オーガニックな暮らしの入口 灯鳥 potori organic bazaar

リゾナーレ八ヶ岳の灯鳥オーガニックバザールから
セルフケアにむかう食・布・香をお届けします。
potori.org

秋の冷え取りソックス入荷しています。

2016年08月27日 | 天然素材の服と冷えとり
おはようございます。

店主の津島優子です。


冷え取り健康法を実践している方の中には、

「もちろん夏だって冷えとりしてたよ!」と言う方も多いと思います。

冷え取りの基本的な考え方は、

人間の身体はいつも足の方が体温が低いため、

半身浴や靴下で下に行くほど温めた状態を保つと

血液の循環が適切になり、

人間が本来持っている免疫力や治癒力を取り戻す、というもの。


私は3年か4年くらい続けています。

きっかけは友人が病気になっていろいろな改善策を探していたときに、

いつも読んでいたmurmur magazineの冷え取り別冊が届き、

その友人に勧めてみたこと。

その直後に立ち寄った店で冷えとりソックスセットが目に入り、

っていうか、自分が専用のソックスを履いてみたことないじゃん!と気づき、

その場で購入。

帰宅して履いてみたら、なんじゃこりゃ気持ちいい〜となって今に至る、です。

もう少し若かった頃に、一年の間で履く靴が、

ビーサン(または下駄)かブーツの両極だった時期があり、

あの頃冷やしたのもあったのか、私の身体にはよくあう健康法のようです。

でも、それまで冷えてる自覚はなかったなぁ。

続けてみてよかったことは、私の場合は心の健康。

ストレスに強くなったり、自分の状態を見る勇気がでたり。

以前よりは、へんなこだわりが少なくなったようにも思えます。

レストランの時のスタッフたちも、バザールのスタッフたちも

冷え取りをやってみている人が多くて、

それぞれに、風邪をひきにくくなったり、明らかに顔色が良くなったり、

原因不明の不調が少なくなったりと、やはりこの健康法が功を奏しているようです。


半身浴が一番の基本だそうですが、

お風呂ごと活動するわけにはいきません。

そこで服の着方で半身浴状態を保ちます。

肌に触れるのはシルクがベター。

毒素を吸い出してくれます。

レギンスやレッグウォーマーなどで下半身を温かい状態に保ちます。



メリヤクー シルク10分丈レギンス 4500円+税




メリヤクー シルク2分丈インナーパンツ 3500円+税



そして、くだんの「冷え取りソックス」。




基本は4枚重ねます。

絹の5本指→綿などの天然素材の5本指→絹の先丸→綿などの天然素材の先丸。

更にどこまでも重ねてOK。

本気で取り組みたい!と言う方はたくさん、

でも、始めは、え〜!4枚!と思う方がほとんどでしょうから、

当店でおすすめしているのは、シルクの5本指ソックスを1枚、

お手持ちの天然素材のソックスの中に履いてみること。

それでご自身の身体が喜んでいるようでしたら、枚数を増やしてみたらいいですよね。



シルク100%5本指ソックス ゆったりタイプ 1250円
かかとなしなので、足のサイズを問わず履けます。


私はその時々で厚手を2枚とか、冷やしちゃったからウールを入れようとか、

夏とか冬とかあまりとらわれずに調節しています。


さてさて、現在ぽとりの店頭に並んでいる冷え取りソックスは、

4枚重ねの絹とオーガニックコットンの交互ので、

外に見える4足目がいろいろあります。



オーガニックコットン茶綿、

リネン各色、

オーガニックコットンにハーブ染め(鮮やかな3色)、

オーガニックコットンに生薬染め(穏やかな和の色3色)こちら秋の新作です。


お値段はだいたい4000円代の後半です。

どれも形は同じで、普段のファッションに合わせやすい、ぴったりタイプ。

4枚重ねても、登山ソックスより少し薄いくらいの暑さです。

お家でもっと温めたいときには、さらに毛糸のソックスで包んだら万全ですね。



冷え取り健康法についてもう少し知りたい方は、

ぜひご来店ください。

参考になる本、閲覧用と販売用があります。

そしてスタッフたちにぜひご相談ください。

靴は大きいのがいいのか、家にいる時だけでもいいのか、

自分の普段の服装には合わないのではないのか、、、など

そんな声をお聞かせいただくことがあります。


大事なことは、

自分によさそうならやってみる。

完璧を目指さず出来る範囲で続けてみる。

身体の声を聞きながらやってみる。

気持ちよかったらもう少し続けてみる。

周りの声にひっぱられて自分を粗末にしない。



そして、忘れがちな「食べ過ぎない」というもうひとつの基本。

