バイシクルショップ ビショップ

大倉山のサイクルショップ

バビー アン babby un 試乗車 あります

2017年02月10日 | 電動アシスト

こんにちは、ビショップです。

ヤマハの新製品、babby un(バビーアン)の試乗車をご用意しました。

バビーXLに比べて1速、2速のフィーリングが向上していますので

体感してみてください。

1才~5才用のヘルメットも貸出し可能ですのでお申し付けください。

ただし、前乗せを取付けてのご試乗はできませんのでご了承ください。

前乗せモデルに関しては、後日キッスミニ・アンの試乗車もご用意する予定です。

キッスミニ・アンは、前乗せメインの電動アシストの中ではいちばんコンパクトな設計なので

小柄な方にとっては扱いやすいと思います。

お子さんの乗せ降ろしに関しても、新開発の「コクーンシート」のおかげで

高い位置までお子さんを持ち上げなくても乗せることが可能になりました。

一見おおげさにも見える前面の大型カバーですが、万が一の時に障害物からお子さんをガードしてくれます。

また、カバーの内側には走行中にお子さんが握るためのグリップが装備されています。

シートベルトは、走行中にお子さんが立ち上がったりできないよう安心の5点式です。

シートの座面、側面、背面には快適なインナークッションも装備しています。

側面クッションにはお子さんの乗せ降ろし時に便利なシートベルトのホルダーも装備。

もちろんヘッドレストは高さ調整可能。



そして、こんなオプションも用意されています。

防寒と雨よけのカバーです。

この商品の凄いところはベビーカーの屋根のように開閉できることです。

今まで無かったのが不思議なくらい当たり前の構造です。

 

閉じた状態。

注意点としては、適応身長ギリギリの小柄なママさんがこれを使う場合、

前方の視界が確保できるかどうかを確認したほうが良いと思います。

透明部分は素材や梱包の特性上シワがありクシャクシャで、

お世辞にも前が見やすいとは言えません。

道路や対向車がグニャグニャに見える状態での運転は危険です。

あと、風の強い日はハンドル操作に影響を受けますので

屋根はたたんで使用することをおすすめします。

いつの間にかキッスミニ・アンの紹介になってしまいましたが、

バビー・アンもよろしくお願いします。

それではご来店お待ちしております。


この記事をはてなブックマークに追加

tokyobike Jr トーキョーバイクジュニア

2017年02月04日 | 子供用自転車

こんにちは、ビショップです。

今春、トーキョーバイクから待望のジュニアモデルが発売される予定です。

発売日は3月末~4月上旬ごろを予定しています。

価格は税別¥39000です。

カラー展開は以下の8色。

ブルージェイド・モモ・マスタード・アイボリー

バンブー・ヴィンテージオレンジ・ブルーエナメル・スレートグレー

 

