オーガニックな暮らしの入口 灯鳥 potori organic bazaar

リゾナーレ八ヶ岳の灯鳥オーガニックバザールから
セルフケアにむかう食・布・香をお届けします。
potori.org

ありがとうございました。

2017年01月16日 | お知らせ
店主の津島優子です。

1月10日最終営業、1月15日完全撤収。

無事完了しました。

最後の1ヶ月は本当にたくさんの方が何度もご来店くださり、

嬉しい限りでした。

特に最後の数日は、企画展の開催もあり、

それはそれは、毎日が違うモードで、

ドラマのように面白いことが連続。

はなむけのような数日でした。


3年間店長を務めてくれた柿澤めぐみと、店主のわたし、

それぞれにこれからが楽しみな気配に満ちています。

いったんリゾナーレ八ヶ岳店からの卒業、解散ですが、

同じ方向を向いて、新たな冒険の旅にでるような感じがしています。

旅の途中で時々合流しそうな(水戸黄門のお銀のように)。

あくまで予感ですが。



ひっこし先には、超急ぎで小屋を建てていただき

家具類を運び込み、リゾナーレに鍵を返却した30分後に

思いがけず小屋の鍵を受け取ることになりました。

仮の物置小屋で、まだ壁の仕上げなど残っていますが、

この土地が動き出したように感じました。

残務整理が落ち着いたらホームページ(トップは少し変えました)や

こちらのブログ、オンラインショップなど整理をして、

新しい場所を作っていくようすもお伝えできればと思います。







いままでありがとうございました。




またお会いしましょう!





l'isle




コメント

ミシェルのお菓子展始まりました

2017年01月08日 | たべること
今日は午後から雪の予報で、午前中にお出かけを済ませた方が多いのかもしれません。

当店にも10時頃からたくさんの方がいらっしゃいました。

11時のミシェルさん登場とあいまってとてもにぎやかな午前でした。

お菓子待ちの方も多かったので、ミシェルのマリさんは鞄を背負ったまま陳列。


皆さんほとんどの方が3点以上お菓子を購入されていました。

魅せられますね。

この企画を知らずに来店された方でもね。

せっかく写真を撮ったのに、この雪騒ぎでカメラを店においてきてしまいました。


michelleの名前の前に書かれた、jeu de manneという言葉は

ミシェルさんの造語で、マナ(神様のたべもの)で遊んでみるというような意味だそうで、

たくさんのマナがお菓子使われています。

今回つくってくださった中でも、


小淵沢産自然農小麦(挽きたて)

スペルト小麦(長野産)

カマヒ蜂蜜

吉野葛粉

アガベシロップ

アニスシード

などなどのへえーーっていう素材、

そしてコーヒーケーキもコーヒーばりばりではなく、

スパイスのようにほどよく使われているのが面白い。


身体に優しく、

力ある素材を活かし、

美しい宝石のような、、そんなお菓子。


明日も雪の影響があるかと思います。

運転の心配の無い方はお気をつけておでかけください。

心配な方は、10日にも少し残っているかもしれません。

(売り切れたらごめんなさい)


予定では、ミシェルさんも納品したまま在店くださる予定。

私も早起きして雪かきして、なんとか出勤します。

(今夜のカンジでだいぶ心配もありますが)

万が一、、がありましたらこのブログではお知らせしますね。



l'isle


コメント

閉店までのイベント諸々

2017年01月07日 | イベント
店主です。

お正月が明けてからは、ゆっくりじっくり商品をご覧になる方がとても多いです。

あと4日〜!わわわ。

というわけで、慌ててこれから4日に関しての出来るだけの情報をお知らせします。


☆ライトネスツリー 世界の鉱物展 最終日です!

概要はこちら



ちょっとだけ、、と覗いてみた方も惹き込まれています。

目指して遠方から来店される方も多いですね。

石を囲んで話が弾むうちに新たなつながりができていく場面も。




今回はアクセサリーになっているものもたくさんあります。

お値段はほんとうに様々、石の種類によります。








私も前回の展示では原石を購入しましたが、

今回はペンダントが気になっています。

身につけてみたい。


☆ミシェルのお菓子で卒業サロン 明日から!

概要はこちら

8日、9日はミシェルさんのお菓子を特別販売!

灯鳥の開店は10時ですが、お菓子屋の開店は11時になります。

ハーブを使ったタルトとパウンドケーキ、マフィンなどの予定。

かぼちゃを使ったお菓子も登場しそうですよ。

小麦粉は小淵沢、富岡伸明さんが無施肥で栽培し低温で自家製粉したものですが

4日にひいてもらったばかりということで、

新鮮なお粉で提供できるのが嬉しいと、ミシェルさん談。

セルフカフェは今日まで鉱物展の会場になっている店内奥スペースなので、

きっと石達のエネルギーでいい時間がお過ごしいただけるかと思います。

ハーブティー、スパイスティーをご用意しております。

甲斐駒ケ岳写真展もぜひ眺めてくださいね。




☆『ご縁を探しに』カウントダウンセール!