わかるわかる、、。

少しずつの食べ過ぎが続いて消化が追いついていないとき、

背中がきーんと冷えて痛くなることがあります。

そして、断食や一食抜きもいいですが、

毎食を少しずつ少なめにするだけで、3日で軽くて温かな身体に戻るのがわかります。

私の場合は、秋になる手前と、春になる手前にやりがち。

食欲の秋が目前ですからね、心底おいしく味わえるように

むさぼらず、身体が必要な分だけ感謝していただこうと

改めて顧みる朝でした。


l'isle


コメント

26のAjrakh 草木に染まる木版捺しのショール

2016年08月26日 | Ajrakhの服 SANTULAN
店主の津島優子です。

身体を冷やしすぎていたつもりはないのに、

やはりこの季節になると足腰の芯が冷えている感じがして、

胃腸の調子もいまいち。

そして眠い、、。

この数日は冷えとり重ね履きを強化して、

絹→ウール→絹→ウール+シルクウールのロングレッグウォーマー着用。

これぞ足湯しながら歩いているような気持ちよさ。

そして少し活力を取り戻してきました。


さて、秋になり、店内が少し色を変えました。

深い草木色の模様が更に広がっています。




Santulanのデザイナー寿枝さんがインドから持ち帰ってくれた

Ajrakhのショール様々26枚を夏の初めの東京で受け取りました。

今回はSantulanのオリジナルではなくて、現地でセレクトしてきてくれたもの。


待ち合わせの場所と時間は、直前までメールでのやり取りで。

ふたりとも携帯電話を持っていないけど小さい駅だから会えるだろうと思ったのが安易、

4つの出口ごとに改札が違って、待ち合わせから30分過ぎてようやく会うことができました。

近くで見つけた喫茶店(私の屋号と同じカフェ「イル」!)でショールを広げてみせてもらいながら、

互いの近況報告とレモネードでクールダウン。

大きな布袋2つに入ったショールをふたりでひとつずつ提げて

寿枝さん曰く「バーゲンに行ってきたみたい」な状態で、

時間を惜しんでしゃべりながら、下町を歩きまくりました。

山梨への帰りは、東京出張だった夫と合流し、

連休中日夕方の原宿駅で窒息しそうになりながら、

それでも荷物はほとんど夫が持っていてくれたので無事に帰宅できました。

そうして灯鳥にたどり着いたショールたち。

素材はいろいろなシルク、いろいろなコットンなど。

大きさ、形、織り方もさまざま。

染料は、藍、鉄、アリザリン(茜)、ターメリック、ザクロの皮など。

お値段は1万円前後がほとんどです。

一見個性的な柄物ですが、草木染のおかげか、

纏ってみると程よく馴染んで、

「私にも以外と似合う!」ということが多いですよ。




26枚のショールから一部のものをご覧戴きます。




























さて、Ajrakh「アジュラック」とはどのような布でしょう。

*********************

世界最古の青染料「藍」を基調色とした、草花染の幾何学文様布「AJRAKH」。「暮らしの布」として、現パキスタン・シンドゥー地方を源流に西へ南へと、長い歳月を重ねながら大陸を渡りました。現在では、イスラム教徒の染色集団「カトリ」がその技法を守っています。
版木を使い「捺染」「防染」を重ね「染色」、そして繰り返される「水洗い」「天日干し」と、熟練の技と忍耐強さから優美な1枚の布が完成します。
インドの布「AJRAKH」は、木版を用いた「捺染」の中でも最古の「天然布」とされていますが、この布についての歴史的記述が残されていないため、未だ謎のベールに包まれたままです。しかし、捺染師の家系では、インダス川流域に繁栄した「インダス文明」(紀元前2600~1900年)を起源とする染文様であると代々、語り継がれてきました。 

*********************


Ajrakhの物語
「永遠のアズール」

むかしむかし、
シンドゥー地方(現パキスタン)に高貴な王様がいました。
贅を尽くしていたその王様は、毎晩、新しい敷物の上で眠っていました。
ある日のこと、
召使いが王様の部屋へやって来るといつものように
新しいベッドシーツに代えようと布に触れたその時、
「Aaj Rakh」(=今日はそのまま!)
と、王様は大声を上げました。
シンメトリーな星のモチーフ、植物模様が
放射状に広がりをみせる複雑なパターンの繰り返し、
完璧に調和されたその美しい1枚のその布を愛してしまった王様は、
取り換えずに毎晩使いました。
やがてこの布は、王様から「Aaj Rakh」と呼ばれるようになり、
それは、
紺碧の夜空のように深い藍染めのブロックプリントでした。


