京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ココ・シャネル』

2009-08-17 00:19:44 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「ココ・シャネル
□監督 クリスチャン・デュゲイ
□脚本 エンリコ・メディオーリ
□キャスト シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク

■鑑賞日 8月9日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 オシャレに縁のない男性でも、“シャネル”というトップブランドは知らない人はいないだろう。 ずいぶん前に「
ココ・シャネル」という映画を観たような記憶があるのだが、ココ・シャネルの半生を描くこの映画、そしてこのあとオドレイ・トトゥの主演で『ココ・アヴァン・シャネル』も続けて公開される予定である。

 ここで注目していたのは、そのココ・シャネルの半生をシャーリー・マクレーンが演じることだ。 実際のココ・シャネルがどういった人生を歩いたかのか、映画は彼女が失敗と成功を繰り返しながら、世界のトップブランドに到るまでを描いている。

 残念ながら老いてからのココ・シャネルをシャーリー・マクレーンが演じていて、殆ど若い頃の彼女はバーボラ・ボブローヴァという女優さんが演じていた。 彼女の演技は初めて観たが、なかなかこの映画に起用されただけの演技力はあったように思う。

 マルコム・マクダウェルは老いてもなお『時計仕掛けのオレンジ』のあの強烈なイメージが色濃く残っていて、それをなかなか払拭できないところだが、ここでは事実はわからないけれど、もう少し老いても男の色気のある男優を使うべきではなかったのか・・・。
 
 シャネルのファッションには殆ど興味がないが、映画の中ではビンテージ物の宝石やバッグ等々、シャネルの歴史そのものに触れたことは感動だった。

 彼女の生き方そのものが、頑なに自身のポリシーを曲げないところは、ある種成功するためのカリスマ性を持ち合わせていたのかもしれないが、それはサクセスストーリーとして描くことにして、もっと内面的な部分に触れて映画を描くべきではなかったのだろうか。 彼女の半生をなぞる程度のものは人の心に残る映画には程遠いものとなってしまっているような感じを受けた。

 と言いつつ、シャネルビルのウインドウの見方は若干変わったけれど・・・(笑)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多摩川の花火 | トップ | 銀座どうぶつ園/RING CU... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの女優さん (de-nory)
2009-08-26 21:48:41
cyazさん。こんばんは。
>殆ど若い頃の彼女はバーボラ・ボブローヴァという女優さんが演じていた。 彼女の演技は初めて観たが、なかなかこの映画に起用されただけの演技力はあったように思う。

ほんと、彼女の演技なかなかでしたよね。
素敵な女優さんだと思いました。
バーボラ・ボブローヴァ~ (cyaz)
2009-08-27 08:35:05
de-noryさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ほんと、彼女の演技なかなかでしたよね。 素敵な女優さんだと思いました。
シャーリー・マクレーンの演技を期待して行ったのですが、出番は少なく(笑)、むしろ殆ど未知な彼女の演技に魅せられました!
あたしだけ感想違うかも~(泣) (Ageha)
2009-09-24 19:03:02
先にオドレィバージョンを見た方がええらしいって事で逆にかなり期待して行ったんですが
シャーリーマクレーンの貫禄ある演技と存在感以外は眠かったです。

2作のシャネル映画の間にちょこっと参考までに文庫読みました。
オドレィバージョンのシャネルは確かに
恋愛だけだったら伝記ちゃうしっていうツッコミはあるものの、
ココの外見も
何より中身が限りなく忠実に再現されてる気がしました。

結局シャーリー版シャネルも肝心のファッションの話がサラリでは
どのみち満足はできませんでした。うぅぅ…、
なるほど~ (cyaz)
2009-09-27 08:59:12
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>シャーリーマクレーンの貫禄ある演技と存在感以外は眠かったです。
ありゃりゃ(笑)

>2作のシャネル映画の間にちょこっと参考までに文庫読みました。
さすが^^

>オドレィバージョンのシャネルは確かに恋愛だけだったら伝記ちゃうしっていうツッコミはあるものの、ココの外見も何より中身が限りなく忠実に再現されてる気がしました。
まだ観ていないのでわかりませんが(汗)

