というわけで。

えーと、先日のエントリーで書きましたが、とうとう本ブログはこのエントリーをもって閉鎖、これまで別小屋であったSeesaaに本拠地を移すことにしました。
↓↓↓↓
ぽぽろんろんがらくた小屋(新館)

理由は先日も多少述べていますが、

■2つのブログを更新していくパワーが無くなってきたこと。
■そして別小屋はブログペットによる投稿だけの状態が数ヶ月続いていること。
■なので1つに統合したいが、ブログペットやハーボットを止める気は無いのでgooへの統合は現時点不可能だということ。

という流れの結果です。あと、それに加えて、

■gooからSeesaaへの記事移動(コメントも含む)のやり方が分かったこと。
■そしてMTの設定がどうも上手くいかないこと(苦笑)

ということもあります。

最終目標がMTなのは今のところ変わっていませんが、いったんSeesaaでワンクッション置くのもいいかなと考えを変えることにしました。
MTやるとなるとそれなりにまとまった時間が必要で、そこが形になるまでの間Seesaaが無人化を継続し続けるのはちょっと(というか、かなり)イヤなので…。

4月中からちまちまと進めていたエントリー移動も、ごく一部(gooカウンターのキリ番とかgooブログメンテとかこういう引っ越し関連とか)を除いて全て完了させました。
まだブックマークとかサイドバー関連は整理されていないのですが、ここはまぁだんだんと形を整えていけばいいかなと思います。


ということで、ここはしばらく旧館(つーか廃屋…)として置いておき今後はSeesaaにて活動していきますが、あちらでも変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。
皆さんのお越しをお待ちしております~。m(_ _)m


ブックマークなんてされている方は、お手数ですがこちらに変更願います。
↓↓↓↓

ぽぽろんろんがらくた小屋
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ゴールデンウィーク?何それ(爆)

それは昨夜のこと。
職場のKさんから電話がありました。

明日、仕事出れますか?

この連休は帰省する予定は無いのでとりあえず「はい」と返事をし、出社したわけですがこれがもう最悪…

■最悪その1
職場のサーバーの調子が悪いのか自分のPCの調子が悪いのか(おそらく後者…)、反応が重いこと重いこと。
1つフォルダを移動するたび、1つファイル名を変更するたび、1~2分は待たされる。
おかげで仕事の速度がいつもの1/5も進まない。
大した作業でも無いのにノロノロとしか進められずイライラしっぱなしでした。
しまいにゃ反応しないはエクスプローラ閉じないはタスクマネージャでも終了しないはで、電源ボタン4秒押しで強制終了させて再起動させるハメになったり。
最悪。

■最悪その2
16時からやる予定だったレビューが全く始まらない。
もちろん、私も上の理由により資料が間に合わなかったりしましたが、他のメンバーはさらに作業が進まずに…。
結局、「そろそろやりましょうか」と電話があったのが20時過ぎ。で、会議室でもさらに15分以上待たされ、結局始まったのは20:30過ぎ。
会議ももうダラダラで、日付が変わるというのに終わる気配が無い。それどころか「今日はもうやれるところまでやっちゃおう」とか言い出す人まで。
理由が「明日は布団が干したいから」だってさ。

知 る か !

そんなこと言うなら、私は休みたい。寝たい。遊びたい。帰っていいですか。
最悪。

■最悪その3
そんなこんなで日付が変わった頃に会議は終了。
家に着いたのは1時前ですよ。
でも、上からの流れで分かりますよね。
そうです。明日も出勤です(爆)
明日は10時には出社ですな。で、資料の修正をしてレビューが15時から。
終わるのは早くて19時でしょうかね。
最悪。


ということで、私の連休は5/5~7の3連休で終了です。
一昨日も出社してるし、もう全然ゴールデンぢゃねーし。ただ単に土日に祝日が1つくっついただけだし。
強がりとかじゃなく、この連休でやりたいことたくさんあったんですけどね。
ゴールデンウィーク?何それ。
何かストレスたまるわ…(´・ω・`)
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