一部の商品をセール価格で提供しています。

全部うりきりセールになるのかと思われた方もいらっしゃるようですが

ご期待に添えずすみません、、、。

大事に作られたものは大事に売りたいので、

長く在庫になっていたものや、サイズが限られてしまったものなどをセールにしております。

今日の午後からさらにお値引きいたします。

シューズ 50%off

一部のお洋服 30%off

一部の食品、雑貨 20%off


☆ガレージセール 8、9、10日

数はたくさんでませんが、一部の家具と備品を販売します。

アンティークのテーブルをいくつか、(10日〜14日に受取できる方、ご予約で)

雑貨少し。

本少し。

資材少し。

明日のことだっていうのにまだ頭の中がまとまっていませんが、

気になる方は覗いてみてください。

10日は静かに営業ですが、セルフカフェはそのままオープンします。


では、残り4日、毎日みなさまのご来店をお待ちしております!


l'isle






コメント

michelleのお菓子で卒業サロン

2017年01月04日 | イベント
店主です。

あれっ?いつの間にか残り1週間の営業です。

でもここからがもりもりです。

明日からは鉱物展(今回はたくさんの方から行きます!の声)、

そして8、9日はミシェルさんのお菓子の販売です!






ありがとう

また会いましょう

jeu de manne

michelle

ミシェルのお菓子で

☆新しくなる☆

閉店前の卒業サロン


2017年1月8日、9日



植物性の美しいお菓子の販売と

セルフカフェでイートインできるサロンを開きます。



とっても美しいお菓子たちなので写真を載せたかったのですが、

残念ながら用意できず、なんとかそのカンジをことばで表現してみたのですが

少しは伝わっているでしょうか?


