旅の淡彩スケッチ便り

水絵描きと申します。旅と絵を描くことが好きです。国内外を旅行した思い出とともに旅先で描いた絵を載せています。

妙義山の桜

2017年04月28日 | スケッチ
晴天の日曜日、妙義山へ桜を描きに行きました。自宅から関越、上信越道を乗り継いで3時間のドライブです。桜の里に着いた朝8時はアノラックを着ていても寒いほどでした。
桜を描くのは今年になってから初めてです。いつか妙義山をバックに咲く桜を描きたいと思っていた夢がかないました。雪舟の山水画を思わせるような切り立った岩山の麓に桜が咲いていました。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

霧に煙るハリストス正教会(函館大沼スケッチ)

2017年04月21日 | スケッチ
函館大沼スケッチに戻ります。絵はこれも元町教会群のひとつハリストス正教会です。雨上がりで霧が出ていました。函館には1858年(安政5年)日本で最初のロシア領事館が置かれました。その二年後の1860年、領事館の附属聖堂としてこのハリストス正教会が建てられました。日本で最初のロシア風ビザンチン様式の優美な聖堂です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

春の21世紀の森公園

2017年04月14日 | スケッチ
昨日、キリスト教徒受難の歴史を秘めた五島列島4日間の旅から戻りました。浜辺を中心にアクセスの悪いところに建てられた10近くの小さな教会を見てきました。機会があればこれを載せたいと思っています。

先日、陽気に誘われて自宅近くの21世紀の森公園に絵を描きに出かけました。竹藪をバックに建っている白壁に格子が入った家を描くのが目的です。ここは何回か描いたことがあります。家の前で雪柳の白い花が咲いていました。この雪柳をどう描くかがひとつのポイントです。油絵では後から白を入れればいいのですが、水彩で白を描くのは簡単ではありません。ガッシュを使うと色が濁ります。試行錯誤の末、雪柳の白はカッターナイフで色を削ぎ取って描くことにしました。風の強い日で紙を飛ばされないよう描くのが大変でした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カトリック元町教会(函館大沼スケッチ)

2017年04月07日 | スケッチ
先週、春休みを利用して娘家族がハワイ旅行に行くことになり、飼っている番の文鳥とインコを預かる羽目になりました。ちょうど旅行する予定があったのですが仕方なくそれを延ばすことにしました。エサと水を替えて鳥かごを掃除するだけですが、「南国の鳥なので摂氏10度以下にすると死ぬよ」と脅され留守にできません。ペットショップみたいなところでも預かってくれるようですが、1羽につき一泊3,000円。4羽だと1万2,000円もするそうです。人の宿泊費とそう変わりません。犬のように散歩に連れていく必要がないのに少し高すぎます。

絵は元町教会群のひとつ、カトリック元町教会です。これもかなり前に描いたものです。昨年訪れたときには右側の空き地に家が建ち風景が変わっていました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

旧ロシア領事館(函館大沼スケッチ)

2017年03月31日 | スケッチ
春場所は新横綱稀勢の里の逆転優勝で幕を閉じました。12連勝していた彼が13日目の日馬富士との対戦で左肩を強打。無理をして出場した14日目は鶴竜の寄りにあっさり土俵を割り相撲になりませんでした。「やはりモンゴルからやってきた相撲取りに比べて最近の若い関取はハングリー度が足りない。不甲斐ない。」と思いました。恐らく千秋楽は休場するだろうからこのまま照ノ富士が一敗を守って優勝するだろうと予想したのは私だけではないと思います。ところが翌日TVをつけると稀勢の里が怪我をおして出場するというのです。得意の左が使えない体では勝負にならないと思いました。それが本割と優勝決定戦での逆転勝利。改めて彼の強い精神力に感銘を受けました。ハングリー度が足りないと言った前言を訂正したいと思います。優勝インタービュでトツトツと涙を流しながら話す彼の謙虚な姿勢にも好感を持ちファンになりました。五月場所はしっかり体を治して立派な横綱としてこれからも末永く活躍してほしいと思います。

ところで正確に数えていませんが函館、大沼方面には10回近く来ています。スケッチポイントも多く、描きためた絵もかなりあるのでこれから何回かにわたってそれをUPしていきたいと思います。今日載せたのは平成19年に描いた旧ロシア領事館です。下った道の向こうに函館港が見えています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