画像はサンプルです。

このまま発売されるわけではなさそうです。

フレームデザインやパーツ変更の可能性がありますので、参考程度にお考えください。

センタースタンドが標準装備され、シルバーのフェンダーがオプションで発売される予定です。

適応身長は120~135cmで小学校低学年から乗れるサイズです。

タイヤ径は20インチですが451規格という少し大きめの20インチになります。

シングルスピードのみで、変速付きの設定はありません。

いろいろカスタマイズできそうなので、また少しずつご紹介していきます。

あと、トーキョーバイクの以下のモデルが2月21日以降値上がりします。

欲しい方はお早めにご購入ください。

ご来店お待ちしております。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ギュットミニDXの欠点

2017年01月27日 | おしゃれママチャリ

こんにちは、ビショップです。

今回の内容は、先日の記事内でふれたギュットミニDXの問題点についてです。

完璧に見えるどんな工業製品にも、どこかしら欠点はあるものです。

たとえばお掃除機能付きのエアコンですが、

エアコンクリーニング業者さんは口を揃えて

「次回買い換えるときはお掃除機能無しのほうがいいですよ。」

とおっしゃいます。

その理由は「シンプルなほうが故障が少ないから」と、理由もシンプル。

たしかにそうです。

機能が増えて複雑化すると故障のリスクも増え

修理にお金も時間もかかります。

「お掃除機能付き」なんて書いてあったら

お掃除しなくてもいいんだ~楽ちんだね~

なんて都合のいい解釈をしてしまうものです。

こちらをご覧ください ↓

「パンクガードマン」て書いてあります。

パンクをガードしてくれるんだ~

と解釈する人もいれば

パンクしないんだ~

と解釈する人もいるでしょう。

でも、実際はパンクします、すごく・・・

裂傷が見えますでしょうか?

そうです、タイヤが破れてしまうのです。

パンクガードマンがパンクするのです。

早い方だと購入後半年でこうなります。

この状態になってしまうとタイヤ交換が必要ですが、

専用タイヤを使用するため修理はとても高額になります。

このパンクはギュットミニDX(EX)のブラウンタイヤばかりに発生しています。

一般的にカラータイヤは素材の都合上、ブラックタイヤよりも耐久性が劣りますので注意が必要です。

チューブにもタイヤ裂傷によるダメージが残ってしまうので

将来的なパンクのリスクを考慮して交換が望ましいです。

ではなぜこんな酷い状態になってしまうのか?

第一にユーザーの空気圧管理の問題です。

指定空気圧を守っていればこんなことにはなりません。

「そんなもん知らん」といってもちゃんと説明書に書いてあります。

どのメーカーの保証書にも間違えた使用方法は保証対象外って明記されています。

第二に納車説明を受けていないことです。

このタイプのパンクはインターネットやディスカウントで購入した方がほとんどです。

納車時に使用方法や注意点などの説明を受けずに使用しますから当然といえば当然の結果です。

かと言って他店購入品の取扱い説明をするお店なんて、自転車店に限らずありません。

正しい使用方法を知らずに使用しますから1年経過した頃からあちこち不具合が発生し始めます。

納車時には短くても30分、車種や装備によっては1時間程度説明が必要になります。

納車説明はお買い上げ金額に含まれるサービスであって無償でできるものではないのです。

値段だけで判断してネットで買うと、ちょっとの金額をケチったばっかりに痛い目を見ることになります。

賢い人は購入後のアフターサービスも含めてお買い物するものです。

パンクした重たい自転車を引きずってわざわざ修理に持っていくなんて苦痛ですからね。

たいてい皆さん電動の重さのせいで怒りながら持ってこられます。

パパさんのせっかくのお休みも台無しです。

当店購入車なら定期点検や簡単な修理は無料で行っています。

購入後のメンテナスに関わる出費がほとんど発生しないのです。

購入検討時は、故障したときのことなんて考えてないかもしれませんが

子供乗せの電動アシストを長持ちさせるには定期的なメンテナンスが不可欠です。

修理やメンテナスを考慮して、なるべく徒歩で行ける範囲のお店で購入しましょう。

当店ご購入車で修理が必要な場合は出張での対応(エリア限定)も可能ですので、ご購入後も安心してお使いいただけます。

続きましてギュットミニの走行中のギシギシという音鳴りについて。

弱点というほどではありませんが、注意点です。

テンポよくペダルを漕いでると、このあたりからギシギシ音が発生することがあります。

写真が横向きなのでわかりにくいかもしれませんが、

一生懸命ペダルをこぐとペダルを踏み込む瞬間だけギシギシとポンコツ音がします。

走行中にペダルの上で立ち上がって上下に揺さぶっても同じ音がします。

これは、ほぼ間違いなく以下の方法で直ります。

赤い印の部分に樹脂製のブロックがあります。

3本スジが入った黒い部品です。

この部品はチェーンカバーに取付けられていて、

モーターのケースに当ててあります。

当ててるだけなのでこぎ出しや加速時にフレームがたわむと

当ててる部分がこすれてギシギシと音が発生します。

改善方法ですが、隙間からシリコングリスなどを塗ってやればいいだけです。

それで音はやみます、簡単です。

 

