十万石クラブのマイコンカー製作日誌

ジャパンマイコンカーラリーで完走を目指すチームの活動日誌

1…2…3 WOW! RoboRAVE International, US 2016

2016-05-08 | 大会
石川県加賀市の小中学生3チームがアメリカで開催の「RoboRAVE」ロボット大会に参加しています。
その大会に関する記事が掲載されました。

本校メカトロ部がサポートするチームも現在順調にチャレンジしている様子です。
高得点目指して、最後までチャレンジして下さい。


北國新聞社 2016年5月7日朝刊26ページより
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WOOOW! RoboRAVE International, Japan 2016

2016-05-07 | プログラム
RoboRAVE 2016 に向けて(Line following)

マイコンカーで培った技術は、こんな場面でも活かされると感じました。

マイコンカーでは2つのアナログ光センサを使って一つのサーボモータを制御しています。
EV3ロボットでは、今まで2つのアナログ光センサで2つの走行モータを制御していました。
今回は、光センサを1つに減らして、ライントレースすることに挑戦してみました。
P制御だけでは、なかなかスピードがでなかったのですが、
PID制御することで、ある程度速くなりました。

まだまだ滑らかとは、言えませんが調整によっては、もっともっと良くなりそうです。

皆さんもチャレンジしてみて下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WOW! RoboRAVE International, US 2016!

2016-04-30 | その他
ご無沙汰しております。

5/5~7の日程でロボレーブ世界大会(米国開催)が開かれます。
この大会には、本校からは行きませんが、加賀市からは3チームが行くようです。

その中の1チームが、本校の高校生と一緒になって優勝を目指して取り組んでいます。

競技は「ラインフォロイング」「アメージング」の二つにエントリーしているとのことです。

ラインフォロイングは、白地のシート上に印刷された1/2インチ幅の黒い線をトレースするもので、確実なライントレース能力と、ピンポン球を数多く運んで目的の場所に入れる能力が求められます。ロボット製作技術とプログミング技術を問うこの課題を、3~4人のチームでクリアしていきます。

優勝できるといいですね。頑張れニッポン!頑張れ金明!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本で震度7

2016-04-17 | その他
震災の被害の様子が明らかになるにつれ、心が張り裂ける思いでいっぱいです。
そして命を失われた方々には心からご冥福をお祈り致します。

私たち石川県の工業高校界にとって九州の地は、模範とすべき地域です。

十万石と梅鉢が幾つかの高校を視察させていただいたり、石川県に来て戴いて本県の工業高校のスタッフとが技術交流を深めるなど、師と仰いでいる先生方が多数おられるだけに大変に気がかりです。

もしよろしければ、情報を下さい。微力ですが力になりたいと思っております。

一日も早く笑顔と安心できる生活が戻ることを心からお祈り申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界大会出場の小学生チームのサポート

2016-04-07 | その他
お久しぶりです。

5月5日~7日に、アメリカのニューメキシコ州にあるアルバカーキ コンベンションセンターで、「RoboRAVE2016」世界大会が開催されます。
今年は、本校からの参加はできませんでしたが、加賀市内の小学生チームが出場します。

折角アメリカへ行くんだったら、優勝しかないと高い目標を持って「大聖寺実高」に勉強に来てくれました。

競技部門は、ラインフォロイングとアメイジングの2競技で、実高はそのサポートをしていきます。
直々に校長先生もお越しになり丁寧なご挨拶もいただき、生徒もやる気満々です。

基本的な技術はメカトロ部 紅一点の生徒の授業で進み、ロボットの改造やソフトウェアの改良をしました。

「アクティブラーニング」そのものだと感じました。優勝に向けて一歩前進しました。

改良・改造のポイントなどは、後日報告致します。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「加賀ロボレーブin実高展」結果報告

2016-01-28 | 地域への発信
2016年1月23日~24日の日程で、ロボレーブを開催しました。
今日は、その結果をまとめます。

1位 (金明小)「金明ハグ」
2位 (分校小)「挑ムーズ」
3位 (金明小)「スーパーキンメイブラザーズ2」
4位 (金明小)「KINMEIクローバーズ」
5位 (分校小)「分校SA」
6位 (金明小)「KINMEI NNME」
7位 (山代小)「ストーンマウンテン」
8位 (山代小)「フォレストフィールド」

予選では、各チームに10回のチャンスが与えられ、それぞれのベスト5の合計で順位が決まります。
その順位によって、決勝トーナメントの対戦相手が決まるとあって、児童たちは必死でした。

結果として1位~3位の上位を金明小学校が占めました。
中でも、予選1位のKINMEIクローバーズ(金明小学校)が900点越えを3回出し、断トツの強さを見せてくれました。