この物語は、布職人の家系で語り継がれ「Ajrakh」は、シンドゥーとカッチ地方の偉大な布となったと言われています。
「Ajrakh」は、ムスリムの人々により世襲で受け継がれ、それは何世紀にもわたって変わらない染色行程で、
自然と環境に優しい草木染の布として繁栄し続けてきました。
職人は世界でも少ない地域に限定され、その歴史はおそらく私たちの想像する以上に古く、インダス文明期の発掘現場から
「Ajrakh」はインド亜大陸の中で、最も古いブロックプリントの手法の一つだろうと推測されています。
そうして、今日では村々の男性の装束やベットカバー、そして風呂敷包として、生活には欠かせない多目的な布として「Ajrakh」は身近な暮らしに寄り添い、今尚息づいています。

文:Santulan 江口寿枝


********************************




Santulanのオリジナルデザインの衣服から、職人を悩ませたTシャツたちが

オンラインショップにてご覧戴けるようになっています。

すでに服の形になった、しかも伸縮のある生地に捺すのはかなりの手間ひまを要しています。

工程を詳しく掲載しています。

その中のひとつ 長袖Tシャツ「働きもののバッファロー」



個性的なパンツ類は店頭でご覧戴けます。


l'isle


写真:津島隆雄
コメント

津島隆雄写真展『自然詩集』 一番 大気の詩

2016年08月13日 | イベント
店主の津島です。

この地は連日すごいにぎわい。

自宅がある甲斐駒ケ岳方面も、店のある八ヶ岳方面も

車があちこち溢れてますね。

皆さん、交通には気をつけつつ、山の夏をお楽しみください。



さて、灯鳥店内では、写真展を開いています。

いつも灯鳥のお便りなどの写真を担当している津島隆雄の写真展。

今から4週ずつ、入れ替えで5回に渡る展示になります。






灯鳥の一角ですので、

スペースは壁一枚ですが、

自然の詩を壁いっぱいに満たしています。


今回の 一番 大気の詩(うた)。

山にかかる雲様々。大気が見せてくれる水の表情をテーマにしています。



腰掛けてぼーっと眺められるようになっていますので、

ぜひゆっくりご覧ください。


作家在店日 8月17日、23日、29日の14:00〜18:00

写真の話、山の話、、、など、おしゃべりしにどうぞいらしてください。

TAKEFU大好きな「竹布せんぱい」の異名もありますので体験談も?



l'isle
コメント

安眠を包むオーガニックの布

2016年08月07日 | PRISTINE
店主の津島です。


この夏のテーマ「夢こそうつつ」。

快適な眠りの時間のための寝具をご紹介します。


オーガニックコットンのプリスティンからケット、パジャマなどが入荷しています。

眠りの質がぐーーーーっとよくなると思います。

商品のご紹介。




サイズはシングルサイズです。

質感が伝わるように撮影してもらったので、

うっとり妄想してみてくださいね。











オーガニックコットンと、リネンコットンのリバーシブルになっているので
季節や気分で変えて、2種類の素材を楽しめます。


リネンコットン肌掛布団

30240円

リネンコットンWガーゼシーツ

17280円

リネンコットンWガーゼピローケース

6480円

リネンコットンガーゼケット

15120円



赤ちゃん用は、魔除けの房が四隅に。

小さなリネン肌掛け布団とミニケット

16200円





ジャカード織機でゆっくり織られた美しく柔らかい布。
お客様用にもいいですね。
肌掛布団は、寒い季節にも重ねの一枚にお使いいただけます。


ジャカードシャドウィ肌掛布団

23760円

ジャカードシャドウィピローケース

3780円





超定番になっている、「これがコットン?」と驚くふわふわ起毛の生地。
シール織りという、毛が抜けにくいファーです。
夏は毛布として、寒い季節はタオルケットとして素肌に気持ちよい。


市松綿毛布

17280円

ベビーのケットや膝掛、ソファー、布団の襟元に、小さいサイズのケットたちも。

市松プチケット

5392円

市松バギーケット

2808円








プリスティンのタオルシリーズの中でも最もしっかりしたホテル仕様の
「スーパーソフトタオル」。
私も大判のバスタオルを愛用しています。
お風呂上がりはもちろん、枕にかけたりマッサージのときに床にしいたりと重宝。
その安心のタオル生地のケットです。
適度な重さがあるので安心感があり、汗かきさんにもよさそうですね。