タイヤの件についてはビッケやバビーがパンクしないという

意味ではありませんので誤解のないようにお願いします。

どの車種もやはり空気圧不足によるパンクは発生しています。

経験上ギュットアニーズが一番パンクに強いように思います。

タイヤ自体が強いのとチューブが肉厚なのとリム幅が広いことが要因だと考えられます。

ビッケやバビーはタイヤとチューブはギュットアニーズと同じものを採用していますが、

リムは幅が狭いものを使っています。

修理時にチューブを見ればどちらのリムがチューブに負担をかけているか明白です。

他にもいろいろ弱点、注意点はありますが長くなるのでそれはまた気が向けば。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ビッケ ポーラー bikke POLAR 入荷 展示中

2017年01月24日 | 電動アシスト

こんにちは、ビショップです。

先日発売されたビッケポーラーの入荷が始まりました。

ビッケシリーズになると、やっぱりデザインがカワイイですね。

ビッケ定番カラーのダークグレー。

こちらも定番のホワイト。

ころんとしたチャイルドシートがめっちゃカワイイです。

新色、マット仕上げのレトロレッド。

やさしいカーブを描いたフレームにbikkeのロゴがかわいくフィット。

バッテリーおよびモーターユニットはパナソニック製になりました。

自転車屋的には、ものすごーく違和感があります。

ブリヂストンの電動アシスト自転車にパナソニックのモーターが載っかっていることに
まだちょっと馴染めていません。

今では普通サイズとなりつつある13.2AHhバッテリーを搭載。

パナソニック製です。

フロントチャイルドシート内部です。

クッションは別売になります。

真ん中下あたりの四角い穴があいたプラスチックのプレートに注目してください。

丸くて赤いボタンの下あたりです。

クッションを装着したところです。

さきほどの四角いプレートはお子さんを乗せる際に

ベルトの一部がおしりの下敷きになるのを防ぐための工夫です。

常にベルトがシートのセンターに保たれるため乗せるときにイライラしません。

使いにくいと結局使わなくなってしまいますから、使いやすいって重要なことなんですよ。

他メーカーの工夫とは違ったアプローチですね。

底部分の分厚いクッションは取り外し可能ですので、お子さんが成長してきたら取り外せます。

もちろんその下にもクッションが敷いてありますので、そのまま快適に乗れます。

後ろにもオプションでビッケ専用リヤチャイルドシートを取付可能です。

OGK製や海外製は取付できません(無節操な加工すれば付くと思いますが・・・)

ブリヂストンのリヤシートは横幅を抑えてあるので、マンションなどの混み合った駐輪場での自転車の出し入れがスムーズに行えます。

あと、2段ラック式駐輪場への駐輪も考慮してあります。

ヘッドレストを下げればOGK製のものよりも高さを低く抑えられるため、

上段の人がラックを降ろした時にぶつけられて傷つけられる可能性が低くなります。

ヤマハやパナソニックのリヤシートはOGKを採用しているためかなり横幅があり引っかかってイライラしたりするかもしれません。

マンションなどの集合住宅にお住まいの方は、一度ご自宅の駐輪場で他の方の使用状況を確認したほうが良いと思います。

隣の自転車との間隔、上段ラックまでの高さ(隙間)、片づけやすさなどをチェックしますが、前輪のタイヤを収めるラック幅も要チェックです。

ヤマハとパナソニックの3人乗り対応電動アシストの前タイヤのほとんどは、タイヤ幅2.125インチを採用しています。

ただし、ギュットミニ(2.00インチ幅)を除く。

ギュットミニのタイヤもスムーズに出し入れはできますが、また違った欠点がわかってきました。

それについてはまた後日書きます。

ビッケの場合、駐輪場への片づけやすさを考慮して、前輪タイヤ幅を1.95インチにしています。

実測4mm程度の違いですが、この差が大きい!

