京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「のぞいてびっくり江戸絵画」/サントリー美術館

2014-04-29 00:04:29 | 美術・芸術・写真

「のぞいてびっくり江戸絵画」/サントリー美術館

【東京ミッドタウン(2014/4/19撮影)】

 

以前、江戸東京博物館で江戸時代の“だまし絵”を見たことがありました。
また、海外の作品でも、こうしたトリック絵画の展覧会を、確か渋谷は
文化村のザ・ミュージアムで見た記憶があります。

この展覧会では、江戸時代の後期、西洋科学の伝来とともに絵画に
新たな視覚効果や遠近法による手法、影による立体感、
その他様々な変化を歌川広重、葛飾北斎、小田野直武、司馬江漢らの
作品を用いて紹介しています。

第1章〈遠近法〉との出会い
第2章〈鳥の眼〉を得た絵師たち
第3章〈顕微鏡〉でのぞくミクロの世界
第4章〈博物学〉で観察する
第5章〈光〉と〈影〉を描く―影絵・鞘絵・鏡・水面

 詳細はこちらで  「のぞいてびっくり江戸絵画

僕が観たかった国芳の寄せ絵『みかけハこハゐがとんだいゝ人だ』は
残念ながら23日からの展示だったので観れませんでした・・・。
会期が5/11までなので、もう一度観に行く時間が作れるかなぁ(笑)

 
ミッドタウン内では「Flower Art Award 2014」が開催されていました~
どの作品も艶やかで、ショッピングや美術鑑賞、
そして変化のあるフラワーアートを愛でることができました

  

  

   

    

   

   

     

     

   

  


ps: 4/29に再び見て来ました 目的は達成~
朝10時からこういう美術に触れる人たちが居て、
なんだかとても嬉しくなった朝でした

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「幸福な生活」/百田尚樹 | トップ | 「越前居酒屋 うらら」/渋谷 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サントリー美術館 (サッチー)
2014-04-29 09:51:15
江戸の絵画とFlower Artとダブルでお楽しみ
されましたね。

化学的に裏打ちされた江戸絵画のトリックにも
意味があり滅多に見る事が出来ない展覧会ですね。

ミッドタウン内の花々を観るだけでもうっとりです。
いつも最先端の情報有難う。行ってみたくなりました。
Unknown (Ageha)
2014-04-29 10:38:58
必ずしもなんでも大阪開催があるわけじゃないので
こちらでかなりいろんなミュージアムレポを
みせていただいとります(^-^)/
アクアリウムにしても
百貨店のイベントスペースではどうしても
場所狭いですね・・・
六本木ヒルズの森美術館で
一番最初にみたのがやっぱ衝撃的だったかな~。
初体験てこともあったんだけども。(^_^;)

そのものに興味がなかったとしても
見せ方でもって楽しいと感じたら
それが新しい世界に触れるきっかけになったりします。
花もおんなじで
何度撮ったって咲いてる場所やアレンジでもって
ぜんぜん雰囲気かわりますしね~。

ホントダブルで楽しめてよかったですね~(^-^)/
トリック~ (cyaz)
2014-04-30 08:29:07
サッチーさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>江戸の絵画とFlower Artとダブルでお楽しみ
されましたね。
ミッドタウンはいつも幾たびに
館内で何らかイベントがあるので楽しみです!
ヒルズも同様ですが(笑)

>化学的に裏打ちされた江戸絵画のトリックにも
意味があり滅多に見る事が出来ない展覧会ですね。
実は昨日前回見そびれた例の絵に会って来ました!

>ミッドタウン内の花々を観るだけでもうっとりです。
ゆとりある館内を彩ってくれる花たちに癒されますね~♪
フィーリング~ (cyaz)
2014-04-30 08:32:53
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>こちらでかなりいろんなミュージアムレポをみせていただいとります(^-^)/
それはそれは、参考になれば幸いです^^

>アクアリウムにしても百貨店のイベントスペースではどうしても場所狭いですね・・・
そうかもしれません。

>森美術館で一番最初にみたのがやっぱ衝撃的だったかな~。初体験てこともあったんだけども。(^_^;)
専門館とでは規模も内容も違いますからね(笑)

>見せ方でもって楽しいと感じたら
それが新しい世界に触れるきっかけになったりします。
実際に感じることが大事なことです!

>咲いてる場所やアレンジでもってぜんぜん雰囲気かわりますしね~。
ホント、仰る通りだと思います。
だから何度も同じ花を撮り続けるのだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サントリー美術館 『のぞいてびっくり江戸絵画』 (Log Book)
春季皇居乾通一般公開に午前中行った後、 一転、六本木に来てみました。 まずは、皇居から来たので、地下鉄は乃木坂。 国立新美術館と言うのが良いのか、 あるいは、政策研究大学院大学というべきなのか、 ちょうど、その界隈に桜の、ちょっとした並木。 写真撮影スポッ...
「のぞいてびっくり江戸絵画」展 サントリー美術館 (猫アリーナ)
六本木・乃木坂 chariot 六本木のサントリー美術館では、「のぞいてびっくり江戸絵画」展が 開かれています。 会期は5月11日(日)まで、休館日は火曜日です。 江戸時代後期の蘭学の興隆とともに顕微鏡や望遠鏡などがもたらされます。 そこで、西洋の遠近法...
「のぞいてびっくり江戸絵画」 (弐代目・青い日記帳 )
サントリー美術館で開催中の 「のぞいてびっくり江戸絵画-科学の眼、視覚のふしぎ-」展に行って来ました。 http://suntory.jp/SMA/ “のぞいてびっくり江戸絵画”というタイトルからてっきり子供さん向けの展覧会かと早合点してしまいましたが、全然そんなこと...
「のぞいてびっくり江戸絵画」 サントリー美術館 (はろるど)
サントリー美術館 「のぞいてびっくり江戸絵画 科学の眼、視覚のふしぎ」 3/29-5/11 サントリー美術館で開催中の「のぞいてびっくり江戸絵画 科学の眼、視覚のふしぎ」を見て来ました。 江戸時代後期、蘭学とともに日本へやって来た顕微鏡や望遠鏡。それは日本人の....