グッチーの日本寸評

「わが日本を少しでもいい国にしたい」との思いから日本の政治、経済、世相を自由気ままに評論する。

野党の国会戦術に思う

2017年06月14日 | 日記
国会の会期末を控え与野党の動きが目まぐるしくなっている。
そのせいか、昨日今日の新聞には複数大臣の問責決議案やら内閣の不信任案などの穏やかならぬフレーズが踊っている。
野党として已むに已まれずというところかもしれないがメディアが伝えているようにいずれも本会議での否決は目に見えている。
ついつい貴重な国会会期の無駄使いではないかという気もしてくる。
やはり国会会期というものがあるからこんなことになるのだろう。
たしか私の住む市では議会の通年開催が決まったハズだ。
国会だって会期など定めずに常時開催としたらどうかと思う。
警察や消防に休日がないとすれば議員諸氏だって休日なしと考える方が自然だと思う。
無論年末年始や祝祭日等に無理に開催することはないのだが・・・。(笑)
ん?それでも問責決議や不信任案は出てくる?・・・それはそれでいいのではないか。
もう1つ野党に一言、相変わらず反対論に終始し建設的な代替案提案力が弱いように思うがそんなことはないだろうか?
このままではいつまで経っても政権交代はないだろうと思ってしまうのである。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過疎村の村議会危機の思う | トップ | 恐怖の現代版「タワーリング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。