旅の淡彩スケッチ便り

水絵描きと申します。旅と絵を描くことが好きです。国内外を旅行した思い出とともに旅先で描いた絵を載せています。

ネモフィラの丘 その1

2018年04月26日 | スケッチ
快晴の4月13日、新聞でネモフィラが満開になったのを知り、親戚の見舞いを兼ねてひたち海浜公園へ出かけました。駐車するのがたいへんとネットに載っていたので朝早く自宅を出ましたが予想通りネモフィラの丘に近い西駐車場に入るのに道路をUターンして駐車場が開く時間まで1時間近く並びました。平日でさえこんな状況ですから連休の時は大変なことになりそうです。
絵はネモフィラの丘を下から見た風景です。初めてネモフィラの花を見ましたが予想していたより小さな可愛い花でした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トロギールにて

2018年04月19日 | スケッチ


旅行4日目の夜はトロギールに宿泊しました。街は城壁に囲まれた小さな島で世界遺産になっています。絵は宿泊したホテル近くの風景です。ホテルの前がヨットハーバーになっていました。この街では聖ロブロ大聖堂他を見学しました。
スプリトからトロギールまで我々を案内してくれた地元ガイドのニーナさんが孫娘にとてもよく似ているので親しみを覚えました。すらりとして背が高いところや 大げさなしぐさや顔つきがそっくりでした。いつも持ち歩いている孫の写真を見せて「貴女によく似ている」と言うと「何歳か」と訊かれました。「孫は16歳だが持っているのは小さい頃の写真だ」と言うと「最近の写真はないのか」と訊かれました。よく似ていると言われたので当然ですよね。彼女は今23歳。ガイドを終えた後、バスに乗って家族が住むスプリトへ帰っていきました。絵の下にアップロードしたのが彼女の写真です。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スプリト近郷

2018年04月12日 | スケッチ
旅行4日目はスプリト経由でトロギールへ向かいました。
絵はバスの車窓から見たスプリト郊外の風景です。観光地にしてもよいような緑豊かな景観が手つかずで残っています。ローマ皇帝ディオクレティアヌスは故郷に近い海辺の街スプリト(スパラトゥム)に宮殿を建て引退してから住む地に選びました。
彼がこの地を隠棲地に選んだのは郷里に近い他に自然が豊かで海の幸や山の幸に恵まれていたからではないでしょうか。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

桜祭りの朝

2018年04月05日 | スケッチ
枝垂れ桜を描きたいと思って自宅周辺や戸定邸、弘法寺(市川)清瀧院(流山)などを巡りましたが樹勢が弱っていたり工事中の車が邪魔していたりしてどうしても描きたい気持ちになりませんでした。桜の季節がそろそろ終わりに近づいていますので少し焦りました。
4月1日の日曜日、最後のチャンスです。この日に描けなければ今年は桜を描くのは無理かなと思いました。朝5時半に自宅を出発。小林牧場へ向かいました。競走馬を調教する広大な牧場です。6時過ぎに着いたとき、桜並木の背後からちょうど朝日が昇ろうとしていました。今日はこの牧場で桜祭りが開催されますが早朝なので屋台を準備する人たちがいるくらいで人影も少なくラッキーでした。背後からの光が逆光となって桜を照らし、アスファルトが桜色になっていました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オパティアのホテルの窓から

2018年03月29日 | スケッチ
歌が好きです。歌といっても私の場合、フォークソングやニューミュージックなどで演歌はあまり好みではありません。時々行っている老人センターにはカラオケクラブが三つもあるのですが全て演歌を歌うグループなので入るのを躊躇しています。どこかに私が好きな歌を歌えるところがないかさがしていたところ、市民センターで「LETS SING  A SONG IN ENGLISH」というタイトルのイベントがあるのを見付けました。訪ねてみると参加者は20人ほど。中学生から私のような年寄りまで様々です。若い二人の音楽家の指導で発声練習や発音練習をしてから全員で英語の歌を歌っているようです。この日はジョン レノンが作った「イマージン」をキーボードとギターの伴奏で歌いました。次回はアバの「ダンシング クイーン」に挑戦することになっています。

