D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

福知山線事故(3)…マスコミにもの申した?番組

2005-05-08 16:37:32 | 尼崎福知山線脱線事故
前回のエントリー「JR福知山線事故(2)…マスコミ,おかしくないか?」(100を超えるTBいただきました。皆さんありがとうございます)のコメント欄に,

> こんな偏向報道の風潮に正面切って反論できるのは,
> 今の芸能界(←テレビにジャーナリズムはないということで)にいるのは
> 橋下徹弁護士くらいじゃないでしょうか。…そんなことを勝手に期待されても
> 本人には迷惑かもしれませんが。
> 今日5月8日,よみうりテレビで放送の■『たかじんのここまでいって委員会』では,
> 脱線事故についてマスコミ批判もやるようです。橋下弁護士,出てくるかな?


と書きましたが,その番組(正しいタイトルは「たかじんのそこまで言って委員会」でした),
一応見ましたので,その概要を書いておきます。
※録画してませんし,簡単なメモのみにより書いていますので,
 各出演者の発言はD.D.の記憶による要旨であることを予めご了承ください。


13:30~15:00の1時間半の放送(すごいたっぷりした時間枠ですよね)のうち,
前半が脱線事故問題,2番目の大テーマは北朝鮮問題,そして最後にどうでもいい問題
(「最近がっかりした事」)という構成で,6人のパネラーに,
「福知山線脱線事故で許せないこと」というテーマで問うていたところ,
次のような回答がドン!と出ました。
※パネルディスカッションで
 討論する出席者のことはパネリストと言い,英語としては明らかに誤りなのですが
 …パネル張り職人のことでしたっけ?…『なるほどTHEワールド』でキンキンが
 出場解答者のことをパネラーと呼んで以来,テレビ界で定着しているので
 この言葉を使います。


三宅久之 「職業意識の低下」
西村眞悟 「未然に防げる事故だった」
勝谷誠彦 「逃亡と隠蔽」
宮崎哲弥 「衝突車両に乗り合わせた運転手をその直後に運転させた」
桂ざこば 「言い逃れの記者会見」
遙洋子  「社員全体がズレている」
山口もえ 「置き石とか置き自転車」


そして,橋下徹弁護士,期待通り出演してこういう意見でした。
「記者の偉そうな態度」

曰く,自分も取材を受けてトラブルを起こしたりしているが彼らは
知る権利を盾に取って,特権意識を振りかざしている人間が多すぎる。との由。
勝谷「あれはチンピラやねん。ただあえて弁護させてもらうと,
  事実を隠してたりとか嘘を言ってたりとか,何度も何度もコロコロ
  言うことが変わるからええかげんにせぇという気がすんねん」
たかじん「あの記者は,他の記者にも嫌われてるで。絶対」
辛坊 「取材していた同僚に聞くと,今,会見に出てくるようなJR西日本の
  幹部というのは,旧国鉄時代にキャリア採用で入ってきた,官僚そのものの
  体質なんです。彼らが事故のことを『この度の事象は…』なんて
  何度も何時間も聞かされたら,そりゃカリカリくる,って言ってました」

この番組では,この他,JR西日本の体質の問題はもちろんのこと,
JRの労組問題,ATS導入が遅れている安全対策の問題などが語られました。

宮崎「JR西日本運転手の年齢構成,30代だけがごそっと少なくて全然いないんです。
  この時期は民営化で合理化・人減らしで全然地域採用をとっていない。
  このせいで先輩から後輩への技術の継承がぷっつり途切れているんです。
  団塊の世代が定年で抜けていったらもう終わりですよ」
勝谷「運転手は皆高卒で,今どき珍しい職業ですよ。幹部はエリートで電車のことなんか
  全然知らん。若い運転手に仕事を教えるのは先輩ですよ。ときには鉄拳制裁をして。
  それをやってたのが2,3歳上の先輩。それが全くできなくなるんです」
辛坊「他の私鉄(ATS制御によって,駅に近づくにつれて徐々に減速する)
  とは違って,JRはギリギリまで減速しないで,直前で一度だけブレーキを
  かけ,最後に軽くブレーキを緩めてピタッと止まる。
  その職人技といったら…乗客の数やその他もろもろの条件でタイミングは
  全然違ってくるわけですから。職人技に頼るのではなく,ATS配備で
  誰がやってもきちんと止まれるシステムを作らなければならないんです」
勝谷「湖西線なんて旧態依然,旧システムの代表。新興住宅地が開かれて
  人の移動がどんどん増えていく線で,何も改善されていない状態で
  普通も快速も特急も皆走ってるんですよ」