ゴールデンウィーク♪

本日、かる~く仕事を終えまして、明日から私のゴールデンウィークが始まります。
今年は実家には帰らないことにしました。2月・3月と連チャンで帰ってますからねぇ。

ということで、連休中にやろうと思っている予定です。

■ティンパニマレットを買ってくるのさ
先日JPCに行ってマレットを補給してきた訳ですが、うちのオケのY先生にはこだわりがいろいろとあるようでして、バロックティンパニのマレットとフランネルヘッドのマレットも追加補給が必要なようです。
Playwoodのものだとこういう感じですね。
↓↓↓↓
バロックティンパニマレットフランネルマレット

来月の演奏会で使う確率は低いですが今後使う可能性大ということですし、持ってても損は無いし、こないだ買った竹バチより安いし、まぁいいでしょ。
つー訳で早速明日にでも行こうかな。

■ティンパニの練習場所を確保しなきゃ!
これは切実。
本番まであと1ヵ月だというのに、練習が全然足りません。
今月は仕事で夜間作業とかもあるので、その明け休みになる翌日にでもスタジオを借りて練習したいと。
そして、ここに書くことで自分を追い込まないと(苦笑)

■ブログを今度こそ引っ越します
というか、正確には別小屋と統合します。
もう別小屋がここ以上に放置状態で荒れ放題の廃屋と化しています(苦笑)
ブログを始めてから少しずつ交友範囲に変化が出てきまして、特にSフィル入団後はオケの練習等も入り、仕事が佳境に入ってきたのも手伝って以前ほどブログに手をかけることができる時間と体力が減ってきました。
なので、これを機会に統合しようかなと。
ただ、ブログペットやハーボットをやめちゃうのはもったいないので本拠地を別小屋に移すことにしました。
Seesaaだとエントリーのインポートも楽に出来ますし(残念なことにコメントまでは無理だったのですが…)。

ということで、連休中に記事の移動作業を終わらせて、それ以降は活動拠点を向こうに移すこととしました。
その時はここに最終エントリーを立てたいと思います。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

今さらですが「いきものがかり」。

4月ももうすぐ終わり。地元の桜はもうとっくに散ってしまいました。
でも、3月半ばにリリースされたこのシングルはひと月半経ってもまだまだ散らずに咲き続けていますね。私もずーっと気になっていたのですが先日ついつい買ってしまいました。
いきものがかりのデビューシングル「SAKURA」です。

春に別れて離れ離れになって時も過ぎて、でもあの時の君との夢はまだ忘れていないよ、っていう歌詞はまぁよくあるし、「春」ってことで桜に重ねるのもよくあるっちゃよくあるんですが(誉めろよあんた…)。
さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れる 想いのたけを 抱きしめた
君と 春に 願いし あの夢は 今も見えているよ さくら舞い散る  
桜に重ねることで、儚い感じが増していいですね。
ただ、これだけだと「夢は見えている」と言いながら桜と一緒に散っていってしまいそうが気もしますが(笑)、最後に
さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 春のその向こうへと歩き出す
君と 春に 誓いし この夢を 強く 胸に抱いて さくら舞い散る  
と言うことで、過去から未来に目を向けてしっかり歩いていく光景が見えます。う~ん、青春だねぇ、若いねぇ(笑)

ただこの曲、私にとっては詞よりも物憂げなメロディがいいんですよね~。
特にポツリポツリと落ちてくるAメロ出だしがいいです♪
この曲はメロディとアレンジの勝利だな、と思う次第。そしてこういう音は嫌いじゃないんですよね、というか好きです(^^;)

