京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『孤高のメス』

2010-06-21 08:20:19 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「孤高のメス
□監督 成島 出
□原作 大鐘稔彦
□脚本 加藤正人
□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久

■鑑賞日 6月13日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  確かに法律は大切なものかもしれない・・・。

 しかしながら、一つの命を助けるために、最愛の息子の肝臓を活かしてと望むものと、
 提供者がいるならば(家族の臓器は不具合)父親の延命を望む者との、その段階における生命の尊厳を重視する観点からすれば、
 自分がどちら側の当事者であっても、それがたとえ前例のない手術であろうとも、そこに僅かでも助かる可能性があるのなら、
 進んで同じ結論を出していたと思う。
 当時の生体肝移植は違法、当然前例もない。 ましてや人体実験のお好きな大学病院でなく、
 市民病院で手術を行うとなれば、あらゆる方面から攻撃を受けることになるだろう。
 そして安い野次馬根性を最大限に活かして、よく見ないとわからないような小さな穴も、
 見る見るうちに大きくしたがるマスコミにとっては格好の獲物となるだろう。
 秘密裏に行うにしても、必ず内通者が情報を漏洩することは免れないことだろう。

 それにつけて当麻医師を演じる堤 真一は、無表情ながら的確でスピーディな処置と、
 医師としての命を最優先にする男を見事に演じている。 もちろん監督との息もピッタシだろうし、
 何よりも回りのよき役者たちに支えられて、この役を上手くこなしていた。
 適当なナースだった夏川結衣も、当麻と出会って少しずつそのナースとして、また女性として、
 そしてひとりの母親としても、その生き方と向き合い方に変化が生れてくる。 
 その機微が、彼女のさりげない表情の中に感じることが出来たし、当時伝えることが出来なかった想いも、
 最終的には生きて再会を果たせず、実にその夢は、医師となった最愛の息子に引き継がれ、
 今まさにその再会を果たそうとする。 当時撮った写真には当麻の横に母の姿。

 また、味のある演技とすれば、余 貴美子や柄本 明の存在があったればこそ、この映画は成立したのだろう。

 命の重さと考えると、その思いはこの映画の前に観た『告白』とも共通する部分があったように思う。
 少年法もそうだが、日本の医学界においてもまだまだ理不尽な見えないベールで包まれた、
 簡単には触れることのできないタブーな法律の存在を感じざるをえない。

  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アイアンマン2』 | トップ | 冷やし坦々麺/開花屋 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
法の壁 (KGR)
2010-06-22 14:31:42
確かに法律は微妙です。

臓器移植でしか助かる道がない人がいるのは事実ですが、規制を緩くすれば、犯罪に利用される可能性もあります。

医療事故も含めて、何かあるとすぐに「法律違反」を正義の御旗にしたり、
法的に問題なければ「法の不備」「法規制はできないのか」などと騒ぎ立てるマスコミと、「法的には問題ない」と開き直る関係者が多い中では、安全サイド=事なかれの方向へ縛るのも理解できなくはありません。

私は人の臓器移植よりも自分の細胞によるクローン臓器の方が良いとは思いますが、
クローンの研究は法的制限がきついようです。
臓器移植~ (cyaz)
2010-06-22 17:31:28
KGRさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>臓器移植でしか助かる道がない人がいるのは事実ですが、規制を緩くすれば、犯罪に利用される可能性もあります。
確かにそうですね。
臓器売買という問題もありますからねぇ><

>医療事故も含めて、何かあるとすぐに「法律違反」を正義の御旗にしたり、法的に問題なければ「法の不備」「法規制はできないのか」などと騒ぎ立てるマスコミと、「法的には問題ない」と開き直る関係者が多い中では、安全サイド=事なかれの方向へ縛るのも理解できなくはありません。
何でもそうですが、最初に前例のないことに手をつけるときは、
様々なものにぶつかるものですよね。
今のマスコミは性格に事実を伝えることを忘れているようですが(笑)

>私は人の臓器移植よりも自分の細胞によるクローン臓器の方が良いとは思いますが、クローンの研究は法的制限がきついようです。
これもまた人道的な問題ですが、動物が良くて人間がだめと言うその境は何なのでようねぇ(笑)
好きな作品~☆ (kira)
2010-06-22 21:27:55
これは今年劇場鑑賞の作品の中でも、ダントツ好きな作品になりました。
感情の押し付けや理屈っぽさもなく、
ただ、医療の現状の問題点をあげつつ、
無心に命と向き合い、光を放つヒーローを登場させる。
こういうの、好きなんですよね~。

