美味しい遊病生活。命はいのち。

病と闘うのではなく、
病と遊ぶ「遊病生活」。
すべては必要でうまくいっている。
だから大丈夫。

弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂。

2018年02月20日 00時40分30秒 | つらつら日記

1月のお話。厨房の話の直後。

えらいこっちゃ。
厨房云々なんて吹っ飛ぶくらい。

この日、大家さん御夫婦が訪ねて来られ、

「突然でほんとに申し訳ないんですけど、引っ越すことになりました。」


ええええええーーーーっ!!!!!

ど、どういうことっ!?


「えーっ!えっー!い、いつですか???」

「〇〇日(4日後)なんです。」

「えーっ!〇〇日!?」 「わ、私はどうしたら???」

思わず、自分の進退を口走ってしまいました。
6軒住宅のうち、大家さんが引っ越したら一軒(私だけ)になっちゃいます。

「もうね、維持するのがしんどくなって来てね。
もっと早くお話したかったのに、ほんとに心苦しくて、
仲介の人に口止めされてて言えなかったんです。」

「えーそうなんですか。寂しくなります~。」

大家さん、涙目で、ほんとに申し訳なさそうにしておられました。
80歳代くらいなので、体力的にも大変なんでしょう。

そして、
「仲介の人」ということは、次の管理人というより不動産屋でしょうか。
しかも口止めされたということは・・・。
だとすると・・・。

立ち退き!? を迫られるかもしれません!!


築40年くらいの古い6軒長屋のうち、
きれいにリフォームしてあるのは私の家とお隣だけ。
あとはかなり傷んでいると思われます。
新しい住居人を募集はしないでしょう。

更地にしてマンション建設か!?

まあ現状を見ると、いつかはと心づもりはしてました。
昨年、残りのもう一軒も引越して行かれ、
大家さんと私の家だけになりましたが、
もしかしたらあの一軒も、立ち退きを迫られての引越しで、
情のある大家さんなので、
主人のこともある私には最後まで言い出せなかったのかもしれません。

主人の洋服、靴、荷物、まだまだ処分できない。
想い出もいっぱい。主人が大好きなこの家を出たくない。

仕事先は4箇所あり、すべて歩いて5分~15分以内です。
それだから忙しくても続けていられるんです。
地下鉄の入り口まで1分、バス乗り場まで30秒。
超利便性の良い、住み心地の良い場所です。

まあまだ何も言われてませんが、そのうち話が来るでしょう。
はぁ~。好条件で出られるように考えておかなくては。
女の一人暮らしだからと、足元を見られないように。
ごねるという意味ではありませんよ。
でも引越し費用なんてないし、その辺の話はしないと。

はぁ~。
人生、いろんなこと、起こります。

(つづく)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

マフィン。

2018年02月20日 00時22分13秒 | いと、お菓子 (*^m^*)

12月のお話。
いつも行くパン屋さんで見つけた可愛いマフィン
そういえばブログのカバー写真を替えなくちゃ。
でもカバーにできる写真を撮ってないなあ。
春になれば。 何か探しに行こう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主人の実家で晩御飯。

2018年02月20日 00時11分06秒 | 美味しいもん万歳(^。^)/

主人の実家にも春が来たようです。

かますごとほたるいか、大根の煮物、茄子の田楽、唐揚げ
(唐揚げと田楽は買ったもの)


スーパードライが350mlだったので、
プレミアムモルツ500mlにしちゃった。


かますごは出始めたばかりで、まだ小さいです。春ですねえ。


この日は雪のちらつく寒い日で、温かい大根の煮物が美味しかった~。
久しぶりに手料理の煮物を食べました。出汁がきいてやっぱりいいですねえ。


義母が生けたお花。きれいです。ここにも春が。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煮物のにおい。

2018年02月20日 00時09分29秒 | 主人のこと、私のこと。

レンジでチンする煮物。
温めてたら、煮物のいいにおいが漂ってきて、
主人のために料理してたのを思い出して、胸が痛くなった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップ。

2018年02月18日 22時42分45秒 | つらつら日記

寒い寒いと言いながらも、春はそこまでやって来てます。
毎年、ちゃんと。忘れずに。



ちょっとかわいそうだけど、短く切って主人のそばに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪&氷。