ヴォーカルはまだ荒削りで気になる部分もありますが、でも何か気になる声ですね。こういう雰囲気の声って以前にもいた気がするのですが、誰だったっけ…。

カップリングの「ホットミルク」、曲調と言い、メロディの走らせ方と言い、
本当に今欲しいもの それはその答えですか?  
みたいな歌詞と言い、ぜひゆずに歌わせてみたい1曲(笑)
ボーカルの吉岡さんの声って、どちらかと言うと「うんしょ、うんしょ」と押し出している感じがして「スコーン」と抜けてくる感じではないので、これをゆずに歌わせると面白そうだなぁとちょっと感じたりしました。

もう1つのカップリングは荒井由実の「卒業写真」のカバー。
そうだよね、3月発売のシングルだもんね。こないだ買ったばかりの私にはとっても時季はずれになってしまいましたが(苦笑)
でも、これもいい雰囲気が出ていますね、悪くないですよ♪


実はいきものがかりって神奈川出身(海老名・厚木)ということもあってか、今週のsakusakuのゲストに出てるんですよね(それで買った訳じゃないですよ。買ったのは先週です)。
それによると、2ndシングルの題名は「HANABI」だそうで。また、かな3文字のローマ字です。そして冬は「DONABE」だそうです(笑)
絶対出せよ!つーか、それまで芸能界生き残ってて下さいねと余計な老婆心を(^^;)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「ピアノの森」12巻は戦いの火花がバチバチと♪

※ ネタバレしまくってますので、未読の方はご注意下さい! ※


先週は仕事も大詰めで、本屋さんが開いている時間に帰れませんでした。本日購入です。

今回は前半がM響との共演、後半がショパンコンクールの予備選。
M響の共演は、演奏そのものより名ピアニスト・指揮者のセロー氏との出会いがメインでしょうか。
カイがM響と演奏したラフマニノフの3番は観客総立ちもので、聴いていた誉子の心を勇気づけるものでしたが、これは指揮をしたセローのたまものですよね。
かみ合わないピアノとオケをうまく繋いだのは、間違いなくセローの指揮とそこからにじみ出る広く深い人間性のおかげ。柔らかい物腰とニコニコした笑顔は「のだめ」のオクレール先生を彷彿とさせますね~。
ちなみに、演奏部分でコマ毎にオケの配置が見事にバラバラでしたが、この作品はそういうところに神経質にならなきゃいけないマンガではないのでOK(?)です(笑)
あくまで、カイを中心とした登場人物たちの演奏や人間関係を楽しむものですからね。もちろん、オケ配置が合っている方がベターには違いないのですが(笑)

ショパンコンクールは、「カイが出る」ことを知った修平も参加します。
この予備選での戦いは修平の先勝という感じでした。
落ち着いて実力を発揮した修平と、緊張しまくりで最初の曲はボロボロだったカイ。しかも、1曲目が終わっても緊張が取れなかったのを修平の咳払いでやっとリラックスできて…という状況。それでも、立ち直ってからのカイはやはり凄かったようですね。修平の目の色も変わっていました。
2人の演奏後も、修平からは火花が散っていましたね~。

それにしても、修平のカイへの思いというのはすごいなぁと。
ひたすらカイを超えることを目指して練習し、着々とその腕を上げていく。
もちろん、勝負に執着しすぎる修平の考え方はカイの言うように悪い部分もありますが、それだけでなく自分のこともキチンと見つめていて、精神的にもすごく成長していますね。

ショパンコンクールに入ってきて、カイと修平だけでなく阿字野と修平の父親の関係、阿字野とセローとコンクールの関係などなど加わってきて、ますます気になる展開です。
早く本選が見たいよぉ~~っ。


ピアノの森 12
一色まこと

このアイテムの詳細を見る
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今回のキャラメルは1日で2度おいしい♪

今日は、午前中にオケの練習、そして午後はシアターアプルにてキャラメルボックスの「ミス・ダンデライオン」と「あした あなた あいたい」を観に行きました♪
もちろん今回のキャラメルもまちゃさんからのお誘いでございます。ホント嬉しいことです。
他のメンバーは前回同様のぶんさん。そしてまちゃさんのアイカタさんとニコちゃん。未来のお義父さんとの初対面です(違うだろ