堤さんもギラギラしてなくて良かったし、
脇を固める俳優陣もとっても良かったです~
脇~ (cyaz)
2010-06-22 22:09:48
kiraさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>これは今年劇場鑑賞の作品の中でも、ダントツ好きな作品になりました。
良かったですよねぇ^^

>感情の押し付けや理屈っぽさもなく、ただ、医療の現状の問題点をあげつつ、無心に命と向き合い、光を放つヒーローを登場させる。
こういうの、好きなんですよね~。
なるほど^^
僕もこういう感じ、嫌いじゃないですよ!

>堤さんもギラギラしてなくて良かったし、
なぜか彼の出ているものは観てしまうんですよね(笑)?!

>脇を固める俳優陣もとっても良かったです~
そうでしたね^^
かなり脇が良かったですよ!
Unknown (Ageha)
2010-06-22 22:12:58
もっとドロドロしたきつい話かと思ったら意外とさらっと流していましたが、そこに取り上げられてたテーマは
法よりも命、
白黒で語りきれないものでした。

う~ん、
こんなおばちゃんのパーツでも誰かが救われるなら全部あげるし
献体したっていい。
ただ、身内が脳死になったとして
そこに本人の意志があって
ドナーカードまで作ってたとしても
心臓あげます、肝臓あげますって言えるのか
そこだけは引っかかってしまいました。
話がうますぎることよりも
命を救うために果敢に挑んだ医師の思いを受け止める映画なんですけどね…

アンコ椿なんかかけたらコブシ回してる分
むっちゃちから入りそうなんですが(笑)
あれはないわ~
ザ・昭和っていうオヤジキャラは笑えたけどね。
浪花節~ (cyaz)
2010-06-22 22:19:55
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>もっとドロドロしたきつい話かと思ったら意外とさらっと流していましたが、そこに取り上げられてたテーマは法よりも命、白黒で語りきれないものでした。
そうでしたね^^

>う~ん、こんなおばちゃんのパーツでも誰かが救われるなら全部あげるし献体したっていい。
確かに!
今は誰のものをもらったかはわからないですからね(笑)

>ただ、身内が脳死になったとしてそこに本人の意志があってドナーカードまで作ってたとしても心臓あげます、肝臓あげますって言えるのかそこだけは引っかかってしまいました。
そこはなかなか難しい問題ですが、生かした状態のままで戻って来ないのなら、利用してもらいたいですね、少しの可能性でもあるなら^^

>話がうますぎることよりも命を救うために果敢に挑んだ医師の思いを受け止める映画なんですけどね…
まあね(笑)

>アンコ椿なんかかけたらコブシ回してる分
むっちゃちから入りそうなんですが(笑)
あれはないわ~ ザ・昭和っていうオヤジキャラは笑えたけどね。
同様のオペシーンでクラシックを流しているのに対抗したんでしょうか(笑)
Unknown (みぃみ)
2010-06-23 11:15:06
こんにちは~(^^)。

現実問題として、市や県等の公的機関が関係している病院だと、よっぽどの確信がないと術許可も難しいだろうと思います。
以前、苦しんでいる姿を見かねて、安楽死させてあげたお医者様が逮捕されまくった時期もありましたね。
がんじがらめの法の枠のせいで、当麻先生のような治すこと・患者さんの回復を一番に考えてくれるお医者様の未来が潰されてしまうことの無い世の中になって欲しいです☆。

後進国~ (cyaz)
2010-06-23 12:55:10
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>現実問題として、市や県等の公的機関が関係している病院だと、よっぽどの確信がないと術許可も難しいだろうと思います。
結果論ですが、その生みの苦しみから医療改革が行われるのなら、
先進国を装った後進国ですね、日本は(笑)

>以前、苦しんでいる姿を見かねて、安楽死させてあげたお医者様が逮捕されまくった時期もありましたね。
そうですよね~
事件は現場で起こっているのですからねぇ~
法は絶対じゃないですから・・・。

