのをご存知ですか? 内容ごとに、①数字や記号で記した短文で構成する、②「ですます体」は使用せず、“名詞止め”または「である体」で終わる ③行の終わりには句読点を打たない、の3点です。誰がつくり決めたのか知りませ〜ん。

以上のことを正式な“箇条書き”にして再度表記すると、
① 数字や記号で記した短文で構成する
② 「ですます体」は使用せず、名詞止めまたは「である体」で終わる 
③ 行の終わりには句読点を打たない

となりますね。知っている人にとってはごく当たり前のレールであっても、知らないと教養レベルを疑われることも考えられます。
では皆さん、早速何か文案を「箇条書き」にしてみてください。今回はここまでにします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HIS広報プランナー(PL)認定講座(基本講座)のご案内
内容:わかりやすい文章表現の基本テクニック(講義とワークショップ)
日時:4月28日(金)午後1時~5時
会場:京都市山科区・京都市生涯教育総合センター(アスニー山科)・2階会議室
(JR京都から1駅5分・山科駅下車徒歩3分・外環三条角・ラクト山科C棟)
講師:石田章一(日本HIS研究センター・基本講座講師)
HIS会員は受講無料 (会員外お一人12,960 円税込)
※ 詳しくは http://www.j-his.jp/ トップの<information>で
※ 基本講座は“通信“もあります
※ 病院広報についてのご相談に応じています (無料・要予約)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広報文章の基本テクニック:... | トップ | 広報文章の基本テクニック:... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む