オケの練習が終わって、駅に向かいながら電車を調べたら待ち合わせまでに多少の余裕があったので、駅横のファーストフードで軽く腹ごしらえ。
そして新宿に向かったのですが、運よく快速に乗れちゃったこともあって現地に13:15に到着(待ち合わせは13:30)。えらくハンパな時間に着いちまいました(苦笑)
やがて皆さんと落ち合いまして、まちゃさん夫妻はニコちゃんを託児所へ預け(キャラメルボックスの公演には、託児サービス付きのものがあるんですね)、いざ観劇でございます。

今回は1時間程の短い作品が2つという構成。
これらは前回観た「クロノス」と同じ設定・登場人物となっており、過去へ物質を転送する「クロノス・ジョウンター」を中心に物語が回ります。もちろん、各作品で主人公は異なります。

まずは「ミス・ダンデライオン」。
いやぁ、泣いちゃいました(^^ゞ
主人公の女性が子供時代に入院していた時、好意を寄せていた男性(同じく入院中)が難病のため亡くなってしまう。
のちに医者となった主人公が、その難病を治すことができる薬が出来たことを知り、過去に飛んで男性を助けようとするもの。
主人公は最後の薬を注射し終えたところで未来に飛ばされ、男性がどうなったか確認することができなかったのですが、飛ばされた未来で最後に大どんでん返しがありまして、ここで一気に涙がポロポロと(T_T)
途中、未来を変えないために過去の自分にウソをついて男性に会わせないようにしている(過去の自分が、男性が治りつつあることを知ってしまう→喜ぶ→将来、医者になろうと思わない→未来の自分が男性を助けに来ることが出来なくなってしまう!)ところも、本当のことを伝えたいのに心を押し殺して立ち振る舞う姿にウルウルしかけちゃったり。
はぁ…、いつからこんなに涙もろくなったんでしょうねぇ、私(苦笑)

この終演後は、セットチェンジと人の入れ替えのため1時間休憩。
まちゃさんとぶんさんはニコちゃんの様子を見に行き、私はまちゃアイカタさんと近くのファーストフード店にて休憩です。
オケのこととか演劇のことあたりが主な話題だったでしょうか。
食べるペースが遅くて次の開演に間に合わなくなっちゃいそうだったので、それなりにしゃべってましたね~。
でも相変わらずしゃべり下手ですよ、私。アイカタさんにはかなり気を遣わせてしまいました。反省。

さてさて、次は「あした あなた あいたい」。
こちらは、「クロノス・ジョウンター」の実験台として飛ばされた主人公が、過去で出会った女性とお互い一目惚れしてしまって、でも制限時間のためすぐに別れなくちゃならないからなかなか気持ちを伝えられずにいて…。というもの。
こちらは…う~ん、ちょっと腑に落ちない点が。
主人公は、過去で長い時間活動できるように腕輪(名称を完全に失念…)をしています。
そのためか、自分が未来から持ってきたものが自分の体から離れると腕輪の効力が無くなって未来に飛んで(消えて)しまいます。
だから「自分が持ってきたお金が使えない」という描写がありました。冒頭でも、カバンとかが飛んでいってしまいましたね。

そうすると…、「ミス・ダンデライオン」で注射した薬は?って思っちゃったんですよ。
薬が男性の体に入っていった途端、薬は未来に飛んで行っちゃって効かないのでは?って。
う~ん、でも、血液に溶け込んだ時点で薬が分散するから、未来に飛んで行く力が弱くなったってことなのかなぁ?で、注射を重ねていってその力が溜まり、最後のどんでん返しが起こったってことでしょうか?
結局その場では、そんな理詰めで考えるのは止めたんですけどね。この場でも止めときましょう(^^;)
それに何だかんだで最後はウルウルしてましたし、私(笑)
最後はちょっと出来すぎの感もありましたし「そんなにクロノス濫用するなよ!」とも思っちゃいましたが、まぁ許容範囲でしょう。
一目惚れであそこまで入り込んじゃうのもすごいですね。原作だともうちょっとエピソードがあったりするのでしょうか?ちょっと気になります。


