病院広報(はとはあと)評価支援情報

「はとはあと」は、市民の暮らしに必要な、誠実で適切な医療情報を評価し、支援することで参加施設の透明性と“信頼を高めます。

第21回全国病院広報研究大会(BHI賞2017)

2017-06-12 15:09:40 | はとはあと最新情報

<<発表事例募集!>>

 

日本HIS研究センター(NPO代表・石田章一)は、来る10月28日(土)午後、HISフォーラム2017(第21回全国病院広報研究大会)を開催し、2017年度の病院などヘルスケアサービス機関における適切な広報活動や情報提供の質を評価し、優秀な取り組みに対して、BHI(Best Healthcare Information)賞の表彰を行います。
 

 会場となるのは、昨年、BHI賞に輝いたパナソニック健康保険組合・松下記念病院の関係施設であるPGUユニオンプラザ(大阪府門真市)です。
応募の締め切りは7月28日(金)で、その後サイト上でおこなう第一審査で全応募事例の中から10例前後の選考、当日会場におけるプレゼンテーション(第二審査)によりBHI賞の各賞について即日選考を行います。

 

  審査基準は、例年どおり応募の取り組み事例発表は、規定のパワーポイントのフォームに広報活動(全般/個別も可)に関わる「目的」「プロセス」「成果」が解るように表現してください(3項目それぞれ30点満点)。
 特に第一審査にむけた発表では、発表者による説明ではなく、遠隔の審査員に向けた画面のアピールに限られますのでご注意ください。また、情報の受け手(審査員や来場者)に対してどのようなデザインや配慮により説明したかも別途採点(10点満点)の対象となりますので十分な考慮をお願いします。
 

 当日の会場審査は、通常の学会発表(規定8分程度の予定)と同様で、状況により座長の仕切りもあります。
 地域包括ケア時代に対応するため、実績があり得意とする提供サービスの明確化、過去から培ってきた「強み」や特長、「説明力」がとみに問われているためか、現場の意識改革につながる当研究大会は、年をおうごとに注目され、盛り上がりを見せています。是非とも貴施設のホームページの質向上のために応募をお待ちしています。

◆ 応募の詳しいガイダンスや応募申込方法は、
http://phio.panasonic.co.jp/kinen/his2017/index.htm
のリンクにあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広報文章の基本テクニック:初級編(10)

2017-04-28 10:39:48 | はとはあと最新情報
広報文章の基本テクニック:初級編(10)
自分を鍛え周りを明るくする文章道をゆく

良い文章をつくることは、暮らしにおいても、仕事の上からも、人と人の繋がりに関わるため、大切にしなければならない教養であることに違いありません。今回で10回にわたり文章の作り方のポイントを書いてきましたが、考えてみれば、常々自分が知っている、つまり気をつけている知識で、もっと他にも、色々と大切なことはあるのだろうと思います。ですから、それは自分に向けて書いたのであって、人様に伝えようというのは、とんでもない。こんなブログという便利な場があるからできたことだと思うのです。

それにしても、顔の見えない方々に向けて文を書くというのは、楽しい反面、どこかで怖い気もします。読み手が誰か、どんな人達かが分かっていれば、そんなに心配はないのかもしれませんが、その点ブログというのは、それなりに難しいことがわかりました。しかし、文章力を高めるということは、読み手が誰であろうが、自分の書いた文章に対して、どう受け取ったか、よかったのか悪かったのかが分からなければ、次なる表現がでてきませんから、そう考えると、ブログは「いい文章の道場」ということができるように思います。

突き詰めていくと、文章の修行というのは「自分との対話」ということができそうです。対話とは、他者に向き合うことですが、自分との対話となると、自分も他者? 自分のなかにもう一人の自分が存在するということになります。確かソーシャルワーカーの教育を受けていた時に、「人間は多くの存在とコミュニケーションをとる」ということを講師の先生から聞いて、その本を買って読んだこともあります。また、人間だけではなく、植物なども含めて命あるものはすべてがコミュニケーションをしているようです。

