ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

三菱日立パワーシステムズ日立工場で爆発。真っ赤な火が高さ10メートルほどまで上がっていた

2016-03-30 | 事故

工場で爆発 けが人情報なし

NHK茨城

30日午後7時前、茨城県日立市にある工場で爆発があり、周辺の道路には鉄板などが散乱しているということです。
警察と消防で詳しい状況の確認を急いでいますが、今のところけが人の情報はないということです。

30日午後6時45分頃、日立市幸町にある火力発電用のタービンなどを製造している「三菱日立パワーシステムズ日立工場」で爆発がありました。
この会社によりますと、ガソリンなどの危険物をドラム缶で保管している倉庫付近で爆発があったということで、工場周辺の道路には鉄板などが散乱しているということです。
また消防によりますと、爆発したのは危険物が置かれている倉庫の外にあった4本のドラム缶のうち2本だということです。
ドラム缶の中には金属を加工する際に使う使用済みの廃油が入っていて、倉庫の外壁の一部が損傷しているということです。
警察と消防で現在、詳しい状況の確認を急いでいますが、工場の従業員や周辺の住民にけがはないということです。
NHKが上空から撮影した日立市の日立製作所の工場の敷地周辺の映像では消防車などが集まっている様子が確認できますが、大量の炎や煙が上がっている様子は確認できません。
道路に面した工場の敷地内にはドラム缶のような容器が置かれ、消防士が集まって状況を確認しています。
工場の脇にあるレストランの店員は「炎が一瞬上がったのが見え、そのあと2回大きな爆発音がした。
下から突き上げられる衝撃があり、花火が打ち上がるようなものすごく大きな音だった。煙のようなものが見えたという人もいた」と話していました。
別の男性は「ドーンという今まで聞いたことがない大きな音が聞こえ、工場に近づくとシンナーのような臭いがした。道路には50センチほどの丸い鉄板や屋根の一部のようなものが飛散していた。70年間、ここに住んでいるが、このようなことは初めてだ」と話していました。
爆発があった工場を運営する三菱日立パワーシステムズは三菱重工業と日立製作所が出資して平成26年に設立した会社です。
会社によりますと、爆発があった日立工場は火力発電所で使われるタービンやモーターなどの機械を製造し、工場の広さは40万平方メートル、従業員の数はおよそ2500人だということです。

03月30日 20時25分

 

消防「ドラム缶中身は廃油」

NHK茨城

日立市消防本部によりますと、爆発したのは、工場の敷地内にある危険物が置かれている倉庫の外にあった4本のドラム缶のうち2本が爆発したと言うことです。
ドラム缶の中には、金属を加工する際に使う使用済みの廃油が入っていて、倉庫の外壁の一部が爆発で損傷しているということです。
また、午後8時現在、けが人の情報はないと言うことです。

03月30日 20時16分

 

「爆発音」周辺住民は

NHK茨城

爆発あった工場の近くに住む70歳の女性は、「自宅にいたらドーンという大きな爆発音が数回聞こえた。驚いて外を見ると、真っ赤な火が高さ10メートルほどまで上がっていた。その直後から油のような鼻につく臭いがした。こんなことは初めてで何が起きたか不安です」と話していました。
また、日立市弁天町に住む女性は、「地震のような揺れとともに、ドスンと1回大きな音がして家に車が衝突したかと思った。そのうち、サイレンの音が聞こえてきて工場の方面に出てみたら、焦げ臭いにおいがした。暗くてよく見えなかったが、ヘルメットをかぶった人が道路を掃除していた」と話しています。

