ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

エチオピア首都でごみ山が崩落、46人死亡。首都のゴミが50年以上集められゴミ捨て場が満杯

2017-03-15 | プラスチック問題

廃棄場でごみ山が崩落、少なくとも46人死亡 エチオピア Landslide at Ethiopia garbage dump kills dozens

 

廃棄場でごみ山が崩落、少なくとも46人死亡 エチオピア

AFPBB News 3/13(月) 8:55配信

【3月13日 AFP】エチオピアの首都アディスアベバ(Addis Ababa)の郊外にあるごみ廃棄場で12日、ごみの山の大規模な崩落があり、少なくとも46人が死亡した。敷地内で不法に生活している住民は、付近でのバイオガス工場建設に向けた地ならしが崩落の原因になったと話している。

 現場は30ヘクタールに及ぶ国内最大のごみ廃棄場。その中にできていた最も大きなごみの山の一部が崩れ、不法住民の小屋数十軒が押しつぶされた。アディスアベバ市の広報局長は、これまでに女性32人、男性14人の計46人が死亡し、子どもも数人含まれると明らかにした。犠牲者の多くはごみをあさって生計を立てていた人だった。

 負傷者も数十人に上っているほか、崩壊したごみ山の下にはまだ人が閉じ込められているとみられている。掘っ立て小屋を失った不法住民は「大きな音がして外に出ると、竜巻のようなものがすごい勢いで向かってきた。家族を集めて逃げ出した」と語った。

 別の不法住民は、崩落は「3分間」続いたと話した。付近には300人余りが住んでいたもようだという。地元住民の話では、ごみ山の上に約50軒の小屋が建てられ、1軒に7人ほどが暮らしていた。 不法住民の一人は、ごみ山の上に建設中の新たなバイオガス工場用の地ならしによって山の中腹が圧迫され、崩壊を招いたと語った。(c)AFPBB News

 

 

エチオピア ごみ山崩れ 食べ物探していた人など46人死亡
3月13日 4時59分 NHK

アフリカ東部のエチオピアにある、ごみ集積場で、巨大なごみの山が崩れ、食べ物などを探していた女性や、子どもなど少なくとも46人が死亡しました。
エチオピアの首都アディスアベバの郊外にあるごみ集積場で11日、巨大なごみの山の一部が崩れました。

地元のメディアなどによりますと、この事故で少なくとも46人の死亡が確認されたほか、近くの家などが押しつぶされ、多くの人の行方がわからなくなっているということです。犠牲になった人の多くは、ごみ集積場で食べ物のほか、鉄くずなど換金できるものを探していた貧しい女性や、子どもだったということです。

この集積場にはアディスアベバに住む、およそ300万人分のごみが集められていて、ごみを拾って生活の糧にしてる人たちが毎日500人ほど通ってきているということです。エチオピアはアフリカの中でも高い経済成長を続けていますが、慢性的な食糧不足も続いていて、1人当たりの国民総所得はおよそ7万円と、最貧国の水準にとどまっています。

  

エチオピアで「ごみ山」崩落 46人死亡、行方不明多数
2017年3月13日18時41分 朝日新聞

エチオピアの首都アディスアベバ郊外のごみ廃棄場で11日、ごみ山の一部が崩れ、少なくとも46人が死亡した。多数が行方不明になっており、犠牲者はさらに増える可能性がある。AP通信などが報じた。生活のため、ごみの中から売れるものを拾っていた人や、ごみ山の中に住んでいた人たちが巻き込まれたとみられる。犠牲者のほとんどが、女性や子どもという。原因は明らかになっていない。

 アディスアベバでは、毎年30万トンのごみが出され、そのほとんどが事故の起きた「コシェ廃棄場」に運ばれていた。約500人がここでごみを拾っており、過去にも小さな「山崩れ」で数人が犠牲になっていたという。2010年ごろからスペースの不足が指摘されており、いったんは集積がストップしていた。だが、新たに作られた別の廃棄場が住民たちの反対で稼働できず、再びコシェにごみが運び込まれていたという。

  

 

エチオピア首都でごみの山崩落、46人死亡
TBS系(JNN) 3/13(月) 10:13配信
 エチオピアの首都アディスアベバの郊外にあるごみ廃棄場で11日夜、積み上げられたごみの山が崩落し、少なくとも46人が死亡しました。37人が救出されましたが、行方不明者は多数いて、死者はさらに増えるおそれがあります。

 廃棄場では、ごみを集めて生活する貧しい人々が小屋を作って住んでいて、こうした小屋が崩落に巻き込まれ、多数の死者が出たとみられています。

 崩落の原因は分かっていませんが、廃棄場は、アディスアベバのごみが50年以上にわたって集められ、満杯になっていました。しかし、地元住民によると、近年は止められていたごみの廃棄が、ここ数か月の間に再開されたということです。(13日09:15)
最終更新:3/13(月) 14:24