祖光院にて

2017年03月24日 | スケッチ
気温が20度近くなりようやく春めいてきました。ようやくスケッチの季節の到来です。今までどちらかというと一人で絵を描きに行くことが多かったのですが、やはり絵の仲間と一緒に描くほうが楽しいので、この4月から新しい屋外スケッチのクラブに入ることにしました。どんな友達とどんな絵を描きあうことになるのか今から楽しみです。

絵は近所にあるお寺祖光院です。境内一面に咲く秋の彼岸花(2015年9月13日ブログ掲載)で有名な寺ですが、今は春、庭先に紅梅と白梅が並んで咲いていたので絵にしてみました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サン マルタン 運河

2017年03月17日 | スケッチ
旅行最終日はオルセー美術館へ。ところが生憎の雨です。入場するため雨の中を並んで待っていると外国人(フランス人でない)らしい傘売りが盛んに買わないかと声をかけてきます。どうしようか迷っているとMさんが傘に入れてくれました。
オルセーは二度目なのでどこに何があるかはだいたいわかっています。ほぼ見終わって入口まで戻ると同行のSさんが再集合時間が迫っているのにシスレーの絵が見つからないとまごまごしています。慌てて彼女を連れて奥のエスカレーターに乗ってモネやセザンヌやルノアールなど印象派の作品がある最上階の奥へ案内しました。どこの美術館でもそうですが一番の見ものは奥にあるので奥から入口に向かって逆に見ながら降りて来るのがコツのようです。
絵はサンマルタン運河を行く観光船です。これもその後訪れた時に描いたものです。シスレーもこの運河をモチーフにして描いています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

パリへ

2017年03月10日 | スケッチ
一昨日、自宅近くを散歩中鶯の初鳴きを聴きました。まだ幼鳥なのか鳴き方はうまくありませんでしたが、春がもうそこまで来ているのを感じます。

再びスケッチ旅行に戻ります。8日目の朝10時半にパリへ向けて出発しました。パリ到着後、昼食とホテルへのチェックインを済ませてからモンマルトルの丘に建つサクレクール寺院を目指して歩きました。片道1時間のハイキングです。日記によると「ハイキングを終えてから近くのギャラリーラファイエットで妻に頼まれたマリアージュ フレールの紅茶を買った後、再びホテルに戻って夕食をとりました。更に夜はタクシーに分乗して「バトームーシュ」に乗船してセーヌ河クルーズ。就寝したのは午前一時。」とありますからこの日は忙しい一日だったようです。
若かったからできましたが今ではとても真似できません。もちろん絵を描く時間はありませんでした。

絵はその後何回かスケッチ旅行で訪れた時に描いたモンマルトルの丘の登り口にあるパン屋さん(右側)です。背後にサクレクール寺院の尖塔が見えています。敬愛する久納 隆司先生がほぼ同じ構図でここを描いているのを見て構図の作り方には自信を持ちました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

紅梅咲く

2017年03月03日 | スケッチ
ちょうど今頃、中国雲南地方の昆明、石林、羅平などを巡り、二つの世界遺産や見渡すかぎり一面に広がる菜の花畑を見てスケッチする旅行を予定していました。おそらく毎日一万歩以上、日によっては2万歩以上歩く旅です。膝痛を発症して歩ける自信がなかったのでキャンセルしましたが残念でなりません。

家の近くに大きなお屋敷があります。広大な庭園は松戸市が借り上げて市の公園や学校などの公共用地に植える花や樹木などを育てています。幸いなことに塀がなく立ち入り自由なので時間があればここに来てハーブ園や温室を見て回るのを楽しみにしています。
先日いつものように散歩中、白壁の家の傍らで紅梅が咲いているのを見付けました。周りはまだ冬枯れの景色でしたが、梅の周りだけは春が来たような華やかさがありました。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

グレ シュル ロワン にて その2

2017年02月24日 | スケッチ
日本人画家として初めてグレの村を訪れて絵を描いたのは近代絵画の巨匠若き日の黒田清輝です。フランス留学中の彼はこの村で家を借りて住み、「読書」、「婦人図」、「赤髪の少女」など、留学中の代表作となるような作品を描きました。
この村には彼の名前を付けた通り(Rue KURODA seiki)まであります。芸術家を愛するフランスならではですね。
黒田の滞在以後、浅井忠、和田英作、岡田三郎助、白瀧幾之助、児島虎次郎、都鳥英喜、安井曾太郎などの画家たちが、この地を訪れ創作活動を行いました。

