擬似餌釣熱中症

釣行記をメインに色々と書いています。
目標は50kgUPの魚をルアーで釣る事。(あくまでも目標です)

串本regulars cup 参戦

2017-04-21 18:05:03 | 串本
15日(土)はノンビリとタックル組んだり、バラムツ捌いたりして過ごし、いよいよregulars cupに参戦です。
前回までは名古屋メンバーが主体となって開催していましたが、今回からは和歌山の
SALT魚山会主催となり、参加人数も大幅に増えました。

参加要項も配布されて本格的になってきました。
もう名古屋メンバーでは開催できないくらいの立派な大会に。


暗いうちから参加メンバーが続々と集合してきます。

今回は25名の参加。
かわばた渡船を貸し切っての大会です。





くじ引きの結果、ワタシはアキラ船長右舷のトモです。


3隻はそれぞれポイントに向かい、大会スタート

そしていきなり右舷ミヨシの辻本さんにHIT。
なかなか良さげな引きをしていますが、あと少しでフックオフ。

あぁぁぁぁぁ・・・・・

そしてすぐ後に辻本さんの隣でエエサイズのマハタが。

いきなりの優勝候補です。


なんとかモーニングサービスで魚をGETしたいところです。
スパイナローで景気よく飛ばし気味で探ってきましたが方針変更。
yジグを遠投してボトム付近をヒラヒラさせていきます。
すると魚の気配を感じたあと、イレギュラーさせるとHIT

大きくはありませんが狙って獲った1匹です。


日も高くなり、ガシラやオコゼがポロポロ釣れている中、なにやら辻本さんがハァハァしている。
丁寧にやり取りをして上がってきたのは・・・



えっ?Σ(゚д゚lll)



石。2kgover( ̄▽ ̄)   うらやましぃ(笑)



ワタシの後ろではなにやら密談?

そしてHIT。


ワタシのマハタのお兄さんを釣っていました。
そして船上で奇跡の兄弟再開(笑)


他にも




こんなのが上がりました。ワタシではありません。

さて誰でしょう?(笑)


流れていた潮もだんだんと緩やかになり、160mまで探れるくらいに。
でも一発はなく、他の船での結果が気になりながら14時にストップフィッシング。

我々の船では

マハタ、イヤゴハタ、カケハシハタ、カンパチ



アカハタ、オコゼ、アヤメ、ウッカリ


ミヨシのクーラーにも色々と入っていたそうです。


3隻全体では
85センチ9.6キロのマハタを筆頭に
マハタ      44センチ~85センチ 9匹
ウッカリカサゴ  33センチ~54センチ 22匹
アヤメカサゴ   27センチ~33センチ 8匹
マダイ      65センチ
ヒレナガカンパチ 78センチ
フサカサゴ、ヨロイダイ、オコゼ、ヒオドシ、アカハタ、イヤゴハタ、カケハシハタ、サバ、等
と大漁。
そしてジグロストでの罰金も大量(笑)



ワタシは惜しくも(全く惜しくありません)入賞を逃しましたが、
優勝が9.6kg。
2位が6.2kg、3位が6kg
入賞まではいきませんでしたが、数多くのマハタ、他の魚まで沢山上がり、大会も大成功だったと思います。


おまけの写真
カスザメが上がったので海中公園行きのため生簀に入れていたらしいのですが・・・


赤ちゃんが出てきたそうです(;゚Д゚)!
2匹の赤ん坊が母ちゃんに寄り添ってます。
こんなこともあるんですね。





段取りしていただきましたSALT魚山会の酒井さん本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

そして、かわばた渡船のお母ちゃん、船長方、奥様方、

協賛していただきました

ディープライナー様

シーフロアコントロール様

スクラップ様

アクア様

アンバージャック様

オーシャンサポートサービス代々丸様

嶋田工房様



そして参加した多くの釣り好きメンバーの皆様、


            ありがとうございました

またこの海域でお会いできることを楽しみにしております。
まだまだ串本のポテンシャルはこんなものではありません。(いろんな意味で)(笑)






最後はみんなで記念撮影。
大量のジグロストした方は正座させられています( ^ω^)





さぁて、次回の予定はまだ未定ですが、そろそろ夏の潮が入ってくるので深海は5月いっぱいが限界かと。。。。。

ま、狙えそうなら狙っては行きますが。

今後はアカムツ、カンパチ、そしてキハダ(ちょっと弱気)をメインに行きたいと思います。

そろそろリールのオーバーホールもせにゃぁアカンなぁ。

体のオーバーホールもしたい(笑)






















                              あ~・・・

















              釣り(;`ー´)o/ ̄ ̄~ >°))))彡





























                                行きたい!!





































