京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ボーン・スプレマシー』

2005-02-12 17:32:05 | 洋画

■監督 ポール・グリーングラス
■原作 ロバート・ラドラム
■製作 フランク・マーシャル
■キャスト マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ブライアン・コックス

あれから2年。 ボーンとマリーはインドのゴアで人目を避けて暮らしていた。
過去を捨て、マリーと共に新しい人生を始めようとしたボーンだが、2年経っても
記憶は完全に戻らず、毎晩のように悪夢にうなされていた。 何度も夢に見るのは、
コンクリンに「これは訓練ではない」と言い聞かせている自分の姿や、ホテルの部屋で
立ち尽くす男女の姿だった。 ボーンの姿を見て、マリーもまた苦しんでいた。
ある日、ボーンは街で危険な匂いのする男に気付く。 車で逃げようとする2人を、
男は銃で狙い始める。 ボーンは、フラッシュバックする記憶の断片を確かめようと決意する。

おススメ度 ⇒★★★(5★満点、☆は0.5)
cyazの満足度⇒★★★☆

マット・デイモンが、あの『ボーン・アイデンティティー』から2年ぶりとなる続編は、
追手からの追跡を紙一重で逃れるすばやさと頭脳戦、カーチェイス・シーンは前作を
超えるサスペンス・アクションが楽しめました。 ストーリー自体が初めから緊張感に包まれ、
場面場面で観ている側を惹き付けていく。 愛する人を奪われたボーンが自身の
記憶の糸をたどりつつ、彼女の復讐と命令とはいえ、最初に人を殺めたミスと対峙するため、
危険を冒しつつ、また切れた記憶をつなぎ合わせて進む物語はテンポがあって非常に巧みだった。
アクション・シーンはマット・デイモン自身が挑戦したらしく、見事にそれを演じきっているし、
殆ど笑わない彼の姿と、自分自身が記憶を取り戻した一部に、犯した最初のミスを謝罪する
ためにある女性に会うシーンなどは、ボーンの人間性を良く描いていた。

因みに今回は出番が少なかったが、ボーンの彼女役マリーを演じるフランカ・ポテンテ。
映画好きの方なら絶対観ているあの『ラン・ローラ・ラン』で、ベルリンの街中を走り続けて
いたのが彼女である。 最近あれを彷彿とするようなCMが流れているような気がしたが、
何のCMだったろう(笑) ?!

この映画のもうひとつのキー・パーソンはパメラ・ランディを演じるジョアン・アレンの存在ですね。
つい先週、『きみに読む物語』でアリーの母親役を演じていた女優さんですが、派手さはないですが、
クレバーで繊細な演技が出来る彼女はどちらか言うと遅咲きの女優さんのようです。
この映画ではボーンとよく絡んでいて、彼女の存在がこの映画を引き締めている気がしました。
彼女は舞台活動が多かったらしく、映画への出演は90年代以降のようです。 かつて、
ジョン・マルコビッチやゲイリー・シニーズが主催したステッペン・ウルフ劇団の創設メンバーでも
あったそうです。 『ニクソン』(95年)ではLA批評家協会賞と全米評論家協会賞の
助演女優賞を受賞しています。 1956年生まれなんですねぇ、彼女は~(大意はありません)。

とにかく『ボーン・アイデンティティ』を御覧になった方、観ていない方は、前作を
レンタルして観てから、是非この作品、御覧になって下さい!

苦言を呈するならば、最近多いハンディカメラの映像。 アクション・シーンはまだ許せるものの、
会話の最中にも揺れる映像は何の必要があるのだろうか? リアルさを強調したいのかも
しれないが、これは全く無駄なことである。 ブレないで固定して、カメラ角度だけでリアル感は
出るし、演じている役者がリアル感を出しているはず。 ここだけは納得いかない。

それにしても、最後にジョアン・アレンが演じるパメラ・ランディに言った言葉、
「少し休みな、顔が疲れてる」。
その言葉にジェイソン・ボーンの人間性を垣間見ることができ、一人ニヤニヤしてしまった^^
そして、初めてボーンの本名と、生まれ育ったところがわかったということは、
もしかしてこの後また三作目ができる予感がしないでもない(笑)  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (105)   トラックバック (144)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アレキサンダー』 | トップ | 『Ray/レイ』 »
最近の画像もっと見る

105 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マット・デイモン (ルーシー)
2005-02-12 23:39:30
彼は、いい役者さんだと思うけど、なかなか彼らしい役どころがないのがいつも不満でした。

なので、この作品が大ヒットして、3作目もすでに決まっているようなので、とっても嬉しいです。



この映画、彼が頭がいいだけでなく、ちゃんとアクションもできるし、そして、彼の優しさもちゃんと描かれている、というところがお気に入りです。



前回にもましてスピード感あふれる作品に仕上がってるし、他の俳優さんたち、悪役にいたるまでがバッチリ決まってたし、次回作が今から待ち遠しい状態です!!



(ところで話は全然変わりますが、「リプリー」について、あの作品、ジュード・ロウとマット・デイモンの役、反対の方が面白かったのでは?あ、ごめんなさい、単なる私の意見です・・・)

リプリーキャストは・・・ (にゃんこ)
2005-02-13 00:26:15
こんにちは

ボーン・スプレマシーなかなか面白かったですね(笑)猫はちょっと寝たけど

ま、これはいつものことなんで^^;;;

>ルーシーさん

『リプリー』役柄逆転ご意見・・・結構賛成だったり(笑)

というか、ジュード・ロウとアラン・ドロン丹精さが似てるので

『太陽がいっぱい』観ちゃうと、なんかそう思っちゃいました(爆)
ボーン~ (cyaz)
2005-02-13 00:50:33
ルーシーさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



ほうほう三作目が決まっているのですか(笑) ?

ま、今作のエンディングはそんな匂いがしましたが^^

アクションについてはかなり鍛錬したみたいですね!

『リプリー』については『太陽がいっぱい』とは対比せず観ましたので、あれは彼なりで良かったのではないでしょうか^^
ですかね~ (cyaz)
2005-02-13 00:51:50
にゃんこさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



テンポのあるいい作品に仕上がっていましたね^^
カメラワーク (ココ)
2005-02-13 13:01:11
cyazさーん!ハンディカメラの映像だったんですねー!

どうりで揺れまくるなぁ、と思いましたわよ。

お陰で車酔いしちゃいました@鑑賞中あはは



マトリックスも予告編で酔ったし・・・

車には酔わないのに映画に酔うってのが情けない(とほほ)

嗚呼、目くるめくラブストーリーに酔ってみたい(ハイハイ)



J・アレン、ステキでした~♪

知的を演じられる知的な女優さんって大好きです!
ですね~ (cyaz)
2005-02-13 17:50:02
ココさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



カー・チェイスには新しい撮影技法が使われていたらしいですよ(笑)?!



J・アレン、なかなか良かったし、

この映画ではキーパーソンでしたね^^

思ったより年が上だったので、

やはり演劇のキャリアが生きているんですねぇ!

知的さは演技でなく、持ち合わせているものですよね^^
いやいやもう本当に (しまりす)
2005-02-13 22:01:06
とにかく久しぶりにいろんなこと心配しないで

ひたすら集中して見られる映画だったので最高でした!

文句なしで今年の今までの一等賞!

余計なことが一切ないのが最高。

ひたすらに進む進む(笑



いやもう今回はジョアン・アレンが最高です。

格好いい。

こうなりたい!

あとはどうでもいい!(笑)
TBありがとうございます (けい)
2005-02-13 23:10:33
cyazさんTBありがとうございます。

ここは本当に映画がたくさん!!とっても詳しいんですね。わたしのブログはちょっと恥ずかしい限りです。映画館で見るのが一番いいとはわかっているものの、近くにないのが 残念。

おかげでいつもDVDになってから見るというパターン。乗り遅れてます。

この映画もいつ見ることができるやら・・・期待しながら待つことにしますね。
TBありがとうございます! (にっく)
2005-02-13 23:23:53
今回、一番印象に残っているのは、終盤のカーチェイスですね。

ここに限って言えば、前作より迫力があって興奮しました!



カーチェイスといえば、前作のカーチェイスのシーンでかかっていたBGMが、トム・クルーズ主演の『コラテラル』で使われていたBGMと同じだったんですが、あれは有名な曲なのでしょうか?

誰かご存知ないですか?
TBありがとうございます! (galapagos)
2005-02-13 23:33:16
沢山映画見てるんですね。

私も映画が大好き!今年は何本見られるかしら。

100本は凄いですね。

私はWOWOWで結構沢山見てます。

ボーン・スプレマシー面白かったですね。
ひさびさに~ (cyaz)
2005-02-14 00:05:25
しまりすさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



久しぶりに鬱憤晴らしができましたか(笑) ?

変な飾りがない、余計なお肉のない映画でしたね^^

ちと意図したカメラぶれは気に入らなかったですが(笑) 、

全体的には満足のゆく作品でした^^



ジョアン良かったですね^^

『きみに読む物語』ではわずかの出番だったんですが、

もっと絡んでほしかったなぁ(笑)
こんにちは (Ray)
2005-02-14 01:19:34
はじめまして。

TBありがとうございました。

私の記事は「ボーン・アイデンティティー」でしたので、こちらからは、TBは送りませんが、この映画も観たいと思っております。

その時に、またよろしくお願いしますね!
赤毛のフランカ (たかし)
2005-02-14 02:44:52
「ラン!ローラ!ラン!」、渋谷のシネマライズで観ました。その足でPARCOに行って「バッファロー’66」を観て泣いたなあ・・・まあそんなことはどうでもいいですね。

あのフランカには注目してたんですが、まさかハリウッド作品に出てるなんて・・・。

アクションムービーは大好きなんで、これは観てみたいなあ。
マット・デイモン (ウギー)
2005-02-14 03:09:31
TBありがとうございました。



たしかにこの映画は前作を見てからのほうが楽しめるかもしれませんね。あとマット・デイモンはオーシャンズ12を見た直後に見ると、シリアスなマット・デイモンを認識するのにかなり時間がかかってしまいました。頭では分かっていても、なぜか「いつヘマをするんだろう」と期待している自分がいたり、いなかったり、、、。
おはつです~ (cyaz)
2005-02-14 08:35:20
けいさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



そうですか、映画環境がよくないんですね?

