港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (127) 『サマータイム』

2017-06-14 17:07:38 | 旅の友・ポップス編

『サマータイム』 マハリア・ジャクソン
”Summertime” Mahalia Jackson 【YOUTUBEより】


この曲は黒人ミュージカル映画『ポギーとベス』の主題歌で、作曲家のジョージ・ガーシュインが黒人霊歌の
『時には母のない子のように』をベースにしてアレンジしたものです。
「父さんは金持ちで母さんは美人だ」とみずからの希望をわが子に唄う子守歌なのですが、嘘だとわかりながら
過酷な黒人の生活を美化して子どもに安心を伝えようとしている母親のはかない望みがにじみ出ています。
原曲の『時には母のない子のように』は19世紀にアメリカで生まれた伝統的なスピリチュアル(黒人霊歌)で
母親から引き離されてアフリカから遠くアメリカへ連れて来られ、二度と母のいる故郷には帰れない、
まるで母のない子のように感じてしまう…と嘆き悲しむ黒人労働者の憂いを綴ったものでした。
マハリア・ジャクソンはこの『サマータイム』の中に、
Sometimes I feel like a motherless child ( 時々、自分が母のない子のように感じる )
と 黒人霊歌の『時には母のない子のように』のタイトルを重ねて折り込んでいます。

関連記事
2014-05-23 映画音楽史(136)『ポギーとベス』1961年公開


一方、日本でも『時には母のない子のように』という同名のフォークソングが流行ったようですが、
「母のない子になったなら 誰にも愛を話せない」というデリカシーに欠ける偏見的な歌詞に対して
母親を亡くした人たちから「私たちには愛を語る資格がないのか、ふざけるな」と猛反発を浴びせられていました。
そう思えば配慮に欠けたひどい歌詞だらけです。数多く実在する母のない子を言葉でイジメてはいけません。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (126) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (128) 『... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
哀感こもる歌に涙 (ろこ)
2017-06-14 21:55:28
こんにちは。
 サマータイムはいろいろな歌手が歌っています。
 黒人歌手も歌っていますが、マハリア・ジャクソンの
 この歌は地の底から切々と歌っているようで、哀感がこもって涙を誘います。
 歌詞も願いと現実のギャップの深さを詠嘆するように
 五臓六腑にしみわたりました。
 ちょっと立ち上がれません。
サマータイム (いせえび)
2017-06-14 22:11:49
こんばんは。
私はこの映画を見たことがなく、黒人霊歌はひとつも知りません。
「サマータイム」は聞いたことがあるのですが、このマハリア・ジャクソンの歌は、ピアノの伴奏と相まって、しみじみと心が揺さぶられるようなすばらしさです。
この歌詞の内容の背後の深い解釈も、原曲の意味も初めて知りました。
すばらしい曲と歌を選んでいただきました。
ありがとうございます。
なお、私も初めてブックマークを作成し、断わりなくChochinさんのブログを載せさせていただきました。
よろしくご了承ください。
ろこさんへ (Chochin)
2017-06-15 06:38:12
コメントありがとうございます。
この曲はやはり黒人女性歌手に限ります。
ビリー・ホリディー、エラフィッツ・ジェラルド、サラ・ヴォーンなどもありますが
何と言ってもマハリア・ジャクソンだと思っています。
身体を突き抜けると言いますか、貫かれたような激しい感動を覚えてしまいます。
ろこさんに立ち上がれないほどと仰っていただきまして、UPしてとても良かったと思っております。
『言葉の泉』は毎日欠かさず必ず拝見させていただいております。
私には文才も教養も知識も軽薄なので貴ブログをとても羨ましく拝見しております。
今後ともよろしくお願いいたします。
いせえびさんへ (Chochin)
2017-06-15 06:39:17
コメントありがとうございます。
黒人霊歌もいろいろあるようで、一般的に知られているところですと、例えば…
ルイ・アームストロングの『聖者の行進』『誰も知らない私の悩み』
デルタ・リズム・ボーイズの『ドライ・ボーン』
ハイウェイメンの『漕げよマイケル』
なども黒人霊歌のアレンジです。
しかしながらマハリア・ジャクソンのこの歌はいせえびさん同様に心を揺さぶられる逸品だと思います。
それと、私のブログをブックマークしていただきましてありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。