                            。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひっさびさの深海ジギング

2017-04-21 10:52:21 | 釣行記
最近、職場では人手不足のため休日出勤の嵐。
で、その代休を駆使して6連休を作り釣り三昧を目論んでいましたが、
所要や天候不良で2日間の釣りに( ̄▽ ̄;)

まずは第一段14日(金)、マルハンの山本さんにお誘いいただき、志摩のトロ丸耕平さんへ深海ジギングです。
山本さん、山口さん、ワタシの3名で狙うはアコウダイ。



出船前に


今日はバラムツ釣れたら持って帰るに~   @ワタシ


さぁ。ホントにバラムツ釣れるのか?(笑)



海はベタ凪

まだ湾内です(笑)



外に出てもやっぱり凪です。
朝の空気は美味しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ


まずは4xxmから探っいていきます。
すると1投目から重量感が。。。


重い。オモイゾ。

ヒィヒィハァハァで上がってきたのは

タコ!!

このタコは三重大学の研究室へ嫁いでいきました。
そしてまだ名前が分かっていないらしい
「ミズダコ」という大雑把な名前ではないそうです。  知らなかった(;´Д`A



ポイント移動を繰り返しながら探っていきますがノーバイト。
山口さんが大きなトオジンを上げただけ。
そう簡単には釣れません。

その後、ワタシにコツンという小さなアタリ。
アワセると グワンっ と引き込まれた。


あ、、、ヤバ、、、    ヤツがキタ━(゚∀゚)━!


出ました。バラちゃん。
16kgの食べごろサイズ(笑)








さぁ  パーティー始まるよ~っヽ( ̄▽ ̄)ノ






解体完了(o ̄∇ ̄o)♪
船長アリガトー(≧∇≦)/


ファイト&解体で随分と時間を使ってしまいました。
スミマセンでした


最後の締めは山本さん。
重たい。なんか付いてる。


といいながら上がってきたのは



空飛ぶトウジン(笑)

この魚が最後で終了になりました。


山本さん、山口さんはこのまま帰宅。
ワタシは明日から串本釣行が始まるので移動していきます。
途中、いつもの温泉で疲れた体を癒して、串本到着は22時。
ですが・・・・明日15日(土)は大荒れのため中止。
久々に時間のことを考えず、串本でグウタラ、ノンビリ過ごしました。


で、16日(日)は和歌山のsalt魚山会さん主催の大会に参加してきました。
その時のレポートはまた後ほど・・・





タックル
ハイピッチジャーカー501  オシアジガー4000H
ファイヤーライン2号  リーダー8号   ジグ  500~800g

ハイピッチジャーカー504 タリカ12
EXT1.5号 リーダー8号  










              あ~・・・・・



























                               釣り(;`ー´)o/ ̄ ̄~ >°))))彡





















    行きたい










おまけの画像

とっても美味しそうです(笑)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も狙いはアカムツ

2017-02-23 16:05:48 | 浦神
先日、脂ビンチョウを釣った時に借りたクーラーを返しに紀伊勝浦浦神のたいし丸へ行ってきました。
ま、せっかく和歌山まで行くんで釣りもやっちゃいましょう。
ってことでアカムツ狙いです。


今回は港内のカマスも狙うつもりで小物タックルも用意。
で、早めに到着してカマス探索。

全くいません

完全に抜けてしまいました
仕方ないのでさっさと寝ることに。

5時過ぎに起きて準備に取り掛かります。
今回は大阪からばったんも参戦。
総勢7名で沖を目指します。


まずは浅めから様子見。
反応がないのでちょっと深場へ移動します。


そしてジグを落としている途中で何かに捕まる。
一瞬、前回の悪夢?(笑)が蘇りましたが、すぐにサバだと判断。
グイグイ上げてきます。
他の方もサバに捕まっています。


「あと少しでボトムやったのにぃ~」


でも、この水深で釣れるサバなら間違いなく美味いハズ。
パッツンパッツンになったサバをクーラーにブチ込む。


しばらくしてまたアタリ。
今度はボトム付近。
上げてくる最中、ほとんど暴れることもなく疑惑が高まりましたが、
無事にアカムツGET。


ほぼ同時に掛けた隣の小谷さんは途中でバレてしまった。

この後も続くと思われましたが、全くアタラズ。。。
2枚潮になる直前の一瞬、潮が動いた時だけでした。


今度はボトムから10m以上上でアタリ。
めっちゃ重い。


「こんなん、絶対カガミダイやわぁぁぁ。。。」@ワタシ


うっすらと見えてきたのは茶色い物体。

?????