最近はシネコンが増えているのですが、お近くにはないのでしょうか?

映画の醍醐味はやはり大きなスクリーンですね!

この作品もできればDVDではなく、大きなスクリーンで観ていただきたいですね^^

また時々覗いてみて下さい~♪
Unknown (cyaz)
2005-02-14 08:38:15
にっくさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



カーチェイス凄かったですね^^

車と言えば、彼の『ミニミニ大作戦』も面白かったですね~♪



サントラは買っていないのでわかりませんが、

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、

にっくさんに教えてあげて下さい~^^

おはつです~ (cyaz)
2005-02-14 08:42:36
galapagosさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



最近は本数が減ってきていますが、でもここ何年かは、

劇場で100本観るようにしています^^

大きなスクリーンはやっぱいいですよね!

この作品もそうだと思います。

映画がお好きでしたら、また覗いてみて下さいね^^
おはつです~ (cyaz)
2005-02-14 08:44:51
レイさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



是非、この映画ご覧になってくださいね~^^

『ボーン・アイデンティティ』に負けず劣らずの作品に

仕上がっていますので!

ご覧になったら感想聞かせて下さいね^^
ギャロまで~ (cyaz)
2005-02-14 09:00:43
たかしさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>「ラン!ローラ!ラン!」、「バッファロー’66」を観て・・・



また豪華なかつ刺激的なラインですね(笑)?!

彼女、ちょっとイメージが違っていましたが、あの髪色を

赤くするとイメージ湧きますよ(笑)
ですね~ (cyaz)
2005-02-14 09:05:39
ウギーさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



オーシャンズの直後はやはりそういう感じになりますよね(笑)?

彼はこういう役のほうが似合っていると思います。

もともとクレバーな役者さんですしね!
ボーン・スプレマシー (h_m_55)
2005-02-14 09:44:36
TBありがとうございました。

前作を観ていないのですが楽しめました。

カーチェイスが見事でしたね。

自分はナポリのアメリカ大使館で2人をあっと言う間に倒して携帯のデータを盗むシーンがお気に入りです。
こんにちは~ (cyaz)
2005-02-14 12:26:16
h_m_55さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



なんだか、おひさしぶりですね(笑)?!

カーチェイスもそうですが、アクションは出来る限り、

マット自身が演じたそうです(本人弁)

うん、あのシーン、カッコよかったですね!
TBありがとうございました (toda)
2005-02-14 15:42:00
1作目も見ていないので、1作目をみて予習(?)したいと思ってます(^^;

ボーンって主人公の名前なんですよね~…最近知りました(x_x;)

あらま~ (cyaz)
2005-02-14 18:07:25
todaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



あらら、未見だったんですねぇ(笑)?

予習して観ると更に美味しくご覧になれますよ^^
おじゃまいたします (かめきち)
2005-02-14 19:03:46
TBありがとうございます。

マッド・デイモンのキレのいい動きで

役柄に説得力をもたせていましたね。
パメラ (のりちーな)
2005-02-14 19:18:12
TB有難うございます。

キャストではジョアン・アレンが一番格好良かったような気がします。殺し屋は平井健そっくりなのが集中力をそがれました(^^;



TBありがとうございます。 (yue)
2005-02-14 20:01:03
私は、この映画、マット・デイモン以外だと、カール・アーバンに心を奪われていました。

なんという、かっこよさ!

王子様もいいけど、殺し屋もはまってる・・・。

できればもう一度観にいきたいです。
>最近多いハンディカメラの映像。 (movies)
2005-02-14 21:05:11
あれは、目が回りました。

酔ってしまいそうでした。
どうぞどうぞ~ (cyaz)
2005-02-14 22:35:46
かめきちさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



この映画に入る前に、

かなりのトレーニングを積んだそうですよ^^

その成果大ですね!



ですね~ (cyaz)
2005-02-14 22:44:25
のりちーなさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



平井堅に似てるって話がよく飛び交っているようですが、

そんなに似てましたか(笑) ?



ジョアン・アレン、いいですね~^^
ほう~ (cyaz)
2005-02-14 22:46:26
のりちーなさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



そんなに平井堅に似てましたか(笑) ?



ジョアン・アレン、いいですね~^^

今後だ楽しみな女優さんですね!
まだまだ~ (cyaz)
2005-02-15 00:06:40
yueさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



なるほど、カール・アーバンですね^^

僕は塾女(笑) のジョアン・アレンがお気に入りでした^^

映画は始まったばかりなので、まだまだ観る機会はありますね^^
そのとおり~ (cyaz)
2005-02-15 00:12:27
moviesさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



使い方でいい映像が撮れると思うのですが、

不必要なシーンまで揺らすことはないと思うのです。カメラ・アイは人間の目とは違うので(笑)

ヘタな細工はいりませんね^^
TBありがとうございます ()
2005-02-15 13:24:25
cyazさんこんにちわぁ~

かれこれ2ヶ月も前に観てしまったため、内容を思い出してました(^-^;

そうそう。カメラのブレ具合が。。。最後のカーチェイス、かなり体に力がはいったため翌日は肩こりになってました(笑)

この作品のマッド・デイモンはかなりカッコいい♪
ありがとなのだo(^-^)o (rhasa)
2005-02-15 17:39:14
えっと…

本文は ネタバレな気配があったので

まだ読めてないrhasa(^^;

近々観に行くので また改めて読みに来ます♪
たしかに~ (cyaz)
2005-02-15 17:48:15
海さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



たしかにこの映画のマットはかっこいいですね^^

(他の作品がダサイわけではないが・・・)



試写会も上映までに半年くらい空くものがあって、

駄作だとサッパリ憶えてないこともありますね(笑)?!

すいません~ (cyaz)
2005-02-15 17:54:16
rhasaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



観た映画なのでネタばれしてます(笑)

すいませんm(_ _)m

ま、読んでも大丈夫だと思いますが^^

まずいところは反転してありますので。
面白かったですね (ぷちてん)
2005-02-15 20:34:21
やっと見てきました。



フランカは「ラン・ローラ・ラン」の彼女でしたか~!

まったく気がつきませんでした。



今回、かなり目が疲れました。本当にそんな必要があったのかと、こればかりは不満です。

そうですね~ (cyaz)
2005-02-15 23:53:58
ぷちてんさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



フランカ・ポテンテはあの彼女です~♪

髪の色が普通でしたからね(笑)?!



不必要なところまでハンディはやめてほしいですよね!
こんばんは♪ (olivia)
2005-02-16 01:46:13
いつもTBありがとうございます♪



すごい色々な映画を観られているんですネ!

私は最近stopしてしまっていますが・・・

『きみに読む物語』、観たいです★



『ボーン・スプレマシー』は、ほんと面白かったです。

ただ、私もあの画面の揺れはちょっと疲れましたね・・・。

いえいえ~ (cyaz)
2005-02-16 08:49:50
oliviaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



『きみ読む』、しっとりとしたいい映画ですので、

是非startしてご覧になってください^^



マットも作品ごとに上手くなってきますね!

今後が楽しみな役者さんですが、

彼の脚本能力ももっともっと発揮して欲しいものです^^
ファイトシーン (chishi)
2005-02-16 14:50:05
の、カメラワークは苦手でした。

あんなことしなくても、ガッツンガッツンした殴り合いに

迫力と格好よさを出している作品を見てしまったので

今更~ってカンジがしましたぁ。
ですねぇ~ (cyaz)
2005-02-16 18:10:25
chishiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



それもそうですが、娘と話すシーンでも

カメラを揺らしていたのにはビックリでした。

こんなところで揺らして何の効果があるのかと

逆に腹立たしく思いましたよ(笑)

あそこは二人の微妙な心の揺れこそを、

じっくり鑑賞したかったのに^^

嬉しい ♪ (まり)
2005-02-18 05:38:51
早速のTBありがとうございますm(___)m

マッド。デイモン大好きなので

見てきますね
ぜひに~ (cyaz)
2005-02-18 08:46:39
まりさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



ちょっとハンディ映像にはめまいがするかも(笑)しれませんが、

お好きなマットに“めまい”して下さい~^^
こんばんわ (ななな)
2005-02-18 18:10:18
TBありがとうございました。

マットがかなりかっこよく「映画観たな~」という気分になりました。

ストーリーも少しもあきませんでした。

3作目もあるということなので今作がこれだけよかっただけに次作が」とても楽しみです。
ばんわ~ (cyaz)
2005-02-18 22:33:23
なななさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



かっこよかったですね^^

3作目は相当頑張らないと前作・今作を越えられないでしょうね!
このシリーズ好きです (プチネコ)
2005-02-18 23:24:38
こんばんは。

TBさせていただきました。

よろしく、お願いします。



見応えある作品に仕上がっていましたね。

新しいヒーロー像が誕生しました。
こんばんは (カヌ)
2005-02-19 19:58:00
マリーは「ラン・ローラ・ラン」の彼女でしたか!?

マリーはアメリカ人でしたが、彼女はドイツ人?かな。やはりヨーロッパが舞台だとそっちの人の方が雰囲気に馴染みやすいんですね。これって1作目か(^^;
そうですね~ (cyaz)
2005-02-24 23:58:47
カヌさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



郷は郷にってことですかね(笑)^^

ま、前作からですから~♪
ですね~ (cyaz)
2005-02-25 17:39:36
プチネコさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



次回作も楽しみになってきましたねぇ^^
TBより (usi)
2005-03-04 17:07:58
TBありがとうございます。

この映画はね~期待してたんですよ~

で・・・

いまいちでしたー

ぶれるカメラはなんとかして欲しいですね~

臨場感より見にくいが先にたちます。
どうも~ (cyaz)
2005-03-04 17:16:44
usiさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



確かにあの意図的なカメラのブレは不快そのものですよね(笑)?

人間の優れた目ではないので、意味の無い揺れは辞めて欲しいものです。

小手先でごまかさず、内容で勝負して欲しいですよね!

でもそれを除けば結構面白い映画でした^^
はじめまして。 (おやじ)
2005-03-04 21:08:57
TBありがとうございました。

そっかぁ、あのカメラブレはハンディカメラだったのですか。でも、カーアクションシーンでのブレは嫌いじゃないですよ。(最後部の座席だったからかな?)
おはつです~ (cyaz)
2005-03-04 23:30:52
おやじさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



カーアクションは許せますが、全く関係のないところでハンディは意味がないと思いました(笑) ?!