明らかにラックにひっかかりにくい。

近年、マンションの駐輪場はラック式のものがほとんどですが、

片づけやすさまで考慮しているのはブリヂストンだけです。

毎日使うものが出しにくい、片づけにくい・・・

朝の忙しい時間に隣の自転車に引っかかって「もー!」ってなりかねません。

ママはいつもニコニコしていたほうがお子さんも嬉しい。

だからビッケを買いましょう。

なーんて、多少強引かもしれませんがおススメする理由としてはじゅうぶんだと思います。

リヤにバスケットを取り付ける場合の注意店。

将来的に前のチャイルドシートを外して、

そこにピッタリ取付られる純正バスケットがありますが

残念ながらビッケのリヤキャリヤには取付できません。

写真を見ればわかりますが、キャリヤ幅とバスケット取付ボルトピッチが同じなんです。

なんとドンくさいこと・・・

でも大丈夫、写真にある丸い部品でしっかり簡単に取付可能です。

特に個人的にブリヂストンが大好きというわけではありませんが、

「片づけやすさ」「使いやすさ」にこだわって開発している姿勢が好きなのでついおススメしてしまいます。

もちろん駐輪場の問題さえなければヤマハやパナソニックもおすすめしますよ。

毎年そうですが、これから品切れが発生しやすいシーズンに入ります。

2月に入ると欲しい商品が手に入りにくくなるかもしれません。

気に入った車種があれば早めに動かれることをおすすめします。

それでは、ご来店お待ちしています。


この記事をはてなブックマークに追加

HAMAX SNOW ハマックス スノー

2017年01月22日 | パーツ

こんにちは、ビショップです。

当店は自転車店ですがハマックスのソリも扱っています。

たとえばキックボードをベースにした「HAMAX KICK」。

HAMAX KICK←こちらでハマックスキックの動画をご覧いただけます。

 

 

もちろん折りたたみ可能です。

適応年齢は4歳以上~

カラーは2色展開で、お値段は¥8800+税です。

続きまして「ICE i6」

ハンドルで進行方向をコントロールできます。

 もちろんブレーキも装備しています。

適応年齢は4歳以上~

カラーは2色展開で、お値段は¥20000+税です。

続いてICE i6の兄貴分の「ICE i3」

適応年齢は5歳~

カラーは1色のみで、お値段は¥18000+税です。

続いて「SNO BLADE」

後ろ向きにも滑りやすいようにツインチップ仕様になっています。

適応年齢は5歳~

カラーは2色展開で、お値段は¥15000+税です。

続いて「SNO TAXI」「SNO FIRE」「SNO POLICE」です。

めっちゃ楽しそうです。 

2人乗り可能なので親子や友達同士で乗れます。

もちろんハンドル、ブレーキ付き。

適応年齢は4歳~

カラーは3色展開で、お値段は¥15000+税です。

次は「SNO FORMEL」「SNO FANTASY」「SNO ACTION」

こちらも見ての通り、たのしそうです。

FORMEL(フォーミュラ)といってもスピードの出しすぎにはご注意ください。

 

 