ロヴィニから前日に続いて連泊することになっているオパティアのアンバサダーホテルに戻りました。この日は私の76歳の誕生日です。皆でホテル近くのレストランで夕食をとっているとき、添乗員さんの計らいでサプライズのお誕生日ケーキのプレゼントがありました。全員に切り分けようと思いましたが小さなケーキだったので同じテーブルの5人だけで食べました。

絵はホテルの窓から見た風景です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

流山の古民家

2018年03月22日 | スケッチ
2月中旬、車対車の事故を起こしました。電車の踏切を渡りきったとき狭い横道から出てきた乗用車に横腹をぶつけられたのです。踏切まであと1m。もし踏切の上で立ち往生していたらどうなったかと思うとぞっとします。運転席側のドアは開かなくなるほどの衝撃でしたが幸い双方ともスピードが出ていなかったので人身被害は軽微でした。それでもむち打ち症状があるので病院通いしています。孫が同乗していなくてよかったです。

3月の定例スケッチ会は流山でのスケッチでした。
絵はそこで描いた流山旧街道沿いにある古民家のひとつ新川邸です。昔からの呉服屋さんとのこと。家の前をベビーカーを押して歩くママさんがいましたので入れてみました。
お昼に流山の名物鰻を食べるのを楽しみにしていましたがこの日の水曜日は何軒かある鰻屋がそろってお休みで当てが外れました。
絵を描き終えたのち、皆でその昔この地を何度か訪ねたことがある小林一茶を記念して建てられた一茶双樹記念館でお茶をして帰りました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ロヴィニ夕景

2018年03月15日 | スケッチ
再三日本とクロアチアを行き来してすみません。
イストラ半島のポレッチやロヴィニからはヴェニス一日観光のクルーズ船が出ています。旅慣れた人ならホテルがなかなか取れないかまた取れても宿賃が高いヴェニスに泊まるよりこのあたりに宿泊してヴェニスとロヴィニの観光&スケッチ旅行をするのが賢い方法だと思いました。
足が悪くて海外旅行をほとんど諦めていますが、もし足がよくなってここに絵を描きに来る機会があればそうしたいものです。

絵はロヴィニの夕景です。海際までぎっしり建てられた家々が陽が沈むにつれて暗くなっていきます。まるで海の底へ沈んでいくようです。絵を描く人なら見逃せない風景で画家がこの街を好むのもわかるような気がしました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

湯島天神にて

2018年03月07日 | スケッチ
好天に恵まれた2月28日、所属するスケッチ会で湯島天神へ描きに行きました。学問の神様 菅原道真 を祀る天満宮です。受験シーズンはそろそろ終わりですが、咲きだした梅を見に来る人も多く、境内はたいへんな賑わいでした。最近は海外から来る人も増えているようで、絵を描いているとき若い外国人の女性から親指を突き出して「GOOD JOB」と話しかけられたので[THANK YOU WHERE ARE YOU  FROM?」「FROM MINNESOTA USA」「ITS TWINS HOME GROUND ISNT IT?」「YES]「HAVE A NICE TRIP」などと他愛のない会話を交わしました。スケッチしているときよく話しかけられますので今ではもう慣れっこになりました。
本殿の近くには合格祈願の絵馬が堆く積まれていました。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

聖エウフェミア教会近くにて

2018年03月01日 | スケッチ
前回UPした参道を登り小高い丘の上に建つ聖エウフェミア教会に着きました。皆は添乗員さんの案内で教会内部を見学する予定ですが時間がもったいないので皆と別れて一人で街を散策しました。絵はその時見付けたスケッチポイントのひとつです。スケッチする時間がないので夢中でシャッターを押しました。その時は気が付きませんでしたが後でよく見ると屋根の上にコウノトリが巣を造っているではありませんか。海外で屋根の上に巣を造ったコウノトリを見るのはブルガリア旅行以来二度目です。気候が良いこの地方は鳥たちにとっても住みやすいところなのでしょう。