使いどころで効果は出ると思うのですが^^
はじめまして (らくゆう)
2005-03-06 17:40:02
TBありがとうございました。

ボーンの手際の良さが何ともクールでしたね。

私もあのカメラのブレはいただけませんでした。
おはつです~ (cyaz)
2005-03-06 18:51:44
らくゆうさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



そうですね、クールでした!

次回作も期待できますね^^



TBありがとうございますー (みわ)
2005-03-06 22:18:42
はじめまして!TBありがとーございます。

みなさんも書かれていますが、マット・デイモンのよさが出ている映画ですよねー。今後が楽しみです。
TBありがとうございました! (Ureis)
2005-03-06 23:01:45
初めまして!

私は前作を観ていなくて結構楽しめたのですが、

やはり観てからの方がよりおもしろそうですね。

前後してしまいましたが、レンタルしたいと思います。



>次回作

私もたぶんあると思います(笑)

今作がおもしろかったので期待したいです♪
おはつです~ (cyaz)
2005-03-06 23:20:01
みわさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



そうですね!

マット・デイモン渋いですもんね^^
おはつです~ (cyaz)
2005-03-06 23:29:26
Ureisさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



そうですね、是非前作も観て下さいね^^

次回作は決定しているそうですが、前作・今作を超えるものを

是非作ってほしいですね!
3作目? ()
2005-03-07 00:43:29
TBありがとうございます。3作目もあるんですか?それは、いいですねー。これで終わりっていうのは、なんとなくすっきりしない感じがしたので嬉しいです。マット・デイモンの緊迫感ある演技が良かったです。
Unknown (CK)
2005-03-07 02:37:32
TBありがとうございました

たくさん映画観ているんですね!

CKは知らないことばっかりなので

またおじゃましちゃいます

あるそうです~ (cyaz)
2005-03-07 08:34:26
創さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



3作目はあるそうですよ!

ジョアン・アレンとのバトルをまた観てみたいものです^^
そうですね~ (cyaz)
2005-03-07 08:44:19
CKさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



映画の数だけは沢山観ていますね(笑)

これでも少しは少なくなったのですが・・・

参考になるかどうかはわかりませんが、

またいつでも覗いてみてくださいね!



TBありがとございます (春色)
2005-03-07 21:58:07
前作を見ていなかったので、話がつながらず大失敗しました。1作目から出直したいと思います。

ちなみにcyazさん、1日で最高何本映画を見ているのですか?

私は3本目でお尻が痛かったです。
あらま~ (cyaz)
2005-03-07 22:12:08
春色さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



過去に1日5本ということがありました(笑)

その日は先行オールナイトもあったのですが、

流石に6本にはチャレンジできませんでしたね(笑)

1日5本は上手く時間調整しないと、なかなか観れるものではありません^^
2007年 (rhasa )
2005-03-07 23:38:10
予定みたいなのだo(^o^)o



それにしても ホントすごい揺れなのだ(T_T)

まるで だれかにおんぶされたまま走ってボーンを追っかけてたかのよう(笑)
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2005-03-07 23:40:45
cyazさんトラックバックありがとうございます。

画面が揺れていたのは劇場のせいばかりでは無かったですね(笑)。ただウチの近所の劇場はそれ以上に揺れたんですよ。冒頭20分ほどは気になって仕方がなかったです。最近はこの手の揺れる映像って少なくないけど、もう少し何とかして欲しいですよね。ただボクは「仁義なき戦い」のハンディの使い方は好きです。カメラの使い方、躍動感とドラマ性を勘違いして欲しくないです。
トラックバックありがとうございます。 (chirimendonnya)
2005-03-08 08:19:58
chazさん、トラックバックありがとうございました。

気になっていたジョアン・アレンのことが詳しく書いてあり、興味深く読ませていただきました。冷静でクレバー、それでいて暖かみもあって、本当に魅力的でした。
情報ありがと~ (cyaz)
2005-03-08 12:32:23
rhasaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



2007年ですか~^^

まだまだ先ですね!その間にマットは13で

日本に来るかもしれませんね(笑)?

あのメンツが集まれば大変なことになりそうですが^^
そうですね~ (cyaz)
2005-03-08 12:37:50
でんでんさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



ハンディは使いようで非常に効果的な場合がありますね^^

たまに映写機の具合が悪くて、映像全体が揺れていて、

思いっきり文句を言いに行った事があります。

本来映写技師がちゃんとチェックしなければいけないのですが、

その劇場は最初と最後だけ映写技師がチェックに来てました。

怠慢ですよね(笑)?!
ほんとですね~ (cyaz)
2005-03-08 12:46:49
chirimendonnyaさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



いいですよね、ジョアン・アレン!

何か落ち着いて観ていられる演技だと思います。

これからの彼女に注目ですね^^
TBありがとうございます (mimi)
2005-03-08 23:40:03
はじめまして!

沢山の作品を見ていらっしゃるのですね~。

私も映画を見るのが大好きです。

同じ作品を見ても、感想は人それぞれなので読んでいて楽しいです。

私からもTBさせていただきました。



私もこのボーンシリーズは、小説もあるように次作も出るのではないかと思っています^^
おはつです~ (cyaz)
2005-03-09 00:10:07
mimiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



色んな人の意見や感想があって楽しいですよね^^

映画は大好きで、週末はいつもシネコン通いです(笑) ?!



また時々覗いて見て下さいね!
トラックバック (ますどん)
2005-03-09 13:32:35
ありがとうございます。



コメントを読んでおりますと3作目も作られるようで、

それは2作目を作る前に決まっていたのでしょうかね?



なんかこの2作目の終わり方に続編がありそうな感じが

したので・・・(^^;)



TBありがとうございます。 (The Dawn)
2005-03-09 22:28:21
自分、前作をDVDで観てから「スプレマシー」観に行ったのですが、前作の方が正直遥かに印象良かったです。理由は、こちらも指摘されているとおり、やたらブレるカメラワークに、激しすぎるカット割り…観ててついていけないシーン多数でした…。



でも、マット・デイモン好きなので、次作も必ずやチェックすることでしょう。
どうも~ (cyaz)
2005-03-09 23:19:17
ますどんさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



そうですね、次がありそうな終わり方でしたね^^

でもこの映画なら、シリーズになっても結構楽しめると思います!

マット・デイモン、この映画では渋いですもんね(笑) ?!

そうでしたね~ (cyaz)
2005-03-10 00:07:07
The Dawnさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



やはり、あの揺れは気になりましたねぇ!

マット・デイモン、次回作も期待できますね^^



すごいっ! (春色)
2005-03-10 20:27:10
1日で5本とはおそれいりました!

私はレディースデーを狙っていきますが、男性はお得な日がないから、映画代だけでも大変そうですね。
ですねぇ~ (cyaz)
2005-03-10 21:46:14
春色さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



メンズディがある所も聞きますが、

残念ながら東京では無理でしょうか(笑) ?!

ま、でも金券屋で株主券や安価チケット探せば

何とかなりますよ^^
TBありがとうございました♪ (sabu)
2005-03-12 12:21:26
はじめまして・・・ですよね。

久しぶりに何にも考えずに楽しめた映画でした。

3作目も楽しみです。

それにしてもコメント数とTB数、すごいですねぇ~。

また面白い映画教えてくださいね。
おはつです~ (cyaz)
2005-03-12 13:50:23
sabuさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



緊迫感と迫力とカーアクションが凄かったですね^^

3作目、ホント楽しみです~♪

また時々覗いてみてください!



TBあり~でし。 (ちぇんくい)
2005-03-12 16:35:40
トラバありがとうございます。



こんなにコメ&TBの多いブログ始めてみました。

すっげ~



これからちょくちょく参上しますので、よろしくです。
TBありがとうございました! (黒猫のみわ)
2005-03-12 20:04:46
トラックバックありがとうございました。



こちらからもさせていただきます~!

また遊びに来てください。
どうも~ (cyaz)
2005-03-12 22:57:20
ちぇんくいさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



そんなに多いですかねぇ(笑) ?!

ええ、また時々覗いてみて下さい^^
おはつです~ (cyaz)
2005-03-12 22:59:14
黒猫のみわさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



は~い、また遊びに来て下さいね^^



やっと見てきました~~^^; (まり)
2005-03-18 23:12:44
cyazさん お久しぶりです^^

公開最終日の今日、やっと見てきまし

私は前回の「ボーン・アイデンティティー」よりパワーアップしていたとても楽しめました^^

展開も速くて、少しづつ解き明かされてい謎

激しいアクションシーン・カーチェイス

大好きなマットが孤立無援でボロボロになって行くのが見ていてなんとも言えませんでした

殺した相手の娘に自分の罪を告白して、傷ついた体を引きずって、歩いている彼の前に立ちはだかる大きなビル

この映画を象徴するシーンでした

マットカッコ良かったけど

あの屈託の無い笑顔が見られ無かったの残念です

次回作も必ず見ます^^
良かったですね~ (cyaz)
2005-03-19 00:32:15
まりさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



おーギリギリ間に合いましたか^^

良かったですね!

この映画に彼の笑顔は難しいかもしれませんが、

他の出演作に比べ、“彼らしさ”が出ていてとてもいいと思います。

次回作は2年先ですが、今から楽しみですね~♪
忘れてましたぁぁぁ^^; (まり)
2005-03-19 00:34:32
ジョアン・アレン 良かったですね!

きみに読む物語でのお母さん役とは全く違っていて、上手く演じ分けていますよね^^

さすが!ベテラン女優さん思いました^^
わざわざどうも~ (cyaz)
2005-03-19 00:42:28
まりさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



すみませんね、ご丁寧に^^

ジョアン・アレン、いい女優さんですね!

きっと、この後もいい演技を見せてくれる女優さんだと思います!
TBありがとうございます♪ (xxyumixx)
2005-03-20 07:39:25
確かに、カメラの揺れスゴかったですね(汗)



cyazさんの書く文章、いいっす。

映画観る前にブログチェックさせていただきます!
ありがと~ (cyaz)
2005-03-21 00:00:46
xxyumixxさん、tb&コメントありがとうございますm(_ _)m



>cyazさんの書く文章、いいっす。

>映画観る前にブログチェックさせていただきます!



ありがとうございますm(_ _)m

嬉しいですよ!

