日々是わんこ

ミニチュア・ダックスとアイリッシュ・セター、毎日がお犬様中心の夫と私。ドタバタの日々を告白します。

イングリッシュセター

2007-07-30 16:11:33 | みんなのわんこ
土曜日、午後からみんなでみずほのランへ。
いつものように遊んで帰ってきました。

日曜日にも町田のランへ行ったのですが、気になることが…。
ランでのマナーの事です。
でも、その事は次に回して、今回は別の話です。

みずほのランで遊んでいると年配のご夫婦と一緒にイングリッシュセターのパピーちゃんがやってきました。

              ハーイ!

とーっても元気な女の子です。お名前は聞き忘れちゃいましたが、同じセター繋がり。お話しさせていただくと、まだ7ヶ月。体重も16キロくらいなんですって。

昔我が家で買っていたイングリシュのパルちゃん(♀)はとても小柄で成犬で15キロくらいでしたから、このパピーちゃんと同じくらいの大きさだったなぁと懐かしく思いました。

アトムは最初は一緒に遊ぶ事もなく、関心が無いようだったのに帰る間際になって2匹揃って爆走してました。お兄さん風を吹かせているのか偉そうに「ワン、ワン」言ったりして。

              爆走の後

奥様に「お近くなんですか?」と伺うと「八王子なんです」と仰るじゃないですか。そこで八王子に出来る七国公園のドッグランのお話をしたりしました。
私はちょっと失礼かな?と思ったんですけど「イングリッシュセターを選ばれて飼われたんですか?」って聞いてみました。だって珍しいでしょ?ショップでもアイリッシュを見かけることはあってもイングリッシュは見たことありませんもの。
すると「まぁ、ちょっと事情があるんですよー」と言われたので「そうですか。イングリッシュは珍しいですからねぇ」とそれ以上は聞かず、お茶を濁しておしまいにしました。

失礼にも係わらずどうして私がそんな事を聞いてしまったかというと、気になるイングリッシュがいるからなんです。

その子は5歳くらいのメスのイングリッシュセター、カロンちゃん。

              カロンです

つい最近私の住む住宅地のNさん宅の子になりました。
愛護団体さんからNさんが里子に迎えたんです。
カロンちゃんは耳が聞こえません。保護された当時は片耳は聞こえていたそうですが、最初の里親さんから戻されてきた時には聞こえていた耳も聞こえなくなっていたそうです。
そして犬歯が削られています。
普通だったら家庭犬の犬歯を削るような事はしないと思うんです。
そんなことから想像すると、カロンちゃんは狩猟犬として飼われていたのではないだろうか?と推測します。
仕留めた獲物を傷つけないために犬歯を削る話を聞いたことがあります。

狩猟犬として飼っていたカロンちゃんが耳が聞こえなくなり、役に立たなくなって捨てられた。もしくは耳が聞こえなくなり山で迷子になってしまった。そして保健所→保護団体と命を繋いできたんじゃないでしょうか。

Nさんは以前アイリッシュ2匹にゴールデンと大きなわんこを3匹飼われており、一昨年、去年、そして今年と立て続けにわんこを見送って(亡くして)カロンちゃんに辿り着きました。

カロンちゃんの写真は我が家にご挨拶に来てくれたときの1枚です。
大きなわんこが苦手だというカロンちゃん。アトムにどんな反応をするか心配でしたが、緊張しているものの吠える事もなく、無事にご挨拶できました。
近い将来一緒にランで遊ぶことがNさんと私たちの夢です。

ですが、耳が聞こえないことで躾に困られているようです。
どうやってコミュニケーションをとればいいのか悩まれているようなんです。
私にも知恵がなく「大丈夫よ。きっと気持ちは通じているよ」としか言えません。
アイ・コンタクトだけが指示を伝える術になるんでしょうか?

