ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「40(フォーティ) 翼ふたたび」

2006年05月17日 | 書籍関連
古本売買の全国チェーン「ブックオフ」の社長が、6月24日付で交代とのニュースが載っていた。何でもパート店員から常務に迄登り詰めた女性が社長に就任するという事で、同じ様な経歴を辿った吉野家現社長を想像させる人事だ。そしてこのニュースで初めて知ったのだが、この女性はタレントの清水國明氏の実姉に当たられるのだとか。以前より、「何でブックオフのCMを彼がやっているんだろう?」と気になっていたのだが、そういう関係だったとは納得で在る。

さて、今日は石田衣良氏の「40(フォーティ) 翼ふたたび」を取り上げてみたい。この作品の惹句40歳から始めよう。人生後半、胸を張れ。となっている様に、40代の人物達を描いた内容になっている。人生80年と言うならば、丁度折り返し地点に在る40代。決して若くは無いが、かと言って老いさらばえている訳でも無い。後先考えず突っ走る程の若さも無く、或る程度先の見えて来た微妙な年代。現在46歳の石田氏が、同世代を描いた作品だ。

大手広告代理店を辞め、事務所の片隅を借りてフリーのプロデュース業をしている40歳の男・吉松喜一が主人公。会社勤めの時代に、一生涯で享受出来る幸せの殆どを味わってしまったと感じている彼にとっては、プロデュース業も投げ遣りの内に始めたものでしかなかった。「40歳から始めよう!」というブログを立ち上げて仕事を待つものの依頼は殆ど無く、時たま入る依頼もプロデュース業とは無関係なもので、それも、彼と同年代で同じ様に社会から弾き出された者達に関わる依頼が主。

「”時代の寵児”と持て囃され巨万の富を得るも、児童買春で名声や地位を失ってしまい、今は金を費やすだけの無為な日々を送っている元IT社長。そして、そんな彼を一途に慕う、売れないAV女優。」、「銀行勤めをしている2人の同級生の出世争いと離婚話。」、「20年間のフリーター生活を経て、起業する事にしたオタク男。」、「高校時代から20数年間引きこもり生活を続けている男。」、「共に仕事をしているコピーライターの癌告知。」等。

「ガビガビーン!」やら「ボギャー!」といった擬音を、会話の中に絶えず挟まずにはいられないオタク男という設定はかなり笑えたのだが、廻りを見渡すと満更居ないとは言えない現実味が在ったりもする。

一癖も二癖も在る彼等と、最初は真正面から向き合えない主人公も、徐々に御互い心を開いて行き、彼等自身も、そして彼自身も徐々に変わって行く。生きる事の困難さを再認識する一方で、それ迄は見えなかった未来への希望を見出して行く彼等。同世代の自分には、身につまされるものが在った。

最後はハッピーエンドに終わり、ハッキリ言えば”大人の為の御伽噺”とも言える絵空事の様な話。でも、その絵空事がとても心に沁みたりするのは、作者の持つ弱者への柔らかな視線が在るからではないか。聞く所によると、石田氏自身も引きこもりの様な生活を嘗て送っていたという事で、そんな彼だからこそこの様な押し付けがましさの無い、優しい物語を紡げるのだと思う。

評価は、星3.5個
『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロとして失格 | トップ | 今季初観戦!でも・・・ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
40歳=不惑。 (juzji)
2006-05-17 09:51:06
TBありがとうございます。



確かに「”大人の為の御伽噺”とも言える絵空事の様な話」ではありますね。

でも心の中で「こうあったらいいなぁ」と思っていることが、そのまま活字になっているようで、すがすがしさを感じました。TBさせていただきます。
TBありがとうございました♪ (エビノート)
2006-05-17 19:52:30
こんばんわ!