>がんじがらめの法の枠のせいで、当麻先生のような治すこと・患者さんの回復を一番に考えてくれるお医者様の未来が潰されてしまうことの無い世の中になって欲しいです☆
これからの老人対策で、きっと延命等の問題は山積みで、
決して先送りして欲しくないですね~、公約バカな政治家のように(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
孤高のメス (LOVE Cinemas 調布)
自身も医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。脳死肝移植というタブーに挑んだ一人の外科医を描いた社会派医療ドラマだ。主演は『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演に夏川結衣、吉沢悠、中越典子、成宮寛貴、余貴美子、生瀬勝久、柄本明など若手・中堅・ベ...
孤高のメス (だらだら無気力ブログ)
現職医師である大鐘稔彦のベストセラー小説を基に、地方の市民病院を舞台に 目の前の患者を助けることだけに全力を尽くす一人の医師の真摯な姿を描き ながら今の日本の医療問題に浮き彫りに描く医療ドラマ。 主演は、『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演には、『BALLA...
映画 「孤高のメス」 (ようこそMr.G)
映画 「孤高のメス」
映画「孤高のメス」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 当日は完成披露試写会と言うことで出演者の堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出監督、原作者・大鐘稔彦氏、イメージソングを歌った馬場俊英さんの舞台挨拶があり...
孤高のメス (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 126分監督:成島出出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、松重豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明1989年のある地方の市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも医師としてやるべき仕事にまい進...
孤高のメス (あーうぃ だにぇっと)
5月7日(金)@ヤクルトホールで鑑賞。 この日もよせばいいのに夕方から雨が降った。 合羽着て自転車を漕ぎ、新橋まで出かける。 最近は暑くなったり寒くなったり寒暖の差が大きく、雨も多い。 冬の間は降水量少ないのに今年は本当に雨が良く降った。 毎日自転車を...
どこの世界にも共通する事。『孤高のメス』 (水曜日のシネマ日記)
地方の市民病院を舞台に外科医療に携わる人たちの姿を描いた作品です。
孤高のメス (堤真一さん) (yanajun)
映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
試写会「孤高のメス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/5/13。新橋ヤクルトホール。 この会場は久しぶり、かな。 1階の男子トイレが女子トイレにされていて、男子トイレは2階のみになっていた。 いつも女性の方は混んでますから、それはそれで正解でしょうけど、今回は空いてました。 またスポンサーからの食品...
「孤高のメス」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                 「孤高のメス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・成島出 監督・大鐘稔彦 静かで深い感動でした。 「慣例だから、諦めるんですか?」 この一言に涙が止まりませんでした。 自分も含めて、世の...
孤高のメス/堤真一、夏川結衣 (カノンな日々)
現代社会の医療問題に鋭く斬り込んだ大鐘稔彦さんの原作小説を映画化した作品です。医療ドラマは映画でもTVでも作品の方向性の違いはありながらも良作の目立つジャンルだけにこの作品に対する期待値も自然に大きくなってしまいます。主演は堤真一さん、監督は『フライ,ダ...
[映画『孤高のメス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであった脳死肝移植に...
『孤高のメス』 (めでぃあみっくす)
命を繋ぐ。想いを繋ぐ。それが移植手術の本当の姿であり、医療に携わる者の本来あるべき純粋な姿。 当初は全く興味のない映画でしたが、原作者であり現役医師でもある大鐘稔彦先生が淡路島の方だと聞き、同じ選挙区の映画好きとしては是非見なければと思い映画館に足を運...
孤高のメス (花ごよみ)
原作は大鐘稔彦の同名小説、 医療問題を追求した物語。 監督は成島出。 舞台は大学病院に頼り切っている さざなみ病院という、 ある地方の市民病院。 そこに赴任してきた外科医が、 様々な困難に立ち向かい、 自分の意志を貫く姿を描きながら、 臓器移植ということに...
『孤高のメス』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
「孤高のメス」 実に真っ当な傑作 (ももたろうサブライ)
監督 成島出少しあらすじ1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は次々と困難なオペを成功させる。病院のずさんな医療に失望していた看護師の中村(夏川...
孤高のメス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカのピッツバーグ大学医学部に留学した医師が、北関東の市民病院にやってきて脳死肝移植に成功するまでを描いている。地味で静かな映画だが、患者の命を救うことだけに集中する情熱が熱い。堤真一の演技が見事な秀作だ。