デザイン違いのファンタジー。

こちらもデザイン違いのアクション。

上記3モデルの適応年齢は3歳~

カラーは画像をご参照ください。

お値段は¥10000+税です。

まだまだあります。

続いては「SNO ZEBRA」

2人乗りができるスノーゼブラ。

ちょっと小ぶりです。

適応年齢は4歳~

カラーは2色展開で、お値段は¥13000+税です。

そして日本でもよく見かけるデザインの「SNO GLIDER」

シンプルで持ち運びが簡単です。

適応年齢は3歳~

カラーは5色展開で、お値段は¥2800+税です。

続いて「BABY BOB」

このモデルはシートベルト付きですが、ブレーキが付いてないので保護者の方が目を離さず付き添ってください。

適応年齢は1歳~

カラーは3色展開で、お値段は¥3800+税です。

最後は「HOT SHEET」

適応年齢は2歳~

カラーは4色展開で、お値段は¥500+税です。

どのモデルも安全のため必ずヘルメットを着用の上ご使用ください。

より詳しいスペック等はHPよりご確認いただけます→HAMAX SNOW


この記事をはてなブックマークに追加

ありえない壊れ方・・・

2016年12月27日 | 修理

こんにちはビショップです。

もう数か月も前のことですが

お店の外のコンプレッサーで空気を入れてた方がバースト(破裂)させてしまいました。

(※安全のため現在コンプレッサーの貸出しは行っていません)

大きな音がしたので、てっきりいつものバーストかと外に出てみたら

顔から血を流した女性が茫然と立っていました・・・

空気を入れたことで車輪に負担がかかり、

車輪が崩壊し爆風で破片が飛び散ったのです。

これは理屈的にクラスター爆弾や散弾銃と何ら変わりありません。

飛び散った破片でその方は顔にケガをし、一歩違えば失明するところでした。

空気の入れすぎで車輪が壊れてバラバラに飛び散るなんて聞いたことありません。

もちろん保管場所や使用方法が原因でこんなことは起きません、普通は・・・

日本のOGK製を採用していたなら絶対にこんなことにならないはずなのに

形だけを真似た中国製品をPB商品として採用したことから起きた事故です。

経済産業省に報告したほうがいいかもしれません。

たしかにホームセンターのPB商品は安いと思います。

でもそれだけでいいのでしょうか?

安いってそんなに重要でしょうか?

自分やお子さんの健康を脅かしてでも価格って優先されるべきものなのでしょうか?

工業製品って同じ形してれば同じ品質じゃないんですよ。

大きなお店で売られているからといって、すべて安全な商品とは限らないんですよ。

自転車の生産が中国に移って久しいですが、年々品質の低下が止まりません。

特にホームセンター系のPB商品の品質の悪さは

自転車業界に携わる方々にとっては周知の事実。

そのうちえらいことが起きる気がしてやみません。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ビッケ ポーラー 展示中 bikke POLAR 入荷

2016年12月09日 | 電動アシスト

こんにちは、ビショップです。

なぜかまだ出回ってるはずもないビッケポーラーを展示中です。

今なら実車をご覧いただけます。

12月16日まで当店で展示し

17日以降はスポーク日吉店で展示します。

パソコンの画面では何も伝わらないので

商品については何も書きません。

ぜひ実車を見に来てください( *´艸`)

ご来店お待ちしております。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

リトルトーキョーバイク サンドブラウン シダ―グリーン

2016年10月31日 | 子供用自転車

こんにちはビショップです。

絵本からとびだしたような、かわいい雰囲気のリトルトーキョーバイクに新色が仲間入りしました。

ご覧のサンドブラウンとシダ―グリーンの2色が新登場。

強くて優しいゾウさんをイメージしたサンドブラウン。

大空に向かって真っすぐ育つ針葉樹をイメージしたシダ―グリーン。

新色ではありませんが、人気のモモ色も入荷しています。

当店でご購入いただいた自転車であればバスケットやフェンダーなどカスタマイズもお手伝いいたします。

商品の詳細については以下のリンクをご参照ください

little tokyobike productpage

tokyobike facebook

tokyobike instagram

 