スーパーソフトタオルケット

14040円







こちらは「竹布」。

最近テレビなどでも紹介されているようですが、

自然食品雑貨店などではずいぶん前から扱われていた素材。

私も10年ほど愛用しています。

このところは夫がとても気に入っている素材であれこれ試しているのと、

このブランドの社長さんから想いを直接伺うことができたことで

当店での取り扱いアイテムがどんどん増えて行っています。

一番の特徴は抗菌力。汗を吸って濡れていても不快感が少ないです。

靴下やショーツなどをすでにお持ちの方は、抵抗があるかと思いますが、、

脱いだ後に嗅いでみてください。

他の素材の時も同じようにして比べてみてくださいね。

あれ、こんなもんか(匂い)と言う感じ。

この竹布のケットを、この夏から我が家でも使っています。

この数日は床につく時は暑くて、でも朝方寒いのが悩み。

夫は全身竹布の装備(レッグ、アームウォーマーまで)ですが、

私は何も着たくないくらい暑い。

毎晩、何をどう着て寝ようか試してみていますが、

私が一番よかったのは、「すっぽんぽんに竹布ケット」です。

肌に触れた時はひんやり、でも冷やさない。

身体にテロンと添って、ほどよい重みがあります。

原料の慈竹は、中国で古来、漢方薬として活用されていたようです。

眠っている間に、邪気を吸い取ってくれているような、

静けさを感じるような。

(枕元においているライトネスツリー展示会で購入した

フローライトのおかげもありそう)

ここまで絶賛しておきながら、昨日から欠品していますが、

お盆明けからお取り寄せはできます。

タオルハンカチが同じような感じなので、触ってみてくださいね。

プリスティンのリネンガーゼケットのどっちをかけるか、

毎晩、夫と早い者勝ち?いえ、譲り合いしています。





そして、パジャマ!