TBありがとうございました。

人生まだまだ捨てたものじゃないかも、と思えるような元気の出る物語だったと思います。

絵空事かもしれませんが、私の胸にもしみました。
ご無沙汰しております。 (でこぽん)
2006-05-18 10:38:49
こんにちは。

石田大好きなのでTBさせてもらいました。
すみませ~ん。 (でこぽん)
2006-05-18 10:42:04
今のコメントに「さん」を入れるのを忘れてしまいました。大好きなのに…。

「石田さん」にしてくださいね。

40歳って、良い歳だと思うのですが。
おす、おひさw (帆印)
2006-05-20 11:10:52
やっぱし、、中身の濃いのいっぱい書いてるなぁ

対したもんだ。

幾つでも、胸をはるのはいい事だよな。

学生の頃、運動会とかで習った歌の中に

「若い力」っていう曲の一節だが、この中に、「燃えよ若人胸を張れ♪」いまだに、口ずさむことがあるなぁ。40才だろうが、50才だろうが、いい日本語だよなぁ。

うっかり、、英語で、女性に言ったらはったおされるがね。



因みに、俺、今までオタクしてましたわ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
石田衣良『40 翼ふたたび』○ (駄犬堂書店 : Weblog)
 初出「週刊現代」2005年1月~2005年8月。  先輩の誘いに乗り17年間勤...
40 翼ふたたび (僕のゴルフは2打目から)
(本帯より) 人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。 投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな 同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。 生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作! 書名:40 翼ふた ...
【ブックオフ】パートから社長へ出世した人は、KUNIBUBUのお姉さん (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
あのねのね~!
【40翼ふたたび】 石田衣良著 (じゅずじの旦那)
《40歳から始めよう。 人生後半、胸を張れ。》 人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。 投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作 ...
『40 翼ふたたび』 (いつか どこかで)
今日読んだ本は、石田衣良さんの『40 翼ふたたび』です。主人公は石田さんと同世代、40歳の男性です。
40翼ふたたび (ろばみみ、さるみみ、mimiのみみ)
「40(フォーティ)翼ふたたび」 石田衣良 主人公は吉松喜一40歳。 大手広告代理店を辞め、フリーランス・プロデューサーとして独立したが、順調とは言い難い有り様。 そこでPRのためにブログを開設する。 スローガンは、「人むすび・人あつめ・40歳から始めよう~ ...
ブックオフ、パート出身の橋本真由美常務が社長に (40代の私にとっての最新情報・重要ニュース)
『国内外の約860店で中古書籍を販売するブックオフコーポレーション(東証1部上場)は16日、パート出身の橋本真由美常務(57)が社長に昇格する人事を発表した。6月24日付。代表取締役会長に就く坂本孝社長(66)とともに、店舗運営に携わってきた実 ...
石田衣良にはまる。 (DEAD STOCK PARADISE)
学校のあさ読書がとても大切な時間になってます。 学校の朝読書時間中に読む本はほとんど図書館で借りてます。 なんかね。 楽しくて仕方がないんだよね。 いろんな本を必ず読める時間を学校側が提供してくれてるわけでしょ。 いくら受験対策とはいえ、 読 ...
40 翼ふたたび 〔石田衣良〕 (まったり読書日記)
40 翼ふたたび 投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。 生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作。 (BOOKデータベースより)
40翼ふたたび/石田衣良 (ほぬとフットサル,ピアノそして阿波踊り)
40 翼ふたたび作者: 石田 衣良出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/02メディア: 単行本 久しぶりの本の紹介。 石田衣良の40翼ふたたびです。 40才の脱サラクリエイターの主人公は社会でもプライベートでも自信をなくしている。 もう,人生の半分が終わ ...
[読書]40翼ふたたび/石田衣良 (でこぽんの読書日記)
40翼ふたたび石田衣良著講談社 (2006.2)ISBN:4062133008価格 : 1,575円bk1で詳細を見るAmazonで詳細を見る ★★★★ すごくいい本でした。 7つの話からなる連作短篇集なんですが、まるで長篇を読んでいるように楽しかったです。やっぱり石田衣良は面白いです。 ...
40翼ふたたび 石田衣良 ("やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!)
40 翼ふたたび この本は「ついてる日記?」のRokoさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 読みはじめから中盤にかけての印象が正直光っていなかった感じがしました。 IWGPや4TEENの各短編に比べると、設定が中年だからか ...