耳の聞こえないわんこへの躾の経験がある方、耳の聞こえないわんこと暮らしている方からのお知恵を拝借できたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名犬ラッシーを観て | トップ | 夏ダレ~ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てるりん)
2007-07-30 20:19:37
カロンちゃん保護されたわんこなんですね!?
しかもお耳きこえないんですか。
かわいそうに~

しつけ大変でしょうね。
ガイはお耳聞こえますが、指の指示でシット、ダウン、ターンなど出来るようにしつけています。
なんでってあんまり考えた事ないんだけど~(^_^;)

シットは指で1ってヒトサシ指で
ダウンはそのまま地面をさします。
ターンはくるっと指をまわします。

わんこと心が通じるようになったらきっと理解してくれるんじゃないでしょうか?
カロンちゃんもきっと分かってくれるんじゃないかと思います。
Unknown (Mie)
2007-07-30 22:24:31
ケリーにお祝いメッセージありがとうございました。
休日には朝から悪戯100連発で「イケナイ」の
嵐が吹き荒れていますが、元気でいてくれたらと。
 
学校のトレーニングの授業で、犬に指示を出す時、
声だけではなくて、動作(手や指の動かし方を含め)
を同時にすることが大切だと教わりました。
それは、耳が聞こえなくなった時や声が聞こえない
状況のときでも、必要なコミュニケーションが
できる為にということです。
本当に必要なんですね。
Unknown (ルイあんずパパ)
2007-07-30 23:33:51
 今晩は、Nさんワンちゃんを迎えいれたんですね
カロンちゃん見てみたいです。
家のルイあんずと仲良く遊んでくれるかな?
今度見せてください
Unknown (シルフィーママ)
2007-07-30 23:40:34
かなり前にTVでダルメシアンの耳が聞こえない子の里親になり奮闘する番組をやってたのを見たことあります。
確か、海外の家族で子供が頑張ってたのを覚えています。
ただ、どうやってたかって言うのがあまり思い出せないのですが、確か最初はフローリングの床をドンと蹴って足から伝わる振動でコミュニケーション(アイコンタクト)を取るようにしていたと思います。
そして1つずつゆっくり教えていってたと思います。

ただ、かなり昔の記憶なので詳細まで覚えてないんです。
カロンちゃんと心が通じ合うようになるといいですね!
Unknown (きなまま)
2007-07-31 07:27:09
耳の聞こえない原因は判明しているのでしょうか?海馬の異常?手術などしても無駄なのかな?

一般的に耳の聞こえないワンちゃんの躾は『手話』を使いますが、遠くに行った時に呼び戻す場合は懐中電灯などを使って光の合図を加えると良いと思いますよ
ライトを左右に動かしたり上下に振ったり回したり・・・で『取って来い』とかも教えられると良いですね
てるりん様 (はな&アトム)
2007-07-31 11:22:47
可哀相ですよね。おまけに耳まで聞こえなくなってしまって。
大人しい、良い子なんですよ。
Nさんにはローズマリーちゃんの事をお知らせしたんですけど、その前にカロンちゃんを見つけられて…。
「カロンが落ち着いたらローズマリーちゃんも」と言ってもらいましたが、「カロンちゃんとの暮らしのほうが大事ですから」と申し上げました。

アトムにも「座れ」の時は人差し指を立てる、「待て」の時はパーにして…とやっていますが、アトムは「待て」してくれません。離れるとついて来ちゃいます。まぁ、それはさておき、常にカロンちゃんの正面に飼い主さんがいるわけではないので、その呼びかけが困ってしまいますよね。
本当は耳が治ってくれれば一番良いのですが…。
Mie様 (はな&アトム)
2007-07-31 11:31:27
カロンちゃんのことは他人事のようで、私たちにも必要な事かもしれませんね。
わんこは自分の身に起きた事を静かに受け入れているのかもしれませんが、折角優しい飼い主さんに出会えたのですから幸せな暮らしを送って欲しいと願っています。