>結局シャーリー版シャネルも肝心のファッションの話がサラリではどのみち満足はできませんでした。うぅぅ…、
そうかもしれませんね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ココ・シャネル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの』  コチラの「ココ・シャネル」は、創業から100年、世界のトップ・ブランドであるシャネルの創業者で、生誕して125周年を迎えたココ・シャネルの生涯を描いた8/8公開のバイオグラフィー映画なのです...
ココ・シャネル (心のままに映画の風景)
1954年のパリ。 15年のブランクから復帰したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のコレクションは、周囲の厳しい反応で不評に終わる。 ...
『ココ・シャネル』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:COCOCHANEL監督:クリスチャン・デュゲイ脚本:エンリコ・メディオーリコスチューム・デザイナー:ピエール・イブ・ゲロー出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<...
ココ・シャネル/ COCO CHANEL (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click 「寝ている時は何を着ているのか」という質問に「シャネルの5番よ」と答えたマリリン・モンロー。 (着る=wearとかけて香水を。裸の意) そんな世界的大スターにも愛され、今もなおトップに君臨するブラン...
ココ・シャネル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 実は、デザイン画が描けなかった世界のトップクリエイター。
*『ココ・シャネル』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、クリスチャン・デュゲイ監督、シャーリー・マクレーン主演。
ココ・シャネル (そーれりぽーと)
今年はココ・シャネル生誕125周年にかけて、彼女関連の映画が3本も国内外で公開されるのだそうで、そのうち最初に日本に上陸した『ココ・シャネル』を観てきました。 ★★★ 老いて尚ファッション界のトップに返り咲き席巻する夢を“当然”と断行するシャネルは、結果1...
ココ・シャネル (シネマ大好き)
ブランドに興味がなく、シャネルでもったことのあるのは、昔買ったアリュールだけ。でも、香水をつけるのも何となく落ち着かず、いつの間にか古くなってしまった。だけど、ココ・シャネルその人には興味あり。ということで観てきました。 70歳で15年ぶりのショーに失敗...
ココ・シャネル☆COCO・CHANEL (銅版画制作の日々)
8月11日、京都シネマにて鑑賞。開場1時間前にチケットを購入しようと行ったところ、すでに6割以上座席は売れている状態。それからあっという間に満席状態となり、立ち見も出るほどの盛況ぶり。お客さんの9割が女性で、しかも年齢層はちょっと高めだ。やはりシャネ...
『ココ・シャネル』 (きららのきらきら生活)
「ココ・シャネル」観てきました♪
「ココ・シャネル」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.8.9 公開中の「ココ・シャネル」。 監督:クリスチャン・デュゲイ 脚...
ココ・シャネル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
偉大なデザイナー、ココ・シャネルの伝記映画が相次いでやってくるが、本作はもっともわかりやすい作りではなかろうか。孤児院育ちから、お針子になり、帽子作りで頭角を現した若き日々は、運命の恋人ボイ・カペルの出現によって激変していく。映画は恋愛を中心に語られる...
『ココ・シャネル』 COCO CHANEL (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
オドレィちゃんのシャネルが楽しみっすね。マッツのストラヴィンスキーもそれは待ち遠しい。今年はココYEAR!ココ・シャネルの伝記映画2本がお目見え。それと、日本公開は来年になるのだけれど、今年のカンヌ映画祭のクロージングを飾ったのもココ・シャネルを描いた作品...
「ココ・シャネル」@日比谷/渋谷+16スクリーン (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 18オープニング土日興収: 1078万円Bunkamuraル
ココ・シャネル (to Heart)
私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの 製作年度 2008年 上映時間 138分 監督 クリスチャン・デュゲイ 出演 シャーリー・マクレーン/バルボラ・ボブローヴァ/マルコム・マクダウェル/マルク・ボウシエ/サガモア・ステヴナン/オリヴィエ・シトリュク...
ココ・シャネル (LOVE Cinemas 調布)