我が家では寝具はほとんどオーガニックコットンですが、

パジャマを着るという習慣が無くて、インナーをパジャマ代わりにしているので、

憧れちゃうなー。

帰宅したとき、眠るとき、など、活動から休息の気の切替に

着替えは重要だと言われますね。






2サイズあります。

旦那さんへのねぎらいのプレゼントに、
結婚のお祝い、結婚記念日、ご両親へペアでプレゼントも。

綾ガーゼ前開きパジャマ

22680円







エリシルクホールガーメントニットパジャマセット

28080円



赤ちゃんの情緒の安定に役立ち、心たくましく育つことを祈って

ベビーのおやすみグッズ。





リネンコットンボーダースリーパー

9720円


同じ形で、違う生地を使って、



ホワイトドットスリーパー

7128円

同じ生地で、ケットにもなる包み布、

ホワイトドットアフガン

7560円





気軽なプレゼントにも。

くまピロー

2160円



オーガニックコットンがなぜ気持ちがいいのだろう、と改めて考えています。

そして改めて勉強したくて調べています。

ものの成り立ちとしてどうしてか(栽培、加工など)、

そして、使う側。皮膚がなにを受け取って、身体はどう反応しているのだろう。

そんな中で、見つけた言葉は、

「皮膚は幸せの入り口」。

受精後の発生初期段階では、大脳などの神経系と表皮は同じ「外胚葉」に由来するとか。

そのため、皮膚にも精微な情報処理システムが存在していると考えられています。

なるほど、よく知らない人に触られると抵抗を感じることがあるけど、

親しい人に触られたらうれしいもんね。反応が早い。

それに、ストレスが原因で、皮膚のトラブルが起きるということは、

皮膚を気持ちいいものに触れさせていたら、ストレスが少なくなるのは

容易にイメージできます。

心のために、命ある、誠実に作られた布を纏いませんか。


では、夏でにぎやかではありますが、

じっくりと自分をケアするものをお選びいただけるように

私たち自身もしっかりケアをしながら、

よい気の流れが店内に満ちるよう心がけ、

皆さんのご来店をお待ちしております。



l'isle


撮影:津島隆雄
コメント

眠りに想いを巡らせて

2016年07月27日 | 自然の不思議
店主の津島です。

世界の鉱物展ももう最終日。



この夏の企画、豊かな眠りに役立つこと、を考えていて

思い浮かんだり、調べてへーって感じたことを書いてみようと思います。



子供の頃からよく眠る質だった私は、幼稚園という社会生活が始まって以来、

そのことをどこか不自由に感じていました。

それから40年ほど経ってもそれはあまり変わらなく、

ここ数年はあきらめて、自分なりのペースで生きるしかないのかなと考え始めていたところ。

それがアーユルベーダの視点から書かれた睡眠に関する本を読み、

「睡眠は活動とバランスをとりながら心と身体の成長に必要なもの」という考え方を知って、

ようやく自分の体質を受け入れられるようになりました。

この話は、赤ちゃんが長く寝るのは、、、という話なのですが、

大人になってもなお、成長のために寝ているとしたら、皮肉ではなくて

本当にたいしたものだと思います。と書いてある。

「昔から寝る子は育つといいますが、実は、だれにとっても睡眠は、本来、

 疲労回復のためではなく、成長のためのものだからです。」

続けて、「あなたが、幸福と、十分な体力と、知恵と、長寿を望むのなら、

睡眠のことを正しく知り、いい眠りをとらなくてはなりません。」と。

そうだよね、と思いつつも、受け入れられたからこそか、

いや、よく眠るのは体質じゃないかも?と、ぽんと思う。

知っているつもりになっていて、

実際していないことたくさんあるんじゃないかな、私。



ここ最近、生活習慣を少し変えることに成功しつつあります。

そうしたら、なんと、早起きができるようになったのです。

すっきりしていて、

やりたいと思っていることが行動になりやすくくなりました。

起きて、歯を磨き、白湯を飲み(ここまでは以前と一緒)、

体操して、掃除して、玄米とみそ汁の朝ご飯、

するとちょうど、9時くらいで、出勤または

そのまま自宅で仕事や作業をし始めるという感じ。

以前は、早い時は早い、遅い時は遅い(起きられない)、

そして予定と違うことに手をつけてしまったり、

歯磨きしながら庭のことやメールチェック、調べ物をしてしまう

(先に先に急いでいる感じ)、

朝ご飯はコーヒーとパンがほとんどで、

起きるのが遅いこともあるものだから、

身体が目覚めないうちに食べている状態。

そして、ああっ、もうこんな時間!

という日がほとんどでした。



一連の変化のキーになっているのは、体操だと思います。

身体がほぐれ、呼吸が深くなり、身体感覚だけに集中することで

頭がすっきり。そして、おなかもすっきりしてからご飯だし。

この、身体を動かす、ということも、

とても大事だとわかっているのになかなかできないことでした。

しかも、子供の頃は体育の成績「C」でしたから

(5段階でいう1、ちなみにもうひとつ「C」をもらったのが「協調性」)

身体を動かすことへの壁はかなり厚かったのです。

現在、わがやの朝の体操は、マインドフル体操。

ベトナム生まれの禅僧で世界的に知られた精神的指導者の

ティク・ナット・ハンの本を脇において

「息を吸いながら両手を上げて空に触れ〜  」

という風に読みながらやってみています。



眠っている間は夢をよく見てよく憶えていますが、

目覚めがいいのは睡眠の質がよくなっているのでしょうね。

起きている間の習慣を変えたら、眠りがよくなったみたいです。

それと連動して、よるご飯の食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎも少なりました。

そういえば、パソコンの画面を夜に見ることがほとんど無くなったことも

本来のリズムを取り戻すきっかけになっているかもしれません。

この、食べ方やパソコンとの付き合い方は

意識的に変えようとしていたことでもありました。

出来ることから少しずつ変えて行くと、

以前には改善できなかったこともすんなりできるようになるのでしょう。

よい眠りとよい活動の輪のどこかを、できるところから変えてみるイメージ。

そんなことを思いながら、アーユルベーダの本の続きを読んでみると、

「人生の価値は、活動だけでもたらされるものではなく、活動と休息という

 2つのバランスによって決まってくるのです。」



ところで、ティク・ナット・ハンに話を戻して、

この本に出会ったことは

私にとって、とても幸運なことだと思います。

この方は世界の各地で瞑想の指導をされているそうで、

グーグル本社でも実施して大反響だそうです。

「マインドフルネスは、今この瞬間に目覚めているというエネルギーです。」

忙しかったり悩みがあったり止まらない、考え事や心配から解放され、

目の前のこと、自分の中で今起きている気持ちや感覚に気づいて行くこと。

その実践のために氏が詠んだ偈(げ)の数々が、美しく、心地いいんですよ。

記憶に深く残った朝の偈。


  朝 目が覚めて 私はほほえむ

  行方には 生まれたての二十四時間が待っている

  私は約束する どの一瞬も精一杯に生き

  生きとし生けるものを慈悲の眼で観ることを


そして睡眠に問題があるときにも、瞑想がそれを補っていると言います。

深いくつろぎの瞑想のひとつ。

  息を吸いながら 両目に気づく

  息を吐きながら 両目にほほえむ


他の部分、臓器など、負担をかけているなーと思うところを

マインドフルネスのエネルギーで包んであげる、と。

そう考えてみると、ケアしてほしいと言っている声が

まだまだ体中のあちこちから聞こえきました。


おっと、予定外に話が広がってしまいました。

眠りの話、続きはまた後日。



l'isle


参考にした本

PHP研究所『ダメな睡眠 いい睡眠 あなたを健康体質に買える10のコツ』
蓮村誠 著  

サンガ『ブッダの幸せの瞑想 第二版』
ティク・ナット・ハン 著  島田啓介+馬籠久美子 訳


コメント

世界から集めた鉱物展3日目です

2016年07月25日 | イベント
店主の津島です。

今日は気持ちのよい雨。

なんとなくモードが切り替わり、いろんな意味で「調整」になりそうな日。

自分のメンテナンス、誰かとゆっくりおしゃべり、

なかなか手を付けられていなかったことを進めてみる、

思い切って予定を変更してみる、など、調整。調整。



さて、ライトネスツリーさんの「世界から集めた鉱物展」は後半に入りました。



私もスタッフたちも仕事の合間にうろちょろ。

ついつい引き寄せられてします。



お客様に説明している円さんの話が耳に入って来る度、

奥深い世界だなーと、またまた引き寄せられてしまいます。



円さんにいつくかインタビューしてみました。



イル:展示会をしてみていかがですか?