劇の後は、ご飯。
私以外の3人はセットメニュー(前菜・メイン・デザート・ドリンク)を頼んでいましたが、午後3度目の食事となる私は単品で精一杯でした。
でも、「タラバガニのライスグラタン」をおいしく頂きましたよ♪そーです、先月に続いてまたご飯+チーズです(笑)
まちゃさんには完全にこの組み合わせがインプットされたことでしょう。

ここで先日ダブって買ってしまったスピッツのシングル集をまちゃさんにめでたく転売(定価で買って頂いてありがとーございます)。
あとは、6月に行われるSフィルの定期演奏会も宣伝しておきました(笑)
もしお時間に余裕がございましたらぜひ来て下さいね~。タダですし♪


ということで、今日は一日中外出で疲れましたね。
というか、朝起きた瞬間からから疲れてましたが…。オケ練習に集中力無かったのはいいとして(ぉぃ)、劇中で目をつぶってしまっていたり、いろんな場面でボーッとしていたり、口を開けば失言だったり…。サイテー。
劇は面白かったしニコちゃんは相変わらずかわいかったしグラタンおいしかったしとっても楽しかったのですが、今日はずっと他の方々に気を遣わせっぱなしだったような(よくよく考えると「今日も」ですな)。はぁ…、ホントサイテー。

まちゃさんご夫妻及びぶんさん、今日はホントありがとーございました♪そして申し訳ないです~。m(_ _)m
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

久々のJPC♪

今日は東京は田原町、パーカッショニストの聖地(笑)であるJPC(Japan Percussion Center)に行ってきました♪
しかし今日はちょっと大変でした。中央線が工事の関係で快速・特快が全て取り止め、各駅停車だけだったんです。
当初は神田まで一本で行っちゃう予定だったのですが、さすがに各駅は疲れるので中野で地下鉄に乗り換えました。
この地下鉄、1回乗り換えが必要だったのですが、初めて降りた駅だったので…迷いました(爆)
乗り換える路線の矢印を追いかけていったらいつの間にかそれが無くなって、突き当たりの改札近くでウロウロと。
さまよったあげく、元来た道を戻っていったらなんと!いつの間にか階段が出来てる!!(違
完全に階段を1つ見落としてましたもよーです。それもいちばん重要なのを…

そして、田原町。
今ってJRから直接地下鉄に乗り換えられるのはいいのですが、改札から出る時にsuicaじゃ地下鉄の精算機通らないから、駅員さんに精算して証明書もらわないといけないんですね。
で、次にJR乗る時にJRの駅員にsuicaと証明書を渡してsuicaを使えるようにしてもらう(じゃないと、前回出た時の履歴がsuicaに無いから)。
これなら、普通に切符買い直して乗り換えた方がめんどくさくないかも?(苦笑)

まぁ、こんなことはいいや。JPCですよJPC。
田原町の3番出口からすぐ近くなのですが、相変わらず場所が分かりにくいです(^^;)
でも、一応国際通り沿いにも看板とか出てましたね。あれが無いと絶対に通り過ぎますよホント。
さて、何の変哲もないビル(笑)の4F~6FがJPC。各階にテーマがあって、4Fが「ドラムシティ」、5Fが「エスニックシティ」、6Fが「パーカッションシティ」となっています。
今日のメインは6F。ティンパニマレットの手持ちが寂しいのでその補充です。
「やっぱり竹バチがいいよね~」なんて思いながら見てみたら……、案外高かった(^^;)
いいヤツはひと組1万以上するんですね。8千円くらいかと思ってました。久しぶりだったので相場をはき違えていましたよ。
とりあえず、そんなのを固さ違いで3組購入。脇にある楽譜コーナーを見たら大好きな「マリンバ・スピリチュアル」(三木稔)の譜面があったのでついでに購入。
もちろん私にはこれのマリンバは弾けませんが、太鼓の方は何回かやったことがあるんですよ。いつやっても興奮しちゃいますよねこれ(笑)
会計時、店員さんから「会員になった方が安くなりますよ?」と言われ、会費はかかるけど今回だけでペイできてしまうということだったので入会してきました♪