なんだ?



あ・・・・・



パープルモンスター(笑)
バケツをガリガリかじって鉄分補給していました。


このパープルモンスター、以前、食べた時はクッソ不味かったので捨てようとしたら


「それください~」@小谷さん

すし酢に漬け込んでよっちゃんイカにするらしい。
ということで持って行ってもらいました。

そういえば隣で釣っていた小谷さん、ワタシが昔、大阪に住んでました~。
って話からどこ?どこ?ってなって、色々と話し込んでいるうちに、中学校の名前や、床屋さん、
同級生の名前までもが一致してめっちゃ(;゚Д゚)!Σ(゚д゚lll)ビックリしました。




話がそれてしまいましたが、、、(^_^;)


トモではバッタンが青ムツを上げてきた。
初めはボトムでアカムツが掛かって、上げてくる途中でサバに変わり、
アカムツが外れてしまい、そのサバに青ムツが食らいついたらしい。
テズルモズルまで上げて絶好調。



う、うらやましぃ。


テズルモズル釣りたい(笑)



おバカな事を考えながらアレコレと試してみましたが、アタリも無く午前便終了。

当然ですが・・・

午後便発進



昼からはワタシ一人。
アカムツは厳しいのでキンメを狙うことに。
ところがこれまたキンメも厳しい。
だんだんと深い所へ・・・

ジグは600g。ラインは1.5号。
アコウも狙える水深にまで来ました。

すると明らかにジグの重さに変化が・・・


「なんかキタ━(゚∀゚)━!」


重い。猛烈に重い。


「こんなん絶対に魚と違うわー」


ハイ。魚ではありませんでした。

カギ付きイカ。しかも目が退化して無くなっている。
ジグの波動みたいなもので捕まえにきているのかな?


もうちょっと深く。ジグは630g


「また何かキタ━(゚∀゚)━!   ような気がする」


たまにピクっと引くので魚?
うんしょ、こらしょで上げてくると

やりました!トウジンです。コイツは(*≧∀≦*)嬉しい。


ちょっと寒くなってきた。
気が付けば太陽は沈みかけている。



今日もよく遊んだ(*´∀`*)


帰りましょー


ってことで帰港。
港に着くと真っ暗。   ま、いつものことです。


帰りはいつもの温泉
回数券ないのかな(^_^;)



相変わらず厳しい状況ではありますが、間違いなくアカムツは居ます。
いつになったら食い出すのか・・・



次回は3月中旬に4~5日間の釣りを予定しています。
串本⇔浦神のリレーになるのか、ほかの場所へ行くのか。


それともスロット三昧になるのか(笑)
























                   あ~・・・























           釣り(;`ー´)o/ ̄ ̄~ >°))))彡























                 行きたい!!

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脂キンメ現る(笑)

2017-02-14 00:05:51 | 浦神
2017年第2回目の釣りです。狙いはもちろんアカムツ中深海。
なんとこの日はシーフロアコントロールの柏原さんが乗船。
色々と勉強できることがあるので非常に楽しみです。
今回の相棒は小平さん。
マグロオフシーズンなので深いとこにドップリです(笑)
そして出船前にジグのスイムテスト?

「・・・・・」@小平さん


?????  ん(メ・ん・)?どうした?



なにやってんですか?



根がかりしてます(爆)((((;゚Д゚))))


船長も救出作戦に加わります。

そして無事に生還ヽ(´▽`)/


出船前にエエネタを持って行かれてしまいました(笑)


無事にジグも帰ってきたので沖を目指します。
今日は○○○mからスタート。

アロー260gからスタート。
まずは自分の基本になるシャクリから始めていきます。
そして色んなパターンを試して、更に隣の柏原さんをチラ見しながらアレンジしていきますが・・・・・


し、渋すぎる( ̄◇ ̄;)


渋いながらも柏原さんはアカムツGET。

我慢の時間が流れます。


そして小平さんがフォール中に何かを掛けた。

なんじゃ?こりゃ?

最初はリールを巻いていたけど、途中から巻けなくなってしまった。

何が掛かったんすか???


