H's monologue

君が信じるなら進め 答えはここにある

第36回大船GIMカンファレンスのお知らせ

2017-02-13 | 臨床研修

皆様,

第36回大船GIMカンファレンスのお知らせです。
今回で満9年を迎えました。これまで毎回盛り上げていただいた皆様に感謝です。
これからも同じように気楽に参加できる勉強会として続けてゆきたいと思います。
さて今回1例は久しぶりに私の病院から提示させていただきます。
ご興味のある方は,お気軽にご参加下さい。


         記

●日時:2017年2月25日(土曜) 16時から19時頃

●場所:大船中央病院 アネックスビル6階講義室

●症例提示と討論(Clinical problem solving)

1)症例1 69歳女性 意識障害
  大船中央病院 内科 大島 壮太郎 先生

2)小ネタ

3)症例2 84歳女性 便が止まらない
  湘南藤沢徳洲会病院 内科 清水 実 先生


症例検討は,いつも通り私が進行役(ちゃちゃを入れる役)を勤めさせていただきます。
さて今回はどんな内容になりますか?いつもながら楽しみです。また症例の間に小ネタをはさみます。これも久しぶりに私がやらせていただきます。昨年12月付けでびっくり仰天の院長就任になってしまいました。それに関する話なら沢山ネタはありますが(笑)さすがにそれはアレなので・・・もちろん別のネタの予定です。

●懇親会 19時30分~
大船GIMの「名物」懇親会です。キャッチフレーズはいつも通り総合内科,総合診療でがんばっている施設の先生方との「出会い系サイト」です。初めての方もお気軽に参加下さい。懇親会をきっかけにこれまでも新しい勉強会やつながりが沢山生まれています。むしろ初めての方こそ,気軽に参加してお知り合いをここで増やしていただければと思います。

月なみ屋(病院近くの居酒屋です)
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14008140/

毎度のことで申し訳ありませんが,スポンサーなしなので会費をお願いすることになります。医師(3年目以降)4000円,初期研修医3000円,学生2000円です。(ビールなどドリンク飲み放題つき)

人数の把握をしたいので,参加希望の方はのフォーマットで連絡をいただければ幸いです。もちろん,当日の参加も大歓迎です。(でも店に連絡する都合で可能な限りは把握したいという幹事モードの切実な願い。。。)


////////////申し込みフォーマット///////////////

お名前(   )
ご所属(   )

カンファレンス 参加 (   )
懇親会への参加 (   )
もしあればコメントをどうぞ (  )


※)このブログでカンファレンスを知って参加希望の方は,コメント欄に連絡先(e-mail)を
書いて下されば,折り返し案内メールを差し上げます。(アドレスはオモテにはでません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Happy New Year Apples (^^)

2017-01-02 | 写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船長ということ

2016-12-21 | 日記

FBにも出しましたが,塩漬けになっているこちらのブログにも少し追加して忘備録としてアップ。

 誕生日を前にした12月6日付で,何と大船中央病院の院長をすることになってしまいました。これまでずっと自分には管理的な仕事は「苦手で向いてなくて嫌いで絶対にやりたくない」と公言してはばからなかったのですが,よりによって院長なんて・・・運転免許持っているんだからできるだろうとコックピットに押し込まれてF1レースのスタート地点に押し出されたような気分です。

 この2−3年(特にこの数ヶ月)自分の病院は問題が色々あって,皆でそれを何とかしようとしていました。そして紆余曲折のうちに,ふと気づくと混乱の中先頭に押し出されたような形になってしまい,ついには院長を引き受けることになってしまいました。いや晴天の霹靂です。インチョ〜なんて呼ばれて違和感ありありでこの10日間は何だか訳が分からないままに過ぎてしまいました。
 最初は正直嫌だなあ・・と思っていましたが,やると決めたら文句を言ってもしようがないので覚悟を決めました。「好きなことをやる,やり続けること。そして自分がやっていることを好きになること」をモットーにやってきたので,ここは頭を切り替えて,これからやることを「面白い」と思って好きになろうと思います。もちろん自分にとっての原点は,研修医達と患者さんのことを悩みつつ診療してゆくことで,そのスタイルには変えるつもりはありません。でも何がしかそれだけではない,もう少し全体をみつつ木を見て森も見るということを目指したいと思います。

 この季節によく本屋で見かける占いの本によれば,来年の私の運勢は全般的にあまり良くないそうで「責任の重い依頼は断るが吉」とありました。おいおい,もう引き受けちゃったし。ま,悩んでもしようがないし,やるだけのことはやってみようと・・・また新しいことに挑戦です。
 ということで皆様(特に管理職をされている先生方),また何か教えを乞うこともでてくると思いますが,よろしくお願いします。さしあたっては院内の雰囲気を何とか変えることからです。この2.3年,院内の雰囲気はお世辞にも良いとは言えず,それが経営的なことにも響いています。まずは職員みんながやる気になる環境にするために何ができるか一生懸命考えています。病院長の仕事って,ホントにひたすら考えることなのかなあ・・なんてちょっと感じています。

 院長職になってほぼ2週間。まだ慣れません。それにしても,立ち位置が変わるとこれだけものの見方が変わるのか!ということをあらためて自覚しました。F1レースのスタートに押し出されたと書いたものの,実際に今感じているのは,そんなもんじゃない。F1だと車に乗っているのは自分ひとりで,事故ってもそれは自分だけのこと。でも実際に今院長職をやるということは,400人以上の乗客が乗った列車の運転士や船の船長をやるということに,あらためて気づきました。いやはや,大変なことになったもんだなあ・・・。もう開き直って覚悟は決めたけど。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湯河原の紅葉

2016-11-14 | 写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重版出来!!

2016-11-05 | 臨床研修

1年がかりでやっと重版が出ました!!(長かった・・・)

初版の出版直後から誤植を見つけては落ち込んで,せっせと誤植や記載の間違いをリストアップしていました。でも肝心の重版の話がなくやきもきしていましたが,ようやくちゃんとした訂正したものが出ました。一時,アマゾンでも入手できなくなっていましたが,もう大丈夫です。
さらに今回はどうしても1枚追加したいスライドがあったので,通常増刷ではあまりやらないそうですが中山書店さんに無理をお願いして割り込ませていただきました。

以前から,尿円柱の説明をするときに「尿細管蛋白(Tamm-Horsfall protein)が寒天やゼリーのように尿細管で固まって出てきたのが硝子円柱である。さらにその中にミカン(赤血球)が入ったのが赤血球円柱で,モモ(白血球)が入っているのが白血球円柱である」と説明していましたが,ようやくそれをビジュアル化しました。当初フルーツ入りのゼリーをコンビニで買ってきて写真に撮ったものの,どうもゼリーの形なんかが満足できない。そこで寒天やゼリーを妻に頼んで作ってもらい自分で撮影して作ったのがこのスライド。つまり手間のかかったこだわりの一枚なんです(笑)

初版を購入した方々には,申し訳ないのでここにもあげておきます。




出版されてからも足りない部分や新しいアイデア,説明の仕方,面白い症例など,もっとこうしたい追加したいという部分が次々にでてきています。もし機会が与えられれば改訂ができるように・・・手を入れ続けようと思っています。

この本をご覧でない方々が周りにおられましたら是非オススメ下さいね。自分で言うのも何ですが良い本です・・・ちょっと高いけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加