愛情は抱きしめてあげたり、眼を見つめ合うことで伝えられると思うのですが、指示を出す必要があるときに困っているようなんです。
聞こえるうちからボディアクション、フィンガーアクションを含めたコマンドを覚えさせる事が大事だと思いました。
ルイあんずパパ様 (はな&アトム)
2007-07-31 11:35:28
そうなんです。
はなは2回、アトムは初めてお目に掛かりました。
大きなわんこが苦手らしく、はなとアトムのお友達のバンリ君は「ワン」と一声吠えられちゃったんです。
でも、アトムは大丈夫でした。緊張していましたけどね。
近いうちに一緒に遊びに伺えたらいいなぁと思っています。その時はヨロシク!
シルフィーママ様 (はな&アトム)
2007-07-31 11:43:41
床を鳴らすのは有効ですね。
Nさんにお伝えしようと思います。
ご挨拶に来てくれたこの日、アトムとの対面に緊張した様子のカロンちゃんでしたが、帰るときになったらホッとしたのかイソイソと歩いている後姿が、とても可愛かったですよ。
色々事情のあった子ですから、心を開くまでに多少時間が掛かるかもしれませんがNさんとの相性は良さそうで、幸せに暮らせるだろうと思います。
Nさんは穏やかな人なので、時間をかけてカロンちゃんとの生活を築いていかれると確信しています。
きなまま様 (はな&アトム)
2007-07-31 11:49:33
実は私もその点が気になっているんですよ。
Nさんに伺ったところ「愛護団体さんでも随分見てくれたらしいんですけど…」と今ひとつ原因など解りません。
出来れば、もう一度Nさんの手で早いうちに病院で診断してもらった方がいいのでは?と思うのですが、あまり立ち入った事を言うのは…と躊躇しています。

夜、屋外での合図にライトは便利ですね。
お知らせしておこうと思います。
Unknown (シェリスコまま)
2007-07-31 12:52:51
はな&アトムさんはイングリッシュちゃんと
「縁」がありますね
カロンちゃん、お耳が聞こえなくて可愛そう。。。
でも今は優しい飼い主さんの所で暮らせて
本当に良かったです。
お耳が聞こえない子の躾は私もアイコンタクト
しか思いつきません。
心が通じ合うと良いですね!!
シェリスコまま様 (はな&アトム)
2007-08-01 00:37:06
縁があるのかなぁ。
実家では子供の頃から猟犬しか飼ったことが無く、その中でも一番心を通わせる事ができた子がイングリッシュセターだったので、なんとなく気になる犬種ですね。
ひょんなことからアイリッシュと暮らしていますが、このところイングリッシュが身近に感じられ「飼いたい!」衝動に駆られることがあります。

カロンちゃんの耳は大変な事なんですけど、Nさんはおっとり構えていられるので、時間が掛かっても素敵な関係を築かれると思っています。
Unknown (ミー姉)
2007-08-01 11:23:19
いろんな境遇のワンコがいますね。
躾けも大事ですが、飼い主さんとの信頼関係が築けると自然と理解できるようになるのではないでしょうか。
身体に不自由の無いルークをも上手くリードできない私が言うのもなんですが・・・(笑)
それにしてもはな&アトムさんさんはいつもワンコのことに真剣に取り組んでいて頭が下がります!!
ミー姉様 (はな&アトム)
2007-08-02 05:51:37
真剣に取り組んで…だなんて恥ずかしいぞぉ。
だって現在うちのワンズのお耳の中で雑菌が異常繁殖!飲み薬と点耳薬で治療している最中なのよ。

うちのワンズはイヤーローションが大嫌いだから、日頃のお手入れの時にウェットティッシュで耳の中を拭くだけな事が多かったの。でも、それってダメね。
耳の奥の方で菌が繁殖しちゃって…。
お耳の手入れにはイヤーローションが必須です!
しかも、ローションはたっぷり。クチュクチュは念入りにです。

はぁ、ダメダメかぁさんだよぉ。ちょっと落ち込みましたわぁ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
イングリッシュ・セター ~2007/10/24まで (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第十五倉庫 ペット)
イングリッシュ・セターについての最近の情報です。