女と男のルネッサンス 第54弾

6日にNPO E-OJISANの「本格中華を作ってみよう」を開催
今回のメニューは次の3品



☆香炸鶏翅膀     鶏手羽元の香り揚げ



 下味のために1時間弱浸けこむので一番に用意
 味が滲み込むために手羽元に3か所、骨にそって切り目を入れる
 浸けこんだ後はドラムの大きな部分に胡麻をつけて2度揚げ
 胡麻は散らないし、とても良い香り
 下味といいビールにピッタリでした



☆排骨焼土頭     新じゃがとスペアリブの煮物



 スペアリブはさっと湯通し
 新じゃがはよく洗って皮のまま使う
 中華の魔法の薬味、八角、桂皮、葱、生姜をガーゼに包んで
 醤油をベースのスープで煮ていくが
 紅南乳醤(豆腐発酵食品)が隠し味
 グリーンピースは飾りで茶色の中に輝いている
 口の中でほろほろと骨から離れるほど肉は柔らかくなっている
 魔法の薬味が効いていて、如何にも中華!
 紹興酒や赤ワインに合いますね~


 
 取り皿に残ったスープにご飯を入れて食べたら
 止められない、止まらない状態でした



☆炒双絲       芹の炒め物



 これは読んで字の通り、春の芹を細切りの豚肉との炒め物
 ただ、豚肉に下味をつけて油通しするとか
 準備にはそれなりの手がかかっているのが男の炒め物とは違う?
 芹の香りが「春ですねぇ~!」



今回は「切る」準備が少なくて、煮る時間が長かったので
途中で一服、ビールを飲んで談笑時間があったのはナイショ?





今回もビール、紹興酒(15年)、赤ワインが空になり
みなさん大満足で虎ノ門と新橋と2手に向かって
教室の外の道路でバイバイ!

近くの南桜公園のかすかに残った桜を見ながら新橋へ

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 次男が一時帰国中 土曜日の会食 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。