円:お客様の中で石が好きな方と話しているとどんどん話がすすんで面白いです。

  そして逆に石についてあまり知らない方の反応も楽しいですね。

  皆さん同じ反応をするんですよ。


イル:どんな反応?


円:「これ天然?」と。そうなんです、と説明すると、
  
  自然にその形になるものがあるということに驚かれます。

  例えばこのフェアリーストーンとか。(下の写真上部の平たく丸が繋がっている石)





イル:いろいろな石を眺めているうちにずいぶん話が弾んでいるようですが、、。


円:石を持っている方でも疑問に思っていることを質問されることもあります。

  これから複数石を持つことはいけないのかしら?など。

  石は石同士でコミュニケーションをとっていると言われているので、

  別な石と出会ったな、というのは、石同士が呼び合っているのかもしれません。

  石が雲隠れしてあるときいなくなったりすることもあるようです。

  だから複数もっているのもいいと思います。


イル:(そういえば重大な決断を伝えた後に水晶が落ちて2つに割れたり、

   どうしても見つからないのがあったり、

   今朝は模様替えをしていたら覚えの無い紫の石がでてきたな、、)






イル:大きさと関係なく、お値段も様々ですね。


円:小石は数百円からあります。削って滑らかにしている「ルース」のうち、

  手作業でしているのは5000円くらいから。

  傷が少ないものは8000円くらいからあります。

  今回はなかなか手に入らないような、高価な値段がついているものや、

  非売品も展示しています。


イル:みなさんどうやって石を選んでいますか?


円:直感ですぐに選べる方もいらっしゃいます。

  私が考えでは、人がそれぞれに持っている能力を引き出だすのを

  石が助けてくれるのだと思います。

  石を選ぶ方の状態をヒアリングして、合いそうな石をご紹介することもあります。


イル:専門的な本もたくさん持ってきてくれてますね。

   この「クリスタルアライカード あなたの真実へつながるクリスタルの道」というカード!


私がいちばん惹き込まれた石(フローライト)と同じカードがでたんですよ。

説明を読んでみたら、フローライトがサポートしてくれると言われていること、

まさに今取り組みはじめたとしていることにぴったりでした。

そして、円さんが更に専門的に書いてある本から探してくれて、

また新たな目が開いたよう。


展示を見ているだけでも、主なものに詳しい説明が書いてあり、

どこで採れたどんな石かということが書いてあり、

ひとつひとつ読んで行くだけでも楽しいです。

さあ、あと二日ですね。

私は今日は事務所でデスクワークなので、

合間にお客モードで夫と一緒に石に出会いに行く予定。

そういえば、初日オープンを待って目指して来店くださったお客様は

ご夫婦で選ぶのが楽しそうだったな。

へー、それに惹かれるんだーという楽しみがありそう。




アクセサリーのオーダーも承っています。



円:とにかくいろんな方と出会ってちょーたのしい!





l'isle


写真:津島優子




コメント

LIGHTNESS TREE 世界の鉱物展

2016年07月19日 | イベント
店主の津島でございます。

先ほどご案内した「夢こそ うつつ」の企画に関連した

展示会のご案内です。




LIGHTNESS TREE  MOTHER EARTH LIVING

ライトネスツリーの世界から集めた鉱物展

2016年7月24日~27日

現在はオンラインショップのみで販売されていますが、

今回は久しぶりの実際に石と対面できる機会となっています。

主宰の円さんからのメッセージをご紹介します。

パソコンでご覧の方は下の小さい画像をクリックするか、

大きい画像をそのままご覧ください。

スマートフォンなど画面が小さい方は文章を写真を別にしたのをどうぞ。








LIGHTNESS TREE は2012年にスター トし、今年で5年目を迎えました。縁 あって北杜市に移り住んで1年が過ぎ、 南アルプスや八ヶ岳に囲まれたこの地 で石のお仕事ができることに日々喜び を感じております。 当店では、世界中から集めた天然石を ご紹介しております。 個人の【自己実現】をサポートするツー ルとして、お役立て頂ければ幸いです。 