決勝トーナメント準決勝で、予選1位だった「KINMEIクローバーズ」がまさかの敗退、
決勝戦は、予選5位の「挑ムーズ」(分校小学校)と同2位の「金明ハグ」(金明小学校)の対決となりました。
この「金明ハグ」は、どんどん調子を上げて、972点(2回戦)→1046点(準決勝)→1049点(決勝)を取り、
見事、優勝しました。 おめでとうございます。
これからさらに力をつけて、5月のアメリカ大会や11月の日本大会で活躍して欲しいです。
頑張ってください。 大聖寺実業高校も力になれるよう努力しますので、どんどん問い合わせてくださいね。

   

  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ「加賀ロボレーブin実高展」

2016-01-20 | 地域への発信
「加賀ロボレーブin実高展」の開催日が近づいてきました。
運営スタッフ一同みなさんのお越しをお待ち申し上げております。
ロボットを通して楽しいひと時を過ごしましょう。

また、競技の見どころやルール説明なども行う予定ですので
是非立ち寄って下さい。(無料)

<昨年11月の世界大会での一コマ>


【参加チーム】(受付順)
 ---------------
 金明小学校 5チーム 17人
 山代小学校 2チーム  4人
 分校小学校 2チーム  5人
 山中小学校 1チーム  2人
 ---------------
  合 計 10チーム 28人
 ---------------

【大会日程】
 23(土) 13:00 受付・車検
      13:30 開会式
      13:45 練習・予選(~16:30)
 24(日) 10:30 練習・予選(~14:15)
      14:30 決勝トーナメント 10チームでのトーナメント戦
      15:15 表彰式・閉会式(~15:30)

 当日は、安全に十分な配慮をしてお越しください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀ロボレーブin実高展 開催

2015-12-05 | その他
「加賀ロボレーブ」を「実高展」で開催します。

これまでは、特別企画として「中谷宇吉郎『立春の卵』大実験・卵立てバトル」を実施してきましたが、
今年は、『ロボレーブ』を実施します。

対象は加賀市内の小学生で先着20チーム、競技は「ラインフォロイング」のみです。
コースは、先日と同じものを使用します。詳しくは小学校の先生に問い合わせて下さい。
エントリーをお待ちしております。



1 目 的  コンピューターを使ってロボット動作のプログラミングを学習したり、操作を体験したりすることを通して、子供の科学とものづくりへの興味・関心を高め、創造力や柔軟な思考力を育むことを目的としています。また、国際大会に出ることができなかった人や再度挑戦したい人たちに、活躍できる場を提供するものです。
2 主 催 石川県立大聖寺実業高等学校
3 後 援 加賀市、加賀市教育委員会
4 日 程 平成28年1月23日(土) 13:00~16:30 受付、練習と予選 
            24日(日) 10:30~15:30 予選と決勝 (14:20まで予選、14:30~決勝)
5 場 所 アビオシティ加賀(1階)セントラルコート
5 競 技 ラインフォロイングのみ
6 参加料 無料
7 大会事務局でコンピュータ用電源は準備します。(コンピュータとロボットは事前に準備してください。)
8 参加申込 別紙様式で1月8日までに申し込んでください。
9 ルール 加賀ロボレーブ国際大会に準じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀ロボレーブ国際大会 決勝トーナメント結果公表

2015-12-05 | 大会
加賀ロボレーブ国際大会2015の決勝トーナメントの結果が公表されました。

本校からは、3チームがエントリーしていましたが、この3チームが互いに切磋琢磨した結果です。
まさに、「Fun while learninng」「Sharing」「Teamwork」が自然とできあがっていました。
応援してくれた人たちやスタッフに感謝です。

  

加賀ロボレーブ国際大会 決勝トーナメント結果はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

贅沢な授業(RoboRAVE)

2015-11-25 | 活動
今日は、ロボレーブのロスさんとブライアンさんが
ボランティアスタッフの活躍による大会成功の御礼に来てくれました。
「小中学生のサポートをしてくれる素晴らしい生徒がたくさんいる。」と褒めてくださいました。
ホントにボランティアの皆さん、この場を与えてくれた大会関係者のお陰です。

そいて、この日は2年生の実習(電子回路、シーケンス制御、ロボット制御)の授業を参観しました。
特にロボット制御の授業では、直接授業で教えて下さいました。
最も贅沢な授業を満喫して生徒は思い出に残る時間を過ごしました。