誰もが知っているファッションブランド「シャネル」の創始者、ガブリエル・“ココ”・シャネルの伝記映画。主演でシャネルを演じるのはオスカー女優シャーリー・マクレーン。共演に若き日のシャネルを本作大抜擢のバルボラ・ボブローヴァ、そしてマルコム・マクダウェル...
【ココ・シャネル】 (日々のつぶやき)
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演:シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル    私は流行をつくっているのではない           スタイルをつくっているの 「1954年のパリ、15年ぶりにコレクションを開催したココ
「ココ・シャネル」 自分らしくあれ (はらやんの映画徒然草)
先日「ブランドの条件」という本を読んだところ、シャネルについて書いてあって興味が
ココ・シャネル/不在の父を求めて (マダム・クニコの映画解体新書)
ココは「恋多き女」といわれているが、少女時代に母を亡くし、頼るべき父にも棄てられて孤児になったため 、男性に父親的な存在を求めたのである。  その一方で、そうしたトラウマから、男性を心から信頼することが出来ず、結果的に棄てられる、ということを繰り返した...
モードの先駆者~『ココ・シャネル』 (真紅のthinkingdays)
  COCO CHANEL  1954年、パリで15年ぶりのコレクションを開いたココ・シャネル(シャーリー・ マクレーン)。しかし、プレスの評価は惨...
*ココ・シャネル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2008年  アメリカ 1954年、パリ。空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネルのオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰め掛けていた。しかし、コレクションは不評に終わり、...
ココ・シャネル (墨映画(BOKUEIGA))
ブランド品。私にとっては、ほとんど興味が無い世界。 ファッションに気を使わなくは無いのだけれど、「有名ブランドでないといかん。」ということは全く無い。 そんな、私でも知っている「シャネル」。 その創始者ココ・シャネルの半生を描いたドラマである。 シャネル...
ココ・シャネル @試写会 (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
ココ・シャネル  原題:COCO CHANEL 7/14(月)@よみうりホール ↑の画像探すのに何時間かかったことか(滝汗) オドレイ主演作のシャネル映画はいっぱい画像出てくるのに こちらの映画の画像はなかなか出てこないのだもの・・・
「ココ・シャネル」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
純粋なフランス映画で見たかった!!何となく違和感が拭えないのですよねえ・・渋谷ル・シネマは、シャネルの話だけにほとんどが女性客。黒と金のおシャネル満艦飾の婦人から109ファッションまで幅広い年齢層。どことなく香水の香りも漂っていました。映画そのものは・・....
ココ・シャネル (ルナのシネマ缶)
シャネルの服とかバッグとかお高いモノは、 何も持っていないのですが、 昔彼女の伝記を読んでから 彼女の生き方は、ちょっと 凄いと思っていたので これから、上映予定の作品を含め シャネル3作は観たいと思っていました。 まずは、1作目往年の名女優 シャーリ...
ココ・シャネル (こんな会社でごめんあそばせ)
★★★ 監督:クリスチャン・デュゲイ 出演:シャーリー・マクレーン バーボラ・ボブローヴァ ストーリー 1954年パリ 15年ぶりの復帰コレクションを開くココ・シャネルだが、結果は失敗に終わる ここで回想シーンに入り、裁縫で幼い頃から病弱な母の手伝い
★★「ココ・シャネル」武蔵野館で観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
今日は都内で用事があったので朝一の回で新宿武蔵野館にて「ココ・シャネル」観てきました。 株主優待が切り離し向こうになってからは期限ギリギリになって少し使って残りボツになってます 9/10までの優待が4枚残っているのにやっと1枚消化 残り3枚も使えないよぉ 今...
ココ・シャネル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
シャネルブランドの製品は残念ながら香水くらいしか持ったことはないのですが^^;;;『ココ・シャネル』観てきました。ええ、シャーリー・マクレーンがあごに手を添えて斜め上目線のあのポスターの映画です(笑)幼いころに母と死別、修道院に子どもたちを託した父親は、別...
ココ・シャネル (映画どうでしょう)
映画 ココ・シャネル の感想 トップブランドシャネルの創始者でデザイナー、ココ・...
ココ・シャネル (映画の話でコーヒーブレイク)