そして左舷側の方にも「何か」が掛かっている。

回収していた柏原さんにもHIT。

左舷3名と柏原さん、合計4人でオマツリΣ(|||▽||| )

小平さんだけ単独ファイト。

しばらくやり取りしていましたが、4名はブレイク。

残された小平さんもブレイク。

正体は多分アイツです。

周囲には鳥山が多数見られ、漁師さんたちはキハダにトンボ、カツオと大漁らしい。


そして小平さんは本日2度目のマグロファイト



あ、あ、暑い

ちょっと上着脱がして~~。   @小平さん


はいよ~。。。。  @ワタシ


もう1枚


はいよ~。。


もう1枚


どんなけ着てますのん(笑)


人間マトリョーシカみたいになってますやんか(爆)



ラインは1号。無理は出来ませんが・・・


ちょっと無理しちゃいました。で、切れちゃいました。

残念。獲りたかったですね。


その後もアチコチで鳥が大騒ぎしていましたが、狙いはアカムツ。


平常心 平常心 平常心 平常心(笑)




しかし、時合という時合も無く、午前便終了。
港に戻ります。
我々2名以外の方は帰ってしまい、午後からは小平さんとワタシだけです。


「さて、昼からの狙いはどうしましょうか」@船長


「キンメ~~。アカムツは無理やからキンメ~~」@ワタシ


「引っ張りはどうします?」@船長


「道具ないから無理よ~」@ワタシ


「ボクのんありますんで。」@船長

「じゃぁ、、、、    借りよっっかな」@ワタシ



ということでキンメのポイントに着くまで引っ張ることに。
そして、この行動が思いがけない出来事を引き起こすことになろうとは・・・


とりあえず、カップラーメンで腹ごしらえをして、再度、沖を目指します。


鳥山は少なくなりましたが、雰囲気は満点。
沖にはファイト中の漁師さんもいます。

ワタシは右腕がダメな状態なので、小平さんとシュミレーション。

両手で竿を支える。 → 竿を立てる→「ハイっ!」で竿を寝かせる → 小平さんがリールを巻く。

この動作を練習してマグロに挑みます。
しばらく流していましたが、HITもなく、ウトウトとしながら


「キンメのポイントまだかなぁ~」

と考えていた時に、船の速度が上がった。
前を見ると、結構な鳥山になっている。
その鳥山の外周をなぞるように船長が船を操る。


「ええ~~っ??これで食わんの???」


っていうくらい最高の場所を流してくれている。


「食わんのかいっ!!」

と言った時に勢いよくラインが飛び出した。


食ったぁ


竿を持ってファイト開始。
20年ぶりのマグロなので、ドラグを締めるタイミングが分からない。
すると船長の手が伸びてきて

カリカリカリ・・・

ドラグが締まった瞬間、魚の重みが全身に伝わってきた。

絶対に獲ってやる。この右腕もくれてやる




横には小平さんが付いてくれてサポートしてくれる。

「アカンようになったら言ってよ」

「ハイ~。と、と、とりあえず頑張るよ。」


ギクシャクしながらファイトしていますが、どうにかこうにか船長のモリ撃ち射程距離に持ち込んできた。
そしてモリが決まってガッツポーズ&ハイタッチ。

ファイトタイム2、30分くらい?


30kgくらいの脂キンメ!!(笑)


そして記念撮影(∩´∀`)∩ワーイ


て、手が・・・イタイ(笑)
おまけに滑る。



ウレシー!!!


始めて釣りました。脂キンメ  脂ビンチョウ。



この調子でもう1本

ウロウロしていると鳥山発生

ちょっと見えにくいですが、猛烈な鳥山です。


そして

イルカショー開催


でも、イルカに混ざっいていることも多いので念入りに流していきますがノーバイト。

船長も暗くなるまで頑張ってくれましたが、マグロのチェイスは無かった。


まさかアカムツ狙いでこんな魚を手にすることになるなんて・・・


あ、クーラー20Lしかないけど・・・(笑)
切り刻んでも入らない。


船長に大きいクーラーを借りてどうにか持ち帰ることが出来ました。
いつもの温泉で汗を流し、飯を食ったあとワタシは帰路へ。
そして小平さんは次の日もビンチョウ狙いで居残り。



ワタシは超ダッシュで中学の同級生の店へ。
それでも到着は0時45分。
勝浦を出たのが21時50分。

怖かったよ(笑)