とするならば、文章の修行は生きることが勉強であり、自らの健康やQOLにも通じるのではないか、それはすべて自分が生きている役割に通じるし、自分のあり様は「表現」で決まる。しかし、それは絵描や踊り子のように人前で表現するのではなくても、文章の中に自分の経験や思いを表しそれを伝達して誰かに伝える。いや伝わらなくても表現し、なぜかを問う。つまり自分を問うことになるから、贅肉落としにいいかもしれません。少しマニヤックになり過ぎましたが、一旦、まことに身勝手なテーマを終わらせていただきます。

今日は午後から、病院広報の基本講座となる文章テクニックの講座を行います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第190回 HIS広報プランナー(PL)認定講座(基本講座)のご案内
内容:病院広報の基本知識の要点(講義とワークショップ)

日時:6月24日(金)午後1時~5時
会場:京都市山科区・京都市生涯教育総合センター(アスニー山科)・2階会議室
(JR京都から1駅5分・山科駅下車徒歩3分・外環三条角・ラクト山科C棟)
講師:石田章一(日本HIS研究センター・基本講座講師)
HIS会員は受講無料 (会員外お一人12,960 円税込)
※ 詳しくは http://www.j-his.jp/ トップの<information>で
※ 基本講座は“通信“もあります
※ 病院広報についての各種のご相談に応じています (無料・要予約)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広報文章の基本テクニック:初級編(9)

2017-04-24 16:36:47 | はとはあと最新情報
はとはあとブログ20170425
広報文章の基本テクニック:初級編(9)
いちばん相応しい言葉を探して伝える

伝えたい相手に、伝えたいことを、伝わるように伝えることは、人として最高の対話的コミュニケーションということになります。ときには楽しい時間を過ごす機会となることもあるでしょう。しかし現実には、伝えたい相手への思いや感情、自らが伝えたい事柄の意味、伝える使命、方法の適切さなど多様な認識ファクターとの確執で揺れ動く思考のなかを突き進むようなところがあります。必ずしも確かな自覚のもとにコントロールしてのことと限らない場合もあるかも知れません。表現とはそれほど不確かな体験に終始、満ちています。

たとえば、最近このブログに書かせていただく文章表現においても、人により場面により、また季節や自然環境によって、その対象は少しずつでも違った世界を構成していますし、また、時々一刻と目に見えるものは変化していますから、同じ人も脳も、「ある」とすること自体が、人間の手に負えるものではないはずです。いま一人の人間が感じ描こうとする世界は、もう二度とない永久の事態なのです。心の中を表現するなど、そのような認識をもってしかできない行為であり、その自覚ほど尊いものはないといえましょう。

少々過激ともいえる夢想的表現となりましたが、「表現」ならばこそ、生きている人間が味わえる最高の感覚なのです。天地左右もない、誰にも許された自在の地平が広がっているのです。発想の表現になんの縛りはありません。しかし、もう一方で共有感覚には、よりよい人間社会という制約条件と人間の適応条件にみあうことが求められてきます。いまは世界のどこへ行っても、快適で安全な社会システムが歓迎されています。情報の表現や伝達には、社会への配慮を真ん中に据えた営みとあり方が求められています。

ですから一つのアイデアとか表現法には、その求めには良の字が打たれても、地球のどこか、歴史の一ページでは、よくないこともある、かも知れないという意識をもって決定していくことが必要かもしれません。「知る」「解る」「考える」「伝える」「変える」。情報は「ともに生きる」という意味と同義なのです。人は、二人を隔てたドアの裏/表に立って情報を共有します。表現は自分だけに向けるのではなく、受け手の利益を共有する行為でもあります。開けやすく安全で快適な往来、できれば楽しく往来できる楽しいドアを共有したいものです。

