風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

浜昼顔が咲いています

2017-05-14 | 三重県・海・伊勢湾
 三重県津市白塚海岸です。
 浜昼顔が咲いています。
 大群落は作りませんが、小さな群落が散らばって海岸を彩っています。










④左右の葉はハマユウです。





⑥バカ貝の潮干狩り。
 今日は大潮、干潮は1時間半後。


⑦小堤防にネコが2匹。
 悠々と寝そべって、逃げようとしません。





⑨漁船の姿は見えず、ヨットです。


⑩この日はどうしてか、カラス以外の鳥たちの姿が見えません。


⑪浜だいこんの花は色あせ、実をつけているのが多くなってきました。





⑬黄色い大待宵草(おおまつよいぐさ)も終盤。





⑮右は弘法麦(こうぼうむぎ)。


⑯蔓日々草(つるにちにちそう)。


⑰帰りにまたネコと出会いました。
 3匹に増えています。


⑱ネコを入れたので、犬も入れます。
 久しぶりに登場、散歩のお伴、わが家のごんたです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 長谷寺 ぼたんの咲くころ ... | トップ | 飛行機雲のある風景 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんと! (mako)
2017-05-14 11:36:52
良い景ですね!

こんにちは。
はな在り、猫あり、私の好きな被写体です。
ナビを使って行けそうな気がしますね。
ゴンタ君をつれている人を見かけたら声をかけるかもしれません^^;
柴犬は賢いですから、吠えられるかも^^;

浜昼顔 (夢子)
2017-05-14 12:37:37
 いせえびさん、こんにちは(*^^*)

浜昼顔、いいですね
こちらでは、どんなに頑張っても見ることが出来ない憧れの風景です。
砂浜に広がる浜昼顔、やさしいですね。
ごんた君? 凛々しくてカッコイイ
柴犬と海 (いせえび)
2017-05-14 13:35:05
makoさん、こんにちは。
この白塚海岸は伊勢湾では砂浜が最も広く、浜だいこんに続いて浜昼顔が咲いてくれます。
浜昼顔の群落の広さでは、楠町の吉崎海岸にはかないませんが、白塚海岸ではこれを見に来る人はまったくいないので、独り占めが出来ます。
ただ、吉崎海岸もそうですが、台風や大雨で運ばれてきた漂着ゴミが多く、それをさけて写しています。
そちらから1時間くらいでしょうか。
柴犬を連れてカメラをぶら下げ、海岸を飄然とさまよっている男がいたらそれは私です。
見かけたら保護をして、いやぜひ声をかけてください(^^)。
ごんたは私よりも紳士なので、女性には吠えません(^^)。
コメントをいただき、ありがとうございました。
浜昼顔咲く海 (いせえび)
2017-05-14 13:51:39
夢子さん、こんにちは。
海岸に初夏の訪れを告げてくれる浜昼顔。
私には見慣れた海の風景であり、海岸の四季の移り変わりのひとこまですが、カメラの目を通して見ると、また新鮮な思いもします。
こうした浜昼顔もほとんどの人が見向きせず、時たま通りかかる人は、腹ばいになって写している私を見て??という顔で避けて通ります(^^)。
水の乏しい砂地で、太陽の照りつけの厳しいなかで、潮風をかぶりながらよくぞ咲いているものと思います。
「凜々しくて、カッコイイ」 当人はついぞそんな言葉をもらったことがないので、大喜びで、ちぎれるほどシッポを振ることでしょう(^^)。
よろしく伝えておきます(^^)。
コメントをいただきありがとうございました。
浜昼顔の顔 (時々絵日記)
2017-05-14 23:37:03
こんばんは
浜昼顔咲く海岸散歩したいですね〜。
是非撮影してみたいです。
そして潮干狩りもやりたいです。
③の浜昼顔で出来た顔が愛嬌ありますね。
大きく見開いた両目に閉じた口。
砂の一粒一粒まで綺麗です。
浜昼顔 (いせえび)
2017-05-15 07:01:32
絵日記さん、おはようございます。
今やどこの海岸もそうですが、漂着ゴミなどが多く、海岸清掃をしても追いつかないくらいです。
それでも浜昼顔咲くこの海岸は、渡ってくる海鳥も多く、ラムサール条約の候補地にもなったくらいです。
遠浅の海は潮が引けば、思いがけないほど広い砂浜が出現し、バカ貝ですが貝採りが楽しめます。
③の浜昼顔の顔、なるほど両目がありそのように見えますね。
私は浜昼顔の三角関係で、一方が敗れてしおれてしまったと、見てしまいました。
私の人間性の一端がうかがい知れるところです(^^)。
コメントをいただきありがとうございました。
浜辺の長閑な風景! (ちひろ)
2017-05-16 06:18:23
おはようございます。
①の浜昼顔の表情が可憐で素敵です。
満足満足と笑っているように見えます。
猫ちゃんやごんた君の特別出演も和みますね!
滋賀県のなぎさ公園の浜でも浜昼顔の繁殖に心がけておられますが、まだまだこのようにはいきません。
一度見てきます。
浜昼顔の歌 (いせえび)
2017-05-16 14:02:03
ちひろさん、こんにちは。
浜だいこんだとそういうわけには行かないようですが、浜昼顔はアップでも絵になりますね。
大昔「今日砂浜にただひとり来て 浜昼顔に聞いてみる」という、有名な主題歌があったように、浜昼顔は歌にもなりますね。
風景写真ばかり10数枚だと、私も、見ていただく方もダレるので、これからも動物や生き物も出来るだけ入れるようにします。
確かにわが家の犬でも、画面がいくらか和むようです。
琵琶湖でも砂地があれば、浜昼顔は群落で咲いていそうです。
コメントをいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む