橋下「今の刑法は処罰の対象が個人レベルで,企業が責任をとるシステムになっていない。
  安全担当役員など幹部職員が捕まるだろうことは当然ありえますし,
  前例もたくさんあるわけですが,この先どうなるかは注目ですね」

三宅「(テーマへの回答について)日勤教育だろうが,遅れたらペナルティと
  言われようが,何百人と乗せている自覚があったら,パニックになって
  スピード出し過ぎるなんてできないはず。『処罰されても危険なこと
  できるか!』って気概がなきゃ」

宮崎「事故の車両の車掌は重要な証人。警察はいち早く逮捕(身柄確保)すべきだった。
  入院しているということだけれど,警察の監視下にいるわけじゃない。
  会社の支配下にあって,会社の人間に口止めや口裏合わせなどを強要されている
  のは想像に難くない」

宮崎「日勤教育が問題視されているけれど,僕は,今回の事故の原因じゃ
  ないと思う。JR西日本の労組には『西労』『西労組』があって
  運転手は主に西労のほうに所属してるんです。日勤教育は,そもそも
  西労つぶしのためのいじめの手段であって,今回の事故の運転手は西労組のほうに
  所属していたから,それほどひどいいじめには遭っていないだろうと」

もえ 「労組って何ですか?」
たかじん「ローソンの親戚や思ってるんちゃうやろな?!」

以上,ざっとですがこんな番組でした。
もっと詳しい内容について書かれる方がいらっしゃいましたら,コメントで補足していただくか,トラックバックいただけると嬉しいです。

たかじんのそこまで言って委員会 公式ページ(よみうりテレビ)


●福知山線脱線事故に関するエントリー
「JR福知山線事故(1)・遺族の憤懣に思う」
「JR福知山線事故(2)…マスコミ,おかしくないか?」

福知山線事故(4)…勘違い連中を茶化し斬りさせていただきます


※ビデオジャーナリスト神保哲生氏ブログ「JR西をバッシングしても、いいこと何もありませんよ」

※下村健一氏公式ページより「"怒り"のオーバーラン、していませんか?」
 …TBSテレビ『みのもんたのサタデーずばッと』内「ずばッとリポート」を担当されているとのことですが,
  5/7の放送は,冒頭からみの氏がJ西叩きで爆走していたので見るに堪えずに
  チャンネルを変えちゃったんですよね。下村氏がコーナーを持っていたとは
  (今思えば,あああの人かという感じ)…。この日の放送で脱線事故を
  扱っていたかどうか知りませんが,彼のコーナーだけは見ておきたかった…。

※産経新聞の5/7付,取材側批判の記事については多数の方が言及しておられますが,
 その中から* 園丁日記 *: 言わせてもらおう、チンピラと>罵倒新聞記者氏を。

マスコミに入ろうと思ったらまず読む本―いかにマスコミセンスを磨くか

メディアパル

このアイテムの詳細を見る

********************
※この駄文をお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 参考にするというかた→ここをクリック!
 くだらん!お前のblogはいつもくだらん!…というかた→ここをクリック(ーへー)
 (人気ブログランキングにジャンプします)
********************

5色から選べる!レポート機能つきのシンプルで使いやすい無料カウンター


マスコミの秘密―気づかなかった!知らなかった

アストラ

このアイテムの詳細を見る
イラク日本人拘束事件と「自己責任」報道―海外メディアは日本人拘束事件をどう伝えたか
河野 義行, 下村 健一, 林 直哉, 磯貝 陽悟, 森 達也
現代人文社
このアイテムの詳細を見る
報道は何を学んだのか―松本サリン事件以後のメディアと世論