-------------------------------------------------------------------------
HIS広報プランナー(PL)認定講座(基本講座)のご案内
内容:わかりやすい文章表現の基本テクニック(講義とワークショップ)

日時:4月28日(金)午後1時~5時
会場:京都市山科区・京都市生涯教育総合センター(アスニー山科)・2階会議室
(JR京都から1駅5分・山科駅下車徒歩3分・外環三条角・ラクト山科C棟)
講師:石田章一(日本HIS研究センター・基本講座講師)
HIS会員は受講無料 (会員外お一人12,960 円税込)
※ 詳しくは http://www.j-his.jp/ トップの<information>で
※ 基本講座は“通信“もあります
※ 病院広報についての各種のご相談に応じています (無料・要予約)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広報文章の基本テクニック:初級編(8)

2017-04-23 16:46:27 | はとはあと最新情報
はとはあとブログ2017/04/23
読みやすい文章作成のポイントを考える

せっかく作った文章が読みにくいと、なんのために努力したかがわからなくなります。読みやすい文章を作るには、不要な飾りをなるべく排除してスリムにすることがいちばんです。考えすぎてあれやこれやと詰め込まないことです。また、形容詞を多用して肝心の表現がぼやけたりすることに気をつけることが大切です。まず、ワンセンテンス・ワンコンセプトの原則を守りましょう。ひとつの内容は、ひとつの文章の中で記述するのが原則です。そのうえで全体の流れが理解できるように適切な句読点(、。)を配置します。

つぎに、以前にも紹介した「漢字率30%」のコンセプトに配慮していきます。漢字の多用で、紙面が黒々としていては、読みやすい以前に、読もうとする意欲をなくしてしまいます。特に太いタイプフェース(書体)は、見出しなどで、存在感を示すには頼り甲斐がありますが、威張った漢字が多くなると要注意です。つぎは、「1行に点(読点)ひとつ、点3つで丸(句点)を打て」というもので、1センテンスは40〜50字(シゴジュウジ)くらいで丸(句点)がよい。段落から段落まで120〜200字を目安にするといいでしょう。

以上が「読みやすさの5原則」といっているものです。厳格な原則ではなく、守らないと意味が通じなくなる、などといったことはありませんが、概ねこのようなポイントに考慮していく姿勢が、読者にとって読みやすい文章づくりに役立つと考えます。ただ、「読みやすい文章」ではなく「読みやすい紙面」あるいは「誌面」ということになれば、少し話が広がってきます。「漢字率」もそうでうすが、この5原則は「原稿用紙」の世界、「紙面」や「誌面」は、印刷工程や製本になってのあり方を問うものと思いますので、そうした理解が必要です。

また、読みやすさは、なんといってもビジュアルなデザインや編集の質が絡んできます。ビジュアルといった場合は個別のページにおいて、また、編集といった場合は、各ページよりも、全体の流れや変化、ストーリー性が重視されます。しかし、読者は個々のファクターを見ているのではなく、全体の流れの中にあり、その流れのなかで、さまざまな印象を感じとりながら、気分を上下させている。知性にあふれた内容も、感性の高い芸術においても、すべては自らの五感のアンテナでその質を判別しているのではないでしょうか。

_____________________________
HIS広報プランナー(PL)認定講座(基本講座)のご案内

内容:わかりやすい文章表現の基本テクニック(講義とワークショップ)
日時:4月28日(金)午後1時~5時
会場:京都市山科区・京都市生涯教育総合センター(アスニー山科)・2階会議室
(JR京都から1駅5分・山科駅下車徒歩3分・外環三条角・ラクト山科C棟)
講師:石田章一(日本HIS研究センター・基本講座講師)
HIS会員は受講無料 (会員外お一人12,960 円税込)
※ 詳しくは http://www.j-his.jp/ トップの<information>で
※ 基本講座は“通信“もあります
※ 病院広報についてのご相談に応じています (無料・要予約)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広報文章の基本テクニック:初級編(7)

2017-04-21 10:27:19 | はとはあと最新情報
2017/04/21
自分と対話することで鍛える文章表現とは?

