ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

【台風10号】屋上に設置されたソーラーパネルが強風によって飛ばされ電柱なぎ倒す!電柱が折れた!

2016-09-01 | 食品問題

(管理人より) 引き続き 太陽光発電設備の台風被害の様子をお知らせします。

広島ホームテレビの報道より8/30 より

「市内の会社の屋上に設置されたソーラーパネルが強風によってクレーンごと飛ばされたということです。それが落下し、近くにあった電柱をなぎ倒した」

ソーラーパネルが落下して電柱が折れたなんて! 



ちょうど、立ち入り禁止のロープで建物の名前が見えませんが、「岩手ビルテック」です。

場所:Google衛星 

場所:ストリートビュー  データが2013年のものなので岩手ビルテックの倉庫?が、現在と違います。

岩手ビルテックの社屋が建て直されている。新築して屋根にソーラーパネルを乗せたのだと思われます。3年もたっていないかもしれません。

フェンスもぐちゃぐちゃ。電柱も折れましたから、弁償しなければならないのではないでしょうか?

メガソーラーは、台風の強風に耐えられる構造になっておらずむしろ、風を受け止めるような形状だそうです。車をひっくり返すような地を這う瞬時の強風に耐えられない。しっかり架台に固定しても、パネルが破損するという構造上の弱点について、ツイッターで電気主任技術者の方に教えていただきました。

建物の屋根の上にあればなおさらのこと、強風で飛んでいくでしょう。

 

追加でもう一つ 福島中央テレビより(リンク切れ)

2016年8月23日 12:05  台風9号通過 いわきなど大雨と強風の被害

下神白の復興公営住宅では、落下した太陽光発電のパネルが車3台に当たる被害


 

下神白の復興公営住宅はできたばかりです。

 下神白団地(いわき市)の現場進捗状況  を見るとこの公営住宅の屋上にはソーラーパネルが設置されています。下は駐車場。

 

あなたの駐車場の周りに、太陽光パネルが近くに有るのではないですか?見えない位置に設置されているかもしれません。

台風の時に飛んできて車に当たる可能性もあるということです。

ε=(・д・`*)ハァ…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加