この後、5Fに降りて「エスニックシティ」へ。
ここはいつ来ても楽しいですねぇ♪
ラテンやアフリカの民族楽器がゴロゴロ転がっています。ひとしきりここでも遊びました。ちっちゃい卵形のシェイカーをお遊びで買っていこうかとも思いましたが(ほら、イースター近辺でもあったし)、ちっちゃくてかわいい楽器があれこれあってキリが無さそうだったので今回はガマン(苦笑)

帰りは銀座線で渋谷まで行っちゃって、HMVでCDを見て1万円ほど買い込んで(さっきのガマンはどこ行った…)、井の頭線~中央線経由で帰宅。帰り道にある本屋さんで「鉄腕バーディ」の最新巻も出ていたので買ってきました。


さてさて、明日は朝から一日中外出なので早めに寝てしまおうと思います。
雨なのがちょっと鬱陶しいなぁ。練習台背負って傘持ってはかなり動きにくくて大変なのよね…
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

成分解析「もやしもん」ばーじょん♪

今、ネットでは「成分解析」がブームになっていますね。
こちらのページからダウンロード&展開して遊べます。
このブームに乗っかって、成分解析メイカーまで登場しています。自分でいろいろとテーマを決めて(あるいは決めないで)成分解析を作ることが出来ます。
そしてこれの「もやしもん」バージョンがありました。
mixiの「もやしもん」コミュで紹介されていたので、速攻やってみましたよ。

もやしもん解析機

■「ぽぽろんろん」の解析結果
ぽぽろんろんの86%はO-157で出来ています
ぽぽろんろんの7%はA・フミガーツスで出来ています
ぽぽろんろんの7%は及川葉月で出来ています

そーか、私はほとんど「かもしてころすぞ」なもので出来ていたのか。
えーえー、確かにわたしゃよく毒を吐きますよ(苦笑)
にしても多すぎ。ここまでじゃないと思ってましたが…。

A・フミガーツス(アスペルギルス・フミガーツス)は、「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」というアレルギー性肺疾患の原因となる菌です。肺炎によく似ているそうです。
でも、「根はいい奴」らしいです。ホントかよ(笑)

■「popolonlon」の解析結果
popolonlonの81%はV・パラヘモリティカスで出来ています
popolonlonの11%は武藤葵で出来ています
popolonlonの8%は長谷川遥で出来ています

V・パラヘモリティカス(ビブリオ・パラヘモリティカス)。腸炎ビブリオ菌です。もうちょっといいもので私を作ってくれませんか(笑)
だんだん悲しくなってきた。

■「****(本名漢字)」の解析結果
83%はP・クリソゲヌムで出来ています
12%はA・アワモリで出来ています
4%は美里薫で出来ています
1%は長谷川遥で出来ています

P・クリソゲヌム(ペニシリウム・クリソゲヌム)、青カビです。ペニシリンの素ですね。手塚治虫の「火の鳥 黎明編」でも出てきたっけか。
A・アワモリ(アスペルギルス・アワモリ)はその名のとおり、泡盛をかもします。
やっと人の役に立ちました(笑)
ちなみに、「美里薫」って字面だけ見るととっても美しいですが、以前のエントリーで紹介した笑い飯・西田ですから(笑)