ミシェルさんは、身体に優しく美味しい素材を追求しながら

植物性の材料でお菓子を焼いています。

素朴過ぎず、華奢すぎず、

神様からの贈りものである食べ物がエネルギーに満ちあふれ、

その贈りものを祀っているような美しさがあります。


今回は小淵沢産の自然農法小麦粉をベースに、

ハーブやスパイスですっきりデトックスして

新しくなる☆ 新作ぞろいのお菓子を作ってきてくださるそうです。

灯鳥は移転で新しくなる、年が変わって新しくなる、

別れがあれば新しい出会いがある、

心身から不要なものを手放して新しくなる、

ガレージセールで使い手が新しくなる、、、などなど

とにかく新しくなることがテーマです。


サロンではセルフカフェをご利用いただくもよし、

本棚からアロマカードをだしてひいてみるもよし、

となりの人と話してみるもよし。

自然に座談会みたいになったら楽しいですね。


ミシェルさんとは10年くらいのおつきあい。

甲府の自然食品有機村さんがまだ前の場所に店舗を構えていた頃、

出店で隣同士になったのが出会いです。

私はオーガニックカフェやっていた頃なので、

玄米のおむすびをはじめて販売した日だったと記憶しています。

なんだかすぐに馴染んで、お客様に同じ店だと勘違いされたような。

数年に一度しか会わない時期もありましたが、

いつもかなめの時期に現れて、進むべき方向に導いてくれます。

毎日連絡をとりあったり、同じ服を選んだりするのではなく、

こういうのが本当に友人という存在なのだと思います。

今回の企画が決まったのは、

有機村さんの最近のお祭りで同じ日に出店。

閉店の話をしていて思いつき、

すぐに決まりました。


楽しみですね。

ではではお待ちしております。



l'isle
コメント

手みやげに

2017年01月02日 | 季節のおすすめと入荷情報
おはようございます。

昨日の元旦はゆっくりして、

今日からお出かけしたり人に会ったりという方も多いのではないでしょうか。




フランスの伝統を守るショコラティエ ダーデンの有機チョコレートボックス2種類。

私たちは年末年始の仕事の一息に、少しずつ食べて「ん〜」とリフレッシュしています。

トリュフはダークとミルク(アーモンドミルク使用でビーガン対応)がチェス状に。

プラリネロシェは、3つの味。

お砂糖もきび糖なので、こくがあります。

各1958円





当店オリジナルの焼き菓子が3つ入って1000円のお得なパックです。

はちみつ以外は植物性。

どれも噛むごとに味が広がります。



他にも簡単な無料ラッピング、

有料のギフトボックスなどあります。

古式しょうゆ、心の酢、白たまり、蜂蜜、海藻など、

基本の食材を詰め合わせるのもおすすめ。


では今日もお待ちしております。


l'isle


コメント

津島隆雄写真展『甲斐駒ケ岳の姿』

2017年01月01日 | イベント
新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

あと10日で灯鳥オーガニックバザール八ヶ岳店を閉店します。

卒業してみたらきっと、

次に神様が用意してくださった武川の土地で、

何ができるのか、何を見つける事ができるのか自然と導かれるのだろうと思います。

閉店というと悲しい表情を向けられる事もありますが、

終わりが在るから新しい始まりがあり、出会いが在り、

それぞれが次の流れに乗れるのだと思います。

だから自分のことはもちろん、スタッフ、お客様、みんなの

これからがとても楽しみです。


店頭では、手みやげや気軽な新年の挨拶にぴったりのギフトを少しご用意しています。

いつものオリジナル焼き菓子が3袋はいったお持たせバッグ。1000円。

そしてフランス・ダーデン社のオーガニックチョコレートボックス。

こちらは2種類あって、トリュフ(ビーガン対応)とプラリネロシェ。

各1958円。限定10箱ずつの入荷です。


そして表題の写真展。今日からです。





では、初売り!お待ちしております!


l'isle






コメント

年末年始も無休です。

2016年12月31日 | 営業時間の変更など
大晦日。

これから出勤します。

年明けは何日から開いていますか?とご質問いただくことがありますが、

リゾートホテルの中に在ります故、年末年始はにぎやかなのです。

今日からはほとんどワタクシ店主と、店長柿澤が店にふたりで店に立つ日が多くなっております。

閉店まであと2週間ほど。

先日、「また」模様替えしました。

模様替えの度に新鮮な気持ちになります。



あたたかいインナー類も少し追加になっています。

お正月らしく、玄米もち、いつもの醤油や酢も充実。

お年賀などの手みやげにぴったりのオーガニックチョコレート、蜂蜜、お菓子など。


『手しごとのみらい』展では、写真やお話も掲示していますので、

品と合わせてご覧ください。


津島隆雄の写真展『自然詩集』は29日で終わりの予定でしたが、

まだ今日まで展示しています。

そして明日の元旦からは新シリーズ?『甲斐駒ケ岳の姿』を急遽!

伊勢和紙に印刷したはがきの販売もあります。

お正月と言えば富士山を思い浮かべますが、

甲斐駒ケ岳で始める新年もこの土地らしいかもしれません。


では今日もお待ちしております。


みなさん、よい年越しをなさってください。


合掌


l'isle




コメント

セール&入荷情報&『手しごとのみらい』展

2016年12月29日 | イベント
細々と、セールが始まっています。

お洋服が数点、服飾雑貨、食品など。

細々ですが、お正月明けにまた追加があるかもしれません。

期待せず『ご縁を探しに』覗いてみてください。


そして最後の入荷情報。


すでに入荷しているのは

プリスティンのあたたかウェア数点(タートルやVネック、パジャマ、腹巻き、おやすみソックスなど、、)

水上養蜂場の生絞り蜂蜜(あかしあ、葡萄、栗)、

灯鳥の焼き菓子(麻の実、栗とローズマリー、麻メイプル、カモミールと蜂蜜、ココナツ)

純米無濾過 心の酢。


週末に入荷予定は、

竹布 ふわふわの癒布(ゆふ)長袖&レギンスのメンズとレディース、マスクとハンカチ、

シルク&ウールのレッグウォーマー、

井上古式じょうゆと白たまり。お正月用にどうぞ。


明日からは『手しごとのみらい』と題して展示をします。

先人が紡いできた手しごとの技の継承。

手しごとのあたたかさがくらしにもたらす恵み。

今の時代だからできる、手しごとと機械仕事が融合。

そんなことを感じ、考えながら準備しています。

すでに店頭でご覧戴いている商品がほとんどですが、

売り場のレイアウトと資料でだいぶ見え方が違うかと思います。

私たちがどういう視点でものを選んでいくか、

ひとりひとりが買い物の時に少し意識することが

すでに無くなりつつ在る先人からの遺産を守る事に繋がるのではないかと考えています。


『手しごとのみらい』展

2016年12月30日〜2017年1月10日まで


陶房窯八 塩砂糖壷、酒器、花入れなど

鍛冶工房上田 包丁

きびhandwork リネンに刺すクロスステッチのストール、ブローチ、コースター

織人 佐々木トモミ ホームスパンのウールマフラー

Santulan 草木の木版捺染アジュラックの服

maito design work 原綿から染める草木染めのソックス、レギンス、カーディガン

Big Hug デザイナーが出会った作り手

     ポルトガルのバージンウール手編みのニットやタイの刺し子バッグ

海外の手しごといろいろ




さあさあ準備に取りかかります。


l'isle
コメント

LiGHTNESS TREE 世界の鉱物展

2016年12月29日 | イベント



世界の鉱物 New Year 展示販売会

2017年1月5日〜7日



半年前に開催した鉱物展。

今回はもっとじっくり落ち着いてご覧戴けるようにと考えています。

ライトネスツリーのまどかさんからのメッセージをお届けします。



■どの色が気になりますか?
上の写真を見て、どの色が気になるでしょうか?よく見ていただけると判るように、これらは全て石です。カラーセラピーが知られるようになり、色による自己分析が行われるようになりました。実は鉱物でも自己分析が可能だということはご存知でしょうか。