拙いレビューですが、これからも宜しくお願いします^^
はじめまして。 (Rip☆)
2005-03-24 21:45:05
TBありがとうございました。



やっぱり前作をみないと十分に楽しめないんですね。

もったいないことしてしまいました。。。

映画のこと、とても詳しくのっていて

勉強になります。



また遊びにきます。

おはつです~ (cyaz)
2005-03-25 00:17:55
Rip☆さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



できれば、続き物は繋がり・絡みがあるので観ておいた方がいいと思います。



拙い、しかも毒舌のレビューですが

参考になれば幸いです^^



時々覗いてみて下さいね^^



はじめまして。 (水銀屋)
2005-06-12 23:46:28
トラバありがとうございます。って、遅くなってすみません。



ハンディ・カメラによるブレ、実は私も気になりました。というか酔うんです(笑

ラスト付近のアクションシーンでは、いったい何をしているのかわからない、といった感じでして。気付いたらボーンが勝っていたという具合でして。

勿体無い…動体視力を鍛えようかと思った瞬間でした。



そう言えば、ボーンには手持ちのキメの武器(ドラクエの●●の剣のような)が無いんですよねえ。

007と比べてあからさまに軽装で、鍛え上げられたアタマとカラダで難関をクリアする。



バイオハザードのナイフクリアみたいだ(ゲーヲタ
おはつです~ (cyaz)
2005-06-13 00:01:33
水銀屋さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>というか酔うんです(笑)

ですよねぇ>< 必要以上にはハンディは使わないで欲しいものですね^^



>軽装で、鍛え上げられたアタマとカラダで難関をクリアする。

これが彼の真骨頂でもあり、観ている側を惹き付ける魅力だと思うのです。
TBありがとうございます。 (boss)
2005-08-19 06:31:23
すごい細かいところまで観られてますね。

で、コメントも的確だし。

感心しました^^



私は最近、あまりごちゃごちゃ考えずに楽しめればいいやって感覚で観てるんですけど、以前はかなり「ここはこうした方がいいのにな」とか「何でこんな風にするの」とか考えながら見てたもんです。

まあ、それに疲れちゃったんですけどね^^;



だって、今のハリウッドに注文をつけたらきりがなくないですか?

昔のようにずっと残るであろう名作のようなものがホントに乏しい。

仮にそういう映画があったとしても、興行収入重視の中ではなかなか表に出てこないですよね。

悲しいことに。



これからもよろしくお願いします^^





どうも~ (cyaz)
2005-08-19 12:46:24
bossさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>あまりごちゃごちゃ考えずに楽しめればいいやって感覚で観てるんですけど

それがいいのかもしれませんね^^

昔はあら探しをよくしてましたけどね(笑)?!



>興収重視の中ではなかなか表に出てこないですよね

ですねぇ><

でも明らかな大作より、地味にインディペンデントを攻めるのもいいものですよ^^

一生懸命薦めたくなる作品に、一本でも多く出会いたいものです!



こちらこそよろしくお願いします^^
Unknown (じゅりあん&まのん)
2005-11-02 13:19:15
トラバありがとうございました。



マットファンではありませんが

この作品のマットはなかなかよいと思います。



三部作ですので、次回作を楽しみにしています
おはつです~ (cyaz)
2005-11-03 09:14:26
じゅりあん&まのんさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>この作品のマットはなかなかよいと思います

硬派のマットが観れていいですよね^^



>三部作ですので、次回作を楽しみにしています

そうですね、僕も楽しみにしています!
Unknown (mica)
2005-11-04 10:56:16
こんにちは。

TB頂きました。

こちらからもさせて頂きました。

ラン・ローラ・ランの人だったんですね。

どこかで見たと思ったんですよ。
そうです~ (cyaz)
2005-11-04 17:57:12
micaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>ラン・ローラ・ランの人だったんですね。どこかで見たと思ったんですよ。

そうなんですよ^^ 『ラン・ローラ・ラン』の彼女とはだいぶイメージ違いますけどね(笑)?!



すみません! (miyu)
2007-11-13 22:27:21
うちに頂いたコメで気付いたのですが、
スプレマシーに頂いたトラバを間違えて
アルティメイタムで返してしまってました(^-^;
改めてスプレマシーで送らせて貰いました。
いえいえ~ (cyaz)
2007-11-13 22:56:08
miyuさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>スプレマシーに頂いたトラバを間違えてアルティメイタムで返してしまってました(^-^; 改めてスプレマシーで送らせて貰いました。
いえいえ、お手数おかけしましたm(__)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