■「######(本名ローマ字 姓+名の順)」の解析結果
91%はボンデージで出来ています
6%は武藤葵で出来ています
3%は長谷川遥で出来ています

ボンデージをよく着ている長谷川遥と合わせると、94%がボンデージです(苦笑)
…私にそんな趣味は無いぞ(^^;)


しかし、「もやしもん」にはA.オリゼーとかL.ヨグルティとかL.ラクチスとか、平和でかわいい菌がたくさんいるってのに何で私はこんな危険なものばかり…。
当たってるから仕方ないか(爆)
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりに聴いたアルヴァマー序曲は…

こんばんは。この週末であっさりと口角炎ができました。笑うと唇の端っこがブチッと切れます(苦笑)
ストレスたまるとやっぱりすぐ口に来ますね。口内炎もおそらくもうすぐでしょう…。

さてさて。
先日仕事で渋谷に外出した際、移動時間片道2時間弱+待ち時間1時間弱に対して仕事が15分で終わってしまったので、帰り際ちょっとHMVに寄り道をしました。
「最近、吹奏楽曲ってどんなのがあるんだろ~」と吹奏楽コーナーを見てたらですね。こんなものが目に入ってしまって、結局こちらを買ってしまいました。

アルヴァマー バンド・クラシックス・ライブラリー2
木村吉宏/広島ウインドオーケストラ
バーンズ:アルヴァマー序曲

カーター:ラプソディック・エピソード
マクベス:聖歌と祭り
ミッチェル:大草原の歌
A.リード:第2組曲「ラテン・メキシコ風」
ネリベル:フェスティーボ
エリクソン:序曲祝典
スウェアリンジェン:センチュリア


最近の動向を見るんじゃなかったのかというツッコミはさておき。「アルヴァマー」ですよ、「アルヴァマー」♪
中学吹奏楽部生活の20%はこれで占められているかもしれません(笑)
ちなみに残りは、50%がA.リードで20%がスウェアリンジェン、10%がその他。という感じだったでしょうか。
当時よく練習していたスウェアリンジェンの曲と比べてどこか垢抜けたかっこよさを感じて、大好きでしたねぇ。
親しみやすいメロディーだったので、吹奏楽部でもことあるごとにこれを演奏していたような記憶があります。
この曲と「呪文とトッカータ」(断じて「祈りとトッカータ」とは呼びません。「呪文」です。笑)の2曲で、「バーンズは親しみやすい曲から本格的な曲まで何でも書ける」という印象が当時ありました。

曲は、短い前奏に続く急-緩-急の三部形式にコーダがくっついたもの。
3+3+2で「タタタターンタタタ」のノリのいいシンコペーションをバックに流れる広がりのある第1主題。単純で親しみやすく、子守歌のように安らぐ第2主題。
そしてこれらの主題を繰り返し、最高潮を迎えたところでコーダに突入して終わります。
しかし思えばこれ、中学生には結構キツイ曲でしたね(^^;)
少なくともうちの中学時代は、結構ヒイヒイ言いながらやっていたような(苦笑)
特にトランペットは全体的に音が高めな上に、最後のクライマックスでハイBまで駆け上りますし。
木管も最後は16分音符で細かくウネウネタカタカやってて「どこでブレスすんじゃい」って感じだったし。
ユーフォは普通に楽しかったかな(^^ゞ
対旋律とかおいしいですね♪
パーカッションは…分かりません(苦笑)
あらためて聴いた感じではグロッケンがおいしそうです。
高校以降この曲やってないんですよね、私。ある意味中学時代だけでお腹いっぱいだったので、いいっちゃいいんですけど(笑)

さて、このCDで久しぶりにアルヴァマー聴いた訳ですが、「あれっ?本当はこんな曲だったっけ?」と少なからず拍子抜けしてしまいました。
私の中ではもっとドキドキワクワクアドベンチャーな印象だったのですが(何だそりゃ)、案外あっさりと曲が進んでいって盛り上がりが思ったほどなかったんですよね。
第1主題の対旋律に出てくる3連符とか、もっとガツンとやっていたような記憶もありますし。
こんなもんでしたっけ?それとも私の脳内で長年寝かせている間にドラマチックに膨らませすぎたでしょうか?(笑)
結果として、ちょっと残念でした(^^;)

