でぇごんさんの大子日和♪

旧名「大子のでぇごん」。でぇごんさんの茨城県の大子町での日々つれづれ。
旧ブログ記事は「旧記事」カテゴリからどうぞ。

大子のまちうち、4年毎のお祭り。

2017年05月13日 | 日々つれづれ♪

新緑さわかな茨城県の大子町からです

つい先週、5月4日と5日は、大子町の中心街ことまちうち、旧七町内にて十二所神社のお祭りでした。
「十二所神社春季例大祭 余興ぶんぬき祭」

4年ぶりのご出社です。

春と秋に十二所神社では例大祭がありますが、4年毎の春にご出社の予定が組まれており、ちょうど今年がその年になりました。
当番町(今回は栄町)が祭りを取り仕切り、御神輿の渡御から各町内の屋台の運行を仕切ります。

さて、その模様を。



初日となる「宵町祭」、朝になると金町通りに七台の屋台が勢揃いし、御神輿の一行を迎えます。



ご神体をのせた御神輿が渡御、町内各地を巡ります。



行事の中で、当番町に御神輿の着く「御仮屋」にお着きになったとき、奉納演舞が披露されました。
「為我流・関口流奉納演舞」
張り詰めた空気感に圧倒される演舞でした。



御神輿が神社へお帰りになるときにも各町内の屋台が揃い、威勢良く御神輿は出で立ちします。
そこへ並ぶ各町内の屋台の豪華絢爛さも見どころ。
一番古いもので、泉町の屋台が弘化二年(1845年)にはあったという墨書きが残されています。

その屋台の巡行も見どころで、二つの大八車輪と天守閣様の形式をもつ屋台が前後に揺さぶられて威勢良く巡行する様は「祭り」そのもの!
囃子方によるテンポ良いリズム感のある囃子も一度聞いたらやみつきになるほどです。



夜ともなればJR常陸大子駅前に各町内の屋台が揃い、闇夜を割かんばかりの囃子の競演が繰り広げられます。
この囃子の競演を、「ブンヌキ」といい、当地の屋台や囃子の元と伝わる栃木県那須烏山市「山上げ行事」のブンヌキが元祖です。
かつては大子では、「ぶぢ合い」といわれ、屋台のすれ違いなどで順位を競う囃子方の競演でした。



名物「まるす前ぶんぬき」
4町内の屋台による天も割れんばかりの壮大な囃子の競演です。
屋台を曳く梶棒役の若連の若衆が沸き上がる、祭りの神髄の瞬間です。

文化と芸能の伝統を守り、後世に伝える役目の「お祭り」。
次はまた4年後を待つことになります。

今回、総若頭は「ぶんぬき祭」(以前まではブンヌキと言わなかった)を正式呼称として発行し、内向きだった地元の祭りを、観光においでの皆さんにも身近に感じて(ただし文化財である屋台には触れません)もらえたらとの意向がありました。

大子のお祭り。

地元が守り抜いていかねば伝わるモノがなくなります。

祭事神事として厳かな扱いは必須ですが、ひとつのコミュニティとしての「祭り」の認識も新たに、ということでもあるでしょうか。

各町内の文化財である屋台は、おいそれと町内でない人間に触らせることは御法度であるように、守らなければならない責任重大さを感じることのできた祭りでもありました。

…まだまだ大子は賑やかな頃です。
来週末にもイベントです。



第14回常陸国YOSAKOI祭り。
新緑の頃、大子の商店街で踊る爽快感はなんともいえないものがありますね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見頃を迎えた奥久慈大子の桜。

2017年04月13日 | 日々つれづれ♪

ますます桜色な、茨城県の大子町からです

今日、4月13日の大子の商店街あたりの桜模様です。



北田気地内、旧大子自動車学校前より。
右手に久慈川、左から押川、二つの川に挟まれたあたりが大子町の中心市街地こと「まちうち」、「大子の商店街」です。
かつて昭和30年代頃、町村合併があるまではこの中心市街地あたりだけが「大子町」でした。川の東側が「袋田村」だったのです。

湯の里公園の桜も満開ですね。



町役場わき、押川堤防の桜並木です。



後山地区にある、十二所神社にも桜が咲き誇っています。
来月はじめの連休にある「お祭り」はここの神社の祭礼です。



本町通りから十二所神社の参道「百段階段」を上りきって振り返った大子の商店街です。



先日に案内しました、湯の里ふれあい公園の桜ライトアップ。



公園内に駐車場、トイレもあり、お花見ができます。
ちょっとした広場もあるので、お子さんの遊び場にもなります。
※救急ドクターヘリの発着場でもあるので、緊急時には指示に従って下さい。長時間の占有はご遠慮下さい。



大子の商店街を歩けば、通りの向こうに桜が見えます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥久慈大子の桜前線、いよいよ満開へ!