144 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ボーン・スプレマシー」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で2月11日公開『ボーン・スプレマシー』を観てきました。 主演は前作に引き続き「マット・デイモン」。 記憶喪失の元CIAエージェントの『ジェイソン・ボーン』(マット・デイモン)は、自分を探す旅で知り合った『マリー』(フランカ・ポランテ)と、身
マット・デイモンの「ボーン・スプレマシー」 (あのね・・・)
「オーシャンズ12」でちらりと気にかかった人はいるかもしれないけれど、なにせこ
ボーン・スプレマシー (シネマの実)
【好感度】 100% 愛と孤独を胸に,国境を越えた戦いが再び始まる.
ボ-ン・スプレマシー☆ ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
う~ん、面白かった!!おいしいとこ先取りして来ました!!試写会情報です☆ 「ボーンアイデンティティー」に続く第2段。 「ボーンスプレマシー」・・・記憶をなくしたエージェント、ジェイソン・ボーンが、2年ぶりに帰ってきた!! インドのゴアで、
ボーン・スプレマシー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
マット・ディモンの顔を苦手系とする猫ですが、前作『ボーン・アイデンティティー』は結構OKだったんで 『ボーン・スプレマシー』公開初日 ちょっと期待して鑑賞に(笑) とはいえ、最近偏頭痛やらなんやら・・・花粉症の兆候もちらほらなこの頃のこと 油断すると・...
ボーン・スプレマシー(2/12 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『失敗もする、ケガだってする・・・殺人者だったとしても、自分を取り戻すために』  前作をDVDで予習もして待っていました、マット・デイモン演じる元CIAトップエージェント・ジェイソン・ボーンの物語です。  ストーリーの導入部分を簡単にいうと…  前作から時
ボーン・スプレマシー (Aloha Days)
昨日はお友達と「ボーン・スプレマシー」の試写会に行ってきた。 前作「ボーン・アイデンティティ」の続編。マット・デイモン主演。 いや~面白かった! しっかりアクション映画なので、大画面で見るとよりいっそう楽しめる! 「あれ、なんで?」と考える隙を与えない程、
ボーン・スプレマシー (俺とJ)
サスペンス映画って、あんまり興味ないんです。 あの“謎解きゲーム”みたいなのに付き合うのが面倒なんですよね。。 平凡なストーリーと見せかけて「実はそうなんだ!」的な驚きは好きなんですが、 「なぞとけ、なぞとけ…」なんて言われてしまうと、 「誰が解いてやるもの
ボーン・プレマシー (ヨン様じゃなくてマサ様のひとりごと)
おもしろそうやなあ!ワシも行って観るわ!!!
ボーン・スプレマシー (そーれりぽーと)
前作の内容ほとんど覚えてないんです。ぶちゃいくな主人公マット・デーモンにヒロインもぶちゃいくなフランカ・ポンテという微妙なキャスティングだった事と、元CIAの殺し屋が記憶を無くして政府に追われいてた事くらいしか。確かそのジェイソン・ボーン(マット・デーモン)は
ボーン・スプレマシー (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
ジェイソン・ボーンの自分探し第二話
ボーン・スプレマシー (日々徒然ゆ~だけ)
 知的な洋版ジミー大西こと,マットの実用マーシャルアーツが炸裂。う~ん,派手さは今回も(「も」って…)ないが,魅せてくれるわ。  追われた側が逆に追うスリリングさと,前回の「オレは誰?」な迷いが今度は目的意識もあって,吹っ切れただけに,非常に見応えアリ。
ボーン・スプレマシー観てきました (しまりすのひとりごと)
最高でした。 最近観た映画の中で本当に文句なしに「面白かった!」と言い切れる作品でした。 「ボーン・スプレマシー」。 前作でとにかく記憶がないながら狙われ続け 戦い続け自分を知るためにもがいているボーンも最高だったのですが 今回の愛を知り、愛を守るために、そ
「ボーン・スプレマシー」 (【●○ ゆるゆるシネマ感想文 ○●】)
試写会にて鑑賞 「ボーン・スプレマシー」(原題:THE BOURNE SUPREMACY ) 2004年アメリカ 公式サイト ゆづあげの好き度:★★★★☆ ●○ じっくり観ないと、話しはちょっと複雑? ○● 行ってきました。試写会。 続編は不発作品が多いと聞いたことがあっ
「 ボーン・スプレマシー 」 (MoonDreamWorks)
監督 : トニー・スコット主演 : マット・デイモン / ジョアン・アンディ /      / ブライアン・コックス/フランカ・ポテンテ /公式HP:http://www.bourne-s.jp/ 凄い!!!!! 凄い!!! これは凄いです。久々に凄いもの観ちゃったって感じですね。ラストシ...
ボーン・スプレマシー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:ポール・グリーングラス 原題:The Bourne Supremacy キ
ボーン・スプレマシー / マット・デイモン (シネマ パラダイス♪)
「ボーン・アイデンティティ」の続編だそうですが。。見たんだけど、思い出せない。。あっ!記憶喪失ものだったから~?(爆)スパイアクションでしょうか。スプレマシーは、カーアクションが、すごかったです。目が回りそうでした。女性向の映画では、ないかも。。スパイも.
ボーン・スプレマシー (amapola)
ボーンつぇぇー。「こいつ、絶対に死なない」って安心しきって意識がところどころ途切れています。まともな感想はムリなので、各種チラシでお楽しみください。
期待してしまうなぁ (心の色を探して)
「ボーン・スプレマシー」 マット・デイモン主演の映画が2月11日に公開される。 前作の『ボーン・アイデンティティー』は 自分のなかではかなり良かった。全然知らないで見たからか先入観なしに見たので 彼の演技がなかなかいいなと思いながら、ハラハラしながら見てしまっ
ボーン・スプレマシーのデイモンはかっこいい。 (雅観の独り言)
どこかのblogで仰っていたとおりの印象でした。
ボーン・スプレマシーを見た感想。 (にっくの独り言)
三連休の初日である、2月11日の午前3時頃、にっくはふと思った。 『今日から始まるボーン・スプレマシーを、今日の初回で見に行こう!』 っというわけで、8時頃起きて、横浜・川崎エリアで一番早く始まる『相鉄ムービル』へ見に行ってきました{/face_en/}{/ee_1/} 最
ボーン・スプレマシー (movie impression)
(原題:THE BOURNE SUPREMACY)  予想を遥かに超える面白さ!  ネタバレしたくないし、何よりも「面白かった!」としか言えないほど、面白かったんです!  大抵、期待をして観る映画って、大抵コケるのがオチだったんですが、今回ばかりは期待を裏切らず、しかも
今日も映画が観られる幸せ (日々の記録と、コラムみたいなもの)
1月12日(水)晴れ / 『ボーン・スプレマシー』(試写会) 昨年12月に行った、婦人科検診の結果通知が会社に届いた。 封を開ける時、すごく緊張した。 普段の健康診断の時なら、結果を見るのにこんなに緊張はしないし、 胃や大腸に『要・精密検査』という結果を見て
ボーン・スプレマシー (花ごよみ)
試写会行ってきました。   前作は見てないので、なにがなんだかよく分からない所も ありましたが、それでも十分満足。  手に汗にぎるスピーディな展開、カーチェイスのすごさ、 見終わった後、体が硬直して肩がこってしまいました。 3部作ってことなので、ボーンは死なな
【ボーン・スプレマシー】 (ココアのお部屋)
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ブライアン・コックス、 ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン、ジョアン・アレン 出演のサスペンスアクション。 公開日:2005年正月第二弾 ☆ストーリー☆ 愛の終わりは、戦いの始まり-。 記憶を喪失した男、ジェイ
ボーン・スプレマシー ((ほとんど)シネマ日記)
面白かったです。傑作ボーン・アイデンティティの続編と呼ぶに相応しい出来でした。マット・デイモンは決して男前では無いんだけれど、走っている姿や、きびきびとした動きが凄く格好がいい。 CIAに暗殺者として育てられた男、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、前
ボーン・スプレマシー (ブラックジャックによろしく哀愁)
★ボーン・スプレマシー(2月11日公開) あのボーン・アイデンティティーが帰ってきた。 2年ぶりの続編となるサスペンスアクション映画です。 場所はインド・ゴア。 過去を捨て、マリー(フランカ・ボテンテ)と共に新しい人生を始めようとした
『ボーン・スプレマシー』を観て来ました。   #47 (風景写真blog/Happiness infected...)
今日は、『ボーン・スプレマシー』です。(\'04米/UIP)108分 ベストセラー作家、ロバート・ラドラム原作のサスペンス・アクション「ボーン・アイデンティティー」(\'02)の続編。CIAのトップ・エージェント、ボーン(マット・デイモン)が、恋人を殺した犯人と失った過去の記
ボーン・スプレマシー (ウギーの蹴球七日 -蹴球・映画・旅行・アメリカ日記-)
年末に借りてたんだけど、旅行に行ってたりでずっと見てなくて、やっと見ました!ボーン・アイデンティティの続編です。といっても、僕はボーン・アイデンティティを見ていませんが、、、。 話の内容は、暗殺者としての暗い過去を持つ記憶を失った男が、その過去を捨ててひ
ボーン・スプレマシー (CINEMA IN/OUT)
ポール・グリーングラス監督作品(2004年・米) 『ボーン・アイデンティティ』の続編。前作から2年、インドのゴアで恋人のマリー(フランカ・ポテンテ)と暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)だったが、完全に記憶は取り戻しておらず悪夢やフラッシュ
ボーン・スプレマシー (Film Rider)
ボーン・スプレマシー公式サイト 飛行機の中で・・・(パート3)
試写会/映画(ボーン・スプレマシー) (h_m_55’s diary)
2005/01/21(金)に映画『ボーン・スプレマシー』を観ました。今日はその感想。 感想:素直に面白かったです。前作「ボーン・アイデンティティー」を観た事がない自分ですが楽しめました。前作の続きでありながら単体でも楽しめる作りになっているのは嬉しいですね。 ドキ.
ボーンスプレマシー (AL+ViのわんわんLIFE)
観たくて観たくてしょうがなかった「ボーン・スプレマシー」 観に行ってきました。いつもながら、がらがらの館内、公開されたばかりなのに、いいのだろうか??? 1作目がよくても2作目は面白くなかったりするのだけど、これは1作目以上だった。 テンポが早くて目が離せない
ボーン・スプレマシー (Eigablog)
タイトル: ボーン・スプレマシー 公開日: 2005/2/11(金・祝) 監督: ポール・グリーングラス 出演: マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/ジョーン・アレン/ジュリア・スタイルズ 公式サイト: http://www.bourne-s.jp/ ストーリー: ジェイソン(マット・
ボーン・スプレマシー【試】 ~マット・デイモンを捕まえろ!!~ (シネマンボウ)
前作「ボーン・アイデンティティ」でおなじみのナイスマッチョモンキーのマット・デイモンが走り回る「ボーン・スプレマシー」を試写にて鑑賞。 いやぁ~・・・スゴイ。とにかくスゴイ。 見る者に息をさせる事さえ忘れさせるスピーディな映像の滅多打ち。「追われる逃げ
一目あったその日から (Something to say of a defeat CAT)
※映画「ボーン・スプレマシー」のこと 殺戮のオデッセイ 上(角川文庫 6608)ロバート・ラドラム〔著〕・篠原慎訳出版社 角川書店発売日 1986.12価格? ¥ 609(¥ 580)ISBN? 404254911Xbk1で詳しく見る? <WEB site> ボーン・スプレマシー ボーン・スプレマ..
ボーン・スプレマシー (てんぱっていきまっしょい。)
どうもこんばんは明日は長崎の{/kame/} でございます。 さて、ボーン・スプレマシー 観てまいりました。 {/hiyo_en1/}あいかわらず主役のマッド・デイモンは、クスッ。 脱いだらいいオトコです。 {/hiyo_shock1/}そしてアンタは相変わらず書いたら誤解を生むヒ トね。
「ボーン・スプレマシー」 ★★★★ (シネログノユクエ)
まるでこの映画は、主人公ジェイソン・ボーンのように計算高い。 この映画の最大の魅力は物語にリアリティがあることだが、よく考えてみれば、CIAの諜報活動の内幕なんて普段耳にすることもないのだから、本当はこの話のどこがリアルなのか観客に判断できるはずはない。