命をつなぐ~『孤高のメス』 (真紅のthinkingdays)
 急死した看護師の母の葬儀のため、新米医師の弘平(成宮寛貴)は寂れた漁 師町に帰って来る。母の遺品を整理するうち、彼は「1989」と書か...
孤高のメス (そーれりぽーと)
いろんな意味でネームバリューの大きな話題作が目白押しだった週末、上映館数も回数も少なくないし、個性派俳優で固めたキャスティングも面白そうなのに、埋もれそうになってた『孤高のメス』を観てきました。 ★★★★★ 本を読まなくなって久しいもので、この映画の原...
孤高のメス (りらの感想日記♪)
【孤高のメス】 ★★★★★ 映画(祭)(30) ストーリー 現役の看護師でありながら病院内で適切な処置を受けられずに急死した浪子。彼女の葬式
孤高のメス (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 126分 原作 大鐘稔彦 脚本 加藤正人 監督 成島出 出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明 ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題...
『孤高のメス』 (Mooovingな日々)
成島出監督、堤真一、夏川結衣、余貴美子、生瀬勝久、柄本明、成宮寛貴ほか 患者を救う当たり前の行為に立ちはだかる問題、医師不足、手術ミス、臓器移植。 医療のあるべき姿とは?真摯に向き合うひとりの医師の信念が絶望を希望に変える感動作。 医師として果たす...
孤高のメス (うろうろ日記)
試写会で見ました。千葉の田舎のやる気がない病院にある日天才医師がやってきて、難し
孤高のメス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張感あるリアルな手術シーンは本作の見どころ!
『孤高のメス』 (ラムの大通り)
※ネタバレではありませんが、映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、もしかして流行りの医療サスペンス? 「う~ん。サスペンスというのとは違うね。 真摯に医療問題と取り組んでいる、...
孤高のメス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
何かと問題の多い医学界にあって、実力と人徳を兼ね備えた主人公はまるでスーパーヒーローだ。1989年のある地方都市の市民病院に、外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。見栄や体裁ばかりを気にする病院の悪しき体制に不満を感じながらも、優秀な外科医である彼は、困難なオペ...
「孤高のメス」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
こちらの、堤真一は映画「クライマーズ・ハイ」のような、熱い熱血漢って、そんな役所ではないです。 しず~かに、しず~かに、淡々と手術の執刀する、まぁ、そのシーンに演歌が掛...
映画:「孤高のメス」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年6月11日(金)。 映画:「孤高のメス」レポ。 監 督:成島出 脚 本:加藤正人 原 作:大鐘稔彦 キャスト:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明 余貴美子、成宮寛貴、松重豊 【ストーリー】 医師の派遣に始ま...
「孤高のメス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:成島 出原作:大鐘 稔彦脚本:加藤 正人 現役の医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。監督は「フライ、ダディ、フライ」、「ミッドナイト イーグル」等の成島出
孤高のメス (迷宮映画館)
いまや、日本映画に欠かせないおばちゃんになってしまった余さんがすごい!
「孤高のメス」:森下五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}きょうもまた、救急車が町を走っていく・・・。 {/hiyo_en2/}無事に治療を受けられるといいわね。 {/kaeru_en4/}しかし、医療現場には大きな問題が山積しているからな。 {/hiyo_en2/}うん。「孤高のメス」なんか観ちゃうといっそう強く感じちゃう。 {/kaeru...
『孤高のメス』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
「孤高のメス」 (シネマドライブ(シネカフェ))
試写で観た。原作は大鐘稔彦著の同名小説。例によって原作は読んでいない。監督は成島 出、出演は堤真一、夏川結衣、吉沢悠、平田満、柄本明、松重豊、余貴美子、中越典子、生瀬勝久、成宮寛貴ら。 とても熱いヒューマンドラマだった。主人公当麻鉄彦は一本筋の通った男...
『孤高のメス』 腹の中まで見てください (映画のブログ)
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
映画「孤高のメス」を観ました!!(2010-7) (馬球1964)
映画「孤高のメス」を観ました!!
「孤高のメス」 (みんなシネマいいのに!)
 勉強不足で申し訳ありません。 今までコスプレ風俗って、結局は裸になるから意味が
「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ (はらやんの映画徒然草)
ルールというのは難しい。 なぜならばルールを定めた時に、どうしてもどこかに線が引
孤高のメス (映画的・絵画的・音楽的)