写真を撮り終えて我に返ると自分が迷子になってしまったことに気付きました。待ち合わせ場所になっている街の入り口まで戻りましたが近くには誰もいません。迷子になるのはフランスのジュラ地方の田舎、ロンドンのソーホーに続いて三度目です。少し焦りました。幸いだったのはこのときイヤホンガイドを耳に付けていたことです。ガイドさんが説明する声がずっと聞こえていましたので声が大きくなる方向へ歩いていけばと簡単に考えました。小さな街でしたがそれでも合流するのに20分ほどかかりました。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ロヴィニの路地

2018年02月22日 | スケッチ
今日から松戸市文化ホールで所属するスケッチクラブのグループ展が開催されます。私も「潮騒(城ヶ島)」と「暮れゆく棚田}の二点を出展しています。お近くにおいでの際はお立ち寄りください。
またクロアチアの旅に戻ります。
ポレッチを発ちバスで35キロ離れたロヴィニへ向かいました。クロアチアへのスケッチ旅行では必ず行くことになっている絵になるところです。行く前からどんなところが画家に好まれるのだろうと興味深々でした。絵は聖エウフェミア教会へ登る参道になっている細い路地です。
通りを挟んで紐に吊るした洗濯物を干しているのを見て絵心をそそられました。イタリアでよく見られる風景ですが、考えてみると狭いアドリア海を渡るとイタリアですから同じような風習があるのは当然だと思いました。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

醤油の街 野田にて

2018年02月15日 | スケッチ
昨日所属するスケッチ会で醤油の街 野田市 に描きに出かけました。千葉県の最北端に位置する野田市はキッコーマン醤油とともに発展したところです。
私の郷里紀州の湯浅も醤油の街として有名なところです。江戸時代の初期、当時醤油の先進地だった関西の湯浅から関東の銚子へ醤油がもたらされ、大消費地東京に近い地の利を生かしてキッコーマン醤油が日本一の醤油メーカーになりました。私の故郷と野田市が醤油で繋がっていると思うと親しみを覚えました。
絵はそこで描いた野田の古い町並みです。先月降った雪がまだ残っていました。絵を描き終えた後、醤油工場を見学しました。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ポレッチ港にて

2018年02月08日 | スケッチ
再びクロアチアの旅に戻ります。プーラを後にして60キロ離れたポレッチに向かいました。温暖な気候に恵まれたこの街は古代ローマ以来、東ゴート王国、フランク王国、ヴェネツィア、オーストリア帝国など様々な国の支配を受けた後、ユーゴスラビアを経てクロアチアの一都市になりました。ここでは古い歴史を持った旧市街を歩き、世界遺産となっているエウフラシス聖堂などを見学しました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の齋藤邸

2018年02月02日 | スケッチ
先日の雪の日の数日後に齋藤邸を描きに行きました。屋根の雪はほとんど解けていましたが日の当たらないところにはまだ雪が消え残っていました。屋外で描くのは今年入ってから二回目です。
寒さに耐えきれずラフデッサンだけして後は家に帰ってから色付けしました。秋に同じ齋藤邸をアップロードしていますが今回は逆の方角から建物を描いています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

すみだ北斎美術館界隈

2018年01月26日 | スケッチ
先日、所属するスケッチ会で東京両国のすみだ北斎美術館へスケッチに行きました。世界的女性建築家 妹島和世氏の設計により建てられた美術館です。オープンしてから一年あまり経過して今や東京の新名所になっています。
駅から10分あまりで到着しましたが、窓のない無機質なビルです。このモチーフを絵にするには少し色合いが足らないと思いました。周辺をロケハンすると公園のそばに花屋さんが店を出しているのを見付け絵に入れることにしました。それがこの絵で今年の描き初めになりました。スケッチを終えた後美術館に入り、北斎の絵を鑑賞して帰りました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

プーラの円形劇場

2018年01月20日 | スケッチ
イストラ半島はアドリア海をはさんでイタリアとは至近距離にあり、早くからローマ帝国の支配下にありました。絵はプ―ラを代表する建築物 ローマ時代の円形劇場 です。今もほとんどそのままの形で残っています。広場で剣闘士がライオンなどと戦う見世物は娯楽の少ない当時にあって最大の呼び物だったようで、このような円形劇場はローマのコロッセオをはじめとして、フランスのアルルやニーム、イギリスのチェスター、スペインのタラゴナなどあちこちに残っているようです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加