「ボーン・スプレマシー」 (日曜日はKYOTEI !)
2/11から全国一斉ロードショー。渋谷で見てきました、 脱(落)セレブの友達と。二人口を揃えていったのは、、、 「仕事の早いオトコは格好いい!」 追われているのを即座に察知するのも、 携帯に盗聴の仕込みをするのも、 家にガスを充満してトースターに雑誌を差
ボーン・スプレマシー (たにぐちまさひろWEBLOG)
記憶を喪失したCIAのエージェント、ジェイソン・ボーンは、CIAの最高機密を知りながら行方不明となったため、CIAから命を狙われている。 インドで、最愛のマリーとひっそりと暮らしていたものの、突然、ロシアの殺し屋に狙われ、マリーは命を落としてしまう。なぜ狙われたの
ボーン・スプレマシー (ともやの映画万歳!)
(原題:THE BOURNE SUPREMACY) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 記憶を失っていたる元CIAエージェントのジェイソン・ボーンに、再び襲いかかる脅威を描いたサスペンス・アクションの続編。原作はロバート・ラドラムの「殺戮のオデッセイ」。 物
[018]ボーン・スプレマシー (M-junkie)
『ボーン・スプレマシー』を観ました。 主人公のジェイソン・ボーンは、暗殺者だった自分を捨て、行動をともにするなかで愛をはぐくんだ恋人マリーと新たな人生を踏み出したはずだった! だが、忌まわしい「過去」が、記憶が完全には戻らなかったボーンを再び孤独な闘い
『ボーン・スプレマシー』 (カラフルデイズ。)
2004年 アメリカ 〔監督〕ポール・グリーングラス 〔主演〕マット・デイモン さっそく観てきました。「ボーン・アイデンティティー」から2年ぶりの続編。 前作に比べると、哀しみが盛り込まれていて切ないです。 でもジェイソン・ボーンの元CIAエージェントぶりは
ボーンスプレマシー (Marさんは○○好き)
ハリウッドならではの痛快スパイアクション映画。なにも考えず楽しみました。 ジェッ
ボーン・スプレマシー (メルブロ)
ボーン・スプレマシー 上映時間 1時間48分 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン フランカ・ポテンテ ジョーン・アレン ブライアン・コックス  ボーンシリーズ2作目。前作はまだ見てない。でも特に問題なし。公開直前に放送してくれることを希望
ボーン・スプレマシー ( FOR BRILLIANT FUTURE)
あのジェイソン・ボーンが帰ってきた。前作でマット・デイモン自身、自分のイメージを打ち破って作り上げた「ボーン・アイデンティティー」。 それを上回る、迫力とスケールで今回は作られている。ただ、ストーリーの作りが前作の続きと言う形で出来ていて、さらに、二年が
ボーン・スプレマシー (galapagos日記)
★★★★☆ 昨日、WOWOWの抽選で当たった映画「ボーン・スプレマシーThe Bourne Supremacy」 の試写会に行ってきました。 この映画はタイトル: ボーン・アイデンティティーの続編でスパイ映画です。 内容は前作に続いてマット・デイモン演じる元CIAエージェント、ジ
試写会:ボーン・スプレマシー (::あしたはアタシの風が吹く::)
12/15(水):久々にアメリカらしい映画を観て来ました。 2年前に公開された”ボーン・アイデンティティ”の続編、”ボーン・スプレマシー”。 テンポがとても良かった!最初から引き込まれずには居られませんでした。 (以下ネタバレ絶好調) 最初の大きな場面が上演開始
ボーン・スプレマシー (我楽多人生)
11日、『ボーン・スプレマシー』の初日を見てきました。横浜のシネコンはまあまあの混み具合。混み過ぎも嫌ですが、ガラガラも寂しいものがあるので、ほどほどがいいですね、何事も。さて、本題。『ボーン・スプレマシー』は、2002年公開の『ボーン・アイデンティティ』の続
ボーン・アイデンティティー (映画とウサギと音楽のおいしい関係)
マット・デイモン主演のサスペンス・アクション映画 実は この作品の原作は 88年にテレビ映画化された事があったらしいけど rhasaは 知らなかった… 嵐の地中海で 漁船に拾われた1人の男(マット) 彼は背中に2発の銃弾を受け 皮膚下には スイス銀行の口座
ボーン・スプレマシー・・・カーアクションがすごいよ! (ぷち てんてん)
体調は、いまいち・・でも見たい、見たい!というわけで、やっぱり映画に行ってきちゃいました。☆ボーン・スプレマシー☆(2004)ポール・グリーングラス監督マット・デイモン・・・・ボーンフランカ・ポテンテ・・・マリージョーン・アレン・・・・パメラカール・アーバ...
ボーン・スプレマシー(THE BOURNE SUPREMACY) (わかりやすさとストーリー)
●新アメリカンヒーロー物語●記憶喪失で自分の本名さえわからない男がどう生き抜くか。個のあり方・生き方をみつめ直そうとする「時代の空気」を象徴している。
『ボーン・スプレマシー』試写会★ (『お金はないけど気分はプチセレブ★』)
試写会が当たり、今日観に行ってきました! (ネタばれはあまりしないつもりなので、以下安心して読んでください。) カーチェイスが凄かったです! 結構画面が揺れるので・・・ 観に行かれる方は、あまり前に座らないことをお勧めします(笑;) マット・デイモン、どん
「ボーン・スプレマシー」 (The Bourne Supremacy) (俺の明日はどっちだ)
1980年発表当時、並のミステリ作家6人分のスリルとサスペンスが詰まっているとまで評価された、今は亡きロバート・ラドラムのベストラー長編「暗殺者」を原作とした映画「ボーン・アイデンティティ」は、サスペンスよりアクションに重きが置かれ、そういった意味ではいささ
映画『ボーン・スプレマシー』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点で貴方は何点と採点しますか? ※自分が観に出かけて・・・・・・←後 悔  /  最 高→                  0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら・・・←止める / 薦める→ ここしばらくは、仕事帰りに観ら
#2:ボーン・スプレマシー(試写) ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価 久々にパート2で、面白い映画に巡り逢えました 今年の2本目は、マット・デイモン主演”ボーン・スプレマシー\" 前作”ボーン・アイデンティティ”を見に行って、面白いと思った方は是非、見に行って下さい!お勧めです間違いないっ! 珍し...
「ボーン・スプレマシー」 (Rabiovsky計画)
「ボーン・スプレマシー」公式サイト 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ブライアン・コックス    ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン 前作「ボーン・アイデンティティ」から2年で今回の作品「ボーン・スプレ
ボーン・スプレマシー-THE BOURNE SUPREMACY- (shimoの音楽&映画鑑賞日記)
 監督:ポール・グリーングラス   原作:ロバート・ラドラム   脚本:トニー・ギルロイ   出演:マット・デイモン     フランカ・ポテンテ     ジョアン・アレン     ブライアン・コックス、他  恋人マリーと共にインドで静かな生活を送る、
ボーンスプレマシー (映画を観たよ)
私が行った映画館では一番大きなスクリーンだったのに 観客は10人程度でした。 4時ごろは皆さん忙しいのでしょうね。 ボーンスプレマシーを観ました。 前作をつい最近見ていたので すんなりと話に入ることができました。 前作の雰囲気を少しも壊すことなく またまたリアリテ
ボーン・スプレマシー (素直な時間)
あらすじ ベルリンでCIAエージェントと情報屋が殺され、現場にはジェイソン・ボー
「ボーン・スプレマシー」 (the borderland)
見た目がCIAのエリートには見えない、全体的に地味すぎて、前作「ボーン・アイデンティティ」はあまり好きでなかったけど、紹介編の前作と比べ、テンポ良くて見応えもあったと思う。全くの続き物で登場人物もダブるので前作見たほうが楽しめます。 でもね、初めて映画
ボーン スプレマシー (気まぐれなるままに。。。)
土曜日に観て来ましたー 『ボーンスプレマシー』 いやぁ… 面白かったですぅ♪ オーシャンズ12で玉砕してた 心も 決して 美男子ではない マットデイモンさまのおかげで… ハラハラドキドキでしたね・・・ まじで・・・ そうそう 携帯(SH
「ボーンスプレマシー」&「ザ・キーパー 監禁」評 (I N T R O + UptoDate)
今週の一本に、鮫島サメ子による「ボーンスプレマシー&ザ・キーパー 監禁」評/「きょうのわんこ」と「変態熊の妄想」について」を追加。 「ボーンスプレマシー」は、記憶を喪失したCIAの元トップ・エージェントを主人公にしたロバート・ラドラム原作の「ジェイソン・ボー.
ボーン・スプレマシー (any\'s cinediary)
マット・デイモンが記憶を喪失したCIAのトップ・エージェントを演じた『ボーン・
ボーン・スプレマシー(2005)アメリカ ★4 (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
前作ボーン・アイデンティティから2年が経過。シリーズ2作目の今作は監督もチェンジして、いい感じのアクション映画に仕上がっています。前作はぬるい映画でしたが、監督によってこんなにも変わるものなんですね。ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は前作の追われ.
ボーン・スプレマシー(2005)アメリカ ★4 (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
前作ボーン・アイデンティティから2年が経過。シリーズ2作目の今作は監督もチェンジして、いい感じのアクション映画に仕上がっています。前作はぬるい映画でしたが、監督によってこんなにも変わるものなんですね。ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は前作の追われ.
映画感想:『ボーン・スプレマシー』 (徒然三十路日記♪)
月曜日(21日)仕事後にSちゃんと『ボーン・スプレマシー』観に行って来ました。記憶喪失の元スゴ腕CIAエージェントの自分探しを描いた『ボーン・アイデンティティー』の続編。前作の2年後インドで暮らすボーンと恋人のもとに、正体不明の暗殺者が出現。彼の目的は何なのか
ボーン・スプレマシー(3回目)個人的見解(前半) (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
ボーン・スプレマシー個人的見解(前半) 3回目見てきました。 やっぱり面白いです~。この映画の面白さのひとつは ボーンの性格の複雑さにあると思います。 (クール&ホット)そしてリアリティある設定です。 ●ネタバレです。 ○マリーがボーンのかわりに死にます。 こ
ジミィ無敵 (どくいちご)
■ボーン・スプレマシー■ ありえない理由によって、早退することになりますたので、 会社の方と「アレキサンダー」を観ようて、さいたま新都心に行きますたの。 14:00の回のチケットを買おうと思ったのに、 「16:00の回でよろしいですか。」 と聞かれますた...
ボーン・スプレマシー (It\'s a Wonderful Life)
これを劇場で観て、面白かったので、改めて未見だった1作目の 「ボーン・アイデンティティー」を借りて観たという変則的な鑑賞を してしまった。 1本目は途中まで記憶喪失になった男が助けられた所から 始まるので、「こいつは一体誰なのか?」という 謎解き...
『ボーン・スプレマシー』 追うボーン (*モナミ*)
『ボーン・スプレマシー』ボーン=生まれるでも骨でもありませんね(今更)。Bourneくんですね。supremacy:至高、優位、主権、支配権という意味ですから、ボーンくんが指導権を握ってる、という意味でしょうか。アイデンティティで自己を確認し、スプレマシーで優位に立...
『ボーン・スプレマシー』 (歯医者さんを探せ!)
      THE BOURNE SUPREMACY    \'04・アメリカ・108分    オフィシャル・サイト   ボーン・スプレマシー@映画生活 すごーくおもしろい...
ボーン・スプレマシー ★★★★(THE BOURNE SUPREMACY/2004年アメリカ/108分) (ukkiki)
3部作の第2弾。カーチェイス有りアクション有りで、前作同様ジミーちゃんに似てるはずのマット・デイモンが、異常にかっこよく見えるお得な2時間弱でしたわ♪ベルリンでCIA内部の横領事件を調査していたパメラ(ジョーン・アレン)とそのチームは、情報屋が入手していた資料
ボーン・スプレマシー 2004年アメリカ (独身おやじの日々雑感)
「ジェイスン・ボーン」シリーズ第2弾。ボーン・アイデンティティーから2年ぶりの続編です。劇場公開後ちょっとして観にいきました。 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ、カール・ア