 『孤高のメス』を渋谷TOEIで見ました。予告編を見たときから、この映画の真摯さが伝わってきたからですが。 (1)実のところ、この作品のストーリーは極めて単純です。  20年ほど前、ある地方都市の市民病院に、米国帰りのバリバリの外科医・当麻(堤真一)が赴任し、そ...
生々しかった「孤高のメス」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
シングルマザーでいやいや看護婦をしていた浪子の病院に配属されてきた当麻は、慣例よりも患者の命を重んじる外科医だった。信頼も尊敬も出...
孤高のメス (とりあえず、コメントです)
大鐘稔彦著の同名小説を映画化した医療ドラマです。 堤真一さんが外科医の役を演じると聞いて、ちょっと気になっていました。 約20年前の医療現場はこうだったのか…と改めて考えさせられるような状況が広がっていました。
孤高のメス (5125年映画の旅)
大学病院から出向している医師が幅を利かせ、手を抜いた手術が問題になっている地方の市民病院。そこに新たに赴任した医師・当麻はそんな病院の体制を意に介さず、患者第一の姿勢で困難なオペを次々成功させていく。そんな中、当麻は日本では違法とされている脳死肝移植...
孤高のメス (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月20日(日) 20:35~ チネ2 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孤高のメス』公式サイト 冴えないタイトルの医療小説が原作。タイトルは、アレだし、現役の医者の文章なので、何とも堅苦しいのだが、話はとても面白...
【孤高のメス】 (日々のつぶやき)
監督:成瀬出 出演:堤真一、成宮寛貴、夏川結衣、吉沢悠、柄本明、中越典子、生瀬勝久  諦めるな。この命を救うために。 「地方の市民病院、さざなみ病院に赴任してきた外科医の当麻。 しかし病院は大学病院から医師を20人も派遣してもらっていることから頭が
孤高のメス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「脳死肝移植」_タブーに挑む一人の医師。その信念は、命を救う。 現職医師・大鐘稔彦の医療小説を『フライ,ダディ,フライ』の成島出監督が映像化。 物語:1989年、地方の市民病院に、米国のピッツバーグ大学で肝臓移植も手がけた外科医・当麻鉄彦(堤真一)が赴任...
「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ (はらやんの映画徒然草)
ルールというのは難しい。 なぜならばルールを定めた時に、どうしてもどこかに線が引
『孤高のメス』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ
『孤高のメス』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
本作は20年前の臓器移植手術がテーマだが、先駆者たちが抱える危険と信念を真摯に描いたタイムリーな題材。臓器移植の他にも、医師不足、手術ミス、地域医療など、20年前にあった問題は今も解決できていないことがわかる。
孤高のメス (美貌録(備忘録))
「孤高のメス」を観て来た。この映画は実話を元に作られている。 「生体間移植」「法律で禁じられている」「術中に演歌を流している」 この3つのキーワードから以前NHKか何かで観たような気がする。そうNHKのトップランナーだ。 医者(医師)というのは、...
孤高のメス (活動写真放浪家人生)
 <T・ジョイ・パークプレイス大分-試写>  3本目は、試写会である。明日からはじまるギリギリの試写
【映画評】<!-- ここうのめす -->孤高のメス (未完の映画評)
天才的な技術を持ったさすらい医師が地方の市立病院を意識改革していくヒューマンドラマ。
映画:孤高のメス (伊八のいろいろ)
映画:孤高のメス 2011-1-6(レンタル) ストーリー:1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のた...
孤高のメス (WEBLOG:e97h0017)
本作の作り手がこの映画のタイトルにこの単語を使用したことをまずは賞賛したいと思います。本作のテーマはこの言葉にきれいに集約されており、ひとりの外科医が医療や患者と向き合う姿勢を表現した言葉がこの「孤高」ということになります。本作の成功は、本編を通じて
孤高のメス (やっぱり最終的には自分じゃないの)
目の前の命を救いたいDVD鑑賞 2010年6月5日 公開監督 成島出自己満足度 5点満点で5点ここのところ劇場鑑賞は減ってるが、DVDでお家鑑賞はコンスタントにしているのだが・・・。これはという作品が無く、記事UPするのも面倒になり・・・。でも今作は久...
孤高のメス (Yuhiの読書日記+α)
患者のたらい回しなど現代の医療問題に鋭く切り込む衝撃的な医療ドラマ。監督は成島出、キャストは堤真一、夏川結衣、吉沢悠、余貴美子、平田満、成宮寛貴、生瀬勝久他。 <あらすじ> 1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不....
孤高のメス(テレビ録画) (単館系)
2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 この市民病院...
映画評「孤高のメス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり
孤高のメス (ただの映画好き日記)
1989年。大学病院に依存し、外科手術ひとつまともに出来ない地方病院、さざなみ市民病院。そこへ、ピッツバーグ大学で高度な外科医術を身につけた当麻鉄彦が第二外科医長として赴任する。
孤高のメス (2010) 126分 (極私的映画論+α)
 夏川結衣いい女です(笑)