 

 (管理人より)

エチオピアの巨大なゴミ山が崩落し、たくさんの女性や子供が巻き込まれて亡くなるという痛ましい事故が起きました。プラスチックゴミのくすぶる有毒な煙に覆われる巨大なゴミ山に驚かされます。このブログではフィリピンのスモーキーマウンテンやモルディブのゴミ島、ティラフシなど取り上げてきましたが、このゴミ山も深刻な状況を呈しています。

首都アディスアベバの郊外にあるこのゴミ捨て場「コシェ廃棄場」は、50年以上にわたって300万人分のゴミが集められ満杯。過去にも崩落で犠牲者が出ており、2010年に集積はストップ。

エチオピアのごみ事情を伝えている協力隊の人のブログ(2013年のもの)より 引用青文字

●日本のようなゴミ焼却施設はなく、ゴミの種類によって単純に燃やし、その後、埋め立てる場合や燃やさずに単純に埋め立てる場合、また、一部PETボトルやプラスチックバッグ、金属等は、市場や工場へ再使用(RecycleではなくReuse)する為、集めている
●悪臭
●アディスアベバ市(人口約340万人、2008年)のゴミは、全てアヤルテナという地域にあるゴミ処理場1カ所に集められている
●集める方法としては、市の各地域に設置されている大きなゴミ箱(8m3。ゲンダと呼ばれる)に、各家庭ゴミが集められ、この大きなゴミ箱ごと、定期的にトラックで回収していく
●処理場は稼働し始めてから48年が経過している。別の場所で建設中のゴミ回収・処理施設(4カ所)が完成したら閉鎖する
●エチオピアのゴミ処理関連の問題点として、産業廃棄物を処理する施設(技術)がないこと、政府からの適切な予算や資材配分、訓練の実施が不十分なこと、道端や川にゴミが多く捨てられている現状や社会におけるゴミ問題の認知度の低さ

この著者が現地で見たよりも、現在は状況が悪化しているのかもしれません。動画を見るとプラスチックゴミ袋が散乱しています。

コシェ廃棄場ではゴミの中から食べ物や換金できるものを探し、生活している人が500人も。ゴミ山に建てられた粗末な小屋はゴミの崩落で押しつぶされました。今回の犠牲者の多くも、そういったゴミを集めて生計を立てていた人たちです。雑多なゴミが堆積し、下の方は有毒な泥化しているようですが家を建てられるような地盤、場所ではありません。にも関わらずやむを得ずゴミ山に家を建てて生活していたのでしょう。粗末な小屋は日本の戦後焼け野原に建てられたバラックのようなイメージ。動画を見ると家具を運び出している人もいました。

フィリピンのスモーキーマウンテンでも2000年にゴミ山の大規模な崩落が起きて500人が生き埋めになり、亡くなっています。その崩落事故について、スモーキーマウンテンで人道支援を継続されている山田征さんの著書の中から、引用します。

フィリピン政府はすべての遺体を探していないようです。恐ろしいことだと思います。事故後もゴミはまた溢れかえったそうです。

エチオピアもそうなるのではないかと懸念します。動画をよく見ると、ゴミ山の裾野にはBSアンテナのある家がたくさんあります。少なくともゴミ山の中の小屋よりは文化的な暮らしがそこにあるとわかります。 AFPBBだけが、バイオガス工場を作るための地ならしがゴミ山崩落の原因ではないかと報じていますが、このバイオガスで発電をしようとしていたのでしょうか?

だとすると新エネルギーによって、弱い人たちが犠牲になったとも言えるかもしれません。

状況は続報がないのでよくわかりませんが、征さんのこの本はゴミ問題を考える上で、とても参考になります。

 

山田さんのひとりNGO―「ニライカナイ・ユー通信」
山田征
現代書館

 

 

追記

エチオピアでごみの山が崩落、死者46人
2017.03.13 Mon posted at 09:21 JST

ナイロビ(CNN) アフリカ東部エチオピアの首都アディスアベバ郊外のごみ処分場で12日、廃棄物の山が崩落した。同国の閣僚によると、少なくとも46人が死亡した。
同閣僚によると、政府はこの地域に住む人々の移転や、廃棄物をエネルギー源とする発電所の建設を進めているところだった。
現場では行方不明者の捜索が続いているという。
中国・広東省の深セン市でも昨年1月、同じようにごみの山が崩れ、58人の死者が出た。

 

(管理人より)続報で死者が65人と報じられています。CNNによると、バイオガス発電所を作ろうとしていたようです。

 




 

 

 

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琵琶湖に生息するワカサギか... | トップ | 茨城の廃油リサイクル工場の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む