グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

度重なる首相の口利き疑惑に思う(その2)

2017年06月02日 | 日記
首相の口利き疑惑が波紋が広げている。
加計学園問題につき前文科事務次官の発言が止まらないため政府・与党サイドはその対応にてんやわんやだ。
例によって「言った」「言わない」の水掛け論なのだが前次官側は国会での証人喚問に応じる姿勢なのに比べ政府・与党側は内閣府審議官、首相補佐官(さらに内閣参与も?)いずれも証人喚問拒否の構えだから客観的に見て政府・与党側の旗色は悪い。
証人喚問に応じる者と拒否する者、どちらが正しくてどちらが嘘を言っているのかは誰が考えても同じ結論になる。
それに首相や官房長官の否定発言は何の疑惑解消にもなっていない。
こんな状況が続けば国民の疑惑は高まるばかりだろうから政府・与党は多少のリスクを冒してでも関係者の国会証人喚問要求を受容すべきだと思う。
「いやいや、証人喚問が行われれば何が起こるか分からない」というのであればもう何をかいわんや、だ。
首相の窮地がしばらく続きそうである。
政府側は「なぜ現職時代に声を挙げなかったのか」と前次官を非難しているようだが内閣人事局に人事権を握られている身を考えれば自制心が働くのは当然だ。
現役官僚はこれからも慎重な物言いに終始するだろう。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待機児童ゼロ化計画の3年先送... | トップ | 米大統領のパリ協定離脱表明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事