2017年04月11日 | 日々つれづれ♪

まだ気温が低く雨がちな茨城県の大子町からです

4月10日の大子町は中心市街地、まちうちこと大子の商店街です。



つい先日に咲き出した桜も半割が咲き、今週末が見頃になりそうです。



まだ咲き出しで気温が低いため開きが小さめです。



国道118号線沿い、松沼堤防の桜並木です。
満開になるとまた違った模様になります。
なお、例年はライトアップがありましたが、都合により今年は設置されず、代わりに下記にある「湯の里ふれあい公園」でライトアップがあります。



大子町役場わき押川堤防の桜並木では、ほぼ満開。
カラフルなJR水郡線「奥久慈清流ライン」とのショットも良いですね。



旧グランドホテル跡地、町役場前の「湯の里ふれあい公園」の桜並木。
広い場所なので、シート広げてお花見もできます。

また、急な展開でしたが、ここではライトアップが始まりました。

湯の里公園 桜並木ライトアップ
平成29年4月10日~4月中旬(開花状況で変動します、散るまで)
午後6時~午後10時まで
大子町観光協会主体開催



早くも町内では鯉のぼりを立ち上げた所もあり、一気に春爛漫に向かっています。
楽しみが増えてきますね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥久慈大子の桜前線、開花してきました。

2017年04月04日 | 日々つれづれ♪

いつもより遅めの春の訪れな茨城県の大子町からです

大子町役場わき、押川堤防の桜並木には、他の枝に比べて一足早く咲き出す枝があります。



これ↑
日当たりと温かくなりやすい環境でしょうか。



今日、4月4日に見上げたところ、数輪が咲き出していました。
いつもの年より1週間くらいは遅れての開花です。



押川堤防の他の桜のつぼみはまだ、こんな感じ。
やはり茨城県の県北にある大子町は本格的な桜模様はまだまだです…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥久慈大子に春ようやく。

2017年03月20日 | 日々つれづれ♪

春霞…な茨城県の大子町からです



大子町役場わき、押川堤防から男体山方面です。
時期柄、花粉も多く飛散しています。。。

春彼岸になり、ようやく季節も巡り変わってきました。



町役場入り口の梅も見頃終盤、日中気温も15℃ほどと暖かくなってきました。

さて、気になるのは…桜



大子町役場わきの桜並木。
ここ、大子町の中心市街地こと大子の商店街は、自然豊かな山あいの街。
久慈川と押川それぞれに堤防があり、桜並木があります。



つぼみが膨らみだしてきました。



大子町で真っ先に開花するらしい、町役場本庁舎にかかる桜の枝も、大きな膨らみのつぼみが見えます。
早ければ今月末には開花するかもしれませんね。



カラフルなローカル線「奥久慈清流ライン」JR水郡線とのショットも楽しみになりました。

ちなみに!
今年の春、5月連休には、大子の商店街、つまり旧七町内で4年にいっぺんの「お祭り」です。



これも楽しみな、自然に囲まれた昭和レトロな今を生きる街並みとともに盛り上がる「お祭り」です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10回目の大子町の百段階段でひなまつり。

2017年02月27日 | 日々つれづれ♪

いよいよ春の訪れを強く感じる、茨城県の大子町からです

昨日は大子町商工会女性部さんが主催で「百段階段でひなまつり」でした。
平成20年(2008年)に初めての開催をしてから、途中3回目だけ雪による中止でしたが、10回目を数えることになりました。



大子の商店街、本町通りにある十二所神社の参道「百段階段」が会場です。
階段を雛壇に見立て、豪華壮大に飾られました。
お飾りは町内から、さらに全国から御寄贈頂いたものです。



階段を一方通行ながら上って飾りを楽しめるのも大子ならでは。
100段の階段飾りは日本一!でしょう。





階段を上ってすぐに開けた場所で、物産展が置かれ、大子町の逸品が集っていました。



参道をさらに進めば、十二所神社。



本堂前では御巫女さんの「浦安の舞」が披露されました。

もちろん、大子の商店街でもたくさんの人出です。
町の人口18,000人の倍ほどの人が押し寄せるとすごいことに!



階段を目指す行列が本町通りの端まで伸長していました。



駅前中央通りも昭和懐かしの風情を現役で残す街並み散策を町内ひな飾りとともに楽しんでいました。



今回は第10回記念特別企画としてライトアップの演出も同日の夕方5時~夜7時まで行われ、昼とは違った様子でした。
ところで、この様子、一番はじめの「百段階段でひなまつり」と同様の飾りのように見えます。



こちらが平成20年(2008年)に初めて開催された「百段階段でひなまつり」です。
準備期間が短かったことと、ひな飾りが間に合わず、中段までの飾りでした。
これが始まりだったのです。以来、百段まで飾りを揃えたり階段脇の側溝まで飾りを置く工夫をしたり、町内の各事業所へ飾りを置いて散策も楽しめるようにしたりと発展して継続されてきました。
商工会女性部さんの主導に加え、商工会・商工会青年部、周辺地域の方々の協力を加えながら続いてきました。

