青島留学老人日本生活記

留学後日本の生活記

観光ボランティア勉強会

2017年05月25日 | 観光

5月24日観光ボランティア現地勉強が大里地区で行われる。

関門海峡を挟んで下関彦島の対岸の門司地区は古くから「柳」「柳ケ浦」と呼

ばれていたが治承、寿永の乱で安徳天皇を伴った平家一行が「柳の御所」を

設けたことから「内裏ダイリ」と呼ばれるようになりました。江戸時代に入っ

て抜けに、漂流が頻発するようになり朝廷から異国賊船平定の命を受けた

為、時の藩主内裏の海に血を流すのは畏れ多いとして「大里」に書き改めま

した。

明治時代なると鈴木商店を始めとする工場や企業の進出が進み一大臨海工場

群地帯を形成した地域です。

新装なった門司駅の北側出口 

門司赤煉瓦プレイス施設群に集合して勉強会です。

 

ビール工場の跡地はビール関係の展示館となっている。

大正2年ころのレンガ建造物

最初の頃はさくらビールのちに合併などでサッポロビールとなり日田に工場

が出来て移転する迄稼働後閉鎖となる。

拡大用

 

この地区一帯は豊前大里宿が有ったところで、本州に渡る海駅として

小倉湊ともに開け九州の諸侯は最短距離で安全なこの地を渡海に利用した

 

 

 

拡大用

対岸の下関彦島

現在も稼働中 関門製糖倉庫

役2時間の現地勉強会を終えて皆さんは昼食に向かうが近くの小森江駅

から失礼する。

結構歩きました。

長崎街道 大里宿

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

活動

2017年05月16日 | 活動

13日 硯友会総会に参加してきました

硯友会とは門司中、門司東,門司高校同窓会の名称です、時代と共に校名が変

わって来ました。門司の人口減少により十数年前門司高校と門司北高が統合

され門司学園が新設となり、その際中等部が併設され中高一貫校が新設され

新たに同窓会が新設されたので

会員の参入は十数年なくなり会員は高齢化するばかりです。

そんな現状の中で 卒業生400名が参加し卒業年度ごとにテーブルに座り

会場は同窓会の状態です。

会場はリーガロイヤルホテル小倉:

1部;総会(役員の選出、事務報告、会計報告、予算案の承認)など

2部;懇親会(来賓の挨拶、懇談、抽選会)など

17;00時解散

 

39回生は門司に場所を移して2次回を開催する。

皆さんカラオケが上手です!

次回の開催を期待して帰路に就く。

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

観光ボランティア

2017年05月11日 | 活動

10日;観光ボランテイアの勉強会に参加する。

本日の勉強会は歴史等の勉強ではなく外国人観光客に接する英語会話の

勉強会である。もちろん教師は会員の中から当番になった方である。

簡単な内容なので紹介します。参考に中国語併記します。

  

拡大用

T;foreign tourist

G;volunteer guide

1)きょろきょろしている外国人観光客に話しかける。

G)Hello,how are you,I am xxx。 What are you looking for?

你好,我是xxx。怎么啦?你找什么?

T)I think I,m lost。Tell me where am I

    好像迷路啦,请教给我,现在我在哪儿?

G) You,d better take this map. You are here now on this map.

   你拿着这张地图,你现在在这儿。

T)We want go to Mojiko Station,tell me about the direction.

  我们想去门司港火车站,请请教给我怎么走?

G)Mojiko Station is cross the traffic light and turn the right。

   门司港火车站是过信号,右拐就到

T)we want to catch a taxi,Where is the taxi stand?

 我想坐出租车,出租车站在哪儿?

G)You can get a taxi from Mojiko Station。

     在门司港火车站就可以坐。

G)Shall I take a photo(picture) for you?

    照相吧?按一下

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日記 散歩

2017年05月08日 | 日記

運動不足が指摘されますので家内と二人で曽根干潟迄散歩に行きました。

生憎と干潮時でなかったので干潟は見えませんでした、又夕陽も狙っての

散歩でしたがこれも残念ながら黄砂現象で霞んでます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生活 ヤマトバラ

2017年05月01日 | 生活

ここ数日の晴と温度で塀のヤマトバラが一機に満開になる

サクランボの花は散ってしまったが結実するのか未だはっきりしない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

活動 委嘱状交付

2017年04月26日 | 活動

25日;北九州観光局とコンベンション協会が統合し北九州観光コンベンショ

ン協会と名称変更になり、初めての全体会議があり従来の観光ボランティア

のメンバーに対して委嘱状が交付される、今年度活動方針の説明、観光ボラ

ンティアの協力依頼等説明あり。

 

久し振りの小倉駅;本日の会場はAIMビル

観光ボランティアの登録数は約115名

名札 名刺の交付

 

帽子 ジャケットの交付今年度の活動方針の発表で終了。

コンベンション協会と統合で目新しいのは 公益法人から財団法人

に変更;学会、展覧会の誘致に力を入れることになる。観光客誘致に

つながる方法を取り入れる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小学校の同窓会

2017年04月13日 | 日記

4月11日;幹事さんの配慮で桜が満開の頃を見計らって小学校時代の同級生を

対象に古希の祝いを兼ねて同窓会を開く。

場所は故郷に近い求菩提山の麓の谷合にある卜仙の湯で開催。

11日は生憎の雨だったが下曽根駅からがら空き状態の日豊線中津行で吉富駅まで

約50分の汽車の旅がスタートである。

1車両に3,4人

吉富駅から集合場所の上毛町役場までバスが無いのでタクシーを利用する。

予定では駐車場に卜仙の湯のマイクロバスが迎えに来るので11時発には

充分時間があるので秋𠮷家の家系図を作成しようと思い役場で除籍謄本を取る

少々値段は高いが5代遡ることが出来た。

駐車場に15分前にはマイクロバスが居た事は確認していたが、新しくなった

小学校の見物やら除籍謄本の受け取りやらで時間が過ぎバスに乗るべく

駐車場を確認したらバスが居ない!