2018年02月18日 22時38分02秒 | つらつら日記

寒い寒い寒い。毎年こんなに寒かったっけ。
大阪でも雪が積もった日。雪が吹雪くなか夜勤に向かいました。




このところ朝は通路に撒かれた水が凍っています。
写真ではわかりづらいですが↓凍ってます。危険です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空き缶。

2018年02月18日 22時37分02秒 | つらつら日記

玄関前に停めてある豆柴号のカゴに空き缶が
こういうのってめっちゃ腹立つ!ゴミ箱に捨てろよ!
ひとの自転車のカゴに捨てんなよ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「厨房」のつづき。

2018年02月18日 01時02分47秒 | おしごと。どうなん。

(1月のお話)

さて、2月から厨房に入ることになりましたが、
居宅(ヘルパー)の仕事のシフトはすでに出ています。
どうしたらいいものかと、作業所の管理者に相談しに行きました。

すると・・・・。

なんと、2月に厨房に入れる日は5日間しかない!!

あ~らら~。
せやから、無理やて言うたやん。あ、言うてないか。
結局、2月14日からになりました。
その日以外は職員さんが入るか、お弁当にするとか。
私としては、やる以上は週に最低3日は入りたいし、
ヘルパーの仕事がない時だけというのも、ややこしい。
迷惑をかけてしまいます。
なんかすごく申し訳なくて

作業所の職員さん達には、
「厨房に入ってくれはるんですねえ。有難うございます。」
と、言って頂いてます。

初日は2月14日です。(でした)
さあ、どうなることやら。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厨房。

2018年02月17日 22時31分32秒 | おしごと。どうなん。

厨房の仕事を受けて後、いてもたってもいられず、
3日後に厨房を見学しに行って来ました。
厨房を辞める人は、朝パートを辞める人と同じ人です。
ですから仲良しなので、教えてもらうのも大変気が楽です。

厨房といえばコンクリート床の冷たい場所が浮かびますが、
作業所と床続きのフローリングの広い台所という感じです。
最大人数24人分(利用者さんと職員の分)の昼食をひとりで作ります。
その流れを見たくて。
惣菜は作るのではなく調理して出来上がったものを湯煎で温めるだけです。
でも袋からボールに出して鍋の中で湯煎するので、
取り出すときにヤケドに注意です。
その時、温度計で惣菜の温度を測ります。

そしてお米をといで炊いたり、お味噌汁は自分で作ります。
お茶を作る量も半端ないです。
そしてご飯の量を制限している人は少なめ、よく食べる人は多め、
お箸が使いづらい人はスプーンとフォークをセッティング。
幸い、全員の顔と名前を覚えているので、その辺は大丈夫(イメージがわく)。
洗い物は、食器、トレイ、ボール等で、さっと流して食洗器に。

あ!「検食」を忘れてはいけません。
その日、調理した惣菜をそれぞれ少しずつラップに包んで冷凍しておきます。
万が一、食中毒が起こった場合、検食してあるのを検査するわけです。
へーなるほどね。

大変なのは、時間に間に合うように用意できるか。
早めに作ってトレイにセットしたら楽だけど、
それだと冷たくなってしまいます。
できるだけ温かいまま提供したいですもんね。

利用者さんには最終日に伝える予定だそうなので、
こっそりとのぞきに行ったんですが、
「今日は何~?」「何してんの~?」「どうしたん?」
と、何人かのするどい利用者さんに声をかけられてしまいました。
「うん、今日はお仕事を見学しに来ただけよ~」と言いました。

(つづく)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

25回目の月命日。

2018年02月16日 00時15分53秒 | 主人のこと、私のこと。

2月の月命日。 25回目になります。
いつもどおり、お肉を買って食べました。
ビールはプレミアムモルツにしました。
主人に怒られるやろなー。次回はスーパードライにするからね。


主人がいないと、なんかふわふわとしていて、
足元がおぼつかない感じがする。
後にも先にもなにもなくて、逃げ場所も避難場所もなくて、
何してんねやろ、どうしたらええんやろ、っていつも考えてる。
未だに何か買い物するときは、
「主人やったら、どっちを薦めるやろ」って考えてしまう。
でも主人がいないから、迷いに迷ってしんどくなる。
はぁ~、なんかさぁ・・・。疲れるわ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加