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀ロボレーブ国際大会で世界一

2015-11-24 | 大会
3日目(最終日)の日程は、次の通りです。
  8:00~12:00 予選
  13:00~    ベスト8による決勝トーナメント

予選は、5回の合計点で争われます。
 1位 4661点 DJ-Tea(大聖寺実業)
 2位 3746点 DJ-3rd Person(大聖寺実業)
 3位 3356点 DJ-Carrot(大聖寺実業)
 4位 3159点 POLUX 2(コロンビア)
 5位 2872点 POLUX 1(コロンビア)
 6位 2213点 Team EAGLE(米国)
 7位 2000点 Team Inspiration(金沢泉丘)
 8位 1900点 Robotics Izumi(金沢泉丘)
 9位 1250点 Tori Fenikkuso(米国)
 10位  375点 International Eagles(日米複合)
 10位  374点 Dutch200(米国)

 

決勝トーナメントでは、「DJ-3rd Person」がなんとか逃げ切って優勝しました。
参加したチーム、支えてくれた皆さんに感謝です。
有難うございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀ロボレーブ国際大会

2015-11-23 | その他
大会二日目です。
10:00からの開会式には、ロボレーヴ創設者のロスさん(写真中央)、加賀市長さん、大会長さんの挨拶の後、
ドローン(右側写真)が「くす玉」を割って予選が始まりました。

  

10:30からいよいよ予選開始です。
以下の3競技でロボットの性能を競い合います。
本校からは9人がラインフォロイングに選手として参加しています。

【アメージング】  【ジャスティング】  【ラインフォロイング】
  

15:15からは、国際交流会です。
選手の皆さんに楽しんでもらえるように本校の生徒がゲームなどの企画・立案・運営をしました。
・Find your twin(参加カードの番号が同じ人を探すゲーム)
・手押し相撲
・じゃんけんトレイン(じゃんけんで敗者が勝者の後ろに繋がっていくゲーム)
・よさこい(みんなでダンス)

日本語と英語は本校の生徒が担当し、中国語でもアナウンスをしました。


3日目(最終日)は、午前中に予選、午後からは決勝トーナメントです。
Good luck!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀ロボレーブ国際大会始まる

2015-11-21 | その他
「加賀ロボレーブ国際大会」が始まりました。

ロボレーブは、アメリカ発祥の世界的なロボット教育システムで、
日本で初めての大会が石川県加賀市で開かれることになりました。
加賀市でロボットといえば、「大聖寺実業高校」です。
今回の大会には、ボランティアスタッフとして延べ50人と、選手として9人(3チーム)が出場します。



12:00の受付開始とともに続々と選手たちが集まりました。
海外勢84人と国内勢169人が参加しての大会となりました。
世界情勢をみると気掛かりですが、何とか無事に楽しく大会が進み、
ものづくりに興味をもつ若手人材が一人でも多く育ってくれることを祈っています。

明日22日は、10:30~予選、15:15~国際交流会です。
この交流会は、大聖寺実高の生徒がプログラムを考えました。
出場の皆さんは楽しみにしていてください。

では明日も頑張って!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日立DSより新発売

2015-11-09 | その他
これはmcrネタではなく、ロボットネタかな?

https://www2.himdx.net/mcr/index.asp


日立ドキュメントソリューションズのトップページに
M-S324プロポ信号受信リレーモータドライブ基板がリリースされました。

これは
http://www.little-bellanca.com/SHOP/19545.html?origin=pla&ptid=95340899287&productid=19545

↑こんなプロポでロボットを制御するために開発されたのかなと
思われます。これはドローンなどで使う10chの送信器です。

このドライブ基板のよいところは、R8のマイコンが搭載されていて
2chの入力ポートがあること。
つまり

・センサ入力できるので、半自動化が可能
・1枚目の出力回路→2枚目の入力回路といった風に
 へんなつなぎ方をすると、10chのプロポでもあるスイッチの
 on/offのくみあわせで、12chでも14chでも
 拡張できる可能性があるなぁと感じています。

また、通常の数A程度の制御は、昔のアメフトロボットと
同様にぶらしもーたのPWMドライブ回路を買うだけで
(この基板を買わなくても)よいのですが、


たとえば↑これ
今回発売された基板は大容量で、信頼性の必要なモータの駆動用
および10ch以上の拡張用かなと
感じています。

いままでの弁当箱のスイッチの制御は
作るのが邪魔臭いのですが、これで簡単に
できそうです。

以前、プレステのデュアルショックコントローラを
マイコンにつないでドライブする回路も開発されていた
様子ですが、この基板(というか、市販のプロポ)
なら、マイコンのプログラムを変更しなくても
プロポの設定で、好きなスイッチの使い方に
変更できるので魅力ですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【梅鉢】ベーシックのホイール

2015-11-09 | その他








他校の様子を見ていると、似たようなホイールがありました。

しかし、ホイールスポークの外側のRと
外側の薄いリング状の部分があるのとないのではまったく剛性が違います。

計量化と剛性を両立するには、不要なものを削り、必要なものを残すことの積み重ね
ですね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加