03月30日 20時29分 

「爆発音」周辺住民は

▽爆発があった工場の近くの歯科医院に勤める20代の女性は、「仕事をしていたら雷が落ちたかのような大きな音がして、縦揺れを感じた。窓の外に真っ赤な炎が一瞬見えた。外に出てみたら、油のようなものが車の上に飛び散っていた。どんなものなのかわからないので不安です」と話していました。
▽爆発あった工場の近くに住む70歳の女性は、「自宅にいたらドーンという大きな爆発音が数回聞こえた。驚いて外を見ると、真っ赤な火が高さ10メートルほどまで上がっていた。その直後から油のような鼻につく臭いがした。こんなことは初めてで何が起きたか不安です」と話していました。
▽日立市弁天町に住む女性は、「地震のような揺れとともに、ドスンと1回大きな音がして家に車が衝突したかと思った。そのうち、サイレンの音が聞こえてきて工場の方面に出てみたら、焦げ臭いにおいがした。暗くてよく見えなかったが、ヘルメットをかぶった人が道路を掃除していた」と話しています。

03月30日 21時04分 更新

 

茨城・日立市の工場で爆発 けが人の情報なし

30日午後7時前、茨城県日立市にある工場で爆発があり、周辺の道路には鉄板などが散乱しているということです。警察と消防で詳しい状況の確認を急いでいますが、今のところけが人の情報はないということです。

30日午後6時45分ごろ、日立市幸町にある火力発電用のタービンなどを製造している「三菱日立パワーシステムズ日立工場」で爆発がありました。
この会社によりますと、ガソリンなどの危険物をドラム缶で保管している倉庫の付近で爆発があったということで、工場周辺の道路には鉄板などが散乱しているということです。
また、消防によりますと、爆発したのは危険物が置かれている倉庫の外にあった4本のドラム缶のうち2本だということです。
ドラム缶の中には、金属を加工する際に使う使用済みの廃油が入っていて、倉庫の外壁の一部が損傷しているということです。
警察と消防で詳しい状況の確認を急いでいますが、工場の従業員や周辺の住民にけがはないということです。
工場の脇にあるレストランの店員は、「炎が一瞬上がったのが見え、そのあと2回大きな爆発音がした。下から突き上げられる衝撃があり、花火が打ち上がるようなものすごく大きな音だった。煙のようなものが見えたという人もいた」と話していました。
また、別の男性は「ドーンという今まで聞いたことがない大きな音が聞こえ、工場に近づくとシンナーのようなにおいがした。道路には、50センチほどの丸い鉄板や屋根の一部のようなものが飛散していた。70年間、ここに住んでいるが、このようなことは始めてだ」と話していました。

 

動画から

記者

爆発を見たという地元の方によりますと、爆発があったのは、白いあかりがたかれているあたりで、2.3回大きな爆発音がして、そのあと何かが崩れるような音がしたということです。

工場の周りの生垣には青い粘り気のある液体がこびりついています。

また道路や駐車車両には爆発に伴ったススが飛び散っています。現在特別な匂いはありませんが、爆発直後には強い油の匂いがしたということです。

 

 

 

(管理人より) 

NHKニュースまとめ。21:15頃 NHKのWEB記事に動画がつきました。

NHK茨城の動画と、NHK NEWS WEB の動画が違っていました。

 

追記3/31  NHK NEWS WEB の動画が更新され、周辺住民の声の内容が編集され、文字がついています。

きのうの動画にあった記者のレポートは削除されていました。

 

 

 

 

NHK茨城の動画のなかの住民の方の話

火柱というか火が見えて、ガスのような臭い匂い」と証言されています。

それだけ炎が上がっていたのに、一枚も画像や、動画がありません。 なんか不自然ですね。18:45頃爆発がおきてニュース映像になるまで3時間もかかっています。

後から出てくるかどうかわかりませんが・・・

出てきたら追記しときます。


2016.03.30 日立製作所で爆発事故発生2


 

  

 

ツイッターより  https://twitter.com/moka_piii/status/715110627165888515

 

 

三菱日立パワーシステムズ 会社紹介映像(フルバージョン)

 

 三菱日立パワーシステムズ

http://www.mhps.com/products/category/pressure_vessel.html

火力発電、地熱発電もやってますが、原発の圧力容器作ってる会社です。原子力ムラです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知県土佐清水市大岐メガソ... | トップ | 3/17洞爺湖へのアスファルト... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事