でもこのCD、他にもいろいろと懐かしい曲が収録されてます。
聖歌と祭り」「大草原の歌」「フェスティーヴォ」「序曲祝典」…。
自分で演奏したり、あるいはコンクールで他団体がやっているのを聴いたりしたものが並んでいて、自分の中学時代が軽く頭の中に思い浮かびますね~。
みそじ世代以上の吹奏楽経験者の心を激しく揺さぶるこの選曲、はい私も見事に釣られちゃいましたよ(笑)
大草原の歌」とか、今聴いてもなかなかの名曲ですよ♪
ゆったりした第1主題と勇壮な第2主題、どちらもこの渋さはたまらない~♪
これは中学当時より、今聴いた方がかっこよさが分かりますね。当時はホントにガキでしたからねぇ、私(苦笑)

変にゴチャゴチャと難しい(コンクール向きの)曲ばかりでなく、こういう曲もずっと残っていって欲しいなぁと思いますね。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

ナギ節の終わり

短かったナギ節が終わります。都合3週間ですか。来週から職場に「シン」が復活だとさ。
※「ナギ節」「シン」
ファイナルファンタジー10(FFX)の設定。
FFXの世界は、世界中を暴れ回る「シン」を召喚士が倒すことで平穏な期間「ナギ節」を迎えます。
ただし、時が経てばまた新たな「シン」が現れ、別の召喚士がこれを倒す。
…というループをぐるぐる回るようになっています。
このループを断ち切り、「シン」が現れなくなる世界のことを「永遠のナギ節」と呼びます。

まぁ実際は「シン」なんて言うほどカッコイイものじゃないですけどね。映画版「ナウシカ」の巨神兵の皮膚や肉の如く性根が腐敗きってますから。もちろん、腐ってやがる巨神兵ほどにも役に立ちませんが。とりあえずここでは以降、「腐れシン」と呼ぼう。「もののけ姫」の「タタリ神」に近い感じもするけど、「神」とは呼びたくないし。

この「腐れシン」、また職場に一日中無駄話やダレた空気を垂れ流し周囲を不快にさせることでしょう。
困ったのは(というか笑っちゃうのは)この「腐れシン」、自分が職場に「(必要とされて)召喚された」と思っていることですね。
職場があんたに最後の最後の最後の…(×∞)チャンスを与えてるだけだっつーのに。
3週間前、自分の勤務態度のあまりのひどさから突き返されたいきさつをもう忘れてるってのがすごいよなぁ。
仕方なく本人にこれまでの勤務態度の悪さを直接説明してやっても、全く理解しようとしない、受け入れようとしないところがすごいよなぁ。
毎日出勤するようになっただけで「勤務態度が改善された」と自分で言っちゃうところがすごいよなぁ。

それにしても「何で会社がこれをスッパリと切らないのか」っていうのが謎ですよ。
やっと今月いっぱいで正社員契約は終わりにするみたいですが(「絶対」では無さげなニュアンスに聞こえたのが気にはなるけど…)、それでも同じ職場でうろちょろされる状態が続く可能性はあるし、そんなんだったら目に障る耳に障る気に障る。

4日前にこの決定を聞いてから、精神的にかなり不安定になってます。特に1人になると、頭の中がいつも以上にグジャグジャです。
この件で会社への不信感もイヤと言うほど増しましたしね。
こんなに強く転職が頭に浮かんだのも初めてですよ。
この件に対する質問(というか抗議)をメールでガーッと書いて上司に送り、回答をもらってほんの少しだけは落ち着きましたが、それくらいじゃダメですね。

来週からホント憂鬱です。一週間くらい仕事休みたいなあ…
その間に永遠のナギ節が来ていて欲しいよ……
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