Flyaokiのフライフィッシング

キャリアだけ長いオヤジのFF顛末記!!

2017北海道 その5

2017年06月15日 | フライフィッシング

長いと思った5日間も天気がイイと、あっと言う間ですね。

その最終日、今日はお昼前から雨予報。濡れた荷物のパッキングは持ち帰りならまだしも宅配だと2日入れっぱなしになるので極力避けたいものです。

午前中が勝負、5時前にチェックアウト(荷物は預けます)し、昨日の流れへ。

実は、昨日目視ゴーマル越えをランディング寸前でオートリリースしてしまったのです。

実際のところ、針に触ってなくても翌日は難しいのにしっかりフックアップしてしまった魚が、フライは違っても食いつく可能性は限りなく「0%」に近いのは承知してるけど、Tryせずにはいられないのです。(ヘッポコ釣り師の性)

ハッチはしてないけどエクステンドボディーのモンカゲをシーガーグランドマックス1号ティペットを長めにし、更に背を低くして渾身のキャスト!

が、しかし、この子が出てしまった(涙)

一応、同ティペット1.2号に替えフライもセミフライに交換したものの、やっぱりね。

同サイズの突っつきで終了~。

余りにも呆気なく勝負が着いちゃって、次のことなんか考えていませんでしたよ、もー。

幸い、まだ雨は落ちてこないので下流をチェックすることに。

この先、渡渉は無理そう。右岸の河畔林を突破するしかなさそうです。

いやー、熊さんのリスクは低いと分かっていても緊張しますね。

シダが地面を隠してるので倒木や石、凸凹がないかを足で掻き分けて進みますが、それでも2回コケました(笑)

苦労の割にはポイントナシ。

ポツポツと雨が落ちてきたので11時前だけど上がることに。

次回、9月に来る頃には工事とかでまた流れが変わってるのでしょうか、いずれにしても落ち着くまでには相当時間が掛かりそうですね。

さて、ドライブがてら荷物を取りにホテルへ向かいましょう。

湧水の川、昨年までは雑草が流れを覆いつくしてたたけど出水が掃除したのか、選択肢の一つとして復活です!

おっ! ライズしてんじゃん!!

豆っぽいけど大豆でしょうか、金時かな。

昼は今回初の蕎麦って決めてたけど、臨時休業やら麺終了とかで遅くなっちゃってココもノレンが・・・・、何とか拝み倒して(笑)

若干お上品で麺が少な目だったけど、おいしゅうございました。

因みに、カメラNGのため画はありません(残念)

今回の総走行距離です。

高速道路は使ってないけど一日平均200km、信号も渋滞もないので疲れは残りません。

唯一、気をつけたいのが居眠り運転でしょうか。

来週はtanaさんがこっちに来る予定。

北海道ダービーはとりあえず、先行の49cm。

・・・あっさりと塗り替えられそうです。

ナノスレッドのレビュー続報は全く「ガシガシ」してもらえなかったので、今回検証できず。

9月に持ち越させていただきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道 その4

2017年06月14日 | フライフィッシング

昨日の”賭け”で結果が伴わず・・・、もう引き出しはありません。

残りは今日と明日のみ、次回のためにあそこを見ておこうと”アソコ”に向け5時半ホテルを出発です。

おー、初日に見た時より水位は落ちてる感じ。

ただ、渡渉の場所は限られそう・・・、でもココでやるっきゃない!(笑)

河畔林を歩いて何とか対岸へ。

奥の流れはポイントに見えるも水色とは裏腹でさほどの水深もなく流れは速く、底に変化もナシ!

何度流してもセミフライも異常ナシ!!

歩き疲れ暫しの休憩。

そして、

再び歩き始めます。

天気はイイものの気温は高くなく川下からの風が心地良く汗が吹き出さないのがせめてもの救いか。

画だけ見ると完全に「夏」ですけどね、水温は低く魚は瀬に入っていません。

川底に変化がないからなのでしょうか、ゼロクリアされた経験則に答えは見出せません。

ただただ、歩くのみ。

そんな中、やっとサンマル越えが出てくれました。

分流のほとんど流れがない深場、関東だったら完璧に”ウ様”のポイントでしたよ。

次も同じような流れからココでは居ると思わなかった、ブラウン君。

レインボーにしてはジャンプもせず、ただただ底を這い回ってるのでおかしいなと思ったけど、茶色くないのでやっぱ、ひねくれレインボーかと期待したのでしたが(苦笑)

何食ってんのか指が回りませんでした。

今日特定? のポイントが分かったところで状況一転。

あのセミフライに出てくれましたよ(笑)

イワナが出るような暖流帯から出てくれたのはゴーマルに1cm足りない精悍な顔つき君でした。

もしかすると、オスを掛けたの初めてかも。

いい流れになったっと思ったのもつかの間、その後は歩けどもポイントすらありません。

遂に気力も限界、帰りのことを思うと足が先に進みません。

陽は高いしこの先にドラマが待ってるかもしんないけど、今回の調査は終了としました。

行きはよいよい帰りは何とか、車の所まで3km以上遮蔽物ナシ!

暑くないのが救いです(泣)

泣いても泣いても残された時間は明日のみ! やるっきゃない!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道 その3

2017年06月13日 | フライフィッシング

何の収穫のないまま、早くも中日の朝を迎えてしまった。

このエリアで可能性のある流れは皆無か、そんなことを考える中、導いた答えは?