ボーン・スプレマシー (ラムとぶぶかとハウリンと。)
「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」からマット・デイモンのファンです{/face_suki/} 彼にはこういう苦悩を抱えた知性的な役が合っていると思っていたけど、前作「ボーン・アイデンティティー」の時は体を鍛え上げてすっかり精悍になっていて、こういうマットもいいわ
「ボーン・スプレマシー」 (日々のデキゴト)
本日、予備校帰りに観てきましたよ。 「ボーン・スプレマシー」 予告編とかでなんとなくこんなストーリーなのかなぁって思ってたのとは、ちょっと違う印象でした。 まずアクション前回ほど、瞬時に敵を倒すシーンはなかったですね。 (その分、敵が強かったり、大勢だったり
ボーン・スプレマシー(劇場) (独り静かに遊ぶ部屋)
「ボーン・スプレマシー」を観てきました。 ぼくは「ボーン・アイデンティティー」を観たことがなく、できれば事前にDVDで観てからいきたい、と思ってはいました。 しかし、今週時間がとれそうなのが今日しかなく、とりあえず観てくることに。 結果からいえば、前作を観てな
ボーン・スプレマシー (らくゆうメモ)
昨日、レイトで「ボーン・スプレマシー」を鑑賞。のっけのカーチェイスがジムニー(サムライ)で逃げまくっていたのでジムニー好きとしては応援したくなった。終盤を盛り上げるカーチェイスもぶつかってもぶつかってもまだ走るかってドキドキもの。あと電車のホームでの逃走も
ボーン・スプレマシー (MOMMYな毎日)
もう一週間近く前になっちゃいますが、日曜に映画見てきました。 マット・デイモン主演「ボーン・スプレマシー」。 今回は半分旦那のお供って感じで見てきました。 言わずと知れた「ボーン・アイデンティティー」の続編。 記憶を無くしたエージェント「ボーン」のその後で.
「ボーン・スプレマシー」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
ボーンさん、かっこエエ~!!!ストーリー展開といいアクション・シーンといい、スリルがあって、しかもどうなるどうなる・・・って展開で、もうっ目がスクリーンに釘付け状態っ!ボーン(マット・デイモン)ったらクールな顔してサラリと窮地をすり抜ける。ホント、かっこ...
今日の映画は”ボーン・スプレマシー” (わっきぃブログ)
え~。 左目の調子が悪いのに映画を観に行ってしまいました。 映画バカです。ええ。いいんです。 好きなことやってればストレスなんて吹っ飛びますから(^^) ・・・サックス練習の時に書いたのと一緒とです・・・。 と、言うことで、先週末観た”ボーン・アイデンティテ
ボーン・スプレマシー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
エジプト航空の機内3本目の映画。観に行こうと思ってたので、ちょっとラッキーって感じ。それも吹き替えだったし・・・ マッド・デイモン主演作。2003年に公開された「ボーン・アイデンティティ」の続編なのね。知らなかったわ。 過去を捨て、新しい人生を始めようとし
「ボーン・スプレマシー」 (sean\'s room)
第一作目を非常に期待して観に行って…なんだか想像していた スパイものとは、まったく異なっていたのを覚えています。 何というのか…私的に好きな系統のスパイ映画って、いろんな 仕掛けが出てきたり、笑える騙しがあったり、お色気があったり …なんですよね、私のばあい(
「ボーン・スプレマシー」 (It\'s a wonderful cinema)
 2004年/アメリカ  監督/ポール・グリーングラス  出演/マット・デイモン      フランカ・ポテンテ      ジュリア・スタイルズ      ジョアン・アレン  マット・デイモン主演作。  前作「ボーン・アイデンティティー」が大好きなので、今作
ボーン・スプレマシー (映画とウサギと音楽のおいしい関係)
観たよぉ~!!! やっと 観に行けたよぉ~~~(T_T) 長かった… ホントに…… これで みんなの「スプレマシー」に遊びに行けるのだo(^o^)o そんなrhasaの中での待望の作品 マット・デイモン主演「ボーン・アイデンティティー」の 第2弾!! それが 言わずと
ボーン・スプレマシー (映画館) (ひるめし)
『愛の終わりは、戦いの始まり』 3/3~3/18の間、いつも行ってるチネチッタがWポイントキャンペーンを開催してるじゃないですか!この機会を逃すわけにはいけないわ!!と思い、映画選びをしていてこの時期はあまり観たい映画はやってなく悩んだすえ「ボーン・スプレマシー
映画館「ボーン・スプレマシー」 (TeaTime)
行ってきたー♪ 超久々の映画館!! 今日は夫の両親がりゅうを見ててくれると言うの
「ボーン・スプレマシー」 (こだわりの館blog版)
3/5 シネプレックス新座にて 「セルラー」のあと続けて鑑賞しましたが、これまた迫力満点の ノンストップアクション。 これもまたおもしろい! この日見た2本とも大当たり! いやはや気分爽快な1日であります。 監督:ポール・グリーングラス 原作:ロバート・ラ
ボーン・スプレマシー (ますどん’S)
土曜日出勤の振替休日をいただいたのと、3月1日より 青春18きっぷが使用できるということなので、東北本 線にのんびりと乗り、他の目的で行った(そのことにつ いては後で書きますが・・・)有楽町駅そばのマリオン に ボーン・スプレマシー を見に行ってきま
映画『ボーン・スプレマシー』 (EVERSMILE(エバースマイル))
監督:ポール・グリーングラス製作総指揮:マット・ジャクソン、ダグ・リーマン、ヘンリー・モリソン、ティエリー・ポトク、ジェフリー・M・ワイナー原作:ロバート・ラドラム脚本:トニー・ギルロイ、ブライアン・ヘルゲランド音楽:ジョン・パウエル出演:マット・デイモン
ボーン・スプレマシー (金言豆のコーナー)
★本日の金言豆★直訳すると「ボーン最高!」 前作も地味なスパイ映画の続編。う~ん地味です。MIシリーズや007シリーズに比べると特に。主人公ボーンには、仲間もいなければ所属組織もない、そもそも昔の記憶がない。手元でリモコン操作できるBMWや、ライター型火
ボーン・スプレマシー (sabuのつれづれ)
記憶を失くした凄腕の諜報員ボーンのストーリー、第2弾。 おもしろかったです。 緊張感も第1作に引けをとらないし。 何故か分からんけど戦ってる・・・って一作目より、自分から真相を突き止めるために飛び込んでいく今回の方が私は面白かったですね。 何気に行動している
ボーン・スプレマシー (えんため日記)
すご~い迫力! この映画は、絶対に劇場で観なくちゃっ! ストーリー&キャストは、こちらの公式サイトで! 前作をWOWOWで観てから、公開を首を長~くして待ってました。 とにかく面白いっ!機敏なアクションも良いし~ストーリーもハラハラ&ドキドキの連続。 ストー
ボーン・スプレマシー (angle cafe*)
男の人って変われば変わるものなんだ 繊細な役柄の多いマット・デイモンの前作「ボーン・アイデンティティー」を見た時には、なんだか無理が感じられ、ミスキャストじゃないの?と文句ばっかりいってた訳ですが 「すまん!私がまちがってた~」誰に向かっていって
ボーン・スプレマシー観てきた (Mr.ゴトウの今日のココロ。)
日曜の夜、やっと「ボーン・スプレマシー」を観てきました。 面白かったです。最後まで飽きませんでした。ただ、カメラワークがとっても激しくて目が疲れました。けど、その激しいカメラワークのおかげで、緊迫した雰囲気や、緊張感がうまく演出されていたと思います。ラス
ボーン・スプレマシー (映画の休日。)
大ヒットした「ボーン・アイデンティティー」から2年、あのジェイソン・ボーンがスクリーンに帰ってきた! という宣伝文句に「おかえりなさい」と心の中で返しつつ、「ボーン・スプレマシー」を観に行きました。
ボーン・スプレマシー (Movie Lovers)
☆☆☆半公式サイト前作と比べて・・悪くない出来だったと思います。ただ・・前作は自分が何者なのか・・わからないまま体が反応してしまうという所が面白かったけど、今回はその謎がわかってるだけにその辺のドキドキ感は減りましたが、アクション的にはマットの動きがプ...
ボーン・スプレマシー (m_review)
ボーン・スプレマシー 頻繁に利用している映画館がその設備のわりに全く繁盛していないので、最近は行く度に観客人数を数えるようになりましたエムです(意地が悪い) 2番目に広いスクリーンだと言うのに、今回は私を含めて観客9人。 少ない方が嬉しいとは言え、普通
ボーン・スプレマシー (あぁーでもねぇーこぉーでもねぇー)
今回の試写会はですね、『ボーン・スプレマシー』です。2年前にヒットした『ボーン・アイデンティティ』の続き…ですね。軽くネタバレあるかと思われますので、知りたくない方は、読まないでください。
ボーン・スプレマシーみました。 (てきと~ブログblog(^-^)/)
早速見に行きました。 最初にチケットを買いにいきそこでツレが前作もみないとわからないかもしれんと友達にゆわれたらしいです! はっっっ(°◇°)~ みてねーし。やばいじゃん。 ソッコーレンタル屋めぐりですよ。 しかも映画が公開されたせいかどこもレンタル中・
2作目が1作目より面白かった理由◆『ボーン・スプレマシー』(2回目) (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月18日(金)TOHOシネマズ木曽川にて もう一回観に行きたいと思っていた『ボーン・スプレマシー』も、今日で上映終了なので、 駆け込みで観に来た。 前回はシリーズ1作目の『ボーン・アイデンティティ』を2年前に観たきり、 復習しないままの鑑賞だったので、今回はこ
『 ボーン・スプレマシー 』 / アクション (ウエポン記し)
記憶を失っていた男に再び脅威が襲いかかるサスペンス・アクションの続編。 原作小説3部作の2作目『 殺戮のオデッセイ 』を映画化。 元CIA諜報員が過去の記憶を辿ってそこに秘められた真実を追い求めていく。 前作の終わりがどんなだったかまったく記憶になく、
『ボーン・スプレマシー』 (felicidad)
今日はパリに一緒に行く友達と代理店へ行って、パスポートのコピーを提出してきた。 まだ飛行機の時間も泊まるホテルも分からないけど、私たちがやることはやったので後は代理店からの連絡を待つのみ。 1ヶ月きったし☆★ でもその前に、バイトの友達と行く草津旅行もある
ボーン・スプレマシー (kikumasamune)
(原題:THE BOURNE SUPREMACY)  予想を遥かに超える面白さ!  ネタバレしたくないし、何よりも「面白かった!」としか言えないほど、面白かったんです! 大抵、期待をして観る映画って、大抵コケるのがオチだったんですが、今回ばかりは期待を裏切らず、しかも前
「ボーン・スプレマシー」DVD発売決定! (Cinema,British Actors)
ついこの間公開されたばかりだと思ったのに、もうDVD発売日決定! 2005/0
ボーン・スプレマシー (CINEMA正直れびゅ)
前作はDVDで観た。
『ボーン・スプレマシー 』 ☆☆☆☆ (どブログ)
今日は暇だなーと思って、ぶらっと新宿にやってきました。 先週末飲みにいった友達に面白かったよと勧められたこの映画 を、単純なことに早速観に来たのですが、期待以上に面白かったです。 マット・デイモン演じる主人公のジェイソン・ボーンは、記憶を失った元CIA
○ボーン・スプレマシー (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
ボーン・スプレマシー 「ボーン・アイデンティティー」の続編 単独でも見れると思うけど、前作を見るとより 楽しめるかもしれません。スプレマシーとは (至高・すぐれていることの意味があるようです) 前作ボーン・アイデンティティーではCIAのトップ・エージェント のジ
映画『ボーン・スプレマシー』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
毎度『この映画、貴方は何点?』にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、マット・デイモン主演のスパイ映画『ボーン・スプレマシー』です。えっとですね、はっきり申し上げて…大変好評でした(笑)迫力あった、面白かった、ジョアン・アレン
ボーン・スプレマシー (いつか深夜特急に乗って)
「ボーン・スプレマシー」★★★★★(盛岡フォーラム3) 20
マット・デイモンに惚れてみた。 (赤い皿欠けた)
ボーン・スプレマシー公開中 └リンク先:「ボーン・スプレマシー」公式サイト 私的オススメ度 ★★★★★ 素敵です。とにかく素敵です。カッコ良すぎです。 ちゃんとプロな感じがしますよ。 いや、もちろん俳優としてもプロでしょうけど、ちゃんと闇の世界の
ボーン・スプレマシー*THE BOURNE SUPREMACY (CinemaCoconut)
何かを知ると人生が変わる・・・
ボーン・スプレマシー/マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ブライアン・コックス (カノンな日々)