町活性化や発展につながっていく挑戦、そして継続。
来年も良い天気の中で百段階段でひなまつりができることを願っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第10回 大子町 百段階段でひなまつり。

2017年02月22日 | 日々つれづれ♪

三寒四温の頃、春の足音が聞こえてきた茨城県の大子町からです

まだ雪が降ってきたり冬将軍が居座っていますが、春将軍も近くまでおいでになっているのでそろそろ

さて、先週末より大子の商店街ほか、町内各地ではひな飾りがお目見えしています。
今年10年目を迎える、大子町商工会女性部さん主催の「百段階段でひなまつり」が今週末です。



大子町 百段階段でひなまつり
平成29年2月26日(日) 雨天中止、一日限りの百段お雛様
午前9時~午後3時
第10回記念特別企画ライトアップ 同日 午後5時~午後7時

町内ひな飾り
平成29年2月18日(土)~3月5日(日)
町内150ヶ所に工夫を凝らしたひな飾りがあります。
以下に町内マップがあります。


古き良き時代をそのまま残す、昭和レトロな「生きている」街、大子の商店街をお楽しみ下さい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厳冬期ならではの奥久慈大子の風景

2017年01月25日 | 日々つれづれ♪

冬来たりて年が変わり…春近し…といえど寒し!な茨城県の大子町からです

1月25日の朝は、マイナス8.8℃!
数日前から寒さは続いていましたので、この時期ならではの神秘的な光景が見られました。



大子の商店街を流れる久慈川で、「しが」です。
「しが」とは、川の流氷現象で、北海道の一部と、ここ大子町~福島県矢祭町あたりの久慈川でしか見られない光景です。
寒ければ流れるものではなく、数日間の寒さが続く、久慈川の水量が少なめでキレイなことなどいくつもの条件が揃って初めてシガは流れます。
まだまだ謎も多い、だからこその神秘的な現象です。



このあたりは地面が強固な岩盤で、冷やされた岩の周りに氷結がみられます。
どうやら凍り付いたものが剥がれてながれたものとは違う、シャーベット状の固まりなので謎ですね。



シガの流れる風景で有名な、袋田にある南田気の地獄橋です。
ここまで流れるのは3年ぶり。
去年一昨年は暖冬でしたね。ここは。



大子の商店街から北側、矢田地区ではこんな大量のシガ。
午前10時頃まで流れていましたが、ここより南では日当たりも良くなる流域のため消滅していました。

寒いならではの、絶妙な条件で見られる「しが」。
奥久慈大子の宝物です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奥久慈大子に冬来たる。

2016年12月11日 | 日々つれづれ♪

めっきり冬模様になった茨城県の大子町からです

つい先日、11月にしては珍しいとされる雪景色が見られました。



早くも積雪した大子の商店街でした。



大子の商店街からちょっと走るとのどかな里山景色、なんと早くも雪景色。
「ぼっちでart」が町で企画され、ワラボッチなるものが田園地区に設置されています。
かつてはこうして稲ワラを家畜のエサ用などに保存してあったそうです。

さて、冬。
まずはクリスマス。

大子の商店街でもイルミネーションが灯る頃になりました。





JR水郡線 常陸大子駅前の駅前中央通りにある大子町文化福祉会館にイルミネーションがあります。
駅前通りを中心にした商店主たちからなるニューウェーブ21主催です。
平成29年1月末まで、夕方より灯ります。

また、今年も町および観光協会主催で「大子来人」ライトアップ事業のなかで、久慈川イルミネーションも始まりました。



道の駅だいご前より。
左の大子の商店街側、泉町・金町の堤防には竜をかたどったイルミネーション、右の国道118号線沿いの松沼堤防の桜並木にもイルミネーション取り付けされています。



松沼堤防の桜並木イルミネーション。



金町堤防の竜イルミネーション。



泉町堤防の竜イルミネーション。今年新たに設置されたデザインです。

久慈川イルミネーション
平成28年12月1日~平成29年1月15日の毎日、日没~午後10時まで。
主催:大子町・大子町観光協会http://www.daigo-kanko.jp/

ぜひ温かい格好で見においでください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥久慈大子の紅葉、そろそろ…晩秋。

2016年11月16日 | 日々つれづれ♪

静かに晩秋の足音になってきた。茨城県の大子町からです

さっそく、今日11月16日の早朝、大子の商店街からほど近い、もみじ寺こと永源寺さんです。



全山が真っ赤です。



早い紅葉のエリア、山麓の六地蔵様の古木は枯れて散ってきました。



ちょうど坂のあたりが見頃です。



お地蔵様もおでむかえ♪



落ち葉を眺めながら上る楽しさ。



境内は、すでに晩秋風情です。



今年もいい紅葉具合でした。



ちょうど階段の参道も見頃になっています。



まだちょっとは楽しめます。



お早めに。
今週末までが見頃。あとは落ち葉。



今、町および町観光協会主催で日本三大瀑布の一つ、袋田の滝ライトアップ「大子来人」が始まっています。
こちらもオススメです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加