あまたある伝記物の本や映画は、大きく分けて二通り。 困難を乗り越え成し遂げた功績を称え賞賛するものと、 偉人として確立しているイメージと異なる面を描き、「実はこんな面もあった」とか 「えっ、こんな人だったの・・・」ちょっとしたショックを与えるもの。 「人間...
ココ・シャネル (こんな映画見ました~)
『ココ・シャネル』 ---COCO CHANEL--- 2008年(アメリカ/イタリア/フランス) 監督:クリスチャン・デュゲイ 出: シャーリー・マクレーン 、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル ファッション界の巨人、ガブリエル・“ココ”・シャネルの人生をシ...
ココ・シャネル (Diarydiary!)
《ココ・シャネル》 2008年 アメリカ/イタリア/フランス映画 - 原題 -
シャーリーマクレーンは圧巻。~「ココ・シャネル」~ (ペパーミントの魔術師)
やっぱり貫禄の差。そらもうこのひとはすごい。 実際のココはもっとスリムですが そんな細かいことはどーでもよくて いやもうなりきってましたね。 さすが、大女優です。 そらこのひととオドレィを比べたらあかんかも。 (わわわわわ) でも、ちょこっとしか出ない、残...
恋とファッションと自立。~ココ・シャネル&アヴァン・シャネル~ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 ま~た、このテーマでBookは、ねーだろ~とつっこまれそうですが。(笑) 今年は生誕125周年、シャネル設立100周年だそうで。 何もこの時期バッティングしてシャネルを2本続けて上映しなくてもと 思いつつ。 しかもこの話において出てく...
ココ・シャネル (Diarydiary!)
《ココ・シャネル》 2008年 アメリカ/イタリア/フランス映画 - 原題 -
ココ・シャネル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「私は誰にも借りはない。私が感謝する相手は私だけ!それが“シャネル“って名の重みよ!」ファッション界に革命をもたらした世界的なデザイナー、ココ・シャネル。 数々の伝説に彩られた彼女の人生の真実を豪華キャストで感動的に描く。 物語:1954年、パリ。70歳...
ココ・シャネル (愛猫レオンとシネマな毎日)
「ココ・アヴァン・シャネル」に引き続き「ココ・シャネル」のレビューとなります。 こちらは、ココの半生にわたるお話でした。 ストーリーは、1954年、71歳になったココが15年ぶりにモード界に カムバックするところから始まります。 でも、第1回目のコ...
ココ・シャネル (2009 映画観てきましたっ!)
大好きなシャーリー・マクレーン主演の 「ココ・シャネル」を 札劇さんで 観てきましたっ!
ココ・シャネル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ココ・シャネル’08:イタリア+フランス+米 ◆原題:COCO CHANEL◆監督: クリスチャン・デュゲイ「ヒューマン・トラフィック」(TVM) 「アート オブ ウォー」◆出演: シャーリー・マクレーン 、 バーボラ・ボブローヴァ 、 マルコム・マクダウェル ◆STORY◆1954年、...
mini review 10442「ココ・シャネル」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。第二次世界大戦後、亡命生活を終えてファッション界へカムバックを果たした1954年以降のシャネルが、自身の駆け出しの時代を追想する2部構成で、世界で最も有名なデ...
「ココ・シャネル」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
シャーリー・マクレーン演じるの“現在”よりも、回想シーンの方が多かったんですね
映画評「ココ・シャネル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年フランス=イタリア=アメリカ映画 監督クリスチャン・デュゲイ ネタバレあり
ココ・シャネル (映画鑑賞★日記・・・)
【COCO CHANEL】 2009/08/08公開 アメリカ/イタリア/フランス 138分監督:クリスチャン・デュゲイ出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク1954年、パリ。15年の沈黙を経て、復帰...
ココ・シャネル (のほほん便り)
どこか総集編っぽいなぁ、と思ってたら、やはりテレビのダイジェスト版、だったみたいですね。 晩年のシャネルと若き日の彼女のオハナシが並行して進みます。 どちらも、最初は、復帰の失敗だったり、極貧時代の苦労話から始まりますが、基本的に双方、サクセス・ス...
ココ・シャネル (Yuhiの読書日記+α)
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。監督はクリスチャン・デュゲイ、キャストはシャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル他。 <あらすじ> 1954年のパリ。空白の15年....