漂えど沈まず

川遊びやその他もろもろ がん103記す

黒川(初)DR20170514

2017-05-14 23:12:09 | フネ

今日は前々から家族サービスの予定だったのですが、ゆうべぼそっと『あー、明日、黒ブレさんは漕ぎに行くんだー、いいなー』とつぶやいたところ、マリコが『ナニっ!行きたいのっ!?』と聞いてきたので、小声で『いーきーたーいー』と答えると、『しょーがないわねー、黒ブレさんによろしくね』とお許しが出てしまいました。ビックリ。
やっぱ、黒ブレさんは使えるぜ!
沈脱大王は使えないけど。
速攻、行きますメールを送って、初・大芦川を楽しみにしていました。
そしたら23時ごろナスミンから「明日鬼怒川、9時に集合せよ」メールが届きました。
ちょっと遅いんですけど。

でもみんなの顔が見たいので、今朝大芦川に行く途中、鬼怒川漕ぎの方々の集合場所に寄ってみました。


デビルマンは変身が解けて人間体に戻りつつありました(^^)
デビルマン人間体、ピーノさん、ナスミンさんに別れを告げて大芦川に向かうと、ななんと釣り人800万人!!
上から下まで途切れなく釣り堀状態。
こんなの鮎解禁の那珂川でも見たことねーよ!
仕方なく隣の黒川に移動しました。

今日の黒川、府中橋90cm。
黒ブレさんと、しのさんと漕いで来ました。
かなり少なくあちこちで引っ掛かりましたが、なんとか漕げました。
川から人工物はほとんど見えず、いい雰囲気の川です。



瀬は落差があるし、瀬の手前は浅くてボトムが引っ掛かって回されるしで疲れました。


ここは流れが細く岩岩で曲がり切れずに突っ込んで動けくなるところ、なんとか出られました。


もう中年から高年になって、前から遅かった反応速度が更に遅くなっております。

そしてもうひとつ高年を実感する出来事がございました。


ここをポーテージする時にぬるぬる岩で足を滑らせ、腰を痛めてしまいました。
生まれてこの方、腰が痛いなんてことは一度もなかったのですが、腰痛ってつらいんですねー
痛めた時は大したことない痛みだったのですが、最後の頃は座ってる姿勢がつらかったー。
 
ここもポテ。
 
こういう川を漕ぐとブーフを習いたいと思います。
思うだけだけど。
 
あ!それから、途中のコンビニで鬼を3体入手しました。
売れ残り見切り品でお安くゲット。
 
ラッキー!! 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

常浪川(初)DR20170505

2017-05-13 01:20:21 | フネ

GWに一日だけ休みが取れました。夜勤明け&休みです。
これは行かねばなりません。
数年前から誘ってもらっていたMIDDLE&川ガキ隊の常浪ツアー。
5/4、お昼で仕事を上がってm@si宅に向かうと、程なくイチさんも到着。
デリカ2台で常浪へGO!であります。
それにしても「MIDDLE&川ガキ隊」って長いな。
入力面倒なので以後略称「Mガキ」で。
夜勤明けなのに全く眠くならず快調にドライブしていましたが 、3時間を越えた頃急に眠気が襲って来たので運転をイチさんに代ってもらいました。
イチさん、ありがとう。

Mガキの常浪ベースに着くとクルマを下りる前から、あの笑い声が聞こえてました。
 
もう出来上がっちゃってます。いい感じに。
Mガキのキャンプはぽくチンのみすぼらしいキャンプとは大違いで、オサレ!

ザムザ鍋やmasuフォンデュに採れたてのこごみ、美味しゅうございました。
ボクも日光畜産特製厚切り牛タンを炭火で焼いたのですが、ぶ厚さに慣れていない為か上手く焼けなかった。
ぐみんなたい。
翌日久川キャンプ場で元やんと適当に焼いた味付けミノの方がずっと美味かったな。

4日当日に皆さんが下った常浪川の様子をizu3さんのプロジェクターで面白おかしく見せてもらいながら、不眠不休36時間を越えた頃あくびが止まらなくなって先においとまさせていただきました。

翌朝目が覚めてクルマから出ると、もうすでにいい匂いがしていました。


ザムザさん特製卵焼き、ピーノさんお奨め大粒下妻納豆、現地野菜の漬物に具だくさんのあったかいスープ。
キャンプでこんなに美味しく正しいニッポンの朝メシを食べられるなんて思いませんでした。

昼食は川下り中にアツアツのホットドッグ。

日本に数艇しかないというポリのOCのクリーク艇シルバーバーチを風除けにして荒水独流さんとmasuさんが調理してくれました。
野菜は忘れても美味しかったですよ。
そして大喜びの中高年たち。
 

あー、美味しかった!
GWの常浪はグルメツアーでございました。
また来年も来るぞー!!

と、これで終わると何のブログか分からなくなるので、川の様子もちょこっと。
スタート地点。
 

明るく開けた渓相でいい雰囲気。
奥に見える山にはまだまだ雪が残っていました。
この上流の滝も見せられましたが、オレのサイドイフェクトが「やったらダメだ」と言っていたので勘弁してもらいました。

鬼怒川っぽい感じ。










たった一日の休みでしたが、前後にキャンプも出来て充分満足できました。
来年は二日休み欲しいなー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那珂壱DR20170423

2017-04-24 10:29:25 | フネ



那珂壱に行ってきました。
晩翠橋0.15m。
黒磯CCの皆さんと漕いで来ました。
数字はそれ程じゃないけど水はけっこうありました。
何より嬉しいのは水が透き通っている事!
それから数年ぶりに黒ブレさんと沈脱大王とも漕げました。
 