実はパート1の「ボーン・アイデンティティー」を未見だったので、レンタル開始直前にwowowで放送されたのを観ましたら、これがなかなか面白かったです。ワタシ的には劇場では鑑賞しないタイプの作品ですけど、かといって嫌いなわけじゃないので良いものであればDVDやTVでは
映画を見たで-ボーン・スプレマシー- (デコデコマンの書き殴り部屋)
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ 評価:79点(100点満点) 前作ではまだまだ「オボッチャマ」だったマット・デイモン。 短期間でよくここまでカッコよく.
ボーン・スプレマシー (琴線~心のメロディ)
【2005年2月11日劇場公開】 【ジャンル:アクション】 【観た場所:販促用サンプルビデオ】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:★★★★ やっぱりおもしろい!(^O^) 特
ボーン・スプレマシー (シェイクで乾杯!)
ボーン・スプレマシー2004年度・米・108分 THE BOURNE SUPREMACY ■監督:ポール・グリーングラス ■出演:マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/ジョアン・アレン/ブライアン・コックス 「ボーン・アイデンティティー」の続編だったとは知らずに観てしまいましたが
ボーン・スプレマシー (女ざかり映画日記)
ボーン・スプレマシー★★★★とってもいい作品です!!
ボーン・スプレマシー 今年の27本目 2月16日 (猫姫じゃ)
ボーン・スプレマシー   あはは、、典型的な「2」ね。 悪いんだケド、くだらなかった。 アイデンティティーは、子供だましな設定ながらも、見られたんだケド、 同じ内容で、それ以上は、無理でしょ。 どのシ-ンも、目新しいものはない。 カーチェイスだって、
『ボーン・スプレマシー』【 THE BOURNE SUPREMACY 】 (きょうの子牛)
注)ネタバレに触れる記載があるかもしれませんので気になる方は読まないでください。 ボーン・スプレマシーユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 『ボーン・スプレマシー』【 THE BOURNE SUPREMACY 】(2004年 アメリカ) 監督:ポール・グリー
ボーン・スプレマシー (Bon voyage!)
マット・デイモンが記憶をなくした元CIAのエージェントを演じる、シリーズ第2弾 主人公のボーンは、恋人とインドに潜んでいたが、何者かに追われ、恋人が命を落としてしまう。 復讐するため彼は行動に出るが、その裏にはCIAが一枚噛む横領事件へと繋がっていた。 『殺戮の
【映画】 ボーン・スプレマシー (REAL LIFE)
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、    ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ、    カール・アーバン、ジョアン・アレン 監督:ポール・グリーングラス 原作:ロバート・ラドラム 2004年のアメリカ映画です。ご存知「ボーン・アイデンティティ
『ボーンスプレマシー』新作早々とレンタル出来た!! (come home)
shin兄が素敵な車を買ったんだ。 乗り心地抜群!! VIPになったみたいなんだ。 いっぱいドライブ連れて行って欲しいな。 久し振りに新作を簡単にレンタル出来ました。 マットデイモンはそんなに好きじゃないんだけど、 前作も観たし、スパイものだし。 楽しめるかな?
マット・デイモン Matt Damon  俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),8 October 1970,Cambridge, Massachusetts, USAThe Bourne Ultimatum(2007) ディパーテッド The Departed(2006) The Good Shepherd(2005) シリアナ Syriana(2005) ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm (2005) オーシャンズ12 Ocean\'
フランカ・ポテンテ Franka Potente 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),22 July 1974,Dülmen, GermanyEyes of the Street (2004) Che (2005) Elementarteilchen (2005) Therese Raquin (2005) 0:34 レイジ 34 フン Creep (2004) ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy (2004) The Tulse Luper Suitc
ジュリア・スタイルズ Julia Stiles 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),28 March 1981,New York, New York, USAGoing Down (2005) Burns (2006) A Little Trip to Heaven (2005) ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy (2004) プリティ・ガール The Prince & Me (2004) モナリザ・スマイル Mona Lisa Sm
クリス・クーパー Chris Cooper 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 July 1951,Kansas City, Missouri, USAConquistadora (2005) Jarhead (2005) シリアナ Syriana (2005) Capote (2005) ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy (2004) Silver City (2004) シービスケット Seabiscuit (2003) My H
The Bourne Supremacy (2004) (azcar)
【邦題】ボーン・スプレマシー 【Cast】Matt Damon, Franka Potente, Brian Cox, Julia Stiles, Karl Urban 【Director】Paul Greengrass 【Length】1 hr. 48 min. 【Genres】Action/Adventure, Drama, Thriller, Adaptation and Sequel 【Story】場所はインド・
DVD「ボーン・スプレマシー」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
続きモノは、続けてみると分かりやすくていいですねぇ♪ 「ボーン・アイデンティティー」では、なんだかよく分からなかった\"トレッドストーン\"ってのがなんだったのかよ~く分かりましたよ!前作で一緒に身を隠すことにしたマリー(フランカ・ポランテ)もさっくりいな.
ボーン・スプレマシー (おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評)
ボーン・スプレマシー ジェイソン・ボーン ツインパック ボーン・スプレマシー (UMD Video) おすすめ度:★★★★  この映画は、マット・デイモン主演の『ボーン・アイデンティティ』の続編である。したがって、『ボーン・アイデンティティ』を見てからこの映画
ボーン・スプレマシー (映画君の毎日)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン ジェイソン・ボーン ツインパック マット・デイモンという俳優は何となく好きだ。 頭の良さをひけらかす事無く、いろいろチャレンジしている。 前作「ボーン・アイデンティティー」で この人は何となくアクション向きではな
ボーン・スプレマシー (色即是空日記+α)
昨晩観ました。 記憶全部戻らなかったし、続編できるんだろうなぁ なんて思ってたわけですが続編、ってはずすこと多いから不安で観てなかったw  まぁ、前作おもしろかったし  ちょっと期待。。。   始まって早々に 「えっ!?まじで死んだの?!     マ.
つづいて、ボーン・スプレマシー (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
休み明け月曜日っていうのは、いくつになっても慣れないものですなぁ。 精神的にっていうのはさすがに無くなって来ましたが、今日は眠くて効率が悪かったです。 昨日の夜は、昨日レビューした前作に引き続き「ボーン・スプレマシー」鑑賞…のせいか、ちょっと睡眠時間が不足
「ボーン・スプレマシー」 (雑板屋)
1作目の「ボーン・アイデンティティ」で、アクションも頑張っていたマット・デイモン。 今回2作目は残念ながら劇場鑑賞を逃してしまって、ようやくのことレンタル鑑賞で! さて、今作の目玉はカーチェイス!って喜んでる場合ではない! ‘嗚呼~大変だぁ~’憧れの車メ
ボーン・スプレマシー (極私的、格付け!映画ガイド)
★★★★★ アクション映画として満点!! マット・デイモン、かっこいー!!(^_^) 頭イイ~!!)^o^( わざわざ、ジェイソン・ボーンのパスポートを使って掴まるところなんか、 感心、感心。逃げおおせる自身もあった訳だもんね。 一作目で、地図を見てから車を走らせ.
映画vol. 64『ボーン・スプレマシー』※TV (Cold in Summer)
 『ボーン・スプレマシー』  監督: 出演:マット・ディモン(「ボーン・アイデンティティ」「オーシャンズ12」) YAHOO 作品紹介 『ボーン・スプレマシー』を観ました。試写会で観ていたので、2回目です。 ◇ストーリ ...
映画vol. 64『ボーン・スプレマシー』※TV (Cold in Summer)
 『ボーン・スプレマシー』  監督: 出演:マット・ディモン(「ボーン・アイデンティティ」「オーシャンズ12」) YAHOO 作品紹介 『ボーン・スプレマシー』を観ました。試写会で観ていたので、2回目です。 ◇ストーリ ...
DVD「ボーン・スプレマシー」 (日々のつぶやき)
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、ジョアン・アレン、フランカ・ポテンテ 「マリーとインドで暮らしていたボーンのもとに追っ手がやってきた。恋人を失ったボーンは動き出し、丁度その頃、彼はCIAの仲間二人を殺したと疑われていた。再び追わ
映画「ボーン・スプレマシー」 (<花>の本と映画の感想)
ボーン・スプレマシー 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン, フランカ・ポテンテ, ジョアン・アレン, ブライアン・コックス 2004年 (再見) ジェイソン・ボーンは、マリーとインドのゴアで、隠れて暮らしていたが、ある日、暗殺...
ボーン・アルティメイタム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼<ボーン>が「記憶」を取り戻すとき 最後通告<アルティメイタム>が下される。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」 ・シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」  コチラの「ボーン・アルティメイタム」は、ロバート・...
映画『ボーン・スプレマシー』onTV(金曜ロードショーにて) (いんどあかめさん日記)
この間、これの前のを日曜洋画劇場で見て…これはDVD借りようかなぁと思ってたら、
ボーン・スプレマシー (Yuhiの読書日記+α)
ボーン・シリーズ第2作目。「ボーン・アイデンティティー」に続き、こちらの作品も昔映画館で見たのですが、内容をかなり忘れていたので、3作目の「ボーン・アルティメイタム」を見る前にと思い、TVにて再鑑賞しました。 あらすじは・・・ 前作ラストで再会したマリ...
ボーン・スプレマシー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ボーン・スプレマシー」は、「ボーン・アイデンティティー」の続編で、ロバート・ラドラム原作"ジェイソン・ボーン"シリーズ2作目となるサスペンス・アクションです。  ちなみに、原作の小説のタイトルなんですが、原題は、「The Bourne Identity」、「Th...
(映画)ボーン・スプレマシー (ゼロから)
ボーン・アルティメイタムで登場したパメラはベルリンで繋がっていたのですね。ボーンの彼女かと思ったら、CIAの捜査官のアシスタントとしてボーンに関わっていたのか。
映画 『ボーン・スプレマシー』 (こみち)
              JUGEMテーマ:洋画       ジェイソン・ボーン シリーズ     &n......