パッと見てはじめに目に止まった石、 気になって目が離せなくなった石、その石の名前が何でどこから来たのかも 知らないけれど、手に取らずにはいられなかった。そう言われる方がお客様の中に非常に多いです。そして、皆さんが驚かれるのは、その石の能力を知ってからで「今の私に必要な石だった」そうおっしゃられます。選んだ石で、 今自分が何を求めているのか、何がテーマなのか、自分自身の状態を確認することができます。今回のポトリさんで の展示即売会では、石選び、選んだ石が自分とどうつながりがあるのかご案内できるように準備させていただきま す。
 人と人とをつなぐのはご縁だと、実感される方は多いかと思います。人と物とも同じく。同様に鉱物選びもまた縁だと感じております。


■SHOP INFO
LIGHTNESS TREEは、オンラインの 鉱物のお店として2012年にスタート しました。当店では世界中から集めた天然石をご紹介しております。個人の自己実現をサポートするツールとして、 鉱物をお役立て頂ければ幸いです。

LIGHTNESS TREE オンラインクリスタルショップ http://lightnesstree.shop-pro.jp/ shop@lightnesstree.shop-pro.jp 「ライトネスツリー」で検索




■ボージャイストーン
 男の子と女の子の石がペアになっています。この石、詳しい活用法がようやく日本に公開されました。今回はこちらの石の情報もお伝えします。


コメント

陶房窯八 新年に迎えたい器

2016年12月21日 | 陶房窯八
こんにちは、店主です。

窯八さんの土の器が入っております。

ほとんどの場合は、私が選ばせてもらうことが多いのですが、

今回は窯八さんの販売部長、奥様の恭子さんセレクトです。

さすが!の、お正月向けセレクトです。

ざざーっと一部、ご紹介します。

登り窯に何日も薪をくべ続けて焼き上げる、

土と火が表情を作る器です。










片口酒器、ぐい飲みいろいろ。

焼きによってお値段はだいぶ違いがありますが、

呼ばれて手に取ったのがお高いのなら、お目高うこざいます。

お酒の道具は面白いですね。

目で見て雰囲気よく、手で触れて味わい、器によって香りも変わり、

飲み口の角度や厚みでも全く違う味わいになります。

ワインはみんなで同じ器で飲みたいけれど、

日本酒はいろんな酒器を用意して選んだり、比べたりするのも楽しい。

日本の文化の柔らかさを感じます。






こちらはワイン碗。

2011年から度々開催されている、

旅行業のタビゼンさん企画のツアーから生まれたワインを楽しむための器です。

ワイン用の葡萄を栽培し、ワインの醸造をする小山田幸紀さんと

陶房窯八の大橋睦さんが研究を重ねた器です。

このツアーでは私も料理担当でお仕事させていただいています。

面取りしてあるのは白ワイン用。

内側が渦巻き状になっていて香りが立ち上ってきます。

丸い方は赤ワイン用。

ブルゴーニュグラスのような形で香りが留まりやすくなっています。

我が家ではワインの他、濃いめのビールに使う事もあります。







窯変カップ。

窯変とは、窯焚きもピークになったころ、灰の上に器を落としそのまま焼くと

灰の中に含まれる鉱物が焼き付いて何とも言えない質感になる焼き方だそうです。

ガラス質が底に溜まっていることもあり、その理由を訊いたところ、

薪になる樹が土から水と一緒に吸い上げた鉱物なのだと。

自然の神秘ですね。

窯変の器は他に酒器、ぐい飲みもあります。

どれもお値段高めですが、ぐるぐるいろんな角度から眺めて飽きない

どこまでも続く宇宙のようです。








塩砂糖壷。

湿気を外にだしてくれるよさもあります。

小さめは食卓用や、ちょっと特別な塩を入れてもいいかもしれません。

さじも大きさや色みがいろいろあるのでお選びいただけます。












平たい皿、大小。

ちょこんと乗せるだけで様になる。





花入れ各種。

蓋付きのものは、花をいれていなくても様になります。


などなど。




参考に、我が家でほぼ毎日登場する皿に、

伊那谷でいただいた花梨と、

贈り物に添えてあったローズマリーを添えてみました。

小さき存在が実は偉大な美しさを備えている事に気づかせてくれる、

土の器にはそんな力があるように思います。



l'isle

写真:津島隆雄











コメント