絵はグレの教会前の通りです。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

グレ シュル ロワン にて その1

2017年02月17日 | スケッチ
孫が中高一貫校の試験にパスしました。フランス、シンガポールと転校して日本に来たのは小学3年生から。ハンディがあった筈ですが、頑張ってくれました。春休みになると泊りがけでやってくるので好きな卓球に付き合うことになりそうです。膝が痛いなんて言ってられません。

モレ シュル ロワンに宿泊した3日目の午後はグレに移動しました。パリからずっと私たちの足となってくれている運転手さんが不思議がって「なぜこんなマイナーな観光地ばかり巡るのか」と我々に尋ねました。スケッチをする私たちには最高の旅なのですが、彼にしてみればフランスにはもっと素敵な見どころが一杯あるのに時間がもったいないではないかと思ったようです。ちなみにフランスの地名によく出てくるシュル(sur)は「~に面して」という意味を表す前置詞で英語のOnに相当します。訳すと「ロワン川のほとりにあるグレの街」となります。

絵はセーヌ川の支流 ロワン川に架かるグレ橋です。シスレーもこの橋をモチーフにして描いています。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

モレ シュル ロワン にて その2

2017年02月10日 | スケッチ
3連泊したモレ シュル ロワンの2日目は雨の降る悪天候。それでも夕刻近くには雨も小降りになったのでみんなと離れてロワン川沿いの道を歩いてスケッチポイントを探しました。しばらく歩いていくと人家が建つ傍にボートが係留されているところを見付けました。ここで描こうと構図を決めて描き始めましたがまた雨です。仕方なく写真を撮った後、ラフスケッチだけして現場を離れました。帰国してしばらくしてから私の敬愛する奥津国道先生のスケッチ集を見る機会がありました。ページをめくるうち、まったく同じところで先生が絵を描いているのに気づきました。当時私が撮った写真と比べてみると川沿いの道を歩くアベックがないのと係留されたボートの数が違うくらい。絵はまだまだ未熟ですが構図の取り方だけはプロの先生と一緒だと喜びました。絵は写真を元に奥津先生の絵を参考にしながらリメイクした一枚です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

モレ シュル ロワン にて  その1

2017年02月03日 | スケッチ


オン フルールに連泊後またバスに乗り今回の旅行の最大の目的地モレ シュル ロワンに向けて出発しました。「印象派の画家シスレーが愛した宝石箱」といわれる小さな街です。晩年の彼がここに住んで創作活動を行っていた家も残っています。ここで絵を描いているとき先生に引率された小学生のグループにどっと取り囲まれました。絵を覗きこんできたので歳を聞くと8歳とのこと。日本でいえば小学3年生くらいでしょうか。好奇心旺盛な子供たちに取り囲まれるのはレザンドリーに次いで二回目です。絵を描き終えてから絵はがきを出すために行った郵便局で、東洋人らしい男性から声をかけられました。「どこから来たのか」と訊くので「日本から絵を描きに来ました」と答えてから「あなたはどこの国の方ですか」と尋ねると「この町に住む中国人です」とのことでした。おそらくフランスに多い中国料理店で働いているのでしょう。絵はロワン川に架かる橋と教会です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オン フルールの古い船溜まり

2017年01月27日 | スケッチ
コメントにも書きましたようにオン フルールの古い船溜まりで絵を描いているとき自転車に画材道具一切を積んだ地元の絵かきさんに出会いました。歳のころ60歳前後でしょうか。これから友達と絵を描きに行くと言ってどこかへ出かけていきました。
この古い船溜まりは印象派の画家たちがよくモチーフにしたところです。絵に見えるカラフルなテントのほとんどはフルイ・ド・メール(生牡蠣などの海の幸)を食べさせるお店です。絵を描いた後、スケッチの仲間たちとここで採れたての生蠣をお腹をこわさないか少し心配しながら食べました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オンフルールの木造教会

2017年01月20日 | スケッチ
サント・カトリーヌ教会
モネが描く同教会
翌日は映画「男と女」の舞台となったリゾート地ドゥービルを経由してオンフルールへ移動しました。宿に荷物を預けたのち先生の案内で旧市街を散策しながらスケッチポイントを探しました。この町はかってはフランス有数の港町として栄えたところですが今はその栄光を対岸のル アーブルに譲っています。絵は古い船溜まりの近くに建つサント・カトリーヌ教会です。木造としてはフランス最古にして最大のこの教会はモネも描きました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加