久しぶりに会った同級生ですが、お互い歳をとったくらいで、昔のまんま。
挨拶もそこそに厨房へマグロを持ち込みます。



こうやって見ると、やっぱデカイわ。


早速、捌いていきます。



胃袋にはウルメが満タンでした。






こりゃたまりませんなぁ(o ̄∇ ̄o)♪



この魚は11日(土)にいつもの釣り仲間、職場の後輩2名が参加してくれたパーリーで食べました。


んまかった(*´▽`*)




20年ぶりのマグロは大変でしたが、クセになる領域に手を出したような気がしています。
本気でタックルの購入を考え中。
           ヤバイな(笑)



アカムツは非常に厳しい状況ではありますが、全く居ないわけではなく、ベイトが変わればジグへの反応も良くなるかと思います。
いつ良くなるのかはアカムツに聞いてみないと分かりませんが、行かないことにはXデーには当たりません。
こまめに通うしかありません。


あ、船長にクーラーを早く返さないと。。。(笑)




















                     あ~・・・














                  釣り(;^ω^)o/――~>゚))))彡















                                   行きたい































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017初釣り

2017-01-21 22:26:41 | 釣行記
かなり遅くなってしまいましたが、6日に浜名湖から出船のクルーズに行ってきました。

31日から泊まり勤務でようやく6日に休み。
前日、仕事でイライラしていたところへ加藤さんからLINEが。

明日(6日)クルーズにアカムツやりに行かん?

即答でOKして、さっさと仕事を終わらせ帰宅。
準備をしていいると小平さんからもLINE。

明日よろしく


こりゃぁ楽しみだ。
でも、初めて乗る船。
場所も全く分からない。
とりあえず早めに出て現地で寝てよう。。。


と思ってちょっと早めに出発。
高速は使わずに一般道で。

2時間掛からずに到着(笑)

5時30分までぐっすり寝てタックルの準備に取り掛かります。
ま、車から出すだけですけどね。


今日は3人で出船。
ひっさしぶりに今切を越えて外へ出ていきます。




遠くに富士山もみえています。


ポイントに着くと結構な風。そして波。
踏ん張っていないと海に振り落とされそうになります。
潮も2枚にはなっていますが、適度に動いていい感じです。


      が!!



     しかし!!!

12時まで全くアタリナシ( ´ゝ`)無

こりゃぁ、やらかすね。

またアカボーだよ。


覚悟を決めたその時。

小平さんにHIT!!

その直後、ワタシにもHIT!!

ほどなくして小平さんはナイスサイズのアカムツを上げる。

そしてワタシにもナイスサイズの・・・・・ハーフサイズのアカムツ(笑)

そしてお口の中には・・・


恋人が・・・( ̄▽ ̄)    (帰宅してから撮影)


そして続けてハーフサイズのアカムツ。
小平さんにはまたもやナイスサイズ。


こうなったら3連ちゃんで・・・   来ました


上がったのはベルトサイズのユメタチ(笑)


加藤さんはドンコ(o ̄∇ ̄o)♪   いいすねぇ。


でもしばらくしてからナイスサイズのアカムツ。



もう時間もない。
最後の流し。

ここでまたまたワタシにHIT。
ハーフサイズから少しだけサイズアップ。


このアカムツで終了になり帰港することに。
風も波も酷く、ドタバタで帰ってきましたが、浜名湖内に入るとまるで琵琶湖。




ペッタンコです。



片付けも終わって帰りは高速で。
夕方の帰宅ラッシュと重なるので時間がかかると思われましたが、2時間掛からずで帰宅。
浜名湖ってこんなに近かったっけ?


天気はイマイチでしたが2017年初釣りで楽しむことが出来ました。
おまけに数ヶ月ぶり?のアカムツ(*´∀`*)

サイズはイマイチですが、とっても嬉しい(*≧∀≦*)


加藤さん、お誘いありがとうございました。
ようやく長いトンネルから抜け出しました。

一瞬だけかもしれませんが。。。

小平さん、そろそろもう一段、深いトコ行きましょか。
2月、3月は強化月間となっております。





おまけの画像











「宿主さん釣られちゃったねー」

「釣った人、大喜びだったよ」

「マグレなのにね。」

「きっとまたアカボーのトンネルに入るよ。」
























                             あ~・・・
















              釣り(;`ー´)o/ ̄ ̄~ >°))))彡






























       行きたい!!





































コメント
この記事をはてなブックマークに追加