現実を創る力を引き出す鉱物

天然石といえば、パワーストーンとし て知られ、運気をアップさせるグッズ としてアクセサリーショップなどで販 売されてきました。実のところ、「パ ワーストーン」という名称は日本以外 では使われていません。海外では鉱物 のことを「ミネラル」と呼ばれ、宝飾 質の研磨された石を「ジェムストーン」 というように呼ばれています。天然石 ブームが日本で起きた2000年頃に、 「力を持つ石」という意味合いでつけ られた商業名が「パワーストーン」で あり、恋愛運、仕事運、金運など、単 純な枠組みの中で石の効能が定められ 販売されました。近年では「お守り」 としての「パワーストーン」ではなく、 人間の肉体に対して鉱物がどのように 作用するのか、多くの方が興味を持た れるようになってきたと感じておりま す。 また、美容や医療などでも積極的に鉱 物の特質を研究し、活用されるように なってきています。

鉱物は運気を上げるものではなく、本 来備わっている力を引き出すものだと 考えております。オーガニックにこだ わった食事や特質を生かした自然素材 の製品が自己治癒力を引き出すように、 鉱物もまた「なりたい自分」「叶えた い事柄」にむかって現実を創る力を引 き出すように感じています。 日本でも多くの方に石を生活に取り入 れて頂きたいと思い、様々な石をご紹 介しております。どうぞ、気になる石 を枕元に置いて眠ってみてください。 人間は眠っている間に身体とマインド を調整すると言われています。石との 心地よい眠りが活力となり、本来望ん でいる現実を創る力に変容されますよ う願っております。


鉱物は長寿の存在、地球はアーティスト

多くの鉱物は地下層の中で何億年もの 歳月をかけ成長します。 その他には砂漠地帯で成長するもの、 または海の底で作られ海岸で見つかる もの、地層と地層が混ざり合いその中 で成長していったものと、鉱物が育つ 環境は様々です。 そのどれもが何千年、何億年という歳 月をかけられ形作られています。 石とのつきあいは18年になりますが、 色、形、輝き、知れば知るほど鉱物の 魅力に引き込まれその深さに圧倒され ています。到底、人間の手では作れな いような作品を地球は作り出していま す。まさに地球はアーティストだと感 じずにはいられないのです。


海外のミネラルショーより入荷

海外では1年に4回、世界中から発見さ れた鉱物を販売する大きなミネラル
ショー(展示即売会)が行われていま す。米国では2回、アリゾナ州のツー ソンとコロラド州のデンバー、ヨーロッ パではドイツ・ミュンヘン、フランス・ サンマリノ。その中でも特に大規模な ものが米国・ツーソンミネラルショー です。
 開催されるのは2月、アリゾナ州の広大 な砂漠地域のツーソンの街が天然石で 埋め尽くされます。マーケット会場は 街の広範囲で行われるため、車で移動 しなければならないほど。そして世界 中の石屋がこのショーに参加し、この 時期のツーソンは外国人の滞在数が数 十倍にもなります。 当店でも、渡米しツーソンショーで仕 入れております。よりクオリティーが高 く、優れた特質のある、アーティス ティックな石をじっくりと選ばせてい ただいております。
 今回の灯鳥さんでの展示会では、2016 年ツーソンショーで出会った世界各国 の石をご紹介いたします。

SHOP INFO
LIGHTNESS TREE オンラインクリスタルショップ http://lightnesstree.shop-pro.jp/ shop@lightnesstree.shop-pro.jp
「ライトネスツリー」で検索