「大移動」

4時にホテルを出発です(笑)

120km先の流れです。

この橋下は深い流れで一級ポイントだったのに、見事に埋もれちゃってます。

とりあえず、

朝飯ですね。

6月とは思えない空気のヒンヤリ感、暖かいのに救われます。

来る途中、どこぞでは氷点下だったとラジオがのたまってましたが当にその流れそのものの様でした。

 

肝心の流れはと言うと、ここも爪痕の例外に漏れず・・・

流れが左岸を削ってしまいこの有様。

こっちは河畔林が溜まってて良いポイントかと思いきや、上流側へ回って見ると、

あら? 流れがない!

更に遡行してみると、流木により堰き止められた流れがオーバーフローして河畔林側へ逃げた結果でしょうか、以前は川床だったここも十何年後には河畔林と化してしまうのでしょうね、きっと。

これも自然の成り行きなのでしょう。人工的な構築物なんてそのサイクルを阻害してるとしか思えませんが、人との共存を考えるとそれもやむを得ないかも、難しいですね。

肝心の魚はと言うと、数は出るものの芳しくありません。

以前のココはこんなもんじゃなかった・・・、如何せん60cmと61cmが出た川なのですから。

牧草地側から流れをエスケープすると足元には食べ頃のワラビが沢山、関東だったら迷わずロッドを放ってたでしょう(笑)

数は出るもののサイズはここまで。

それでも過去の栄光という見えない何かが歩を先に進めます。

ハルゼミは居るのにライズは皆無。

因みにひっくり返すと、

こんな感じ。

こんなコントラストをデフォルメしたFlyがこれ。

上のはちょっと前に拾ったセミフライ(だと思う)

4Xのティペットに結ばれた下の方がソレです。

うーん、・・・どっちもどっち、か。

流れは相変わらずこんな感じ。

ポイントが少ないので体力勝負、流れに足を取られるようになってきたので最後と決めたポイントで細やかながら今日一のドラマが。

辛うじてのヨンマル越え。

今日も歩いたー、もう限界! 戻ります!

怠い脚だけどホテルまで120km、安全運転で帰りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道 その2

2017年06月12日 | フライフィッシング

昨晩はバタンキューしたお陰で4時に気持ち良い朝を迎えられました。

さー、今日は本命の大河川、支流も含め状況確認へいざ出発!

ありゃりゃ、水量はまずまずもこの濁りはいけません。ダム湖の貯水自体がこんな水色なんでしょうか、この下のダム湖もこんな水を湛えてましたから。

さらに上流へ向かうと、

雪代? 奥の山々は未だ白いんですけど。

しかも手前側は細い分流だったのに本流筋に変わっちゃってますよ。こりゃこれ以上上に行っても熊さんのリスクが高まるだけなので残念だけど本命だったココを断念します。

ガッカリした途端お腹がグ~、今回はガスストーブ持ち込んでみました(笑)

大移動する前に支流もチェックしてみますか。

ダム湖に直接流入する支流。

いつも橋の袂に車が止まってて気になってた流れなんですが、今日は誰も居ません。

やってみますか。

このサイズの入れ食いで、はい終了~。

次、行ってみよう。

流れはどこじゃ~(笑)

結構歩いたけどやんちゃサイズのみ。

大物の気配すらなし、この時期瀬には入ってないのかヤンチャすらちょっかいナシ。

流れに変化のあるポイントが殆どありません(泣)

やっと出たサンマルクラスもこの後、オートリリースでサイズ未定。

って、このサイズじゃ悲しい・・・・・。

今日の最後はブラウンの川。

の筈だったのに出たのはレインボーのやんちゃサイズのみ。どこ行ったんじゃ~

それにしても護岸の崩壊が痛々しいです。畑や牧草地に接していないココは改修工事のプライオリティ低いんだろうな。

ブラウンと言えば、最後の砦はアソコ、行ってみましょう。

皮肉にも本日のMaxがこの子になるとは。

しかし、陽が落ちると指先悴むほどの寒さはこの時期経験なし。日中も晴れても汗ばむ程じゃないし、ライズもないし、なんか変。

明日以降、大丈夫か?

昨日までの期待は一気に不安に変わっちゃいました(爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道 その1

2017年06月11日 | フライフィッシング

待ちに待った? 恒例の6月期北海道遠征初日です。

慣れから緊張感が薄れ弛んだ気持ちを引き締めるために熊さん予習もしてましたよ。

熊鈴2種、ホイッスル、蚊取り線香、カウンターアソールトそしてラジオよ~し!

そして当日を迎えます。

絶対に許されない寝坊もすることなく無事テイクオフ、早いもので9時過ぎには北の大地に到着です。

レンタカーで真っ先に向かった流れは、想定はしてたけど・・・、今までの引き出しは全てゼロクリア。今回は相当歩くことになりそうです。

水況(水量)がイマイチ分からないのでいつもの定点観測ポイント(橋)へ行ってみましょう。

ここは岩盤なので水量と水色チェックにはもってこいなのです。

水色問題なしも若干水は多いでしょうか。

大体の水況が分かったのでホテルに荷物を預け一番近い流れを目指します。

崩壊した堤防復旧工事をするための一次処理かと思われますが何とも言えない光景です。

堰堤工事が終わったら或いは工事に併せて突出しとか造られるのでしょうが川床が馴染むまで数年かかるんでしょうね。

ここは未だ工事が始まってなさそうなのでここから入ってみました。

その前に腹ごしらえ。

貧乏釣行はスーパーの総菜は欠かせませんね(笑)

日曜日ってーこともあり同輩多し。

こんな状況なので更にラッシュ状態になっちゃうんでしょうね。

イブニングまで頑張るも一気に気温低下、ライズを見ることなくトータル3尾、しかもMax20cmと厳しいスタートと相成りました。

ただ、日中の天気は最高なのとハルゼミの合唱もあるし好天は暫く続くようなので期待は持てそうです。

この時はそう確信したのでした(爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加