フィッシュランド下は今日の水量だと直に左岸と岩の間に流れています。
 
振り返ると水面がキラキラ光って、那須の山にはまだ雪があって、スカッ晴れの天気で、文句の付けようがありません。
 
いい景色。
  
いかの瀬手前。
気が付くといつもこのルートだな。
次はもっと左から行ってみよう。
 
いかの瀬は右岸側を気持ちよく落ちてクリア。
せっかくいい感じで落ちたのにJVCのアクションカムが反応せず撮れませんでした。
最近動作が気まぐれです。
次のカメラを見繕っておかなくちゃ。

ラストの瀬も楽しく漕げました。
 
来週は家族サービスの日なので、次はMIDDLE&川ガキ隊の常浪遠征までガマンしなくちゃだわ。

うーん、ガマンし切れない。

masaさん、27(木)漕げませんか? 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

男鹿川DR20170408

2017-04-09 00:02:04 | フネ

いつもの年だと3月中には何回か漕いでいるはずの男鹿川に今日やっと行ってこられました。
数日前やっと雪融け増水が始まり、ゆうべは90cmオーバー!
そんな水位漕いだことない。
行けるのかどうか不安でしたが、実際川を見てみたら多いけど行けそう。
濁りもそれ程ひどくない。
今日はユウ沢橋下のはねしょを漕いで、はねしょ下の滝~クランク釜~シーブをポーテージして男鹿の湯で上がる予定です。
まー、予定通りには行きませんでしたが。。。
今日のメンバーはピーノさん、masuさん&わたくしの3名。
とりあえず男鹿の湯のたおくんに駐車のご挨拶。

今年もヨロシクお願いします。十割そば去年よりいい感じに打ててました。つゆより塩で食べる方が美味しかった。

一昨年沈脱したところで、今日はスターンを食われてSLBM発射して来ました。

進歩がありません。
あ、沈しなかっただけちょこっと進歩したかな。
こんな感じです。

あ!間違った。こっちだ。

かなり垂直。左端が水面。

なんてカッチョ悪い。。。


SLBM発射を大爆笑するお二人。


工事中の瀬の左端のスライダーが気持ち良かった。


国道から下見した時は大丈夫行けると思ったはねしょは近くでよく見たら、わたくしの技量では行けないとこでした。

左端のエスケープルートを抜けました。
この下の瀬も、国道から下見した感じよりずっと大きかったです。
 
ここから先は地獄です。
わたくし程度が行っちゃーいけません。
滝~クランク釜~シーブが待ち構えています。


ここで上がってポーテージのルートを確認。


ロープで擁壁下まで引っ張り上げましたが、この後シーブの先までのルートを見いだせず擁壁を登って国道に途中棄権しました。
 
次からは迷わずユウ沢橋で上がります。

後半、お二人に余計な運動をさせてしまってスミマセンでしたm(_ _)m
これに懲りずにまた遊んで下さい。

でも、前半はとても楽しかったです。
落差が大きい瀬が何箇所もあるのでブーフが出来ればもっと楽しいのになー、オレ出来ないからなー、残念!

それから、男鹿通常コースはどうなっているのかと言うと、

こんな感じです。
手前から流れているのが男鹿本流。
増水しているのにたいして濁ってません。
画像真ん中辺りで合流しているのは入山沢。
もードロドロです。カフェオレです。
この下の芹沢も同じような泥水が流れています。
前夜に雨が降ったわけじゃないのに、雪解け水が増えただけなのにこの濁りよう。
男鹿はもうアッパーしか漕げません。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川DR20160424

2016-04-26 01:21:07 | フネ


鬼怒川が水量豊富(小佐越0.65m)だったので、夜勤前にまた行ってきました。
これまたまたまた、前夜からミドル&川ガキの屋台キャンプから参加です。
すき焼き美味しゅうございました。

翌朝9時前、屋台を撤収中にSK村さんが合流して全員集合。
今日のメンバーはmasuさん、 ザムザさん、ピーノさん、SK村さん&わたくしの5名。
水たっぷりで濁りもなく、楽しい予感。

スタートの瀬を気持ちよく漕ぎ抜けて、堰堤、堰堤下と進み、さっそく籠岩です。


全員でスカウティングしました。

 

瀬の長さが以前の倍以上のおよそ200mになったので、川原を歩くだけで疲れました。
水量豊富で先週よりさらに怖ろしくなっていました。
そうそうにポーテージ決定しましたが、『オレ程度の腕でも一縷の望みを掛けて行けるとしたらこのライン』をSK村さんに教わりました。


行っちゃいけない場所は「見ない」というより、自分の行くラインに集中することが大切。
でもわたくし気が弱いので、怖いもの見たさでつい見ちゃうんです。


SK村さん、次はBURNでお願いします。

それにしてもピーノさんはなんでポテしたのかなー?
埼玉県警いるわけじゃないのに。




籠岩ウェーブは無くなっていました。
遊べなくて残念がるザムザさん。


そーいえば以前ここにアヒルがいましたが、最近見ませんね。


やっぱりザムザさんは皆の期待に応える男です。


GWまでにはヘルメットも新しくなって、頭の先からボートまで全身カマキリ(のFUN)色になっているはずです。
期待してます!

先週佐貫まで漕いで、大渡橋から下はほぼ瀞場になってしまったのを確認したので、今日は大渡橋の右岸にある船場亭で上がらせてもらいました。


川から直接上がれる階段を通してくれて、お店の人も雰囲気もとってもいい感じでした。


子供の頃、鮎が解禁になると父がたくさん釣ってきて「えー!また鮎なの!?」と嘆く位毎日食べさせられていたので、ここ30年ほど鮎から遠ざかっていたのですが、こちらの塩焼きはとっても美味しく食べられました。




 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加