この記事をはてなブックマークに追加

GT PNATERA COMP 2017モデル

2016年10月17日 | スポーツサイクル

こんにちはビショップです。

スポーツサイクルを語る上で欧米の動きを無視するわけにはいきません。

世界では、どうやら太めがトレンドのようです。

タイヤの話です。

黎明期には26インチがスタンダードでしたが

29インチが登場し

650B(27.5インチ)が登場し

そして昨年あたりからB+(27.5インチのセミファット仕様で直径は29インチ)が登場。

ファットと言っても4インチとか4.8インチとかの極太ファットバイクじゃありません。

2.8インチのセミファット仕様です。

普通のMTBが1.95~2.1インチ程度のものが標準なので寸法的にはちょっと太い程度なはずですが、

実物はけっこう迫力ある仕上がりです

数あるアメリカンブランドの中でMTBのイメージが強いGT。

商売目的のスペシャライズドや金儲けに走ったゲーリーフィッシャーとは違い

頑固一徹な職人気質のゲーリーターナーさんが

息子のレースのためにBMXを製作したのがブランドの始まり。

どうせ乗るなら男前なブランドストーリーも気にしたいですね。

 武骨なデザインですが荒れた路面では頼もしく感じると思います。

カラーは黒に見えますが紺色です。

サスペンションフォークはSR XCR32エア。

ストロークは120mmでロックアウト、リバウンドアジャストまで付いています。

昔はエアサスだけで10万円してたのでずいぶんとお安くなったものです。

ディスクブレーキもシマノ製ではありませんが前後ともに油圧式。

フロント180mmリヤ160mmと泥んこ遊びにはじゅうぶんなスペック。

テーパードヘッドチューブ規格の採用でヘッド廻りの剛性アップ。

フロントハブはBOOST110規格。

リヤはBOOST141規格。

普通のMTBよりも幅広設計です。

ドライブトレインはフロント36x22T、リヤが11-36Tの18スピード仕様。

サドルもカッコイイWTB製。

このクラスになるとシートクランプもいちいちカッコイイ。

 こんなにゴツイのに重量たったの15.16kg!!

見た目を裏切る軽量モデル。 

パンテラ君が泥んこ遊びしたいと申しております。

どなたかお迎えに来てやってくださいまし。


この記事をはてなブックマークに追加

ライトウェイ ソノマ アドベンチャー カスタム

2016年10月07日 | スポーツサイクル

こんにちはビショップです。

ライトウェイの2017年モデル、ソノマ・アドベンチャーが入荷しました。

今回入荷したカラーは、ホワイトとグリーンの2色です。

ドロップハンドルには憧れるけど、バリバリのロードバイクはちょっと違うんだよな・・・

という方にピッタリなのがソノマ・アドベンチャーです。

もちろんアドベンチャーというくらいですからツーリングにも対応していています。

 