浅野 健一 岩波書店

このアイテムの詳細を見る


定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? 新潮社

続・事故の鉄道史 日本経済評論社

JR東日本を変える「CS」運動―“攻めのアンゼン”への全員チャレンジ 岩井 正和  ダイヤモンド社


コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKマイルカップ2005 予想 | トップ | NHKマイルカップ2005 感想 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ota)
2005-05-08 17:29:41
「そこまで言って委員会」を関西に居ながら見逃してしまいましたのでとても助かりました。

橋下弁護士のマスコミに対し一石を投じる発言は評価できます。

が、ここでも「最終的には記者が怒るのも無理は無い、問題はJR側にある」という締め方だったようで。



確かにJRという会社、幹部連中の体質が問われるのは仕方ありませんが、それと何でもかんでもJRを叩けばいいという報道は明らかに異なります。

そして私たちもマスコミを叩くだけでなく、マスコミがこの事故に対し本当に報道すべき点は何なのかを明確に指摘していかなければ

また"松本サリン事件報道"のような同じ過ちを繰り返すのではないかと考えます。
Unknown (Aqui管理人)
2005-05-08 17:43:12
トラックバックありがとうございます。

報道体制に問題があるという話は見聞きしていましたが、自分からはあまりテレビを見ないので、実際に取材場面の映像は見ておりませんでした。

橋下徹弁護士についてもテレビ局側としては

「出しておけば正義のバランスが取れた番組に見えて高視聴率が維持できるだろう」

との計算からでしょう、とシニカルに眺めております。

ご本人の意図はともあれ、流す側は困ったら編集するなり強制CMにするなりして発言削除する方法はいくらでもあるわけですから。
TBありがとうございます♪ (ぽぽろんろん)
2005-05-08 18:44:08
こういう番組を放送していたのですね。

関東在住なので、全く知りませんでした。



とりあえず橋下氏には拍手♪

ただこういうのも「一個人の意見」としか見られず、マスコミ全体としては今後も変わらないんだろうなぁ、と悲観的な予測もしてしまいます。



自身の偏った商業主義に疑問を持っている人がテレビ局や新聞社等にもいるとは思うので、そういう意見がきちんと考慮されていくことを期待したいです。
Unknown (Takah)
2005-05-08 19:37:50
こんにちは。こちらからもTBさせてもらいました。



私も関西在住でたまに見ますが、自由に発言させているかんじがしますね。個人的に胸がすく発言がよくあります。頭にくることもよくありますけど。(笑
TB (ƒŒƒいるまりレオ)
2005-05-08 19:56:01
ありがとう!!

ちょっとあのマスコミ一発揚げ足を取ってやりたいですよね。

たぶん、このクソ市民め!って私らのブログと橋元弁護士の事を思ってますよ。



こんな事にも負けないのがペログリクオリティーです!
Unknown (tetorayade)
2005-05-08 21:03:38
たかじんの番組観ていました。



私もやっと橋下弁護士が記者の態度に言及して、やっとまともなコメンテーターが出てきた、と安心した1人です。



ほんま、ゲストコメンテーターは視聴者やテレビ局に心地のいいコメントしか出さないのでガッカリ、というか最初から期待はしていませんでしたが。
ご紹介&TB御礼 (枇杷@園丁日記)
2005-05-08 23:22:12
すごい恐縮です…m(_ _"m)ペコリ



あのエントリは、テレビを見ていて久々腹立ちまして、感情のまま記しましたので、かえってお見苦しいかと思うのですが…。

しかし労組関係のサイトを拝見し、ここぞとばかりに雇用者側糾弾に走りつつ…別のことにも一生懸命な姿勢にも嫌悪感を感じるものがありました。鉄道労組のこと、なるほどねえ。



とにもかくにも、貴重なテキストのアップありがとうございました。



いい意見だ (タリカス)
2005-05-10 23:21:05
マスコミ批判をテレビでやったというのは素晴らしい。

記者ってそんなに偉いのかと思っていただけに痛快だ。
トラックバックありがとうございます (D51)
2005-05-15 20:19:22
記者って本当に人の子だなと実感します。

ちょっとマスコミの社名の入った名刺を持ったら、

途端に偉くなったような振る舞いをしてしまうんですから。

もっと大きく視野を広げた報道ができるように、日々研鑽します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む