よく考えて見てください。私的なメールのやりとりは別として、仕事に絡む文章では何らかの配慮のあるなしが質を伝えることになります。男子の羽織ハカマ姿というのは大層だとしても、人前にでるには、それなりの身だしなみが求められるのと同じです。字の間違いがあるだけでなく、文脈にまとまりがなかったりすると、文章の中身からその分を差し引いた評価となってしまいます。特に対外文書には、それなりの社会的な配慮と公共意識が必要だということ。言いかえれば、文案は読み手の理解に頼らない姿勢がほしいということです。

そのことに関係するかも知れませんが、よく出会う言葉に「私が・・」があります。あちこちに「私が・・」「私は・・」が何度も登場するのです。(女性に多いかな) これは私を印象付けようとか、売り込もうというのではなく、もう口癖のようなものですね。そう書かないと「気持ちが収まらない」というわけです。文を手直しするのは簡単にできますが、問題は書き手の意識が「自意識」に汚染されすぎて自分が見えなくなっている。自分を突き放してでも客席からの自分の姿を見る目(世阿弥の離見の見)が必要、というあれです。

文字をそれらしく並べ文章と認識させるのは簡単です。しかし、頭の中にある感覚や概念を、他者にわかるように、また、自分にも納得がいくように文章を書くということ、それこそは生やさしい作業ではありません。毎日の表現活動は努力の積み重ねだということは簡単ですが、苦しみながらの自己主張や発見は、それを体験した人でなければ理解できないものがあります。それを理解しようとすれば、同じように文を書き続けて感覚を磨くしかありません。スポーツや職人の技の鍛錬にも似たとことがあるように思います。

必要なことは、書きたいことにとって不要な表現の1字も許さない文章表現を心がけることです。「ここにはそれしかない」というところまで、何度も推敲していくと、いつかふっと、いい“表現”との出会いがあるものです。疲れたら脳に命令して休み、そして深呼吸することです。人は、機械ではないことを想いなおすのです。表現して伝えることの意義は、よりよく向き合うことや生きることにつながる筈です。幸いにも広報は、コミュニケーションを主概念とします。さまざまな過不足を乗り越える確かなチカラとともにあると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HIS広報プランナー(PL)認定講座(基本講座)のご案内
内容:わかりやすい文章表現の基本テクニック(講義とワークショップ)
日時:4月28日(金)午後1時~5時
会場:京都市山科区・京都市生涯教育総合センター(アスニー山科)・2階会議室
(JR京都から1駅5分・山科駅下車徒歩3分・外環三条角・ラクト山科C棟)
講師:石田章一(日本HIS研究センター・基本講座講師)
HIS会員は受講無料 (会員外お一人12,960 円税込)
※ 詳しくは http://www.j-his.jp/ トップの<information>で
※ 基本講座は“通信“もあります
※ 病院広報についてのご相談に応じています (無料・要予約)

<訂正とお詫び>
当ブログ・2017/04/19の「広報文章の基本テクニック:初級編(6)は、適切でない解説になっていました。以下のように訂正いたし、お詫び申し上げます。

仕事のノウハウを説く書物やレポートの多くは、活字を使って、「(うまく行ったら)効果が上がる」とか、「条件が揃えば(成果が上がる)」と書いてあるように思います。つまり仮定された世界を前提にした場合の話になっています。話がうまい人でも、いつの間にか、主旨が異なったまま進んでいくこともあります。その点を配慮した文章なら、いま記述した内容は、そのままそこに残っているので、なんとか元の流れに戻ることは可能ですが、言葉が消えていく会話では、そのような訳には行かないので注意が必要です。

<HISメンバー・会員募集!>
お問い合わせフリーダイヤル:0120-976-629をご利用ください
(HISになると「病院広報の基本」を無料で学ぶことができます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加