デザイン的にはちょっとレトロっぽいですが、ディスクブレーキやデュアルコントロールシフターなど、機能面においては最新スペックです。

街中での段差越えや雨の日でも安心して走行できるよう、ちょっと太めのタイヤを採用しています。

ソノマ・アドベンチャーなら、速く走るために特化したロードバイクとはひと味違った遊び方ができます。

たとえば、

タイヤをサイズアップしてオフロード対応にも変更できます。

最初の紳士なイメージがガラッと変わってワイルドに変身。

リヤキャリヤをセットすればさらにカッコよく演出できます。

このキャリヤはそのまま取付できないので、取付ステーを製作してセットしました。

オンロードもオフロードも気にせず走れる頼もしいカスタマイズです。

これはもう出掛けるしかないでしょう。

どこまでも自転車で行ける気がしていた子供の頃を思い出して、

週末のプチ冒険へ。


この記事をはてなブックマークに追加

bikke GRI  ビッケ グリ 入荷 展示中

2016年09月26日 | 電動アシスト

こんにちは、ビショップです。

ビッケのニューモデル、ビッケ グリ が入荷しました。

グリとは熊のグリズリーの略だそうです。

イクメンを意識して、屈強なイメージのグリズリーからのネーミングだそうです。

かわいさもそうですがカッコよさもプラスされて、

男性が躊躇なく乗れるルックスになっています。 

段差の乗り上げをスムーズにするため、前輪は24インチになっています。

 20インチモデル(従来品)との比較です。

写真ではわかりませんが、ハンドルの高さはほとんど同じです。

前輪の車輪径のわりに、フロントチャイルドシートの重心が低く抑えられているのがわかります。

遠近でわかりづらいですが奥が20インチモデルで、

手前がグリです。

イクメンをターゲットとしたデザインのため

フレームパイプがちょっとまたぎにくくなっています。 

ブリヂストン一押しのデュアルドライブ。

後輪は人力で駆動し

前輪はモーターでアシストします。

以前のモデルよりもアシストフィーリングがアップしているそうです。

スリップ防止対策や下り坂でのブレーキアシストも搭載し、

安全対策もバッチリです。

 後輪の駆動はカーボン素材を織り込んだベルトドライブを採用し、

出先でのチェーン外れやオイル汚れなどから解放されます。

しかも、メンテナンス頻度を抑えられるというメリットもあります。

※写真は説明のためにチェーンカバーを取り外してあります。

 

ハーネス類はフレームパイプ内に、きれいに内蔵されて見た目もスッキリ。

手元スイッチは男目線で見るとちょっと物足りない感がありますが、

潔く受け入れましょう。

バッテリーはもちろんリチウムイオン。

36Vx8.1Ahと大容量なので、遠くへのお出かけにも困りません。

さて、このルックスがどう受け止められるかが気になりますが、

最近ではブサカワというカテゴリーも市民権を得ていることから

このアンバランスにも見えるデザインも、

見慣れてくると結構なんてことないかもしれません。

今では当たり前のように売られている

アンジェリーノ(前22インチ・後26インチ)も

最初は好奇の目で見られてた時期があったのですから・・・

てことで、ブサカワ路線で売っていきましょう~

ブサカワのHP→bikke GRI


この記事をはてなブックマークに追加

トーキョーバイク BISOU 展示中

2016年09月23日 | スポーツサイクル

こんにちはビショップです。

またまたトーキョーバイクをご紹介します。

今回はスポーティでありながら普段使いもできるというBISOU(ビズ)。

BISOUのブルージェイド。

BISOUはアップライトなポジションで無理なく乗れるのが特長です。

車体のパイプを低く設計しているため、

スポーツサイクルにありがちなフレームのまたぎにくさがありません。

コンセプトはママチャリのようですがフレーム素材は、

スポーツサイクルに使われるクロームモリブデン鋼(クロモリ)を採用しています。

クロモリは柔らかい乗り味を持ち、振動の吸収性にも優れているため長時間走っても疲れを感じさせません。

トーキョーバイクは素材という地味で見えないところにもこだわっています。

見た目が似てても素材が違えば乗り味はまったく別物になります。

雰囲気に騙されてポンコツを買わされないよう気をつけましょう。

ブレーキアーチはフェンダーの取付けを考慮し、

クリアランスの大きいものが採用されており

用途に合わせ、拡張性を持たせてあります。

シフトレバーは子供っぽいグリップシフター(回転式シフター)ではなく

操作フィーリングの良いラピッドファイヤー(レバー式)シフターを採用。

チェーンはサビに強いコーティングが施されスポーツサイクルのような煩雑なメンテナンスは不要です。

さらにチェーン外れを未然に防ぐギヤガードを装着しています。

前後のホイールは工具無しで着脱可能なので

その気になれば輪行バックに詰め込んで列車の旅だってできちゃいます。

旅先で乗る自転車ってなかなかいいものですよ~。

まずはBISOUを見に来てください。

ご来店お待ちしております。

 