イングランド産・フローライト。思考に作用すると言われている石。




フランス・アルプス産・ファーデンクォーツ。一度破壊されて、新たにその 傷を繋ぐようにして創られたクォーツ。肉体や感情の様々な傷を再生する力を引 き出す。




アリゾナ産・アズライトブレッシア。アズライト、マラカイト、コッ パー(銅)時にキュープライトやクリソコラが混ざり合った角礫岩。


***************


元々、当店のお客様として結びついた円さんとのご縁。

でも話せば話すほど、つながりが多いことに気づくのです。

偶然、共通に知り合っていた友人たちもまた、それぞれに学んだ方法を使って

ひとつの目的に向かっているように思えます。

「鉱物は運気を上げるものではなく、本来備わっている力を引き出すもの」

そうですね、私たち人間も自然の一部でありながら、

なかなか本来の自分を知ることも、自然に生きることも難しいものです。

でもそれを助けてくれるのは、やはり自然の力であり、

佳き活用をする人間の知恵でもあることが、

今とこれからの人の生きる指針となることでしょう。



l'isle


写真 斎藤円


コメント

夢こそ うつつ

2016年07月19日 | 季節のおすすめと入荷情報
店主の津島です。

14日には臨時休業をいただき、店内の模様替えを行うことができました。

ありがとうございました。

今回の模様替えでは入り口と奥がぐるんと入れ替わるような配置になりました。

今まで奥に配置していたオーガニックコットンのアンダーウェアや

ハーブのケア用品などが出迎えるような形です。

それまでは、

森に近く、通りから奥まったところでじっくりとご自身の内面の声を聞きながら

お選びいただけるのではないかと考えていました。

夏が近づき、夏にお届けしたい内容を考えているうちに、

やはり、たくさんの方にお届けしたいことを表にするのがよりよい気がしたのです。

結果、ピーマン通りからブラジャー、トランクス、布ナプキンなども丸見え。

でも違和感なしです。

いかがでしょうか?

私たちがお届けしたいことと、

外から眺めてご来店いただいたお客様の期待が一致しているので

とても温かい(熱い?)会話が増えたように感じます。

私たちとお客様の間の会話もそうですが、

親子、お友達など、お客様の間でも普段は話さなかった

月経や肌着に関する悩みや疑問をシェアできたり、

なんとなく気になっていた自身の不調に気づいて、小さな革命を楽しんだり。

たくさんの方が気軽に質問を寄せてくださいます。

これから少しずつ、自然と人の健康に関する情報を

文章、写真、布、香りを活用し、店内に充実させていく予定です。





さて、季節も夏!ということで、お伝えしたいテーマは

「夢こそ うつつ」






この夏は、豊かな眠りに役立つこととものをお届けします。


活動と眠り。どちらも心と身体の成長に必要なもの。

気づきが生まれた後には深い眠りが熟成させてくれる。


夢は潜在意識の現れ。

そう、味わう喜びも悲しみも怒りも、

理性で押し込めた自分の感情そのもの。


生き物らしく整った寝床は、本当の自分を泳ぐための潜水服。

深く深く潜ったら、遠い記憶のかけらさえも解放できる。


熱する昼と、夜の深淵を行き来する、夏。

質の良い眠りには、閃きや素直な心というギフトが降りてくる。

どちらの世界も誠実に生きる決意、

そして、そこに寄り添う自然の力が、

目覚めの瞬間に真実の出入口を作ってくれるようです。



展示と販売の内容と、睡眠に関する話をこちらのブログで連載していきます。

私自身、睡眠に関する悩みや疑問があるなか、

体験して役立つなーと実感したこと、学びの途中のことなど

いくらかシェアできればと思います。


1 地球の記憶・宇宙の記憶 『ライトネスツリー』 世界から集めた鉱物-ミネラル-
  七月二十四日(日) ~ 二十七日(水)

2 夢こそうつつ(現) ねむりを大切に

3 母なる大地の抱擁 オーガニックコットン 大人とベビーの寝具と寝間着。

  プリスティンのケット、肌掛け布団、シーツ、ピローケース、パジャマ、
  ベビーのスリーパー、アフガン、ピローが充実しています。
  オーガニックコットンなど自然の力を蓄えた布に包まれることが人に与える影響について
  お話しさせていただきます。


4 生体リズムを整える おやすみ&おはよう国産ハーブの精油やティーの活用

  定番のハーブ商品の役立て方と、ハーブにまつわる話など。



ではちょいちょい覗いてくださいね。

(ブログもお店も)


l'isle


写真 津島隆雄

  




コメント

臨時休業のお知らせ

2016年07月13日 | 営業時間の変更など
数ヶ月ぶりの登場です、店長柿沢です。

近々のお知らせになってしまい申し訳ありません。
明日、7/14(木)は店内展示変えの為臨時休業致します。
ご迷惑をおかけ致します。


翌7/15(金)〜は通常営業に戻ります。10時〜18時営業、休みなし!

明日ポトリに行こうと考えていた方がこのブログをチェックして下さいますように。
コメント

有機村まつりに出店します

2016年07月08日 | イベント
店主の津島です。

前日のお知らせになってしまいましたが、、、。

出店のお知らせです。


「有機村まつり 2016 SUMMER」

お祭りは本日7月8日からですが、

当店の出店は、9日(土)、10日(日)。

10:00〜19:00です。

土曜日は少し早めに店じまいの予定です。

甲府市貢川の美術館通り 自然食品有機村にて。

有機村まつり詳細


今回は、現在「聖女のように」のタイトルで展開中の

本藍染めの服や、冷え取りアイテム、ソックス

オーガニックコットンのブラ&ショーツなどを中心に、

心と身体をいつくしむアイテムを連れて行こうと思っています。

冷え取りファッションのアドバイスなど、

たくさんお話もできそう。

リゾナーレ遠いなーという県内の方もぜひお尋ねください。

お待ちしております!!



l'isle
コメント