11時前に出発している。慌てて幹事に電話すると運よく近くを車で移動中で

拾ってもらう。

木造から鉄筋二階建てに変わっていた。

校庭にあった銀杏、ヒノキは校舎の近くになった感じがする、運動場が狭く

なったのである。

 

11:50には卜仙の湯に到着する。ここで参加者14名が揃い

12時には宴会がはじまる。懐かしい顔ぶれである。

ここは元山間の小学校の跡地に新築したので名残として校舎の周りに桜がある。

校庭の跡地が駐車場になっている。

 

宴会のメニュー

 

各自半生を紹介しながら進んでく。 各自色々なエピソードを持ってる

物ですね。

途中車椅子で来られた恩師の挨拶もあり、大変有意義な一時でした。

楽しい宴会も直ぐに終わり、日帰り組が帰宅となり名残惜しく分かれました

が、宿泊組は温泉に浸かり、部屋で小学校時代の思い出を語らあい、夕食は

軽く牛蒡うどんで済ませ各自自由に行動する。

 

一夜明けると雨は止み昨日雨で見え無かった求菩提山が窓越しに

特徴の有る姿が望める。

8:00朝食

朝から見た目の良い朝食を頂く。

谷沿いの旧小学校校門付近にあった山桜は残念ながら散っていた。

9:30 満開の桜の前で喜寿のお祝いに再会しましょうで解散になる。

中津方面から参加したUさんが吉富駅までご丁寧に送ってくれる、

山国川を渡ると直ぐにある福岡県側の駅である。

12時に自宅に到着;楽しい一日でした。

幹事様、参加者の皆さん有難うございました。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

観光;勉強会

2017年03月25日 | 観光

毎週第三水曜日は観光ボランティアの定例会です。

3月は年度末で勉強会は簡単に済ませて、新年度の班割り当ての抽選会

が行われる。12班に分け勉強会の講師当番を決めます、私は4班を引き当てる

講演月と講演内容は後日決定です。

門司港駅 現在改装中で重要文化財の修復の為予定より1年程遅れる

そうである。

門司港駅前に移築した旧三井俱楽部;彼岸桜が満開に近い。

この日の会合では 観光局とコンベンション協会が統合されるに伴い

ベテラン会員の退会も発表され寂しくなる。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

北九州OB会

2017年03月21日 | 生活

本籍地 豊前と小倉霊園の先祖の墓まりを済ませ、

16:00から小倉駅前コレットでミニ北九州OB会に参加する。

中華料理で期待してたが日本風にアレンジした中華料理で、糖醋里脊,

红烧茄子はメニューに無かったのは残念でしたが、久しぶりに歓談できた

のはとても嬉しかった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観光ボランティア

2017年03月18日 | 観光

観光ボランティアの勉強会で15期生対象に小倉街歩きコース実施

小倉駅2F 観光案内所前に10時集合

入り口の前にロケ地の案内

北九州市はロケの誘致を行っているが東京より離れており、人気ドラマ

のロケには俳優の日程の関係で泊まり込みのロケは無理であり自ずと

制限されるのである。

小倉駅を出発し

小倉祇園太鼓の説明;作;高村光雲の弟子ー米静雲。

歩道橋の階段を下りると

昭和33年小倉駅新築の伴い住居は撤去されるが、平成10年小倉駅

改装に伴い碑が現地に移される。

駅から小倉城に向かって歩き始める。

昭和23小倉国体の時日本で初めてアーケードが出来上がった京町通り

ここは長崎街道の延長戦上で

門司の大里まで参勤交代往還路であった。

京町アーケードの突き当りは紫川で木造の常盤橋が架かっており、

渡り切手所が西溜で長崎街道の起点で25の宿場 228Kmを

7泊8日の旅が普通であった。一日約30K近く歩くのが普通である。

 

当時の橋脚を展示している。

拡大用

 

小倉県庁の跡;明治4年 企救群;豊津;千束;中津を合わせて小倉県が

誕生したときの県庁の跡地現在は医院になっている。明治9年に福岡県に

合併される。

 拡大用

後ろのビル リバーウオークの裏に

乃木希典の住居跡;

北九州芸術劇場の下敷きなっており石碑がビルの入り口に立っている。

芸術劇場の裏は堀を挟んで小倉城がすぐそばにある

 

1600年細川忠興は豊前の国を30万石で治め中津城に入るが、1602

年に小倉城を普請して入城する。中津城に入城した際、中津藩は黒田如水が

治めていたが福岡城の転封されるさい年貢米を根こそぎ持参したので細川藩

と黒田藩は仲違いし藩境に出城が整備されるが後の一国一城で取り壊される

 拡大用

小倉城は輪郭式 石垣は野面式 一部打ち込みハギ式

門の数は輪郭式なので大小合わせて48所ある。

  拡大用

小倉城のカメラポイント

駆け足の説明になりましたが最後は糠櫓にある糠炊きを土産販売所で

殿様弁当@1000 

をみんなで頂いて旦過橋市場を見学して解散である

3時間コース終了。

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加