この記事をはてなブックマークに追加

トーキョーバイク LITE 展示中

2016年09月23日 | スポーツサイクル

こんにちはビショップです。

ここのところなぜかトーキョーバイクのお問い合わせが増えています。

中でもLITEは余計な機能をなくしたぶんとても扱いやすく、女性に人気のモデルです。

ブルーグレーのLITE。

オプションレスの状態ですがそのまま乗ってもオシャレですね~。

このシンプルでスマートなスタイルに魅かれる方も多いと思います。

うしろから見てもいい感じ。

明らかにママチャリとは違うオーラ。

マスタードのLITEに純正フェンダーを装着。



純正フェンダーだけあってフレームカラーと色がピッタリです。

当たり前のようで当たり前でない色合わせ。

ママチャリメーカーはたとえ大手であっても、こういうところが雑なのです。

微妙に色が違ったりすると急に野暮ったく見えてしまうので、大事なポイントです。

LITEのアイボリー。

アイボリーといってもかなりグレー寄りのアイボリーです。

ちょっとこだわって、ウッド調の(樹脂製)のパネルをあしらったアルミバスケットを装着してみました。

これなら買い物袋に入れた長ネギもオシャレに見えるに違いありません、たぶん。

バスケット下部にトーキョーバイクの雰囲気を台無しにしないバレットライトを装着。

こちらのライトはパソコンのUSBで充電できるというスグレモノ。

ライトについて詳しくはコチラ→RINDOWBIKES

チェーンガードも必要最小限ですがデザインが秀逸です。

アイボリーの純正フェンダーを付けるとこんな感じです。

雨の日もLITEでお出かけするなら必須アイテムですね。

ちなみに傘差し運転は禁止されてますのでかわいいポンチョを買いましょう~。

もちろんこの他にもご要望に合わせていろんなカスタマイズを承ります。

細かいところまで

 

とことんこだわり抜いた

 

トーキョーバイクLITE。

 

ん~

 

かわいっ(´▽`*)


この記事をはてなブックマークに追加

ビッケ2e ハイディ2 激安セール

2016年09月10日 | 電動アシスト

こんにちはビショップです。

ただいまビッケ2eとハイディ2の大特価セール中です。

9月25日までの期間限定セールです。

まずはビッケ2eですが、

メーカー希望価格¥126800(税抜き)を

なんと、¥108800(税抜き)で販売中です!!!

もちろんダークグレーも特価販売中です。

 

 浮いたお金でカスタムするもよし、オプションパーツを買うもよし・・・

ハイディ2も超特価です。

メーカー希望価格¥144800(税抜き)を

¥126800(税抜き)で販売中!!!

もちろん両車ともに現金特価です(クレジットカード不可)。

前用バスケットはオプションになります。

全カラー超特価にて販売中なのでお急ぎください。

ビショップなら安いだけじゃなく専門店ならではの安心のサポートも受けられます。

もちろん姉妹店のスポーク日吉店での無料点検や修理などのアフターフォローも可能です。

ある程度自分でメンテナンスできるスポーツサイクルならまだしも、電動アシストのメンテナンスは何かと手の掛かるもの。

何かあった時に実車を見てもらえないばかりか、まともに相談もできない遠方のお店でなんか買ったら絶対後悔しますよ。

保証修理の時、重たい電動アシストを大型の段ボール箱に梱包して送り返せますか?

たいへんな労力を必要としますよ。

ビッケ、ハイディともに弱点があるので定期的に点検や調整が必要な車種です。

実は壊れかけているのに、何ともないと思って乗ってる方って多いんです。

特に前ブレーキ、タイヤ廻り、カギ廻りは故障が多いので定期的に点検をおすすめしています。

当店ではずっと使える無料点検サービスをお付けしていますので、安心してお使いいただけます。

その安心も含めてのスペシャルプライスです。

絶対お得です!

ではでは、ご来店お待ちしております。

9月25日までですよ-!

 


この記事をはてなブックマークに追加

お盆休みのご案内

2016年08月02日 | ご案内

こんにちは、ビショップです。

お盆休みの日程をご案内します。

8月15日(月)~8月17日(水)までお休みを頂きます。

何かとご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。


この記事をはてなブックマークに追加